オルンガが昨季得点王ゴール数に並ぶ! 江坂も2発で柏がG大阪に3発快勝《J1》

2020.09.09 21:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第15節の柏レイソルvsガンバ大阪が9日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、ホームの柏が3-0で勝利した。

前節、清水エスパルスに2-1で勝利して3試合ぶりの白星を手にした柏。その一戦から4名スタメンを入れ替え、オルンガがスタメン復帰したほか、キム・スンギュがゴールマウスを守る。一方、前節はベガルタ仙台に4-1で勝利を収め、4試合ぶりに勝利したG大阪はその一戦と同様のメンバーを先発で起用している。

勝ち点「23」で並ぶ両チーム同士の対決は、柏が先に決定機を迎える。3分、古賀の縦パス一本で相手の背後を取ったオルンガがボックス左から左足シュート。これがゴール右に決まり、ホームの柏が先制に成功する。

ファーストチャンスをモノにした柏がペースを握り、オルンガと古巣対戦となる呉屋を起点としたカウンターから相手のゴールを脅かす。対して、G大阪は31分に井手口のドリブル突破から倉田がシュートまで持ち込むも、GKキム・スンギュに触られたボールはクロスバーをかすめてしまう。

依然として柏ペースで試合が進んでいくと40分に追加点。ボックス左から供給した三丸のクロスをファーサイドの三原が折り返す。滞空時間の長いボールを江坂が打点の高いヘディングシュートを叩き込み、リードを2点に広げる。

後半に入ると一転して攻撃の圧を強めるG大阪。立ち上がりの48分に宇佐美がミドルシュートを放つも、GKキム・スンギュの好守に阻まれる。59分には宇佐美がボックス右からクロスを送ると、こぼれ球に反応した藤春がフリーで右足シュート。しかしGKキム・スンギュの正面に飛んでしまう。

決定機を決めきれないG大阪に柏が62分にトドメ。江坂のループパスに反応した呉屋が右サイドのボックス深い位置から早いクロスボールを供給。ニアサイドでオルンガが潰れると、ファーサイドでフリーとなっていた江坂が頭で押し込んでアウェイチームを突き放した。

終盤にかけても柏がG大阪のゴールを脅かす展開が続く。87分には恩返し弾を狙う呉屋のシュートはクロスバーに嫌われるも、攻守両面で圧倒した柏が3-0の完勝。一方、決定機を生かせなかったG大阪は今季2度目の連勝には及ばなかった。

柏レイソル 3-0 ガンバ大阪
【柏】
オルンガ(前2)
江坂任(前40)
江坂任(後17)

関連ニュース
thumb

「1週間前にオファー」仁川の監督が神戸からのモンテネグロ代表FWムゴジャへのオファー明かす「本人もその気」

ヴィッセル神戸への移籍の話が浮上しているKリーグ1の仁川ユナイテッドに所属するモンテネグロ代表FWステファン・ムゴシャ(30)が別れのコメントを残している。 Kリーグ1でゴールを量産し、今シーズンはここまで18試合で14ゴールを記録しているムゴジャ。通算でもKリーグ1で113試合に出場し60ゴール6アシストを記録。貴重な得点源として活躍している。 そのムゴジャは、25日に行われたKリーグ1第18節のFCソウル戦にフル出場。1-1のドローに終わった後、ファンへ別れの挨拶を行った。韓国『聯合ニュース』が伝えた。 「僕は本当に愛していると言いたい。全てに感謝します」 「いつも心の中にいるだろう。僕にとって、仁川のファンは僕の人生が終わるまで、ナンバーワンであり続ける」 また、仁川でこれまで68ゴールを記録しているムゴジャだが、100ゴールを目標に掲げていたことも。その点については「もちろん、いつかこの約束を守る。それが僕の目標だ。将来何が起こるかを見てみよう」と語り、将来的に戻ってくることを約束した。 そのムゴジャに関しては、仁川のチョ・ソンファン監督も韓国『スポーツ・ソウル』の取材に応じ、神戸への移籍の事実を認めた。 「私もKリーグで8年目になると、似たような経験をたくさんする。私にできることとできないことがある」 「(移籍の話は)正しい。ムゴジャ本人もその気でいる。まだ、メディカルチェックも残っており、サインをしているわけではない」 「ただ、1週間前にヴィッセル神戸からムゴジャへのオファーが来た」 「ムゴジャの移籍はKリーグのファンにとって大きな損失だ。彼の代役となる加入選手は、まだ決まっていない」 ムゴシャはカイザースラウテルンやエルツェゲビルゲ・アウゲ、1860ミュンヘン、カールスルーエなどドイツクラブでプレー。その後、モルドバのシェリフ・ティラスポリへと移籍すると、2018年2月から仁川ユナイテッドでプレーしていた。 2022.06.27 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「きつねダンス」がJリーグにやってくる!C大阪の試合にファイターズガールが登場!!

セレッソ大阪は27日、7月10日に行われる明治安田生命J1リーグ第21節の横浜F・マリノス戦で実施される「CEREVOLUTION」にプロ野球・北海道日本ハムファイターズの「ファイターズガール」がスペシャルゲストとして登場することを発表した。 当日は試合前に話題沸騰中の「きつねダンス」をセレッソガールと共に披露する。 きつねダンスは、日本ハムのマスコット「フレップ・ザ・フォックス」とファイターズガールが、試合中のイニング間に踊るもの。これがSNSなどで一大ブームとなっており、先日には柏レイソルのマスコット「レイくん」もクラブの公式TikTokアカウントでファイターズガールとデュエットするなど、Jリーグ界にも波及してきている。 今回、ヨドコウ桜スタジアムには3名のファイターズガールが来場。話題沸騰中のきつねダンスは必見だ。 ちなみに、「CEREVOLUTION」は、2021年に掲げたセレッソ大阪のサマーコンセプト。「REVOLUTION=変革」「EVOLUTION=進化」という言葉が入っておりセレッソ大阪の象徴でもある狼のように、「覚醒し強く進化していく」という思いが込められている。 <span class="paragraph-title">【動画】Jリーグでこれが見られる!本家・日ハムのファイターズガールや選手たちの「きつねダンス」</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="5WFgTDIqzAQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】柏レイソルのマスコット「レイくん」の「きつねダンス」の腕前は!?</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@kashiwareysol_official/video/7110482810422480130" data-video-id="7110482810422480130" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@kashiwareysol_official" href="https://www.tiktok.com/@kashiwareysol_official">@kashiwareysol_official</a> @warnermusicjapan.intl と一緒に<a title="デュエット" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%83%87%E3%83%A5%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88">#デュエット</a> <a title="きつねダンス" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%81%8D%E3%81%A4%E3%81%AD%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9">#きつねダンス</a> <a title="レイくんが踊ってみた" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%81%8F%E3%82%93%E3%81%8C%E8%B8%8A%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F">#レイくんが踊ってみた</a> <a title="柏レイソル" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E6%9F%8F%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%AB">#柏レイソル</a> <a title="jリーグ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/j%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0">#Jリーグ</a> <a title="ファイターズ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA">#ファイターズ</a> <a title="鎌ヶ谷" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/%E9%8E%8C%E3%83%B6%E8%B0%B7">#鎌ヶ谷</a> <a target="_blank" title=" The Fox (What Does the Fox Say?) - Ylvis" href="https://www.tiktok.com/music/The-Fox-What-Does-the-Fox-Say-6705005935678474242"> The Fox (What Does the Fox Say?) - Ylvis</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.06.27 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和がFWブライアン・リンセン獲得でクラブ間合意! 「浦和移籍で私のひとつの夢が叶った」

浦和レッズは27日、オランダ人FWブライアン・リンセン(31)の完全移籍に関してフェイエノールトとクラブ間合意に至ったことを発表した。 同選手は日本でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ予定だ。 「前への推進力・スピードがあり、テクニックも兼ね備えた得点力高いストライカー。周囲の選手を活かすプレーもでき、守備面での貢献も期待できる」と、その特長が紹介された31歳FWは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「私のキャリアの中での新しい章が始まることを、とても楽しみにしています」 「18歳からオランダのプロサッカーリーグでプレーしていて、最後の2年間はフェイエノールトでプレーしました。フェイエノールトでは素晴らしい時間を過ごすことができ、非常に誇りに思っています」 「私は海外でプレーする夢を今まで持ってきました。それは皆さんも知っていることだと思います」 「この浦和への移籍は私のひとつの夢が叶った瞬間でした。偉大なクラブであり、素晴らしいスタジアムがあり、多くのファン・サポーターが浦和レッズにはいます」 「これから始まる新しい生活、これから出会う人々のことを思うと今から待ちきれません。浦和レッズのユニフォームを着た最初の試合を心待ちにしていますし、それが素晴らしい時間になることを祈っています」 なお、オランダ『Rijnmond』が先日に報じたところによると、移籍金は130万ユーロ(約1億8500万円)程度となり、リンセンは2年半の契約にサインするという。 2020年7月にフィテッセからフリートランスファーで加入したリンセンは、フェイエノールトで公式戦通算91試合28ゴール16アシストを記録。今シーズンはエールディビジで34試合に出場し13ゴール8アシスト、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで12試合3ゴールを挙げていた。また、エールディビジでは通算341試合で108ゴール47アシストを記録している。 2022.06.27 14:49 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW藤原悠汰が山形に育成型期限付き移籍! 今季14試合3得点の大卒1年目

モンテディオ山形は27日、サガン鳥栖からFW藤原悠汰(23)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号「39」をつける。 藤原はサンフレッチェ広島のアカデミー育ちで、広島皆実高校、明治大学を経て、鳥栖に今季入団。ルーキーイヤーから公式戦14試合出場で3得点と記録中だったが、さらなる出番を求め、山形に活躍の場を移すことが決まった。両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん初めまして。この度サガン鳥栖のから加入する事になりました藤原悠汰です。フジハラなので、覚えていただけると嬉しいです」 「モンテディオ山形の勝利の為に、応援してくれる方々の笑顔や活力の為に、自身の持てる力を全て発揮して闘います。宜しくお願い致します」 ◆サガン鳥栖 「この度、モンテディオ山形へ育成型期限付き移籍をすることになりました。この決断をするにあたり、シーズン途中にも関わらず、受け入れて頂いた関係者の皆様に感謝しています」 「約半年間多くの事を学び、様々な事を考え日々取り組んで来ましたが応援していただく方々の期待に応えられず悔しい気持ちです。また成長した姿を見せれるよう日々懸命に取り組んできます」 「短い間でしたが、多くの方からの熱いメッセージは今でも忘れません。また、会える日まで頑張ります!」 2022.06.27 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖が大量5発で粉砕! FC東京は小川のラストマッチを飾れず…【明治安田J1第18節】

明治安田生命J1リーグ第18節のサガン鳥栖vsFC東京が26日に駅前不動産スタジアムで行われ、ホームの鳥栖が5-0の大勝をおさめた。 前節は鳥栖は磐田に、FC東京は湘南に黒星を喫した両チーム。どちらも上位争いまで食い込んでいくことも可能な順位なだけに、後半戦最初のゲームを白星で飾りたいところ。FC東京はポルトガルへの期限付き移籍が決まっている小川のラストマッチとなった。 最初のシュートはFC東京。6分、小川の右からのFKに松木がヘディングで合わせるが、惜しくもクロスバーの上へ逸れる。一方の鳥栖は10分、中盤でボールを奪取した小泉がドリブルで持ち運んで左サイドへ大きくサイドチェンジすると、岩崎がボックス手前で受けてワントラップから左足を振り抜く。シュートは枠を捉えていたが、ここはFC東京のGKスウォビィクに掻き出された。 互いに決定機を迎えた中、先制点は鳥栖が挙げる。30分、相手陣内でボールを回してチャンスを窺いながら、右サイドに開いた堀米がカットインしゴール前まで接近。宮代とのワンツーの呼吸が合わずに一度は相手にボールを明け渡すも、岩崎が奪い返してボックス手前から右足ミドルを放つ。先のシーンとほぼ同じ位置から放たれた強烈な一撃に、名手スウォビィクも反応が間に合わず。矢のように真っ直ぐな軌道を描いてネットに突き刺さった。 先手を取られたFC東京は、失点シーンで鳥栖の岩崎と競り合った安部が負傷し、レアンドロと交代に。そのレアンドロは投入直後にゴール前まで切れ込んで右足シュートを放つも、枠を大きく外してしまう。45分には鳥栖のビルドアップを森重がインターセプトし、永井、松木、アダイウトンと繋いで最後は渡邊がボックス内で左足を一閃。しかし、鳥栖のGK朴一圭に左足一本で阻まれ、絶好のチャンスを逃す。FC東京は試合を1点ビハインドで折り返した。 一方、先制した試合では今シーズン負けなしという鳥栖は、後半立ち上がりにいきなり追加点を奪う。48分、最終ラインから縦パスを受けた堀米が左サイドへ展開し、岩崎がボックス内までドリブルで侵入。グラウンダーのクロスを入れると、FC東京の青木の中途半端なクリアがジエゴのもとへ。素早く左足で放ったシュートは、相手DFに当たってネットに吸い込まれた。 ハーフタイム明けに出鼻をくじかれたFC東京は63分、鳥栖の最終ライン背後を狙った山下へ後方の小川からフィードが入ると、このボールを鳥栖DFがクリアしきれず。こぼれ球をペナルティアーク内で拾ったレアンドロが右足で狙い澄ましたコントロールショットを放つが、惜しくもゴール左に外れる。まずは1点を返したいところだが、出足の鋭さが衰えない鳥栖に対して効果的なプレッシャーをかけることができず、攻撃が単発に終わることが多い。そして、次の1点も鳥栖が挙げることに。 70分、鳥栖は敵陣で相手のビルドアップを妨害し、ジエゴがインターセプト。福田を経由してボックス内の本田へとボールが渡り、本田は小刻みなステップのカットインから右足をシャープに振り抜く。グラウンダーでGKのニアを突いた豪快な一撃がネットを揺らし、勝負の行方を決定づけた。 さらに鳥栖は78分、小泉がハーフウェイライン付近でボールを奪取し一気に前線まで駆け上がる。左側を並走した本田へボールを預け、本田はファーサイドへGKの頭上を越える緩やかなセンタリングを供給。右足ワンタッチで中央へ降り返されたボールを垣田が無人のゴールへダイレクトで流し込み4-0とする。 そして、鳥栖の華々しいゴールラッシュの締めくくりは85分。敵陣で相手のパスミスを拾った藤田がボックス手前まで降りてきた垣田に縦パスをつけると、疲労の色が濃いFC東京の選手らを尻目にフリーで反転して前を向いた垣田は、1人かわすとボックス内右側から腰をひねって右足を一閃。アウト回転がかかったボールがファーサイドに突き刺さり、5-0となった。 その後は、無失点を念頭に集中を切らさなかった鳥栖がFC東京をシャットアウト。ホームで会心の勝利を挙げた。一方のFC東京はリーグ戦2連敗。小川のラストマッチは大敗という結果となってしまった。 サガン鳥栖 5-0 FC東京 【鳥栖】 岩崎悠人(前30) ジエゴ(後3) 本田風智(後25) 垣田裕暉(後33) 垣田裕暉(後40) 2022.06.26 21:49 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly