新潟が鄭大世の移籍後初ゴールなどで首位長崎に追いつく! 北九州は2点ビハインド追いつくも連勝は「9」でストップ《J2》

2020.09.02 22:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J2リーグ第16節の11試合が2日に各地で開催された。デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsV・ファーレン長崎は2-2の引き分けに終わった。


4位・新潟(勝ち点25)と首位・長崎(勝ち点35)の上位対決。ポゼッションを高める長崎に対して、敵陣深くから新潟がプレスをかけて、カウンターを狙う構図となる。新潟は6分、クリアボールを拾った中島がバイタルエリア左から右足シュートを放つも、わずかにゴール左に外れた。

一進一退の攻防で試合は進み、ゴールレスで前半を終えるかに思われた43分に長崎がスコアを動かす。右CKを獲得すると、キッカーの大竹がインスイングのクロスを供給。新潟FW渡邉のクリアミスを誘発して先制に成功する。

さらに長崎は後半立ち上がりの47分、左サイドでのコンビネーションから秋野がクロスを供給。ゴール前で大竹が対峙した萩原に競り勝ってヘディングシュート。これがゴールネットを揺らし、リードを2点に広げる。

後半半ばにかけて長崎の猛攻を凌いだ新潟は63分、中島がボックス中央手前からグラウンダーの強烈なシュートを放つと、GK徳重の弾いたボールにいち早く反応した途中出場の鄭大世が押し込んで、1点を返す。

さらに試合終盤にかけて圧を強める新潟。後半アディショナルタイム、左サイドを突破したロメロ・フランクがボックス左からマイナスに折り返す。ボックス中央でボールを受けた本間がワンタッチで相手DFを剥がして右足シュート。GK徳重に触られるも、ボールは勢いそのままにゴールネットに突き刺さった。

試合はこのまま2-2で終了。2点を守りきれなかった長崎は首位キープも4連勝を逃した。一方、鄭大世の移籍後初ゴールなどで追いついた新潟は4戦無敗としている。

また、9連勝中で2位のギラヴァンツ北九州(勝ち点34)はアウェイで7位の栃木SC(勝ち点22)と対戦。試合序盤からボールを保持するものの、栃木にペースを握られると30分、左サイドから供給されたクロスボールのこぼれ玉を西谷にワントラップから豪快なシュートを決められてしまう。

1点ビハインドで試合を折り返した北九州は後半開始早々の50分にも失点。栃木は左サイド敵陣中央から瀬川がロングスロー。ボックス内で受けた明本の胸コントロールからの左足ボレーシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

ここまで決定機のなかった北九州だが75分から反撃。左サイドのハーフウェイライン付近からの縦パスを鈴木が丁寧に落とす。これを町野がボックス中央手前から右足シュート。ゴール左にを捉え1点を返す。

続く82分には横に揺さぶりながら攻撃を試みて、岡村が右サイドへ展開。永田、新垣、町野とダイレクトで繋いで、最後はゴール前の鈴木がボックス中央からダイレクトシュートをゴールに流し込んで同点に追いついてみせる。しかし、逆転するまでに至らず、北九州の連勝は「9」でストップしている。

その他、上位陣では3位の徳島ヴォルティス(勝ち点30)が水戸ホーリーホックに1-2で敗戦。5位・ジュビロ磐田と6位・東京ヴェルディの同勝ち点対決は2-2の痛み分けに終わっている。

◆明治安田生命J2リーグ第16節
▽9/2(水)
モンテディオ山形 0-0 レノファ山口FC
栃木SC 2-2 ギラヴァンツ北九州
大宮アルディージャ 1-0 京都サンガF.C.
ジェフユナイテッド千葉 2-2 アビスパ福岡
ヴァンフォーレ甲府 1-0 ザスパクサツ群馬
アルビレックス新潟 2-2 V・ファーレン長崎
ツエーゲン金沢 2-1 FC琉球
ファジアーノ岡山 1-0 松本山雅FC
徳島ヴォルティス 1-2 水戸ホーリーホック
愛媛FC 1-2 FC町田ゼルビア
ジュビロ磐田 2-2 東京ヴェルディ
関連ニュース
thumb

本間退場の新潟が高木弾で開幕連勝! ミスも重なった磐田は連敗発進【明治安田J2第2節】

明治安田生命J2リーグ第2節の5試合が6日に各地で開催された。 本拠開幕戦のアルビレックス新潟はV・ファーレン長崎と対戦。ともに開幕節を白星で飾ったチーム同士の一戦は互いに攻め合う展開になるが、それぞれの守備陣も奮闘してゴールレスで試合を折り返す。 すると、新潟がバイタルエリア左の位置でFKのチャンスを獲得した52分、キッカーの高木が右足で強振。ニア側を突いたボールがクリアを試みた相手の足を弾いてゴールマウスに突き刺さり、先制する。 リードを許した長崎は57分、新潟の本間が2枚目のイエローカードで退場となり、数的優位に。この状況を生かして攻勢を強め、ルアンや都倉がシュートを放っていくが、ゴールに繋がらならない。 結局、新潟が数的不利ながら1点のリードを守り抜いて、開幕白星同士の一戦を見事に勝利。開幕連勝スタートを切っている。 開幕黒星のジュビロ磐田はドロー発進のFC町田ゼルビアと対戦。本拠開幕戦で初勝利を狙った磐田だが、町田が前線からプレッシャーをかけた9分にGK八田のキックミスを拾った中島が右足で押し込み、先制する。 ミスから先制を許してしまった磐田だが、30分にボックス右に流れ、大森からボールを受けたルキアンが中央に折り返すと、松本が反応。体勢を崩しながら合わせ切り、磐田が前半のうちに追いついてみせる。 しかし、敵地ながら初勝利を目指す町田も32分、中島が敵陣右サイド深くから右足クロスを上げ、ニアサイドの平戸がヘディングシュート。これが相手GKもノーチャンスのゴール左に吸い込まれ、再び勝ち越した。 1点リードの町田は磐田が前がかるなか、73分に吉尾とのパス交換で右サイドを抜け出した平戸がチャンスメーク。右足グラウンダーのクロスを送ると、63分から出場の長谷川アーリアジャスールが左足で合わせ、突き放した。 後半も先に失点して劣勢の磐田は4枚目の交代カードで小川航基を入れ、攻撃の活性化を図るが、町田がしっかりと守り抜いて今季初勝利。磐田は開幕2連敗という結果に終わっている。 そのほか、FC琉球はホームでレノファ山口FCと対戦して、開始1分に阿部のゴールで幸先よく先取すると、27分に田中が追加点。後半に1点を返されるが、それ以上の反撃を許さず、開幕2連勝を飾った。 ◆第2節 ▽3/6 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 V・ファーレン長崎 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> ジュビロ磐田 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC町田ゼルビア</span> ギラヴァンツ北九州 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 水戸ホーリーホック</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC琉球 2</span>-1 レノファ山口FC ▽3/7 《13:00》 SC相模原 vs ザスパクサツ群馬 《14:00》 栃木SC vs ブラウブリッツ秋田 京都サンガF.C. vs 松本山雅FC ファジアーノ岡山 vs ツエーゲン金沢 愛媛FC vs ジェフユナイテッド千葉 《15:00》 東京ヴェルディ vs モンテディオ山形 2021.03.06 18:10 Sat
twitterfacebook
thumb

長崎がブラジル人ウインガー獲得へオファー、所属クラブは提示額に難色

V・ファーレン長崎が、新たなブラジル人選手獲得に動いているようだ。ブラジル『O Dia』が報じた。 長崎が狙っているとされるのは、アトレチコ・ゴイアニエンセに所属するブラジル人MFウェリントン・ラト(28)とのことだ。 『O Dia』によると、長崎は公式オファーを出したとのこと。最初は1年間のレンタル移籍で10万ドル(約1080万円)を支払う契約、さらにレンタル終了後に100万ドル(約1億800万円)で買い取りオプションが付いているオファーだったようだ。 ウェリントン・ラトは左ウイングを主戦場に中盤の様々なポジションでプレーできるユーティリティ性のある選手。2020年10月にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエCのフェロヴィアリオから加入。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは、19試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 しかし、アトレチコ・ゴイアニエンセは長崎のオファーには満足せず、主力として考えているウェリントン・ラトを手放すつもりはないとのこと。交渉は引き続き行われるが、まだまだ時間がかかるようだ。 一方で、ウェリントン・ラトは長崎から提示されたサラリーを気に入った様子。ただし、クラブへの恩もあるとし、無理に退団するつもりはないとのこと。クラブとの交渉を続けるようだ。 2021.03.06 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢MFホドルフォが全治3カ月…左第五中足骨骨折で手術

ツエーゲン金沢は6日、MFホドルフォの戦線離脱を報告した。 ホドルフォは2日のトレーニング中に左第五中足骨を骨折。金沢市内の病院で手術を受け、全治3カ月の見込みだ。 ホドルフォは昨季から金沢でプレー。2月27日に行われた明治安田生命J2リーグ開幕節のV・ファーレン長崎戦はベンチ外だった。 2021.03.06 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

大宮が早稲田大学DF鈴木俊也の2023シーズン加入内定を発表、今季は特別指定に「精一杯尽くしたい」

大宮アルディージャは4日、早稲田大学のDF鈴木俊也(20)が2023シーズンに加入する事が内定したことを発表した。 鈴木は静岡県出身で、FC東京U-15深川で育ち、早稲田実業高校へと進学。そのまま早稲田大学へと進学した。 左利きのセンターバックである鈴木は、フィードも得意としている。現在大学2年である鈴木は、2021シーズンの特別指定選手にも承認。第2節のヴァンフォーレ甲府戦から出場可能となっている。 鈴木はクラブを通じてコメントしている。 「大宮アルディージャを愛するすべての皆さま、はじめまして。早稲田大学ア式蹴球部の鈴木俊也です。この度、2023シーズンより大宮アルディージャに加入することが内定致しました。2021シーズンは特別指定選手として、大学の活動との両立を目指します」 「自分の武器である左足からのフィードやパスを最大限発揮するだけでなく、与えていただいた機会を通じて期待値以上の成長を果たし、大宮のJ2優勝、そしてJ1昇格のために精一杯尽くしたいと思います。よろしくお願いいたします!」 2021.03.04 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

山口MF島屋八徳が4週間程度の負傷離脱…開幕節で途中交代

レノファ山口FCは3日、MF島屋八徳の戦線離脱を報告した。 島屋は左足関節外側側副じん帯損傷と診断され、4週間程度の加療期間を要する見込みだ。 山口は先月28日に行われた明治安田生命J2リーグ開幕節で松本山雅FCとホームで対戦。島屋は先発したが、前半いっぱいのプレーでピッチを後にしていた。 2021.03.03 17:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly