AZで菅原由勢の同僚DFウーワイアンがウディネーゼに買取OP付きのレンタルで移籍

2020.09.03 22:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼは3日、AZの元U-21オランダ代表DFトーマス・ウーワイアン(23)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。ウーワイアンは、AZのユースで育ち2015年10月にファーストチームへ昇格。これまで公式戦110試合に出場し3ゴール14アシストを記録していた。

左サイドバックを主戦場としながらも、セントラルミッドフィルダーとしてもプレー。U-22日本代表DF菅原由勢と両翼を担うこともあったが、2019-20シーズンは公式戦19試合の出場で1ゴール2アシストと、出場機会が減少していた。

高い左足のキックの精度を持つウーワイアンはセットプレーもけることが可能で、サイドバックでプレーすることから豊富な運動力も魅力。U-17からU-21まで世代別のオランダ代表でもプレーしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ウディネーゼに痛手…守護神ムッソが右ヒザ半月板断裂で戦線離脱

ウディネーゼは6日、アルゼンチン代表GKファン・ムッソが負傷したことを発表した。 クラブの発表によれば、ムッソはアルゼンチン代表の練習中に右ヒザを負傷。検査の結果、右ヒザ半月板断裂と診断された。 このケガによりムッソはアルゼンチン代表メンバーから離脱。9日にイタリアに戻る同選手は、ローマにあるヴィラ・スチュアート病院で手術を受けるとのことだ。 2018年7月にラシン・クラブからウディネーゼに加入したムッソは、すぐに正守護神の座を掴むと、これまで公式戦71試合に出場していた。 2020.10.07 03:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼが元バルサFWデウロフェウをワトフォードからレンタルで獲得

ウディネーゼは5日、ワトフォードの元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウ(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 バルセロナのカンテラで育ったデウロフェウは、2013年7月にファーストチームへ昇格。その後は、エバートン、セビージャへの武者修行を経験すると、2015年7月にエバートンへ完全移籍した。 エバートンでは公式戦75試合で8ゴール19アシストを記録。2017年1月からミランへレンタル移籍を経験すると、2017年7月にバルセロナへ復帰。しかし、思うような結果を残せず、2018年1月にワトフォードへレンタル移籍すると、2018年7月に完全移籍していた。 ワトフォードではチームの中心として公式戦70試合に出場し17ゴール11アシストを記録。2019-20シーズンはプレミアリーグで28試合に出場し4ゴール5アシストとチームを牽引していたが、シーズン終盤にヒザを負傷。チームはチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格。デウロフェウは移籍先を探していた。 世代別のスペイン代表で活躍し、A代表でも4試合で1ゴールを記録しているデウロフェウは、ミラン時代にセリエAで17試合に出場し4ゴール3アシストを記録していた。 2020.10.06 10:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ワトフォードFWプセット、古巣ウディネーゼにレンタルで復帰

ウディネーゼは5日、ワトフォードからアルゼンチン人FWイグナシオ・プセット(24)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 2018年夏にウラカンからウディネーゼに完全移籍で加入したプセット。加入初年度となった2018-19シーズンは、ストライカー兼ウインガーとしてセリエAで35試合に出場して4ゴール5アシストと主力として活躍。 ただ、昨季はセリエAで12試合(うち先発は2試合)の出場で1ゴールと一昨季ほどのインパクトは残せず、今冬には同オーナーが所有する系列クラブのワトフォードへ完全移籍。ワトフォードでは9試合に出場したが、ゴールを挙げることはできず。チームも19位で2部降格となっていた。 2020.10.05 23:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスがウディネーゼのイタリア代表MFマンドラゴラを獲得、今季は無料でウディネーゼにレンタル移籍

ユベントスは3日、ウディネーゼのイタリア代表MFロランド・マンドラゴラ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ユベントスは2025年6月30日までの5年契約を締結。2020-21シーズン、2021-22シーズンにウディネーゼが支払う予定だった1070万ユーロ(約13億2000万円)を支払い獲得したとのことだ。 ジェノアやペスカーラでプレーしたマンドラゴラは、2016年1月にユベントスへ完全移籍。その後も、ペスカーラ、クロトーネへとレンタル移籍を繰り返し、2018年7月にウディネーゼへ完全移籍していた。 ウディネーゼでは公式戦64試合に出場し6ゴール4アシストを記録。2019-20シーズンはセリエAで26試合に出場し3アシストを記録していた。 なお、マンドラゴラは2020-21シーズンはウディネーゼに無料でレンタル移籍するとのこと。2021-22シーズンもレンタル期間延長のオプションが付いているとのことだ。 さらに、レンタル期間中にウディネーゼで定められた目標が達成された場合、最大で約600万ユーロ(約7億4000万円)を受け取ることになる。 2020.10.04 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ペドロ移籍後初弾でウディネに辛勝のローマが待望の今季初白星!《セリエA》

セリエA第3節、ウディネーゼvsローマが3日にダチア・アレーナで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 ローマは前節、ユベントスとのビッグマッチを2-2のドローで終え、登録違反で敗戦扱いとなった開幕節のヴェローナ戦を含め2戦未勝利と厳しいスタートとなっている。今季初勝利を目指すウディネーゼとのアウェイゲームに向けてはユベントス戦と同じスタメンを採用。前線はジェコ、ムヒタリアン、ペドロのベテラントリデンテとなった。 立ち上がりからアウェイのローマがボールを握り、ウディネーゼの5枚の最終ラインに揺さぶりを入れる展開が続く。左サイドのスピナッツォーラのドリブルを軸に幾度か、際どいクロスを入れてペドロのヘディングシュートなどフィニッシュの場面を作り出すローマ。22分にはイバニェスのロングフィードに完璧なタイミングで抜け出したジェコがボックス内で絶好機を迎えるが、胸トラップからの右足のシュートは大きくふかしてしまう。 その後も相手を押し込むものの、崩しの局面で相手の粘り、連係ミスが目立ち攻めあぐねるローマは、相手のカウンターから中央突破される場面が散見。それでも、GKミランテの好守や相手のフィニッシュの精度に助けられ、停滞感が漂う中で最低限のイーブンで前半を終えた。 迎えた後半も立ち上がりから押し込む中で待望の先制点が生まれる。55分、ボックス手前中央右で相手DFの不用意な横パスをカットしたペドロがドリブルで短い距離を運び、ペナルティアーク付近から右足を一閃。ややドライブ回転がかかった強烈なシュートが右ポストの内側を叩きながらもそのままネットに吸い込まれた。 ペドロの移籍後初ゴールでようやくリードを手にしたローマはここから畳みかけたいところだったが、逆にリスクを冒して前に出たウディネーゼに押し込まれる状況を強いられる。フォレスティエリ、ラザーニャ、モリーナと再三の枠内シュートを許す中、GKミランテが好守で凌ぐ。 その後、ムヒタリアンや殊勲のペドロ、ペッレグリーニらを下げてクリスタンテやカルレス・ペレス、クライファートの投入で再び流れを引き寄せにかかるアウェイチームだが、得点以降は決定機を作ることさえできない。 それでも、試合終盤の相手のパワープレーを何とか撥ね返し続け、ウノゼロで試合を締めくくった。 ペドロの移籍後初ゴールを何とか守り切ったローマが、内容面で多くの課題を残しながらも3戦目にして待望の今季初白星を手にした。 2020.10.04 05:50 Sun
twitterfacebook