レアルMFソロが約3億円でグラナダへ完全移籍

2020.09.02 10:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
グラナダは1日、レアル・マドリーからスペイン人MFアルベルト・ソロ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年契約となる。

レアル・サラゴサ下部組織出身のソロはU-18スペイン代表招集歴もあるウインガー。2018年8月にファーストチームデビューを果たすと、昨夏5年契約でマドリーへ加入した。

2019-2020シーズンはサラゴサにレンタルで留まり、右ウイングを主戦場にセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で34試合4ゴール5アシストを記録していた。

なお、スペイン『マルカ』によれば、移籍金は250万ユーロ(約3億1000万円)になるとのことだ。

関連ニュース
thumb

グラナダがラ・マシア育ちの逸材MFモンチュを獲得! 昨季はジローナの主力として活躍

グラナダは16日、バルセロナからスペイン人MFモンチュ(21)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となる。 2012年にマジョルカのカンテラからラ・マシア入りを果たしたモンチュ。背筋の伸びたドリブル姿勢と繊細なボールタッチが特長のピボーテは、昨年8月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのナポリ戦でトップチームデビューを果たした。 昨シーズンはセグンダA(スペイン2部)のジローナへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入し、公式戦43試合3ゴールの数字を残すなど、プリメーラ昇格まであと一歩に迫ったチームの主力として活躍していた。 2021.07.17 13:56 Sat
twitterfacebook
thumb

元コロンビア代表FWバッカがグラナダに加入、昨季はビジャレアルでプレー

グラナダは13日、元コロンビア代表FWカルロス・バッカ(34)の加入を発表した。 バッカは2012年1月に母国のフニオールからクラブ・ブルージュへと加入し、ヨーロッパに活躍の場を移すと、その後はセビージャ、ミラン、ビジャレアルでこれまでプレーした。 これまでラ・リーガでは通算182試合に出場し62ゴール26アシストを記録。ミラン時代には公式戦77試合で34ゴール8アシストを記録していた。 ビジャレアルでは最も試合に出場し公式戦144試合で43ゴール15アシストを記録。2020-21シーズンはラ・リーガで23試合5ゴール、ヨーロッパリーグで9試合3ゴール2アシスト、コパ・デル・レイで3ゴール1アシストを記録していたが、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。 またコロンビア代表としても52試合で16ゴールを記録。2018年10月を最後に招集されておらず、今夏のコパ・アメリカ2021もメンバー外だった。 <span class="paragraph-title">【動画】バッカ、キレあるドリブルでGKをかわしゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrY3NTaTR3eSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.14 08:53 Wed
twitterfacebook
thumb

5月にグラナダと契約延長していた元スペイン代表FWソルダードがレバンテへ完全移籍!

レバンテは28日、グラナダに所属する元スペイン代表FWロベルト・ソルダード(36)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 先月17日にグラナダとの契約延長を発表していたソルダードだが、レバンテによれば、グラナダとの契約解除金をソルダード自身が支払い、フリーで加入するとのことだ。 レアル・マドリーの下部組織出身で、ヘタフェやバレンシアで活躍したストライカーのソルダードは、トッテナム、ビジャレアル、フェネルバフチェを経て、2019年の夏にフリーでラ・リーガ1部復帰を果たしたグラナダへ加入。 加入初年度となった昨季はラ・リーガ33試合で7ゴール5アシストをマークし、ヨーロッパリーグ(EL)出場権の獲得に貢献。今季もここまでラ・リーガ29試合に出場しチームトップの9ゴールを記録。クラブ史上初となったELでは8試合に出場。ラウンド16のモルデ戦では1stレグ、2ndレグ共にゴールを記録しチームを準々決勝に導いていた。 2021.06.29 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

グラナダ、元スペイン代表指揮官のロベルト・モレノ氏を招へい!

グラナダは18日、新指揮官にロベルト・モレノ氏(43)を招へいしたことを発表した。契約は2023年6月までとなる。 同クラブでは先月27日にディエゴ・マルティネス監督(40)が退任。2018年夏からグラナダを率いて初年度にラ・リーガ2部2位で1部昇格に導くと、就任2年目となったその翌シーズンのラ・リーガ昇格初年で7位に導き、クラブ史上初のヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらした。そして、今季もリーグ9位、そのELではナポリを破るなどベスト8と貢献したが、指揮官の意向により退任が決まっていた。 その後任となるのは、かつてスペイン代表も率いたロベルト・モレノ氏だ。元々ルイス・エンリケ監督のアシスタントだったが、そのエンリケ監督が家庭の事情により2019年3月に退任したため、暫定指揮を経て正指揮官へ昇格した経緯がある。 スペイン代表では在任期間中にユーロ2020の欧州予選で無敗を継続し、見事に本大会行きの切符をゲット。だが、同年11月にエンリケ監督の再任に伴い、その座から降りていた。 その直後の12月に、レオナルド・ジャルディム前監督に代わってモナコの指揮官に就任したモレノ氏。しかし、低迷するチームを立て直すことができず、新型コロナウイルスの影響で中止に至ったリーグ・アンにおいて、10試合で3勝3分け4敗に留まり9位でシーズンを終えていた。 2021.06.18 20:14 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスがグラナダ守護神ルイ・シウバを獲得! 9日にポルトガル代表デビュー

レアル・ベティスは11日、グラナダからポルトガル代表GKルイ・シウバ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 母国のナシオナルでプロデビューを飾ったルイ・シウバは、2017年1月にグラナダに完全移籍。加入3年目となった2018-19シーズンに正GKのポジションを獲得し、1部昇格の原動力となると、直近2シーズンは自身初のプリメーラでも印象的な活躍を見せていた。 この活躍が認められてユーロ2020に向けたポルトガル代表の26名の登録メンバーに選出されると、9日のイスラエル代表との国際親善試合では待望のフル代表デビューを果たしていた。 なお、ラ・リーガ屈指のシュートストッパーは新天地のベティスでは、チリ代表GKクラウディオ・ブラーボ、スペイン人GKジョエル・ロブレスとの守護神争いに挑むことになる。 2021.06.11 23:37 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly