【メッシとバルセロナ】vol.29 快記録樹立! バルセロナ史上初の通算500勝達成!/ 2020年1月30日

2020.09.07 22:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の欧州サッカー界で最もホットな話題だったのが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の去就騒動だ。2001年に13歳でバルセロナのカンテラに加入して以降、約20年に渡ってバルセロナ一筋でプレーを続けてきたメッシがトランスファーリクエストを提出したのだ。メッシはクラブへの愛情から今夏の残留については明言したが、1年後の未来は不透明だ。

これまでチームのアイコンとして、そして数多くの功績を残したメッシ。今特集ではバルセロナでのメッシのキャリアを語る上で欠かせないシーンをピックアップ。各試合やゴールを思い返しつつ、そのキャリアを振り返る。

◆メッシがチームを大勝に導く2ゴール

今回は2020年1月30日。メッシがバルセロナでの500勝目を飾った、コパ・デル・レイ ラウンド16のレガネス戦だ。

バルセロナでの最多勝利記録保持者であるメッシ。これまでの公式戦出場731試合のうち、513試合を勝利で彩ってきた。節目の500勝目はコパ・デル・レイのレガネス戦だった。

バルセロナが主導権を握ったこの試合、前半を2-0で折り返して迎えた59分、自陣でボールを持ったフレンキー・デ・ヨングの見事なスルーパスに抜け出したメッシはボックス内で細かいタッチを見せる。最後はシュートが相手DFにディフレクトしながらゴールネットを揺らした。

さらにリードを4点に広げた89分には、イバン・ラキティッチのスルーパスにメッシが抜け出し、最後は相手GKもかわしてゴールを奪った。

5-0の大勝を飾ったバルセロナだったが、この勝利はメッシにとってバルセロナ史上初となる通算500勝目。

また、この試合でバルセロナ通算710試合目となったメッシの出場試合の勝敗内訳は、500勝(71%)、131引き分け(18%)、79敗(11%)と、圧倒的な戦績だ。さらに、この間に622ゴールを記録している。

なお、メッシに次ぐ2位には現アル・サッド指揮官のチャビ・エルナンデスの476勝、3位にヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタの459勝となっている。

コメント
関連ニュース
thumb

“バルセロナのメッシ”が観られるのも今シーズンが最後…?命運握るCLが今夜開幕

バルセロナは20日、ホームにハンガリーのフェレンツヴァーロシュを迎え、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)初戦を戦う。 今夏、13歳から20年過ごしたバルセロナからの退団希望を表明し、サッカー界を驚かせたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。紆余曲折を経て、本人の意思に反する形で今シーズンはクラブに残留することが決まったものの、クラブ上層部との溝はさらに深まった状態となっている。 <div id="cws_ad">◆CL開幕節に向け、集中しきった表情のメッシが垣間見えるバルサの最新トレーニング映像<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmVkVEOTJyayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 現行の契約が2021年6月末で切れるメッシは、今シーズン終了時にバルセロナを退団することが濃厚と言われており、そうなった場合、我々が見慣れてきた“バルセロナのメッシ”が観られるのも今シーズンが最後ということになる。 クラブ上層部とメッシの信頼関係は完全に失われており、もはや修復不可能のように見える。しかし、メッシを心変わりさせ、バルサへの残留に傾かせることができるものがあるとしたら、それはCLの栄光だろう。 今シーズンもクラブに残留することを明かしたインタビューの中でメッシは「僕は最も高いレベルでの競争がしたいし、タイトルを勝ち取り、CLを優勝するために戦いたい。それだけが僕の(選手としてのキャリアの)最後の数年間でやりたいことだ。タイトルを獲るために競い、そして優勝を争うこと。その上で負けることはあるかも知れないが、ローマやリバプール、リスボン(バイエルン戦)でのように崩れ去るのではなく、最低でも優勝を争いたいんだ」「これらのことが、バルセロナを退団したいと僕に考えさせた」と話している。 昨シーズンこそリーグタイトルをレアル・マドリーに明け渡したものの、2017-18シーズンからのリーグ2連覇を含め、直近5シーズン中3度のリーグ優勝を果たしていることを考えれば、メッシがどれほどCLのタイトルを勝ち取ることに重きを置いているかが伺い知れる。メッシにとってはリーグタイトルをいくらとっても、CL優勝に向けてクラブが戦うことができなければ意味がない言っても過言ではないのだろう。 そう考えると、今シーズンのバルサのCLでの成績はメッシ、そしてメッシを失う可能性に直面しているクラブ双方にとって非常に重要なものとなるはずだ。残留のカギを握るのは、今シーズンが終わったとき、メッシにバルサに残ることが自分自身、そしてクラブにとって、CLのトロフィーを勝ち取るための最善のオプションだと思わせることができるかどうかだ。 バルサが最後にCLを制覇したのは2015年。しかしそれ以降は、昨シーズンの準決勝でのバイエルン相手の2-8の屈辱的な大敗に加え、リバプール、そしてローマ相手に2シーズン連続の大逆転負けを喫するなど、落胆に終わるシーズンが続いている。 このような近年のトラウマのような敗戦が、バルサのCLにおける自信を失わせている。新指揮官のロナルド・クーマン監督も19日に行われた試合前日会見では「バルセロナにいる限り、我々は国内、そしてヨーロッパでタイトルを勝ち取ることを目指してプレーしなければならない」と前向きなコメントを口にしつつも、「(このクラブで)起こったことを考えれば、我々は優勝の本命ではないが、勝ち進むことはできるだろう」とやや弱気な言葉で締めている。 一方でクーマン監督はメッシの様子について「日々、彼の様子を見ていると、よく練習に励み、彼がハッピーだということが分かる」「彼は集中しており、キャプテンとしてプレーすることを望んでいる。私は彼に何の文句も疑いも持っていない」と改めてメッシのクラブに対するコミットメントを強調した。 20日28時キックオフとなるフェレンツヴァーロシュ戦で、メッシ、そしてバルサがどのような戦いを見せるのか、注目だ。 2020.10.20 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【CLグループG展望】レジェンドを新指揮官に迎えたバルサとユーベが本命

◆編集部予想 ◎本命:バルセロナ ○対抗:ユベントス △連下:ディナモ・キエフ ☆大穴:フェレンツヴァーロシュ 昨季のCLを不本意な形で敗退し、クラブのレジェンドを新指揮官に迎えたバルセロナとユベントスがグループGの突破候補だ。バルセロナはクーマン監督を、ユベントスはピルロ監督を迎え、心機一転のシーズンに臨んでいる。その2強に割って入る可能性があるのは、4シーズンぶりのCL本戦出場となるディナモ・キエフか。ハンガリー王者で本戦初出場のフェレンツヴァーロシュは厳しい戦いが予想される。 ◆荒療治が奏功か~バルセロナ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> バルセロナは昨季、優勝したバイエルンとベスト8で対戦した中、8失点を許す歴史的大敗を喫したことを受け、セティエン前監督を解任。クーマン新監督を迎えたチームはFWスアレス、MFラキティッチ、MFビダル、DFセメドら主力を戦力外とし、大胆な血の入れ替えを行った。直近のヘタフェ戦では惜敗したが、チームはソリッドさを増し、監督交代は吉と出ていると見て良さそうだ。移籍を志願したFWメッシもモチベーションを落とすことなくプレーしており、グループステージで苦戦するチーム状態ではないだろう。荒療治に出た賭けが今のところは成功しており、首位通過の本命とした。 ◆監督未経験もGS突破はノルマ~ユベントス~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ベスト4と躍進したリヨンの前に昨季はベスト16で敗退となったユベントスは、スクデットを獲得したものの、サッリ前監督を1年で電撃解任とした。新指揮官に迎えたのは監督未経験のピルロと思い切った選考を行ったユベントスは、衰えを隠しきれなかったFWイグアインを戦力外とした中、FWキエーザやFWクルゼフスキといった粋の良い若手アタッカーに加え、4年ぶりの復帰となるFWモラタ獲得。FWロナウドとFWディバラ頼みだった昨季の攻撃に更なるバリエーションが加われば、グループステージ突破は自ずと見えてくるはずだ。 ◆ウクライナの雄は2強を脅かせるか~ディナモ・キエフ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 予選3回戦から勝ち上がり、プレーオフではヘントを倒して4季ぶりに本戦出場を果たしたディナモ・キエフ。ウクライナ王者であるシャフタールの前に影が薄くなっているウクライナの雄だが、主力はほぼウクライナ代表。さらに指揮官はシャフタールを強豪へと成長させた名将ルチェスク氏。実力に疑いの余地はないが、2強に割って入ることはできるか。 ◆本戦初出場のハンガリー王者~フェレンツヴァーロシュ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/Get20201019_26_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 予選1回戦から勝ち上がり、2回戦でセルティックを、3回線でディナモ・ザグレブと、CLでもお馴染みのクラブを撃破したフェレンツヴァーロシュ。プレーオフではノルウェー王者のモルデを下して本戦初出場に辿り着いたハンガリー王者を率いるのはウクライナ代表FWとして活躍したレブロフ氏。戦力的に厳しいのは百も承知だが、ホームの試合では地の利を生かし、バルセロナとユベントスを大いに苦しめることを期待したい。 2020.10.20 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

CL初戦を迎えるバルセロナ、クーマン「勝つには常にプレッシャーがつきまとう」

バルセロナを率いるロナルド・クーマン監督がフェレンツヴァーロシュ戦にコメントした。クラブ公式サイトが伝えている。 20日、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)初戦を迎えるバルセロナ。ホームで行われるグループG第1節の相手はハンガリーのフェレンツヴァーロシュだ。 前日会見に臨んだクーマン監督は「毎試合が大切だ。ホームでの難しいゲームに備えて準備してきた」と話すとともに、対戦相手を分析した。 「試合に勝つには常にプレッシャーがつきまとうもの。だが、我々はフェレンツヴァーロシュとの対戦に楽観的だ。彼らはとてもフィジカルが強く、ボール保持を好むチームだ。ベストを尽くす。強いチームだと思う。我々に問題を与える選手がいる。集中していなければならない」 17日に行われたラ・リーガ第6節でヘタフェに0-1で敗れて、今回のCL初戦を迎えるバルセロナ。クーマン監督は決して悪い雰囲気ではないとチームの状況を明かした。 「非常に高いインテンシティで練習ができている。チームは明るく満足している。当然、ヘタフェ戦での敗北には不満を持っている。だが、各選手が最大限に努力しているからチームに失望していない。プレーヤーが新しいシステムに早く適応できるようにトレーニングを積んでいる。若い選手もいるからね」 また、指摘される得点力不足に関しても触れ、「得点の少なさは心配していない。我々にはゴールをもたらすのに十分なクオリティがある。アタッカー陣には競争があって6〜7人から選ぶことができる」と気にかけていない姿勢を示した。 2020.10.20 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

グリーズマンへの変わらぬ信頼を強調するネト「多くのものを僕たちにもたらしてくれるだろう」

バルセロナのブラジル代表GKネトは、批判が強まっているチームメイトのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに変わらぬ信頼を寄せているようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 2019年夏に、バルセロナが契約解除金1億2000万ユーロ(現レートで約149億円)をアトレティコ・マドリーに支払い獲得したグリーズマン。しかし、今季は開幕からノーゴールが続いており、初黒星を喫した第6節ヘタフェ(この試合のみチーム名を「フェ」に変更)戦でも決定機を逃すなど、調子は上がっていない。 こうした状況にスペインメディアからは強い批判が浴びせられている中、グリーズマンの方もクラブでの起用法に不満を抱えているのか、フランス代表としてゴールを決めたUEFAネーションズリーグ第4節クロアチア戦後には、「デシャン監督は僕の活かし方を知っている」と発言していた。 クラブと選手の間には不穏な空気が流れているものの、チャンピオンズリーグ(CL)の前日会見に参加したネトは、グリーズマンへの信頼を口にした。 「グリーズマンはいつも通り良い感じだよ。僕たちはフットボーラーというこの仕事がどのようなものか知っている。状況が良くなることもあれば、悪くなることもあるんだ」 「彼は楽しそうにトレーニングに取り組んでいるよ。きっと多くのものを、僕たちにもたらしてくれるだろう」 また、ネトは会見の中で、自身もスタメンで出場したヘタフェ戦の敗北について、既に気持ちを切り替えていると語った。 「負けを好む人はいないし、ヘタフェ戦のことは忘れなければならない。明日のチャンピオンズリーグの試合に集中する必要がある。重要なのは、仕事を続けていくことだよ」 バルセロナは、20日にCL開幕節でフェレンツヴァーロシュと対戦。チームメイトから変わらぬ信頼を寄せられているグリーズマンが批判を払拭するような活躍ができるか、注目だ。 2020.10.20 12:59 Tue
twitterfacebook
thumb

Hey! Say! JUMP薮宏太がクラシコで初実況に挑戦「魅力的なクラシコになること間違いなし」

WOWOWは、Hey! Say! JUMPの薮宏太が10月24日(土)に行われるバルセロナvsレアル・マドリーのクラシコにおいて、副音声で実況を担当することを発表した。 WOWOWでは、25日の22時からバルセロナとレアル・マドリーが対戦する“伝統の一戦クラシコ”を生中継。スタジオMCとして、今シーズンから『リーガダイジェスト!』のMCを務める薮宏太が登場。試合の実況を山田泰三氏、解説を安永聡太郎氏が務めることを発表した。 藪は『リーガダイジェスト!』でもコンビを組む都並敏史氏を解説に迎え副音声で初実況に挑戦。今回の挑戦については「この度僭越ながらクラシコの副音声を担当させていただくことになりました。百戦錬磨である都並さんの力をお借りして、試合を見ていて感じたこと気づいたことを楽しく、そして深くお話していけたらと思います。世界最高峰の戦いを是非一緒に楽しんでいただけたら幸いです」と副音声に意気込みを語った。 「これまでのクラシコは欠かさず見てきた」と語る薮は、今回の試合の見どころについて「昨シーズンのチャンピオンであるレアル・マドリーに対し、クーマン監督率いる新生バルセロナがどういうサッカーで仕掛けてくるのかとても楽しみです」とコメント。「両チームにとって今シーズンの行方を占う試金石になる重要な試合だと 思います。攻撃的なバルセロナ。ジダン監督の下、堅実な戦いで勝利を収めてきているレアル・マドリー。お互いのチームの個性が違うからこそとても魅力的なクラシコになること間違いなしです」と見どころを語った。 2020.10.19 20:45 Mon
twitterfacebook