リーズファンのハーランド、代表戦ではにかみながら主力MFダラスにユニ交換を求める

2020.09.08 20:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドは、北アイルランド代表戦で意中の相手とのユニフォーム交換に成功した。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。ノルウェーは、7日に行われたUEFAネーションズリーグのリーグB・グループ1第2節で北アイルランドと対戦し、5-1で圧勝した。この試合にフル出場したハーランドは7分にペナルティアーク付近から見事な左足のボレーシュートを決めると、58分にはうまく味方の縦パスに抜け出してGKとの一対一を制し、2ゴールを挙げる活躍をみせ、勝利に大きく貢献した。

さらに、ハーランドは試合後にはちゃっかりと戦利品まで獲得することに成功した。

コロナ禍において試合後のユニフォーム交換は推奨されていないが、ハーランドは北アイルランドのMFスチュアート・ダラスにユニフォーム交換を求めた。

ダラスに対してユニフォーム交換を求めた理由に関してハーランド本人は、「彼は素晴らしいプレーヤーだし、今日プレーしていた北アイルランド代表の中でベストプレーヤーだった」と、簡潔に説明している。

ただ、『SPORT BIBLE』はハーランドがダラスのユニフォームを交換した背景には、同選手の生い立ちが関係あると推測している。

ハーランドの父親であるアルフ・インゲはノルウェー代表として活躍した元プロフットボーラーで、1997年から2000年までリーズ・ユナイテッドでプレー。

さらに、リーズ生まれのハーランドは、過去にノルウェー『Aftenposten』で、「僕の夢のひとつはリーズでプレミアリーグを制覇することなんだ」と、リーズ愛を口にしていた。

そして、今回ユニフォームを交換したダラスは2015年からリーズの主力として活躍しており、昨シーズンもほぼフル稼働して17年ぶりのプレミアリーグ復帰に貢献していた。

そのため、未だにリーズ愛を持つハーランドは、憧れのクラブで活躍するダラスに対して自らユニフォーム交換を求めたようだ。

◆ちょっとはにかんでいる?
コメント
関連ニュース
thumb

【ブンデス第2節プレビュー】好発進のバイエルンとドルトムントは格下と対戦

先週開幕したブンデスリーガでは王者バイエルンがシャルケに圧巻の8発で圧勝した。そしてドルトムントもボルシアMGとの強豪対決を3-0で快勝発進とし、ライプツィヒも白星スタートとしている。日本人対決ではフランクフルトのMF鎌田&長谷部、ビーレフェルトのMF堂安がそれぞれ先発した中、1-1の引き分けに終わった。迎える第2節、バイエルンとドルトムントは格下と対戦する。 ホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨むバイエルンは、開幕戦のシャルケ戦では新戦力のFWサネが躍動しデビュー弾を記録。FWニャブリもハットトリックをするなど、容赦ない攻撃で大量ゴールを挙げた。対戦相手のホッフェンハイムはケルン相手に3-2と競り勝って白星スタートとしているが、バイエルンの連勝スタートは堅いか。 また、ドルトムントもFWハーランドのドッペルパック、MFレイナのブンデス初ゴールでボルシアMGに3-0の快勝を収めた。MFベリンガムもレイナのゴールをアシストするなど活躍し、若手が躍動。対戦相手のアウグスブルクは開幕戦のウニオン・ベルリン戦を3-1で勝利しているが、ドルトムントとしても2連勝スタートを切りたいところだ。 FWヴェルナーの移籍した穴を感じさせずにマインツに3-1と快勝したライプツィヒは、レバークーゼンとのアウェイ戦に臨む。2シャドーのMFフォルスベリとMFダニ・オルモが躍動した中、FWポウルセンもきっちりとゴールを挙げており、好発進を切った。レバークーゼンがヴォルフスブルク相手に低調なゴールレスドローに終わった中、ライプツィヒとしてはレバークーゼンを下して連勝スタートとしたい。 日本人ではビーレフェルトの堂安が鎌田と長谷部の前で好パフォーマンスを見せた。2週間前に行われたDFBポカールでは存在感を示せなかった堂安だったが、ブンデス開幕戦となったフランクフルト戦では右のインサイドMFの位置に入って攻撃の起点となる働きができていた。その堂安はケルンとのホーム戦に臨むが、今度はチームを勝利に導く目に見える結果を残せるかに注目だ。 一方で鎌田と長谷部はビーレフェルト戦では思うようなパフォーマンスを発揮できたとは言い難いものになってしまった。とりわけトップ下でプレーした鎌田に関してはさほどチャンスに絡めず悔しい開幕戦となっただけに金曜に行われるヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦で結果を残したいところ。長谷部に関してはFWピョンテクとのマッチアップでいかに相手に仕事をさせないかが重要となる。 ケガの影響もあってか、前半のみの出場となったブレーメンのFW大迫はシャルケとのアウェイ戦に臨む。ヘルタとの開幕戦で大迫は2トップの一角としてプレー。だが、シュートチャンスを作れずファンからの批判も浴びた中、ハーフタイムで交代となってしまった。対戦相手のシャルケはバイエルン戦で8発を食らい、最悪なスタートとなっているだけにブレーメンとしては確実に叩きたいところ。大迫としても批判を払しょくする今季初ゴールを狙いたい。 シュツットガルトのMF遠藤航は開幕戦のフライブルク戦ではボランチとしてプレー。だが、カウンター対応で甘さがあり、チームは2-3で敗れた。シュツットガルトは今節、マインツとのアウェイ戦に臨むが、残留を争う可能性がある相手だけに勝利をもぎ取りたい。 最後に負傷の影響で欠場となったウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨むが、招集メンバー入りとなるか。 ◆ブンデスリーガ第2節 ▽9/25(金) 《27:30》 ヘルタ・ベルリンvsフランクフルト ▽9/26(土) 《22:30》 ビーレフェルトvsケルン ボルシアMGvsウニオン・ベルリン アウグスブルクvsドルトムント レバークーゼンvsライプツィヒ マインツvsシュツットガルト 《25:30》 シャルケvsブレーメン ▽9/27(日) 《22:30》 ホッフェンハイムvsバイエルン 《25:30》 フライブルクvsヴォルフスブルク 2020.09.25 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがシティの逸材を確保!16歳FWバイノー=ギッテンを獲得

ドルトムントは24日、マンチェスター・シティのU-16イングランド代表FWジェイミー・バイノー=ギッテンス(16)の獲得を発表した。 契約期間は長期とされており、当面はU-19チームでプレーすることとなる。 バイノー=ギッテンスはシティの下部組織で、イングランド代表MFジェイドン・サンチョと同じ道を辿っている。サンチョは17歳での加入となったが、バイノー=ギッテンスは16歳での加入となった。なお、U-15、U-16のイングランド代表でプレー経験がある。 ドルトムントのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は「ジェイミー・バイノー=ギッテンスが加入した。彼は最初にU-19でプレーする」とコメント。「我々のスカウト部門は素晴らしい仕事をした。彼はとても才能あるウインガーであり、我々のユースチームで成長を図って行く予定だ」と溢れる才能を成長させて行きながらも、「我々としては最初から高い期待をかけていくようなしたくはない」と、プレッシャーをかけるつもりはないようだ。 ドルトムントU-19には、U-19ドイツ代表FWユスファ・ムココ(15)ら期待の若手選手も揃っており、さらに将来が楽しみな存在が増えた。 2020.09.25 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「生命」を宿す読み方が二転三転したドイツ代表MF、エムレ・ジャン【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はドルトムントに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャン(26)だ。 <div id="cws_ad">◆エムレ・ジャン、2018-19シーズンプレー集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzb2RqY3A1cyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ジャンは、フランクフルトの下部組織に入団した後、バイエルンの下部組織へと移籍し、2012年にファーストチームへと昇格を果たした。しかし、元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェらが加入したことで出場機会が少なく、2013年にレバークーゼンへと移籍した。 レバークーゼンではレギュラーとしてプレーすると、翌2014年6月にリバプールへ移籍。当時はブレンダン・ロジャース監督のもと、センターバックとして3バックの一角を務めていた。しかし、ユルゲン・クロップ監督が就任すると中盤にポジションを移すと、フィジカルを生かした守備と豊富な運動量を武器に、本来のパフォーマンスを発揮。ドイツ代表としてもプレーするようになり始めた。 ジャンに関しては、リバプール移籍時から、姓の呼び方が物議を醸していた。「Can」という綴りに関し、ドイツでは「カン」、ルーツでもあるトルコでは「ジャン」、リバプールは「チャン」と表現。しかし、本人の発音では「エムレ・ジャン」と聞こえるため、現在は「ジャン」が主流となっている。ちなみに「Can」はトルコ語で「生命」を意味している。 そんなジャンは、2018年夏にフリーでユベントス入りすると、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の下で公式戦37試合4得点1アシストをマークしたが、マウリツィオ・サッリ監督が到着した2019-20シーズンは状況が様変わり。チャンピオンズリーグ(CL)で登録メンバーに含まれず、リーグ戦でも十分な出場機会が得られず、冷遇に遭った。 すると、2020年1月には買い取り義務付きのレンタルでドルトムントに加入。すぐさまレギュラーに定着すると、2月には早くも完全移籍を果たした。ブンデスリーガ、プレミアリーグ、そしてセリエAでプレーした経験をもとに、若いチームを牽引する。 2020.09.25 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ゲッツェにバイエルン復帰の可能性? フリック熱望もクラブ首脳は再獲得に否定的…

元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(28)にバイエルン復帰の可能性が浮上している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 昨シーズン限りでドルトムントを退団し、現在はフリーの状況が続いている。ここまではモナコやヘルタ・ベルリン、ミラン、ローマといった国内外のクラブが新天地候補に挙がっていたが、いずれの話にも進展はない。 そういった中、先日に同選手は、マンチェスター・シティからバイエルンに移籍したドイツ代表MFレロイ・サネらを顧客に持つ『LIAN Sports Group』とエージェント契約を締結し、今後の動きが注目されている。 そのゲッツェに関して『シュポルト・ビルト』は、バイエルンを率いるハンジ・フリック監督が先週に同選手の獲得に向けて直接連絡を取ったと報じている。 ドイツ代表のアシスタント・コーチ時代にゲッツェを指導してきたフリック監督は、DFジェローム・ボアテング、MFトーマス・ミュラーと自身の指導の下で完全復活した2選手と同様に、ゲッツェが再び輝きを取り戻せることを確信しているという。 また、バイエルンではリバプールへ旅立ったMFチアゴ・アルカンタラに加え、MFハビ・マルティネスの退団が濃厚となっており、中盤の補強が急務。そこにフリーで獲得可能で、マルチロールをこなせる元教え子を据えたい考えのようだ。 ただ、フリック監督が獲得を熱望し、ゲッツェも復帰に前向きな一方、カール=ハインツ・ルンメニゲCEOとスポーツ・ディレクターのハサン・サリハミジッチ氏は、ファンからの拒否反応や、ネガティブな報道を危惧しており、再獲得に否定的な姿勢だという。 2013年から2016年までの在籍3年間で114試合36ゴール24アシストの数字を残していたゲッツェだが、4年ぶりの古巣復帰は実現するのか…。 2020.09.23 16:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムントに痛手、開幕戦19分で交代したMFアザールがハムストリング肉離れで数週間離脱

ドルトムントは21日、ベルギー代表MFトルガン・アザールの負傷を発表した。 アザールは19日に行われたボルシアMGとのブンデスリーガ開幕戦に先発出場。しかし、開始早々に負傷し19分でフェリックス・パスラックと交代していた。 クラブの発表によると、アザールはハムストリングの肉離れとのこと。数週間の離脱になるとしている。 2019-20シーズンは公式戦43試合に出場し7ゴール10アシストを記録。今シーズンは背番号「10」を背負い、DFBポカール1回戦のデュイスブルク戦では1ゴール1アシストの活躍を見せていた。 2020.09.21 21:55 Mon
twitterfacebook