首位秋田が3戦ぶり勝利で開幕からの無敗を継続! 3連勝の2位・熊本も追走《J3》

2020.09.02 22:10 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第13節の3試合が各地で行われた。開幕から唯一無敗を継続する首位のブラウブリッツ秋田は、11位のアスルクラロ沼津とホームで対戦し、3-1で勝利した。

直近2戦連続ドローの首位チームは4連敗の沼津を相手に攻めあぐねる展開が続く。立ち上がりから思うように攻撃をスピードアップすることができず、前半にシュートは4本を放ったものの決定機までには至らない。それでも、相手のシュートをゼロに抑え込む堅守は健在で、最低限のゴールレスで試合を折り返した。

引き続きペースを握る秋田は、後半半ばにゴールラッシュを見せる。まずは66分、途中投入の久富が左サイド深くをえぐって丁寧なクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだ沖野が右足インサイドのダイレクトボレーで合わせ、待望の先制点を挙げる。さらに直後の68分には相手陣内中央で相手の不用意なパスを奪った沖野が、そのままボックス付近まで持ち込んでゴール左隅の絶妙なコースへ右足のシュートを流し込んだ。

これで完全に流れを掴んだホームチームは、73分にもセットプレーから江口のクロスを韓浩康が頭で合わせ、トドメの3点目を奪った。その後、試合終了間際の失点でクリーンシートを逃したものの、3試合ぶりの白星で首位を堅持した。

また、秋田を勝ち点3差で追う2位のロアッソ熊本は、7位のカターレ富山とアウェイで対戦し、3-2で勝利した。

3連勝を目指す熊本は前半30分過ぎまでに髙橋利の2ゴールで2点を先行。しかし、2点目直後に花井にゴールを許すと、後半立ち上がりにセットプレーから追いつかれる。

それでも、勝ち点3を目指して攻勢を続けるアウェイチームは81分に酒井が値千金の勝ち越しゴールを挙げ、敵地で競り勝った熊本が3連勝を飾った。

その他の試合では3位と4位の上位対決となったガイナーレ鳥取vs藤枝MYFCは、ホームの鳥取が3-1で勝利。また、14位のガンバ大阪U-23は12位の福島ユナイテッドFCを相手に唐山の2試合連続ゴール、白井の2ゴールの活躍などで4-2の逆転で下し、今季初の連勝を飾っている。

◆明治安田生命J3リーグ第13節
▽9/2(水)
ヴァンラーレ八戸 2-0 セレッソ大阪U-23
福島ユナイテッドFC 2-4 ガンバ大阪U-23
FC今治 1-1 AC長野パルセイロ
ブラウブリッツ秋田 3-1 アスルクラロ沼津
SC相模原 2-2 カマタマーレ讃岐
カターレ富山 2-3 ロアッソ熊本
FC岐阜 3-2 Y.S.C.C.横浜
ガイナーレ鳥取 3-1 藤枝MYFC

▽9/3(木)
《17:00》
鹿児島ユナイテッドFC vs いわてグルージャ盛岡
コメント
関連ニュース
thumb

群馬MF中山雄登が左膝内側側副靭帯損傷で約10週間の離脱…

ザスパクサツ群馬は28日、MF中山雄登の負傷を報告した。 中山は20日に行われた明治安田生命J2リーグ第20節の愛媛FC戦で負傷。クラブによると左膝内側側副靭帯の損傷で、全治は10週間と見込んでいるようだ。 2014年から5年過ごしたロアッソ熊本から群馬に移籍した中山は、ここまでJ2リーグに12試合出場していた。 2020.09.28 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

首位秋田が開幕17戦無敗 福島破り2試合ぶり白星《J3》

明治安田生命J3リーグ第18節の1試合が26日にとうほう・みんなのスタジアムで行われ、16位の福島ユナイテッドFCと首位のブラウブリッツ秋田が対戦した。 福島と秋田の東北ダービーは33分に動く。左サイドの青島がボールを右足に持ち替えてクロスボールを供給。ファーサイドのスペースを突いた沖野が右足ダイレクトで合わせ、秋田が先制する。 後半に入ってもシュートの形こそ作った福島だが、59分に秋田が追加点。右サイドの青島が相手最終ラインの背後に縦パスを出すと、抜け出した久富がボックス左から右足シュートを決めた。 守勢というわけでないものの、連続失点を喫した福島はその後も敵陣深くに攻め入る場面を作り出したが、秋田がGK田中を中心にした堅守でシャットアウト。開幕17戦無敗で首位を堅持した。 ◆明治安田生命J3リーグ第18節 ▽9/26(土) 福島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> ▽9/27(日) 《13:00》 Y.S.C.C.横浜 vs セレッソ大阪U-23 SC相模原 vs カターレ富山 カマタマーレ讃岐 vs ヴァンラーレ八戸 《14:00》 FC岐阜 vs アスルクラロ沼津 ガンバ大阪U-23 vs ロアッソ熊本 《15:00》 藤枝MYFC vs いわてグルージャ盛岡 FC今治 vs ガイナーレ鳥取 《18:00》 鹿児島ユナイテッドFC vs AC長野パルセイロ 2020.09.26 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

岐阜が仲田建二氏の指揮官就任を発表 ゼムノビッチ監督とは契約解除

FC岐阜が25日、監督交代を発表した。 ゼムノビッチ監督(66)と契約解除で双方合意。後任として、トップチームのヘッドコーチを務めた仲田建二氏(46)が指揮を執る。 仲田氏はヴァンフォーレ甲府で各年代のコーチを務めたほか、水戸ホーリーホックでヘッドコーチを歴任。今季から岐阜入りした。 初めてトップチームの指揮を執る仲田氏はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「シーズン途中の時期ですが大役を任せて頂いたクラブに対して感謝していますし、それにしっかり応える責任感を持って挑みます。チームの最大の目標であるJ2昇格に向けて、一戦毎に積極的に戦って行きます。FC岐阜にかかわる皆様が今まで物足りないと感じていた、「しっかりと闘う集団にする」という事に第一に取り掛かります。まずは今までやってきたことをベースにしながら、守備をするチームからいつでもアグレッシブに攻撃できるチームにして行きます。ファン・サポーター、スポンサーの皆様、FC岐阜に携わる全ての人が観に来て良かったというゲームを毎試合できるように、そんなチームにしていきます」 21日に休養が明らかにされ、同日のトレーニングから仲田氏に指揮を託したゼムノビッチ監督は退任を受け、関係者に感謝の言葉を贈った。 「短い間でしたが、スポンサー、選手、スタッフ、FC岐阜に関わる全ての方に感謝しています。そしてファン・サポーターの皆様にもサポートしていただき本当にありがとうございました。引き続きチームへの応援よろしくお願いします」 明治安田生命J2リーグ復帰を目指す岐阜は現在、J3リーグ8勝4分け4敗の暫定6位に位置。27日に行われる次節、アスルクラロ沼津をホームに迎え撃つ。 2020.09.25 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

観客数虚偽報告のJ3秋田、5年間で2万5654人を水増し

Jリーグは24日、観客数を虚偽報告していたブラウブリッツ秋田の、入場者数の訂正を発表した。 秋田は、J3リーグに参入した2014シーズンの開幕戦から、2019シーズン開幕戦までのホームゲーム全85試合において、Jリーグへ虚偽報告を行なっていたとのこと。これにより罰金400万円が課されていた。 Jリーグは、公式な入場者数の取り扱いについて議論。記録がないことから、ゼロにするという話も挙がった中、実際に観客は動員していたために断念。その後調査を進めた上で、実際にカウンターで計測した人数に関して、クラブ役員が4年間70試合分をメモに記録していたことを見つけたとのこと。筆跡やペンの種類など現地で調査し、一定程度の信憑性があると判断し、公式入場者数にすることを決めたようだ。 秋田は2014シーズンに「4578人」、2015シーズンに「5410人」、2016シーズンに「4687人」、2017シーズンに「4711人」、2018シーズンに「5803人」の虚偽報告をしていたことになり、2019シーズンの開幕戦と合わせ、5シーズンと1試合で 合計「2万5654人」を水増ししていたこととなった。 2020.09.24 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグがビジター席開放へ、9月30日以降は各クラブの判断で「50%上限」か「ビジター席開放」が可能に

Jリーグは24日、臨時実行委員会を開催。終了後にメディアブリーフィングが行われた。 今回の主なテーマは新型コロナウイルスのプロトコルに関して、各クラブの代表と共有したとのことだ。 政府は、11日に大規模イベント開催時の制限を緩和すると発表。19日の試合から規制が緩和されていた。今回のガイドライン変更では、9月30日以降は、すべてのカテゴリーを厳戒態勢に変更。しかし、ビジターサポーターに関しては段階を追って緩和していくことが決定した。 Jリーグとしては、ステップ1として「入場者数の30%を上限」、ステップ2として「入場者数の50%を上限」、ステップ3として「入場者数の50%を上限」+「ビジター席の開放」を設定している。 ステップ1はすでに19日の試合から緩和されているが、9月30日からはステップ2が許可されるようになるとのこと。1席を空けての観客動員が可能となる。 一方で、Jリーグの藤村昇司氏によると「現時点でお客さんが1m空けになれているから、1席空けにすると不安になる可能性がある。それであれば、先にアウェイ席を空けたい」というクラブからの要望もあったとのこと。そのため、9月30日以降は、ステップ2かステップ3のどちらかをクラブが判断して実施することができるようになるとのことだ。 各クラブに判断が委ねられる状況となるが、どちらかのステップを踏み、その上で感染防止対策などをしっかりと行って数試合を開催。その上で、もう一方のステップにも踏み出す形になるという。 早ければ9月30日の試合からビジターサポーターの観戦も可能になるが、村井満チェアマンは「ここまでサッカーを続けてきたわけだが、このタイミングでビジターのお客様を迎える道筋が見えてきた。サッカーはアウェイでは年間の1試合と数少ない貴重な観戦の体験となるわけで、そこへの道筋が見えてきた」とビジターのサポーターが観戦できる状況になったことを喜ぶと共に「油断することなく対応して参りたい」と、改めて感染防止に努めることを強調した。 なお、Jリーグは10月30日をめどに、どのクラブでも50%を上限とした入場とビジター席の開放を求めるとのことだ。 2020.09.24 16:53 Thu
twitterfacebook