シティ・フットボール・グループがフランス2部のトロワを傘下に、横浜FMなど含め10クラブ目

2020.09.03 21:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シティ・フットボール・グループ(CFG)は3日、リーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するトロワが参加に入ったことを発表した。トロワとして知られる、エスペローンス・スポルティーヴ・トロワ・オーブ・シャンパーニュは、1986年に創設された新興クラブ。6部からスタートしたチームは10年でリーグ・ドゥにまで昇格し、プロチーム化した。

1999-2000シーズンに初めてリーグ・アンに昇格するも、その後はエレベータークラブに。2008-09シーズンには3部に降格していた。

その後も再び昇降格を繰り返し、2018-19シーズンからはリーグ・ドゥに所属している。

シティ・フットボール・グループは、プレミアリーグのマンチェスター・シティの他、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティFC、Aリーグのメルボルン・シティを保有。また、Jリーグの横浜F・マリノスの株式を20%保有している。その他モンテビデオ・シティ・トルケ(ウルグアイ)、ジローナ(スペイン)、四川九牛(中国)、ムンバイ・シティ(インド)、ロンメルSK(ベルギー)も保有。トロワが10番目のクラブとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

韓国代表FWソク・ヒョンジュン、新型コロナ感染か…所属先トロワが2選手の陽性反応を公表

トロワに所属する韓国代表FWソク・ヒョンジュンが新型コロナウイルス(COVID-19)感染確認の検査で陽性だったという。 フランス『レキップ』によると、この数日間にわたり、体調が思わしくなかったというソク・ヒョンジュンは13日夕方の検査で陽性反応を確認。下部組織所属の選手も感染が発覚したため、チームはその日からトレーニングを取り止めたという。 また、トロワもクラブ公式サイトを通じて、感染者の名前を伏せつつ、2選手の陽性反応を公表。この事態を受け、陽性反応者2選手は直ちに自宅隔離となり、クラブ全関係者も医療監視下にある模様だ。 28歳のソク・ヒョンジュンはアヤックスでプロデビュー後、ポルトなどの複数クラブを渡り歩き、2017年夏にトロワ入り。今年1月にスタッド・ランスからトロワに復帰となり、ここまでリーグ・ドゥ(2部)5試合に出場している。 なお、フランス・プロリーグ機構(LFP)は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、リーグ・アンとリーグ・ドゥの開催延期を発表している。 2020.03.14 13:35 Sat
twitterfacebook
thumb

フランス2部降格のトロワ、昨季レンタルで加入していた韓国代表FWソク・ヒョンジュンを完全移籍で獲得

▽リーグ・ドゥ(フランス2部)に降格したトロワは8日、昨シーズンレンタルで加入していたポルトの韓国代表FWソク・ヒョンジュン(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までの3年間となる。 ▽ソク・ヒョンジュンは高校卒業後、アヤックスでプロキャリアをスタート。その後、フローニンヘンやマリティモなど複数クラブを渡り歩き、2016年冬にポルト入りした。 ▽だが、ポルトでは定位置確保とならず、トラブソンシュポル、デブレツェニVSCにそれぞれレンタル移籍。昨シーズンにレンタルで加入したトロワでは、リーグ戦26試合に出場し6ゴールを記録していた。 ▽また、2010年にデビューした韓国代表では、これまで11試合に出場して4ゴールをマーク。ロシア・ワールドカップの候補メンバーに選出されていたものの、最終メンバーに入ることはできなかった。 2018.08.09 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコ、トロワからU-21フランス代表FWを獲得!

▽モナコは9日、リーグ・ドゥ(フランス2部)に降格したトロワからU-21フランス代表FWサミュエル・グランディシル(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽トロワの下部組織出身のグランディシルは、2016年7月にトップチームに昇格。当時所属したリーグ・ドゥでリーグ戦32試合に出場しリーグ・アン昇格に貢献すると、今季もリーグ戦36試合に出場し3ゴール5アシストを記録していた。まだまだ粗削りなものの、卓越した身体能力と勝負度胸満点の鋭い仕掛けはフランス国内で高く評価されていた。 ▽なお、フランス『レキップ』の伝えるところによれば、今回の移籍金は300万ユーロ(約4億円)となったようだ。 2018.06.10 04:56 Sun
twitterfacebook
thumb

モナコ、リーグ・ドゥ降格のトロワからU-21フランス代表FWの獲得に迫る

▽モナコがリーグ・ドゥ(フランス2部)に降格したトロワのU-21フランス代表FWサミュエル・グランディシル(21)の獲得に迫っているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ▽トロワの下部組織出身のグランディシルは、2016年7月にトップチームに昇格。当時所属したリーグ・ドゥでリーグ戦32試合に出場しリーグ・アン昇格に貢献すると、今季もリーグ戦36試合に出場し3ゴール5アシストを記録していた。 ▽『レキップ』によれば、モナコはグランディシルの獲得に向けて、すでに公式な問い合わせをトロワ側にしており、来週末までに取引を完了させたい考えだという。移籍金に関しては、総額300万ユーロ(約4億円) 程度での決着になると予想されている。 2018.06.07 01:25 Thu
twitterfacebook
thumb

両監督が退席する前代未聞の一戦はマルセイユが逆転勝利!酒井宏はフル出場で勝利に貢献《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは15日、リーグ・アン第33節でトロワと対戦し、3-2で勝利した。酒井は右サイドバックでフル出場している。 ▽ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのRBライプツィヒ戦を5-3で勝利し、逆転での準決勝進出を決めた4位のマルセイユ(勝ち点63)は、その試合から先発を4人変更。ミトログルやマキシム・ロペス、B・サール、ブバカル・カマラに代えてジェルマン、アンギッサ、エンジエ、ラミを先発で起用した。 ▽試合は開始早々に動く。1分、GKのロングフィードをダルビオンが頭で落とすと、ニヴェがワンタッチで左サイドのスペースへパス。これを再び受けたダルビオンのダイレクトクロスをグランディシルがヘディングで叩き込み、トロワが先制した。 ▽先制を許したマルセイユだが、11分に反撃。バイタルエリア右手前でFKを獲得すると、パイエのスルーパスをボックス右で受けたエンジエがダイレクトシュート。左ポストに当たったボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽1-1で迎えた後半も早い時間にスコアが動く。48分、最終ラインでパスを受けたアマヴィからインターセプトに成功したグランディシルがボックス右からシュート。これはGKプレが弾くも、こぼれ球をニヴェが押し込み、トロワが勝ち越しに成功した。 ▽再びリードを許し、反撃に出たいマルセイユだだったが、53分に審判に対して執拗に抗議を行ったルディ・ガルシア監督が退席処分に。一方のトロワも、63分にジャン=ルイ・ガルシア監督が退席処分となった。 ▽両監督が退席する異様な展開となる中、1点を追うマルセイユは69分にエンジエを下げてミトログルを投入。さらに72分には、サンソンを下げてマキシム・ロペスをピッチに送り出した。 ▽すると、マルセイユは75分に自陣からドリブルで持ち上がったパイエのパスをボックス右で受けたミトログルが切り返しから左足を振り抜く。このシュートがゴール左に突き刺さり、再び試合を振り出しに戻す。 ▽オープンな展開となった試合終盤、マルセイユが逆転に成功する。85分、左サイドを突破したアマヴィのクロスをファーサイドのトヴァンが左足のボレーで合わせると、これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽その後、マルセイユは87分にジェルマンを下げてアブデヌールを投入。5バックを敷き逃げ切りにかかる。94分には、左CKからニアネのへディングシュートを浴びたが、これもグスタボのブロックで難を逃れた。 ▽結局、試合はそのまま3-2で終了。両監督が退席する前代未聞の一戦を制したマルセイユが、3位リヨンを追走に成功した。 2018.04.16 02:49 Mon
twitterfacebook