イタリア主将キエッリーニ、オランダ撃破も「もう少しゴールが欲しかった」 久々の代表戦出場も喜ぶ

2020.09.08 17:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア代表の主将を務めるDFジョルジョ・キエッリーニが安定した戦いぶりの自信を口にした。『フットボール・イタリア』が伝えている。イタリア代表は7日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第2節でオランダ代表と対戦。前半アディショナルタイムのMFニコロ・バレッラのゴールにより、1-0の勝利で飾った。

キエッリーニが試合後、イタリア『RAI Sport』のインタビューで強豪国相手の勝利もあまり浮かれることなく、振り返った。

「僕らはこの試合のために良い準備ができ、この2年間も高いレベルでプレーができている。何カ月ものロックダウンや、異例の夏もあり、軌道修正が難しかったが、素晴らしいチームに勝てた。もう少しゴールが欲しかったけどね。それもゲームの一部で、ときに袖をまくらなければならない。疲労がたまる終盤の守備も良かった」

そんなキエッリーニは個人として前十字じん帯損傷から約1年以上ぶりの代表戦だったが、守備の要として要所で存在感。アズーリの一員としての実践復帰を喜んだ。

「練習場はそこまで広くないから、大きなピッチでプレーできない日々は寂しかった。だから、距離感を取り戻すのに時間がかかる。実践特有の緊張感が恋しかった。戻ってこれて嬉しい」
コメント
関連ニュース
thumb

ザニオーロに再び悲劇…左ヒザ前十字じん帯断裂で長期離脱…

ローマは8日、イタリア代表MFニコロ・ザニオーロが左ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負ったことを発表した。 ザニオーロは、イタリア代表として参加した7日のUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1の第2節のオランダ戦(1-0で勝利)に先発出場。しかし、前半終了間際の41分にMFドニー・ファン・デ・ベークと軽い接触をした際、ピッチに倒れ込んだ。 左ヒザを痛めた同選手は自力でピッチを後にしたが、プレー続行不可能となり、FWモイゼ・ケアンが投入されていた。 そして、8日にローマのヴィラ・スチュアート病院にてピエル・パオロ・マリアーニ医師の下で精密検査を受けたところ、左ヒザ前十字じん帯断裂が確認された。手術は翌9日に実施される予定だ。 ザニオーロは今年1月に右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負い、今年7月に戦列に復帰したばかりだったが、今度は逆の左足に重傷を負い、再び長期の離脱を強いられることになった。 2020.09.08 17:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ザニオーロがオランダ戦で左ヒザに外傷…今年1月に右ヒザに重傷を負い、長期離脱の懸念も…

イタリア代表MFニコロ・ザニオーロがオランダ代表戦で左ヒザを負傷した。所属するローマが発表した。 ザニオーロは7日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1の第2節のオランダ戦(1-0で勝利)に先発出場。しかし、前半終了間際の41分にMFドニー・ファン・デ・ベークと軽い接触をした際、ピッチに倒れ込んだ。 左ヒザを痛めた同選手は自力でピッチを後にしたが、プレー続行不可能となり、FWモイゼ・ケアンが投入されていた。 そして、同試合後に所属するローマはザニオーロが左ヒザに外傷を負ったことを確認。8日にローマに戻った後、ケガの状態を確認するための精密検査と診断が下されることになるという。 ザニオーロは今年1月に右ヒザの半月板損傷と前十字じん帯断裂の重傷を負い、今年7月に戦列に復帰したばかりだった。 今回のケガに関しては逆の左ヒザだが、イタリア代表のメディカルチーフであるアンドレア・フェレッティ氏は、イタリア『RAI Sport』の取材に対して、「ヒザをかなり強く捻っており、ザニオーロ本人も我々も心配している」と、重傷の可能性を危惧している。 その一方で、ロベルト・マンチーニ監督は、「ケガの瞬間はかなり心配そうにしていたが、その後はあまり痛みを感じていなかったようだ。以前に比べて深刻ではないことを願っている」と、今回のケガが深刻なものではない可能性を口にしている。 2020.09.08 13:43 Tue
twitterfacebook
thumb

バレッラ弾を守り切ったイタリアが敵地でオランダを撃破!《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1の第2節、オランダ代表vsイタリア代表が7日に行われ、0-1でイタリアが勝利した。 3日前に行われた初戦のポーランド代表戦を1-0と勝利したオランダは、ポーランド戦のスタメンからベルフワインに代えてファン・デ・ベークのみを変更した。 一方、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表にホームで1-1と引き分けたイタリアは、ボスニア・H戦のスタメンから7選手を変更。インモービレやザニオーロ、キエッリーニらがスタメンとなった。 共に[4-3-3]を採用した中、オランダは3トップに右からワイナルドゥム、デパイ、プロメスと並べ、中盤トップ下にファン・デ・ベーク、2センターにF・デ・ヨングとデ・ルーンを配した。 一方、イタリアは3トップに右からザニオーロ、インモービレ、インシーニェと並べ、中盤アンカーにジョルジーニョ、インサイドにバレッラとロカテッリを据えた。 イタリアが積極的な入りを見せた中、バレッラのミドルシュートやザニオーロのボレーシュート、インモービレのコントロールシュートでゴールに迫っていく。 押し込むイタリアは35分、インシーニェのカットインシュートがわずかに外れた。すると41分にはアクシデント。ファン・デ・ベークと接触して脇腹付近を痛めたザニオーロがプレー続行不可能となってケアンが投入された。 それでも追加タイム1分、イタリアが押し切った。ボックス左に流れたインモービレのクロスをゴール前に飛び込んだバレッラがヘディングシュートで叩き込んだ。 迎えた後半、53分にインシーニェのシュートでGKシレッセンを強襲したイタリアは、55分にファン・デ・ベークのボレーシュートでゴールを脅かされるも、GKドンナルンマがファインセーブで凌いだ。 追うオランダはファン・デ・ベークに代えてベルフワインを投入すると、61分にはデパイが際どいミドルシュートを浴びせた。 終盤にかけてはオランダが押し込む展開としたものの、自陣に引くイタリアを崩しきれない。そこでアケに代えてL・デ・ヨングを前線に投入し攻勢をかけたが、最後まで集中を切らさなかったイタリアがウノゼロで逃げ切り。敵地でオランダを下したイタリアが今大会初勝利を飾っている。 2020.09.08 05:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦で同点ゴールのセンシ、結果に落胆「パススピードが遅すぎた」

インテルのイタリア代表MFステファノ・センシが、同点ゴールを決めたボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦を振り返った。 イタリア代表は4日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1の第1節でボスニアヘルツェゴビナ代表と対戦。58分にFWエディン・ジェコに先制点を許したが、68分にセンシが放ったシュートが相手DFに当たって同点とし、試合は1-1で引き分けた。 センシはイタリア『RAI Sport』で試合を振り返り、自身のゴールを喜びながらも、相手の守備に苦しんだことを認め、結果に不満を示した。 「自分のゴールにが満足しているけど、このドローには納得していない。だから結果には満足していない」 「僕たちはもっとうまく判断できたと思うが、10カ月間離れていたから軌道に乗せるのは簡単ではない。ボスニアがじっくり構えて、カウンター攻撃を防ぐことはわかっていた」 「スペースを見つけるのが難しく、パススピードが遅すぎた。ジェコは素晴らしいFWだけど、彼から時々ボールを奪えた。だが、カウンター攻撃の予防策を改善する必要がある」 2020.09.05 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリア、ピャニッチ不在のボスニア・Hにホームでドロー《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1の第1節、イタリア代表vsボスニア・ヘルツェゴビナ代表が4日に行われ、1-1で引き分けた。 オランダ代表とポーランド代表が同居しているグループ1。[4-3-3]を採用したイタリアは3トップに右からキエーザ、ベロッティ、インシーニェと並べ、中盤アンカーにセンシ、両脇にバレッラとペッレグリーニ、4バックに右からフロレンツィ、ボヌッチ、アチェルビ、ビラギを起用した。 一方、ピャニッチが負傷のため招集外のボスニア・Hはジェコやコラシナツが先発となった。 立ち上がりから圧力をかけたイタリアは12分にキエーザがボックス右から際どいシュートを打つと、18分にはインシーニェが直接FKでゴールに迫っていった。 押し込んだイタリアだったが、自陣に引くボスニア・Hの守備の前に徐々に攻めあぐねていく。そんな中、36分にバレッラがミドルシュートで牽制するも、前半のうちにゴールは割れず0-0で後半へ折り返した。 迎えた後半も押し込んだイタリアは、52分にインシーニェが得意のカットインシュートでオンターゲットを記録。 しかし直後、ボスニア・Hに大決定機が訪れる。ジェコのパスに反応したホジッチがゴールエリア左に侵入。フロレンツィと入れ替わり、ポスト直撃のシュートを放った。 対するイタリアも直後、インシーニェのヘディングシュートがポストに直撃したが、先制したのはボスニア・H。58分、CKの流れからシュニッチがヘッドで落とし、ゴールエリア左のジェコが左足ボレーで蹴り込んだ。 それでも68分にイタリアが追いつく。インシーニェが左サイドからマイナスに折り返すと、センシがダイレクトでシュート。これがDFにディフレクトしてゴールに吸い込まれた。 攻勢を強めるイタリアはザニオーロ、インモービレと投入していくも、終盤にかけてはチャンスを生み出せない。逆にカウンターから幾つかピンチを招く場面もあった中、1-1で終了。ボスニア・Hが敵地で勝ち点1を手にしている。 2020.09.05 05:45 Sat
twitterfacebook