ポルトガルの歴史を変えた一撃!ユーロ2016決勝でエデルが見せた母国の初優勝を決める劇的ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

2020.09.08 19:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はロコモティフ・モスクワのポルトガル代表FWエデルがユーロ2016決勝で決めたゴールだ。

◆エデルが決めたポルトガルの歴史を変える劇的ゴール

母国ポルトガルでプロキャリアをスタートさせたエデルは、2012年強豪ブラガに移籍し、同年8月にポルトガル代表に初招集を受け、2014年ワールドカップ(W杯)予選のアゼルバイジャン戦で代表デビューを果たした。

その後、スウォンジーやリールなどでのプレーを経て、現在はロシアでプレー。ポルトガル代表としてもここまで35試合5ゴールを記録しているが、2016年7月10日に行われた、ユーロ2016決勝のフランス戦では、代表の歴史に残る劇的ゴールを決めている。

大会の大本命として勝ち上がってきた開催国フランスに対し、ポルトガルは、大会を通して引き分けが多く、組み合わせに恵まれただけとの見方が多かった。

下馬評は完全にフランス有利の中、試合が始まると、絶対的エースであるFWクリスティアーノ・ロナウドが25分にまさかの負傷交代。ポルトガルの命運も尽きたかに思われた。

しかし、ポルトガルが拮抗した試合を演じると、試合は延長戦までもつれ込む。そして迎えた109分、途中出場を果たしていたエデルが、相手のディフェンスラインでボールを受けると、相手DFからのプレッシャーを跳ね返しながら、中央へドリブル突破。シュートチャンスを得ると、ボックスの外からシュートを放った。グラウンダーの鋭いシュートは、GKウーゴ・ロリスの届かないゴール左下に見事に決まり、土壇場での劇的なゴールが生まれた。

このゴールが決勝点となり、ポルトガルは代表の歴史の中で初となる主要国際大会のトロフィーを獲得。エデルは一躍時の人となった。
コメント
関連ニュース
thumb

アヤックス時代から変わらないエリクセンの豪快ミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はインテルに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックス時代のエリクセンが決めた豪快ミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBbXBtTFB0WSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> オランダの名門アヤックスで育ったエリクセンは、同クラブで頭角を現すと2013年にトッテナムに加入。司令塔として活躍し、チームの躍進を支えた。 高いパス精度と優れた状況判断力を持ち、ゲームのコントロールに長けるエリクセンだが、アヤックス時代の2012年1月29日に行われた、エールディビジ第19節のフェイエノールト戦では豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた18分、右サイドでボールを持ったエリクセンはドリブルでボールを運ぶ。ボックス右手前で相手選手に挟まれるものの、鋭いターンでスペースを作ると左足でシュート。豪快なミドルシュートはゴール左に決まり、見事な先制点となった。 先手を取ることに成功したアヤックスだったが、その後反撃に遭い、4-2で逆転負けを喫している。 2020.10.28 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

奇抜なヘアスタイルで注目を浴びたアスー=エコトがリバプール相手に決めたロケット砲シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元カメルーン代表DFのブノワ・アスー=エコト氏がトッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アスー=エコトが決めた弾丸ロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCNlJzbExqUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ランスでプロデビューしたアスー=エコト氏は、2006年夏にトッテナムに加入。2015年に退団するまで、公式戦205試合に出場し、主力としてチームを支えた。 攻撃的なサイドバックとして守備だけでなく攻撃面でもチームに貢献したアスー=エコト氏だが、2009年8月16日に行われた、プレミアリーグ開幕節のリバプール戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた43分、ボックス手前でトッテナムがFKのチャンスを得る。キッカーのMFトム・ハドルストンが蹴ったボールは壁に跳ね返るも、これを拾ったアスー=エコトがすぐさまシュートを放つ。コンパクトな振りからは想像もつかないような豪快なシュートがゴール左上へ一直線に飛んでいき、そのままゴールネットに突き刺さった。 このゴールで先制したトッテナム。その後追いつかれるも勝ち越しに成功し、開幕戦で白星を飾っている。 2020.10.27 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ケインがゴールからの距離を感じさせない豪快なロングシュートを突き刺す【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ケインが決めた豪快なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzNTV2cFVraSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トッテナムの下部組織で育ったケインは、レンタル移籍を経て、2014-15シーズンに大ブレイク。ファーストチームに定着すると、今ではエース、そして主将としてチームを引っ張る大黒柱となっている。 ストライカーとしてゴール前で圧倒的な強さを誇るケインだが、豊富な得点パターンを持っており、2019年12月7日に行われたプレミアリーグ第16節のバーンリー戦では、豪快なロングシュートを決めている。 開始早々の5分、前線へのロングボールがFWソン・フンミンに入ると、ワンタッチでケインに落とす。ドリブルで少しボールを前に運んだケインは、相手のプレスがかかる前にシュート体勢に入ると、まだゴールに対してかなり距離のある位置からロングシュート。 右足から放たれた鋭いシュートは、ゴール左に決まり、見事な先制ゴールとなった。このゴールで勢いに乗ったトッテナムは5-0の大勝を収めている。 2020.10.26 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ジエリンスキが決めたロケット砲のような容赦ないボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリのポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジエリンスキがアタランタ戦で決めたロケットボレー<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOUVBKQkIzUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ジエリンスキは若くしてポーランドのクラブからウディネーゼの下部組織に引き抜かれ、同クラブでプロデビュー。2016年夏にナポリに加入し、主力として活躍している。 中盤の選手ながら縦への推進力とゴール前での決定的なプレーを得意とするジエリンスキだが、2017年8月27日に行われたセリエA第2節のアタランタ戦では、豪快なボレーシュートを決めている。 前半にアタランタに先制され、0-1とナポリのビハインドで迎えた56分、ナポリに左コーナーキックのチャンスが訪れる。クロスは相手にクリアされてしまうが、こぼれ球をボックスの外でジエリンスキが拾うと。胸トラップでボールをコントロールしてから、豪快なボレーシュート。ドライブ回転のかかった強烈なシュートはゴール右上に突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 このゴールで反撃の狼煙を上げたナポリは、その後逆転に成功。3-1で勝利を収めている。 2020.10.25 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユ時代のB・メンディが叩き込んだ豪快なロングシュートにスタンドも歓喜【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのフランス代表DFバンジャマン・メンディがマルセイユ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マルセイユ時代のメンディが決めた美しいロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4QmVjSFJMVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ル・アーブルでデビューしたメンディは2013年夏にマルセイユに加入し、ブレイク。その後モナコでプレーした後、2017年夏にマンチェスター・シティに移籍した。 攻撃も得意とする現代的なサイドバックとして活躍するメンディだが、マルセイユ時代の2015年9月13日に行われた、リーグ・アン第5節のバスティア戦では、美しいゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、マルセイユが左からのコーナーキックを得る。すると、ショートコーナーを受けたMFラサナ・ディアラがボックスの手前にパス。これにメンディが後方から走り込み、ダイレクトでシュートを放つ。左足のシュートはカーブしながらゴールに向かうと、クロスバーの下に跳ね返り見事にゴールインした。 美しいシュートにゴール裏のマルセイユサポーターは大騒ぎに。このゴールで先制に成功したマルセイユは、その後も得点を重ね、4-1で勝利している。 2020.10.24 19:00 Sat
twitterfacebook