雷雨で後半中止の再開試合は“45分”守り抜いた岐阜に軍配! 熊本は長野に競り負け連勝が「3」でストップ…《J3》

2020.09.09 21:17 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグの2試合が9日に開催された。第11節延期分となった福島ユナイテッドFCvsFC岐阜は、アウェイの岐阜が2-0で勝利した。

8月22日に郡山西部サッカー場に行われた同試合はアウェイの岐阜が前半8分にセットプレーから橋本和、28分にカウンターから大西のゴールで2点を先行も、雷雨の影響により前半終了時に中止が決定。

そして、9日にとうほう・みんなのスタジアムに舞台を移し、残りの後半45分を戦う異例の形となった。その注目の一戦では互いに前回対戦時と同じメンバーを揃えたが、2点のビハインドを追う福島が樋口、諸岡などいきなり3枚の交代カードを切り、前がかりな姿勢を見せる。

立ち上がりこそ岐阜がカウンターから相手陣内深くに侵攻する場面を作ったが、以降はターゲットマンのイスマイラをシンプルに使う福島がリスクを冒した攻めで相手を押し込んでいく。

77分には田村の強烈なミドルシュートでGKのファインセーブを強いると、81分にはボックス内での雪江のヘディングシュートがクロスバーを叩く。さらに、こぼれ球をゴール前の樋口が押し込みにかかるが、ここはGK松本にゴールライン上でかき出される。

試合終了間際にもセットプレーから宇佐美のヘディングシュートで岐阜ゴールに迫った福島だが、最後まで相手の守備をこじ開けられず。そして、試合はこのままタイムアップを迎え、先月行われた前半のリードを守り切った岐阜が異例の一戦を勝利した。

また、台風の影響により開催が後ろ倒しとなっていた第14節のロアッソ熊本vsAC長野パルセイロは、アウェイの長野が勝利した。

試合は0-0のまま65分を過ぎた中、66分に三田のゴールで長野が先制する。だが、直後の69分に熊本も谷口のゴールで試合を振り出しに戻す。その後は追いついた熊本が攻勢に転じたものの、77分に三田の相手の股間を抜く技ありのパスから佐野が勝ち越しゴールを挙げた。

その後は一進一退の攻防も、逃げ切った長野が3戦ぶりの勝利。敗れた熊本は連勝が「3」でストップし、首位のブラウブリッツ秋田との勝ち点差が4ポイントに広がった。

◆明治安田生命J3リーグ第11節延期分
▽9/9(水)
福島ユナイテッドFC 0-2 FC岐阜

◆明治安田生命J3リーグ第14節
▽9/9(水)
ロアッソ熊本 1-2 AC長野パルセイロ

▽9/5(土)
SC相模原 3-2 福島ユナイテッドFC
ガンバ大阪U-23 1-3 藤枝MYFC

▽9/6(日)
いわてグルージャ盛岡 2-0 ガイナーレ鳥取
アスルクラロ沼津 1-1 FC岐阜
Y.S.C.C.横浜 0-0 FC今治
ブラウブリッツ秋田 0-0 セレッソ大阪U-23
カマタマーレ讃岐 0-1 カターレ富山

▽9/8(火)
鹿児島ユナイテッドFC 2-1 ヴァンラーレ八戸
コメント
関連ニュース
thumb

今治がFW髙瀬太聖、MF松井治輝の来季加入内定を発表、髙瀬はクラブが掲げる「今治モデル」の一期生

FC今治は27日、FW髙瀬太聖(17)、MF松井治輝(18)の来季加入内定を発表した。 髙瀬は地元の今治市出身で、小学生から地元今治でサッカーをづけ、現在は今治東中等教育学校に在学中。FC今治が掲げる、地元の地域育成システムである「今治モデル」の一期生としての活躍が期待される。 松井は兵庫県出身で、神戸弘陵学園高校に在学中だ。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW髙瀬太聖 「この度FC今治に加入することになりました、髙瀬太聖と申します。今治モデル一期生として、今治の地で恩返しできるように頑張って行きたいと思います!」 「自分に携わってくれている人たちに感謝の気持ちを忘れず、次は自分が夢や希望を与えれる選手になります!そして、FC今治をJ2昇格に導けるように全力で頑張ります!今後も応援よろしくお願いします!」 ◆MF松井治輝 「この度、神戸弘陵学園高校からFC今治に加入することになりました松井治輝と申します。 小さい頃からの夢であったプロサッカー選手になり、FC今治のユニフォームを着てプレー出来ることを大変嬉しく思っております」 「今まで育てていただいた方々への感謝の気持ちを忘れず、恩返し出来るように全力でプレーしていきます。 FC今治のサポーターの方々を楽しませる選手、感動を与えられるような選手になり、チームの勝利に貢献出来るよう日々精進していきたいと思います。応援宜しくお願い致します。」 2020.10.27 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

岩手が青森山田高校のDFタビナス・ポール・ビスマルクの加入内定を発表、G大阪のDFタビナス・ジェファーソンの実弟

いわてグルージャ盛岡は27日、青森山田高校のDFタビナス・ポール・ビスマルク(18)の来季加入内定を発表した。 タビナス・ポール・ビスマルクは、ガンバ大阪のDFタビナス・ジェファーソンを兄に持ち、青森山田高校では右サイドバックを務めている。 185cm、75kgの恵まれた体格を持ち、岩手は「抜群の身体能力と積極的な攻撃参加が魅力」とプレースタイルを紹介している。 タビナス・ポール・ビスマルクはクラブを通じてコメントしている。 「いわてグルージャ盛岡の皆さまはじめまして。青森山田高校のタビナス・ポール・ビスマルクです。チームの力になれるように精一杯努力し、皆さまに喜びを与えられる選手になりたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 2020.10.27 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

U-23最後の大阪ダービー、1-1の痛み分け 2位長野と3位熊本は揃って首位秋田の追走に失敗《J3》

明治安田生命J3リーグ第23節の8試合が25日に行われた。 最下位セレッソ大阪U-23と12位ガンバ大阪U-23によるU-23大阪ダービーがヤンマースタジアム長居で開催され、1-1のドローに終わった。 今季を最後にU-23チームのJ3参戦が終了する両者は過去9度の対戦で3勝3分け3敗の五分。U-23チーム最後のダービーマッチはG大阪U-23が攻めのイニシアチブを握る入りをみせたが、C大阪U-23が21分、バイタルエリア中央から藤尾の左足シュートで先制すると、そのリードを保ったままハーフタイムを迎える。 追いかける展開を強いられたG大阪U-23だが、後半開始から2種登録の伊勢を送り出すと、この交代策が的中する。敵陣左サイドで果敢な縦突破を試みた黒川が左足クロスをゴール前に供給した57分、相手のクリアにバイタルエリア中央で反応した伊勢が左足ダイレクト。これがゴール左に決まり、イーブンに戻した。 追いつかれてしまったC大阪U-23は失点直後から押し込む形を作り出す。そのなかで、85分にバイタルエリア右でボールをカットした吉田の左足フィニッシュが相手ゴールに迫るが、惜しくもクロスバーを直撃。その後、G大阪U-23も最後の力を振り絞って攻めに出たが、C大阪U-23も集中を切らさず、引き分けで幕を閉じた。 また、首位ブラウブリッツ秋田はアスルクラロ沼津のホームに乗り込み、前節の藤枝MYFC戦に続く0-0のドローで終了。攻撃面に課題を残したものの、守りで今季17回目の無失点を記録してみせ、連続無敗記録を23試合に伸ばした。そのほか、秋田を追走する2位AC長野パルセイロ、3位ロアッソ熊本は揃って黒星を喫している。 ◆明治安田生命J3リーグ第23節 ▽10/25 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 1</span>-0 鹿児島ユナイテッドFC いわてグルージャ盛岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 FC岐阜</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">福島ユナイテッドFC 1</span>-0 AC長野パルセイロ 藤枝MYFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ガイナーレ鳥取</span> アスルクラロ沼津 0-0 ブラウブリッツ秋田 FC今治 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 カマタマーレ讃岐</span> セレッソ大阪U-23 1-1 ガンバ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">SC相模原 1</span>-0 ロアッソ熊本 ▽10/24 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-0 Y.S.C.C.横浜 2020.10.25 17:15 Sun
twitterfacebook
thumb

富山が4試合ぶりの白星! 後半3発でYS横浜に快勝《J3》

明治安田J3リーグ第23節の1試合が富山県総合運動公園陸上競技場で行われ、ホームのカターレ富山がY.S.C.C.横浜を3-0で下した。 10位富山と15位YS横浜の一戦。ホームの富山が能動的に試合を進める展開で進むが、幾つかの決定機を生かせず、こう着状態でハーフタイムを迎える。しかし、後半に入ると、そうした流れが一変する。56分にハーフウェイライン付近でのボール奪取をカウンターに繋げると、ボックス右深くに侵攻した柳下が右足シュートでニアサイドを貫き、富山が先取する。 リードした富山は敵陣中央でボールを奪った66分にボックス内の椎名が長澤のファウルで倒され、PKのチャンスを獲得。これをキッカーの平松が冷静に右足シュートを決め切り、YS横浜を引き離した。さらに、自陣左サイドからロングフィードが蹴り込まれた77分には反応した平松が最終ラインを抜け出して、ボックス左から左足シュートを沈めて、勝負を決定づけた。 結局、後半の3得点を奪った富山がYS横浜を下して、4試合ぶりの白星。2試合ぶり黒星のYS横浜は7試合で白星から遠ざかる結果に終わっている。 ◆明治安田生命J3リーグ第23節 ▽10/24 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-0 Y.S.C.C.横浜 ▽10/25 《13:00》 ヴァンラーレ八戸 vs 鹿児島ユナイテッドFC いわてグルージャ盛岡 vs FC岐阜 福島ユナイテッドFC vs AC長野パルセイロ 藤枝MYFC vs ガイナーレ鳥取 アスルクラロ沼津 vs ブラウブリッツ秋田 FC今治 vs カマタマーレ讃岐 《14:00》 セレッソ大阪U-23 vs ガンバ大阪U-23 《15:00》 SC相模原 vs ロアッソ熊本 2020.10.24 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

福島が大分高校FW堤聖司の来季加入内定を発表「恩返し出来るように頑張ります」

福島ユナイテッドFCは22日、大分高校のFW堤聖司(18)の来季加入内定を発表した。 堤は大分県出身で、大分中学校から大分高校へ進学。昨年のインターハイや全国高校サッカー選手権大会に出場していた。 堤はクラブを通じてコメントしている。 「幼い頃からの夢でもあったプロサッカー選手になれる事を誇りに思い、今まで支えてくださった方々に結果で恩返し出来るように頑張ります!」 2020.10.22 18:55 Thu
twitterfacebook