アンス・ファティがラ・ロハデビュー! 史上2番目の若さに

2020.09.04 16:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのFWアンス・ファティがまた一つ偉大な記録を打ち立てた。3日に行われたUEFAネーションズリーグでドイツ代表と対戦したスペイン代表。今回がフル代表初招集だったファティは後半から投入され念願のデビューを果たした。

17歳308日でのデビューとなったファティは、スペイン代表では史上2番目の若さに。最年少はサン・ロレンツォやデポルティボ・ラ・コルーニャでプレーしたアンヘル・スビエタ氏が1936年に記録した17歳284日。また、ファティと同じバルセロナのカンテーラのであるFWボージャン・クルキッチ(現モントリオール・インパクト)は、18歳13日という3番目の記録を保持している。

なお、ファティはラ・ロハのユニフォームに袖を通した800人目の選手となった。

試合は96分のDFホセ・ルイス・ガヤのゴールで、スペインが1-1の引き分けに持ち込んでいる。
コメント
関連ニュース
thumb

バスク代表が今後、公式戦参加? 選手市場価値は欧州17位

将来的にバスク代表の公式戦参加が認められることになるかもしれない。 スペインとフランスにまたがるバスク地方では以前からスペインからの独立を求める運動が続いており、フットボール界においても、1988年に設立されたバスクサッカー連盟の下でバスク代表として活動している。 国際サッカー連盟(FIFA)や欧州サッカー連盟(UEFA)への加盟が認められていないため、公式戦に参加することはできないが、今月のインターナショナルマッチウィークにはコスタリカ代表と非公式のトレーニングマッチを行い、2-1で勝利を収めている。 そのバスク代表は2018年12月にFIFAとUEFA加盟を目指していたが、スペインサッカー連盟(RFEF)が強硬に拒否したことで、このタイミングでの加盟は実現しなかった。 しかし、バスクサッカー連盟のルイス・マリ・エルストンド会長は中長期的に公式戦への参加が認められる可能性があると考えている。スペイン『マルカ』が伝えている。 エルストンド会長は先日にバスクのスポーツチームの国際大会への参加に向け、スペイン中央政府とバスク政府の間で予備的な合意があったとの注目の発言を行っていた。 しかし、今回のインタビューでは「自分の表現が悪かった」とその発言を訂正。ただ、「中長期的には別のチームとして受け入れられる可能性がある」と、バスク代表の公式戦出場に向けて楽観的な態度を示している。 また、FIFAとUEFA加盟に向けて最大の障壁となるRFEFのネガティブな反応に関しても、両政府による交渉が進んでいることを理由に、「正式なステータスにどれだけ近づいているかはわからない。だが、我々は近づいている」と同じく楽観的な姿勢を貫いている。 なお、ドイツ『transfermarkt』が伝えるところによれば、現時点でバスク代表のUEFA加盟が認められた場合、代表招集資格がある選手の市場価値はUEFA内で17位にランクインすることになり、スイス代表(現17位)やウェールズ代表(18位)よりも上に入るという。 さらに、現在スペイン代表で活躍するFWミケル・オヤルサバルやMFアンデル・エレーラが加わった場合、代表チームとしての市場価値はさらに上がるという。 ちなみに『transfermarkt』が現時点で選出したバスク代表のスタメン候補は以下の通り。 GK ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ) DF セサル・アスピリクエタ(チェルシー/イングランド) ジェライ・アルバレス(アスレティック・ビルバオ) イニゴ・マルティネス(アスレティック・ビルバオ) ユーリ・ベルチチェ(アスレティック・ビルバオ) MF アンデル・エレーラ(パリ・サンジェルマン/フランス) イゴール・スベルディア(レアル・ソシエダ) ミケル・メリノ(レアル・ソシエダ) FW イケル・ムニアイン(アスレティック・ビルバオ) イニャキ・ウィリアムズ(アスレティック・ビルバオ) ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ) 2020.11.25 00:25 Wed
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のセルヒオ・ラモスが右ハムストリングの裂傷で最大2週間の離脱へ…

レアル・マドリーは19日、スペイン代表DFセルヒオ・ラモスの負傷を報告した。 セルヒオ・ラモスは、17日に行われたUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦(6-0で勝利)に先発出場。だが、前半終了間際に右足を痛めて43分に負傷交代を強いられていた。 クラブの声明によると、同日に行われた検査の結果、セルヒオ・ラモスの右ハムストリングに筋肉の裂傷が見つかったとのこと。 なお、クラブは具体的な治療期間は明かしていないものの、スペイン『アス』は10日~2週間の離脱と伝えており、21日に行われるラ・リーガ第10節のビジャレアル戦と25日に行われるチャンピオンズリーグ・グループB第4節のインテル戦は欠場する見込みだ。 現在マドリーでは、DFダニエル・カルバハル、DFナチョ・フェルナンデス、DFアルバロ・オドリオソラと最終ラインに負傷者が続出中。さらにフランス代表に参加していたDFラファエル・ヴァランも17日のUEFAネーションズリーグのスウェーデン代表戦でハムストリングの違和感を訴えており、現時点で負傷の程度は不明だが、数試合を欠場する可能性が出てきている。 2020.11.20 03:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ相手にハットのトーレス、チームメイトが粋なプレゼント!

スペイン代表で初となるハットトリックを達成したMFフェラン・トーレスに仲間が粋な計らいをした。 スペインは17日、UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ4最終節のドイツ代表戦に望んだF・トーレスは、1点リードで迎えた33分に、味方のシュートのこぼれ球を押し込んで得点を記録。さらに、55分にはチーム4点目となる自身2点目を決めると、71分にMFファビアン・ルイスのラストパスを流し込んでハットトリックを達成した。 <div id="cws_ad">◆チームメイトが記念ボールに寄せ書き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ0WWRsYURjbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドイツ相手に6発大勝も大きな話題となったが、フェラン・トーレスのハットトリックも話題に。得点力不足が叫ばれていたスペイン代表において大きな起爆剤となったフェラン・トーレスは、今シーズンから加入したマンチェスター・シティでもプレミアリーグでこそゴールはないが、チャンピオンズリーグ(CL)では3試合3ゴールを記録するなど、得点力を発揮していた。 ハットトリックを記録したフェラン・トーレスは記念に試合球を持ち帰ったが、スペイン代表のチームメイトが寄せ書きで祝福した。 「素晴らしいストライカー!」(セルヒオ・カナレス/レアル・ベティス) 「初めての達成おめでとう!」 (ケパ・アリサバラガ/ チェルシー) 「フォイオス(出身地)の少年たちのために」(パウ・トーレス/ビジャレアル) 「おめでとう、バグ」(ジェラール・モレノ/ビジャレアル) 「グラン・フェル」(ホセ・ルイス・ガヤ/バレンシア) 昨シーズンまで過ごしたバレンシア時代のチームメイトなどからも祝福を受けたフェラン・トーレス。試合後には「全ての選手にとってハットトリックすることは夢だよ。それをドイツ戦でやってチームを助けることができたんだ。本当に嬉しいよ」とコメントしていたが、スペイン、シティでさらにゴールを量産するのか楽しみだ。 2020.11.19 20:35 Thu
twitterfacebook
thumb

【UEFAネーションズリーグ】2020-21シーズンの結果まとめ!ファイナルズ進出4カ国は?各リーグの昇降格は!?

18日、UEFAネーションズリーグ2020-21の最終節が行われた。 欧州サッカー連盟(UEFA)に加盟する55カ国が出場するネーションズリーグ。リーグAからリーグCまでは4カ国が4つのグループに、リーグDは4カ国と3カ国が2つのグループに分かれて総当たりで戦う大会だ。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4cjJLWmE4MiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リーグAの各グループ1位がファイナルズに進出し、4カ国で優勝を争う。また、リーグB以下の各グループ首位が上位リーグへ昇格、各グループ最下位が下位リーグへ降格する。なおリーグDは昇格のみとなる。 リーグAでは、イタリア(A1)、ベルギー(A2)、フランス(A3)、スペイン(A4)がファイナルに進出することが決定。前回大会のファイナリスト4カ国は全て進出できなかった。 一方で、ボスニア・ヘルツェゴビナ(A1)、アイスランド(A2)、スウェーデン(グループA3)がリーグBに降格。またグループA4はスイス代表とウクライナ代表の試合がウクライナ代表チーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生したため実施されておらず、UEFA懲戒期間で決定を下すことになるようだ。 リーグBでは、オーストリア(B1)、チェコ(B2)、ハンガリー(B3)、ウェールズ(B4)がリーグAに昇格、北アイルランド(B1)、スロバキア(B2)、トルコ(B3)、ブルガリア(B4)がリーグCに降格した。 リーグCではモンテネグロ(C1)、アルメニア(C2)、スロベニア(C3)、アルバニア(C4)がリーグBに昇格、キプロス(C1)、エストニア(C2)、モルドバ(C3)、カザフスタン(C4)がリーグDに降格。リーグDはフェロー諸島(D1)、ジブラルタル(D2)がリーグCに昇格する。 イタリア、ベルギー、フランス、スペインによるファイナルは、2021年10月6日から10月10日に実施される。また、開催地は原則としてイタリアとなるが、12月3日のUEFA実行委員会で決定。対戦カードもその後に決定する。 <span class="paragraph-title">★UEFAネーションズリーグファイナル進出チーム</span> ・グループA1 イタリア代表:3勝3分け/7得点2失点 最多得点:ドメニコ・ベラルディ(2ゴール) 2018-19結果:リーグA・グループ3 2位 ・グループA2 ベルギー代表:5勝1敗/16得点6失点 最多得点:ロメル・ルカク(5ゴール) 2018-19結果:リーグA・グループ2 2位 ・グループA3 フランス代表:5勝1分け/12得点5失点 最多得点:オリヴィエ・ジルー(3ゴール) 2018-19結果:リーグA・グループ1 2位 ・グループA4 スペイン代表:3勝2分け1敗/13得点3失点 最多得点:フェラン・トーレス(4ゴール) 2018-19結果:リーグA・グループ4 2位 <span class="paragraph-title">★UEFAネーションズリーグ2020-21最終結果</span> ◆リーグA ファイナル進出:、イタリア(A1)、ベルギー(A2)、フランス(A3)、スペイン(A4) リーグA残留:、イタリア(A1)、ベルギー(A2)、フランス(A3)、スペイン(A4) リーグB降格:ボスニア・ヘルツェゴビナ(A1)、アイスランド(A2)、スウェーデン(A3) ◆リーグB リーグA昇格:オーストリア(B1)、チェコ(B2)、ハンガリー(B3)、ウェールズ(B4) リーグB残留:ノルウェー(B1)、ルーマニア(B1)、スコットランド(B2)、イスラエル(B2)、ロシア(B3)、セルビア(B3)、フィンランド(B4)、アイルランド(B4) リーグC降格:北アイルランド(B1)、スロバキア(B2)、トルコ(B3)、ブルガリア(B4) ◆リーグC リーグB昇格:モンテネグロ(C1)、アルメニア(C2)、スロベニア(C3)、アルバニア(C4) リーグC残留:ルクセンブルク(C1)、アゼルバイジャン(C1)、北マケドニア(C2)、ジョージア(C2)、ギリシャ(C3)、コソボ(C3)、ベラルーシ(C4)、リトアニア(C4) リーグD降格:キプロス(C1)、エストニア(C2)、モルドバ(C3)、カザフスタン(C4) ◆リーグD リーグC昇格:フェロー諸島(D1)、ジブラルタル(D2) リーグD残留:マルタ(D1)、ラトビア(D1)、アンドラ(D1)、リヒテンシュタイン(D2)、サンマリノ(D2) 2020.11.19 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナが代表戦で負傷したブスケッツの離脱を発表…

バルセロナは17日、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツが左ヒザ外側側副じん帯のねん挫により戦線離脱したことを発表した。 ブスケッツは14日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21・リーグA・グループ4第5節のスイス代表戦に先発出場したが、73分に左ヒザを負傷し途中交代していた。 クラブの発表によれば、17日の朝にクラブのメディカルサービスを訪れたブスケッツは、そこで左ヒザ外側側副じん帯のねん挫が確認されたとのこと。 なお、離脱期間などは明かされていないが、スペイン『マルカ』は最低でも2週間は戦線から離れると伝えている。 今季スタートダッシュに失敗したバルセロナは、2試合を未消化ながら首位ソシエダと勝ち点差9の8位に位置。代表ウィーク明けには、21日にアトレティコ・マドリーとの大一番が控えている。 2020.11.19 01:00 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly