【メッシとバルセロナ】vol.28 バルセロナ通算700試合目のメモリアルゲームで大活躍!歴代1位はチャビ/2019年11月27日

2020.09.07 18:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の欧州サッカー界で最もホットな話題だったのが、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の去就騒動だ。2001年に13歳でバルセロナのカンテラに加入して以降、約20年に渡ってバルセロナ一筋でプレーを続けてきたメッシがトランスファーリクエストを提出したのだ。メッシはクラブへの愛情から今夏の残留については明言したが、1年後の未来は不透明だ。これまでチームのアイコンとして、そして数多くの功績を残したメッシ。今特集ではバルセロナでのメッシのキャリアを語る上で欠かせないシーンをピックアップ。各試合やゴールを思い返しつつ、そのキャリアを振り返る。

◆メッシがメモリアルゲームで大活躍!

今回は2019年11月27日。メッシにとってバルセロナでの通算700試合目となったチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのドルトムント戦だ。

もはやバルセロナの生き字引とも呼べるメッシ。これまでクラブ歴代2位となる公式戦731試合に出場してきた。

自身にとって700試合目のメモリアルゲームとなったドルトムント戦では1ゴール2アシストの活躍で偉業達成に華を添えている。

この試合もキャプテンマークを巻いて右サイドで先発出場したメッシは、29分にスルーパスでルイス・スアレスの先制ゴールをアシスト。さらに33分、バルセロナは相手DFマッツ・フンメルスのミスパスから最後はスアレスのスルーパスを受けたボックス左のメッシが決めて追加点を奪取した。

そして67分にはメッシのスルーパスからアントワーヌ・グリーズマンがネットを揺らし、3-1の勝利を飾り、決勝トーナメント進出を決めた。

バルセロナの歴代最多出場記録は元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス氏(現アル・サッド監督)の767試合。メッシはこの記録を塗り替えることなく、バルセロナを去ることになるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ピャニッチが苦言 「サッリの素質を疑ってはいなかったが、問題があった」

バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが昨季までユベントスで師弟関係を築いたマウリツィオ・サッリ氏に苦言した。 今夏にユベントス入りのブラジル代表MFアルトゥールと入れ替わる形でバルセロナに加入したピャニッチ。2016年夏から4シーズンを過ごしたユベントスでは公式戦通算178試合の出場数を誇り、チームとしてもセリエA9連覇に貢献するなど、司令塔として活躍したが、今夏よりスペインに活躍の場を移した。 そんなピャニッチがイタリア『トゥットスポルト』で、昨季いっぱいのわずか1シーズンでユベントス監督の座を追われてしまったサッリ氏に言及。セリエA9連覇に導いた一方で、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16敗退に終わり、その結末として解任されたイタリア人指揮官に抱いた不満を口にした。 「今でもがっかりしているのはサッリが選手たちを信頼していなかったということ。それにより、僕はかき乱された」 「彼の誤った人々の評価方法は残念だった。あのロッカールームに集う選手たちは誰もが常にクラブとチームのために全力を尽くしているわけだからね」 「1人か2人とはうまくやれないかもしれないが、それが選手たちの努力に影響することは決してない。選手の全員が勝ちたがっているし、目標を追う素晴らしいプロだからだ」 「だから、監督がそれに疑いを抱いているようなら、会長が言う化学反応なんてないということ。誰もサッリの素質を疑ってはいなかったが、実際のところ、そうした問題があった」 「最後の最後にスクデットを手にした。それは決して当たり前のことじゃないけどね」 2020.10.25 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

「シャツを引っ張ったのに、後ろではなく前に倒れた」クーマン監督がセルヒオ・ラモスの倒れ方に疑問

バルセロナのロナルド・クーマン監督が、レアル・マドリーとの“エル・クラシコ”を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 24日に、ホームでマドリーとのクラシコを戦ったバルセロナ。開始5分でフェデリコ・バルベルデに先制ゴールを許すも、8分にアンス・ファティのクラシコ史上最年少ゴールで同点に追いつく。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1gr19wkx3e1bi1r621ludwj714" async></script></div> 前半にメッシへのファウルが疑われるシーンがある中ノーファウルで試合が進むと、後半にセルヒオ・ラモスがクレマン・ラングレに倒され、こちらはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入してPKの判定に。これをセルヒオ・ラモスがしっかり決めると、終盤にはルカ・モドリッチにゴールが決まり、1-3でマドリーが勝利した。 試合後、物議を醸しているVARの適用についてクーマン監督も苦言。バルセロナばかりがVARの対象になっているとコメントした。 「私はレフェリーにここスペインではVARの問題を説明してくれることを期待している」 「5節を終えて、VARはバルセロナに対してのみ適用される。セビージャ戦ではメッシへのPKが与えられなかった。ヘタフェでの2つのレッドカードがあっても良かったはずだが…なぜ、我々に対してしかVARは適用されないんだ?それがレフェリーに聞いたことだ」 「VARはとても良いものになるだろう。しかし、全てのチームのためにだ」 また、セルヒオ・ラモスのPKのシーンについては、先にセルヒオ・ラモスがファウルを犯していたと見解を示し、倒れ方にも疑問を呈した。 「まずはラモスがラングレを押した。それはラモスによるラングレへのファウルだ。その後にラングレががユニフォームを掴むが、あのエリアではほとんどのシーンでそのような行為がある。PKになるのは十分ではない」 「シャツを引っ張ったのに、後ろではなく前に倒れた」 試合のプランとしてはアンス・ファティのスピードを生かしたかったとコメント。交代策についても狙いを語った。 「我々のプランは、アンスをスピードの基準として試合をコントロールし、、マドリーのセンターバックの裏で深さをとることだった」 「負けているときはまず、出場している選手で得点を取ろうとした。ついに、フレッシュさを求めて、デンベレとトリンコン、メッシを上げてグリーズマンをウイングにおいて一対一を仕掛けるようにした」 2020.10.25 15:35 Sun
twitterfacebook
thumb

「審判はプレーを観てから笛を吹いた。それだけ」批判の中クラシコ勝利のジダン監督が物議醸したPKに言及

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、バルセロナとの“エル・クラシコ”を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ラ・リーガでは前節のカディス戦で敗れ、21日にはチャンピオンズリーグ(CL)の初戦でシャフタール・ドネツクに敗れて、公式戦連敗だったマドリー。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1gr19wkx3e1bi1r621ludwj714" async></script></div> ジネディーヌ・ジダン監督の進退問題も浮上する中、24日にラ・リーガ第7節でバルセロナと対戦。フェデリコ・バルベルが先制ゴールを奪うと、同点に追いつかれた後半にセルヒオ・ラモスがPKを決め勝ち越し。終盤にはルカ・モドリッチがダメ押しゴールを決め、1-3で勝利を収めた。 試合後ジダン監督はクラシコの勝利を喜び、冷静に戦えたと選手たちを称えた。 「選手たちにとても満足している。チームの勝利と言える。完璧な試合をした。ここで3ポイントを奪うことはかんたんではない」 「チームとして考えなければいけないことがあり、それにとっては良いしイアだった。3ポイントだが、それ以上ではない。同時に、最近批判を受けていた中で、今日のように冷静になり、まとまってやるべき時にはしっかりとプレーしなければならない」 「最終的には、我々はとてもオープンにプレーしている相手に良い試合をした。良いゲームであり、我々はそれに値する。ここ数日で言われてきたことを考えれば、選手たちにとっては嬉しいことだ。私も彼らのプレーを喜んでいる」 「最後にルカの素晴らしいゴールがあったが、チームがまるでパイナップルのように団結していた姿を見た。フィールドで戦うのは彼らであり、それが嬉しかった。満足しているし、自分たちのプレーを楽しむこともできる」 また、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入したPKの判定が物議を醸しており、バルセロナに与えられず、マドリーに与えられたと揶揄されている。この件についてもジダン監督は見解を述べた。 「レフェリーがいる。プレーをチェックするために観に行って、そのあとに笛を吹いた。審判の話は絶対にしない。彼らの仕事は複雑であり難解であり、私も今日自分のルールを変えるつもりはない」 「審判はプレーを観てから笛を吹いた。それだけだ。プレーに関係なく、我々は1-3だったが、より多くのゴールを決めるチャンスはあったので勝利に値すると思う」 「バルセロナにもチャンスがあったのは事実だが、我々が勝利にふさわしいと考えなければならない」 2020.10.25 13:02 Sun
twitterfacebook
thumb

クラシコ史上最年少ゴールのアンス・ファティ、17歳での11ゴール達成は史上最多タイ

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティが再び記録を塗り替えた。バルセロナ公式サイトが伝えた。 24日、ラ・リーガ第7節でバルセロナとレアル・マドリーによる“エル・クラシコ”が開催。試合は、アウェイのマドリーが1-3で勝利を収めていた。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJXbUZhMk4xMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> この試合に先発出場したファティは、0-1で迎えた8分にディフェンスラインの裏に抜け出したジョルディ・アルバからのグラウンダーのクロスに合わせて、同点ゴールを記録した。 このゴールは17歳と359日でのゴールとなり、21世紀における“エル・クラシコ”での史上最年少ゴール記録となった。なお、これまではマドリーのヴィニシウス・ジュニオールが切ろうしていた19歳と233日が最年少だった。 また、このゴールでアンス・ファティはラ・リーガでのゴールを「11」としたが、17歳での11ゴール達成はラ・リーガにおいて未成年の選手として最多のゴール記録となった。 1930年代には、ラシン・サンタンデールのパブロ・ポンボ・キンタナが11ゴールを記録していた。 なお、リーグ戦10ゴール達成は、ボージャン・クルキッチ(17歳8カ月5日)、ポンボ(17歳8カ月12日)に次いで、史上3番目の若さで到達していた。 2020.10.25 12:38 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 1-3 レアル・マドリー《ラ・リーガ》  

ラ・リーガ第7節、バルセロナとレアル・マドリーによる“エル・クラシコ”が24日にカンプ・ノウで行われ、アウェイのマドリーが1-3で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽バルセロナ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201025_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 ネト 6.0 失点はノーチャンス。クラシコデビューを飾った中、再三の決定機阻止や決定機に繋がるスローイングなど、攻守両面で冷静にプレーできた   DF 2 デスト 6.0 ヴィニシウス対策か先発に抜擢。高い身体能力を生かした安定した守備に加え、回数は少なかったが、攻撃参加やビルドアップの局面でも質の高いプレーを見せた   3 ピケ 5.5 1失点目の場面では難しい対応を強いられた。しかし、それ以外は読みを利かせた守備と、的確な球出しで存在感を示した   15 ラングレ 5.0 微妙な判定もセットプレーでの劣勢がPK判定に繋がる。アルバが高い位置を取ったことで、被カウンター時は常に外をケアするか、ステイするかの難しい判断を迫られた。ただ、ビルドアップでは良い縦パスを入れていた   18 ジョルディ・アルバ 6.0 負傷明けを感じさせないプレー。前半は同点ゴールをアシストするなど、常に高い位置を取って攻撃の起点に。後半は相手守備にうまく対応された     (→ブラースヴァイト -)   MF 16 ペドリ 5.5 守備のタスクを期待されてクラシコ初出場。その役目をこなしつつ、持ち味のキープ力と的確な繋ぎなど、攻撃面でも良さを出した   (→デンベレ 5.0) 良い抜け出しもあったが、最後の精度を欠く   5 ブスケッツ 5.0 失点場面は走力の問題もあるが、バルベルデに付き切れず。メッシとのホットラインは健在も、攻守両面でもの足りない出来に   (→トリンコン -)   10 メッシ 5.5 トップ下で司令塔役を担う。同点ゴールの起点となり、自身も幾度も決定機に絡むなど、攻撃面では存在感を見せたが、守備のマイナス面を考えればより存在感が求められた   21 F・デ・ヨング 5.5 豊富な運動量を生かして攻守両面で多くのタスクをこなす。シンプルに捌く場面とやや強引に局面を変えるプレーを使い分けた   14 コウチーニョ 5.5 左ウイングでのプレーとなったが、アルバやメッシとうまく絡みながら攻撃の起点を担う。惜しむらくは後半序盤のヘディングでの決定機を決め切りたかった   FW 22 アンス・ファティ 6.0 クラシコ最年少ゴールを記録。最前線で起用された中、個人としてはチャンスメークの部分など上々の出来だった (→グリーズマン 5.0) スタメン落ちの中で奮起期待も見せ場を作れず   監督 クーマン 5.0 デスト起用はハマるも、ヘタフェ戦同様に交代策が機能せず、クラシコ初陣は屈辱の敗戦に ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201025_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 クルトワ 6.0 前半半ばのメッシの決定機を阻止するなど、再三の好守でチームを救った   DF 6 ナチョ 5.5 失点場面は一人で2人を見ることになり、責任はなし。前半終盤に無念の負傷交代   (→ルーカス・バスケス 6.5) スクランブル起用も右サイドバックとして粘りの守備が光った。攻撃でも幅を取る役割を担い、勝利の立役者の一人に   5 ヴァラン 6.5 直近のシャフタール戦では悔しい思いをしたが、頼れる相棒とのプレーにより、この試合では自身の持ち味である対人守備でソリッドな対応を続けた   4 セルヒオ・ラモス 7.0 自ら得たPKを決めて決勝点を記録。攻守両面で抜群の存在感を放ち苦境なチームを勝たせる仕事を見せた   23 F・メンディ 6.0 攻撃面では後半に入るまで活躍は限定的も、攻守に安定したプレーを見せた   MF 15 バルベルデ 6.5 嬉しいクラシコ初ゴール。攻撃時にイージーなミスもあったが、攻守に意欲的なプレーで元気のないチームにバイタリティを与えた   (→モドリッチ 6.5) 試合を決定付ける3点目を奪取。守備でも要所で身体を張った   14 カゼミロ 6.5 前半はチーム全体の守備がハマらず、カードをもらうなど無理な対応を強いられたが、後半はほぼ完璧な対応でメッシらを封じた   8 クロース 7.0 陰のMOM。攻撃では質の高いランニングやパスで決定機に絡み、守備では最後まで集中力と強度を保った   FW 11 アセンシオ 6.0 守備に忙殺される難しい試合になったが、指揮官の起用に応えるハードワークを完遂。後半は内よりのポジションでアクセントに   (→ロドリゴ -)   9 ベンゼマ 6.5 先制点をアシスト。決定力は要改善も前線の司令塔として抜群のチャンスメークを見せた   20 ヴィニシウス 5.5 守備は献身的にこなしたが、デストとのマッチアップに苦戦。ラストパスがずれる場面も   監督 ジダン 6.5 前半は守備で苦戦もルーカス・バスケスの投入やアセンシオのタスクの変更などできっちり修正。カンプ・ノウで無敗継続   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー) クロースのパフォーマンスも素晴らしかったが、その抜群のリーダーシップで不振のチームを攻守に戦わせる集団に変えたカピタンをMOMに選出。PKの判定は微妙だったとはいえ、守備の安定感とビルドアップの質の高さは素晴らしかった。   バルセロナ 1-3 レアル・マドリー 【バルセロナ】 アンス・ファティ(前8) 【レアル・マドリー】 バルベルデ(前5) セルヒオ・ラモス(後18[PK]) モドリッチ(後45) 2020.10.25 01:42 Sun
twitterfacebook