ベティスがベシクタシュからDFビクトル・ルイスを完全移籍で獲得

2020.09.01 11:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ベティスは8月31日、ベシクタシュからスペイン人DFビクトル・ルイス(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。ビクトル・ルイスはエスパニョールの下部組織出身。2009年7月にファーストチームへ昇格すると、2011年1月にはナポリへ完全移籍。その後は、バレンシア、ビジャレアルでプレー。2019年8月にベシクタシュへ完全移籍していた。

ベシクタシュでは、2019-20シーズンのスュペル・リグで23試合に出場し1アシストを記録。ヨーロッパリーグで1試合に出場していた。

また、ラ・リーガでは232試合に出場し6ゴール5アシストを記録していた。

世代別のスペイン代表を経験。2011年のU-21欧州選手権でプレー機会はなかったが、優勝メンバーの1人だった。
コメント
関連ニュース
thumb

難敵ベティスに苦戦も後半の2発で勝ちきったアトレティコがバウンスバック!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは24日、ラ・リーガ第7節でベティスとホームで対戦し、2-0で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節のバイエルン戦を0-4と惨敗したアトレティコ。そのアトレティコは中2日の過密日程で迎える今節に向けて、バイエルン戦から先発を4人変更。フェリックスやカラスコ、H・エレーラらに代えてコレア、レマル、トレイラらが先発に名を連ねた。 3勝3敗で8位のベティスに対し、スアレスとM・ジョレンテが2トップを組んだ[4-4-2]の布陣で臨んだアトレティコは、立ち上がりからボールを保持するベティスに攻め込まれる時間が続いたが、13分には右サイド高い位置でパスを受けたモントーヤのクロスをW・カルバーリョに頭で合わせられたが、このシュートはGKオブラクがキャッチして難を逃れた。 堅い守りでベティスの攻撃を凌ぐアトレティコは20分、トリッピアのパスをボックス右で収めたコレアの折り返しからスアレスがダイレクトシュートを放ったが、これは枠の左に逸れた。さらに27分にも、W・カルバーリョのクリアミスを敵陣で奪ったスアレスがボックス手前からシュートを狙ったが、これもゴール左に外れた。 ハーフタイムにかけては、ボールポゼッションで上回るベティスに押し込まれるも、最後の場面では相手のフィニッシュの精度の低さに助けられ、ゴールレスで前半を終了した。 迎えた後半、アトレティコはトレイラとレマルを下げてカラスコとH・エレーラを投入。すると開始早々の46分、左サイドでスローインを受けたエルモソのパスからボックス左に侵入したM・ジョレンテが縦に切り込むと、飛び出したGKのニアを抜いたシュートがゴールネットを揺らした。 M・ジョレンテの電光石火弾で先制したアトレティコは、55分にピンチを迎える。W・カルバーリョのスルーパスでボックス右に抜け出したサナブリアに一対一の状況を作られたが、これは飛び出したGKオブラクが好セーブ。 追加点で畳みかけたいアトレティコは、57分にコレアを下げてフェリックスを投入。すると58分、ボックス左手前でパスを受けたH・エレーラのコントロールショットが右ポストを直撃。さらにこぼれ球をボックス右のスアレスがダイレクトで折り返すと、ファーサイドのカラスコが左足ボレーで合わせたが、シュートはGKブラーボのセーブに阻まれた。 追加点のチャンスを逃し続けるアトレティコだが、72分に追い風が吹く。フェリックスのスルーパスでDFの裏に抜け出したカラスコが、ペナルティアーク手前でモントーヤに倒されると、VARの末にモントーヤにはレッドカードが提示され退場処分となった。 数的有利となったアトレティコは76分、相手CKからロングカウンターを仕掛ける。クリアボールを拾ったフェリックスのロングスルーパスで抜け出したカラスコがドリブルでボックス内まで侵入。GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKブラーボの好セーブに防がれた。 攻勢をかけるアトレティコだったが、83分にアクシデント。プレー中に右モモ裏を痛めたカラスコがプレー続行不可能となり、ビトロを緊急投入した。それでもアトレティコは、後半アディショナルタイム1分にロージとのコンビネーションでベティス守備陣を翻弄したスアレスがゴールネットを揺らし、2-0で勝利。 難敵相手に苦しみながらも勝ち切ったアトレティコがリーグ戦無敗キープに成功すると共に、ミッドウィークのCLザルツブルク戦に弾みを付けた。 2020.10.25 06:16 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサのU-21スペイン代表DFミランダ、6年ぶりにベティス復帰…昨季はシャルケでプレー

レアル・ベティスは5日、バルセロナからU-21スペイン代表DFフアン・ミランダ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ベティス下部組織出身のミランダは2014年7月にバルセロナのカンテラに入団すると、2017年8月にプロデビュー。昨夏にシャルケへレンタルで加わると、公式戦12試合に出場して1アシストを記録していた。 ミランダは当初、シャルケへの武者修行は2年間の予定だったが、1年で打ち切り、6年ぶりのベティス復帰が決まった。 2020.10.06 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナム、ベンフィカの逸材ストライカーをレンタルか…昨季はリーグ戦18ゴール

トッテナムが、ベンフィカのブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(25)の獲得に近づいているようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 長らくイングランド代表FWハリー・ケインのバックアッパーの獲得を目指しているトッテナム。今夏にはナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクやトリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティの名前が候補に挙げられていたが、現在焦点を当てているのがベンフィカで活躍するストライカーだ。 カルロス・ヴィニシウスは母国のサントスやパルメイラスの下部組織出身で、2017年夏に現在はポルトガル3部リーグに在籍するレアル・スポルト・クルーベに移籍し渡欧。その1年後にナポリへジャンプアップしたが、リオ・アヴェとモナコへレンタルしたあと、昨夏にベンフィカに完全移籍した。 190㎝を誇る長身FWで、昨季はプリメイラ・リーガで32試合18ゴール8アシストという見事な成績を残した。『フットボール・ロンドン』によると、同選手はトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を熱望した選手で、今夏の移籍市場の初期段階で獲得を試みたが、高額な移籍金にたじろいだようだ。 そして今回、トッテナムはベクトルを変えてレンタルでの獲得を打診。同メディアは「フェルナンド・ジョレンテ以降、14カ月ぶりに新ストライカーの獲得に近づいている」と伝えている。 2020.10.01 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ジダン監督、逆転で今季初勝利も先を見据える 「改善しなければ」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がレアル・ベティス戦での今季初勝利に満足感を示したものの、改善の必要性を指摘した。クラブ公式サイトが伝えている。 26日に敵地で行われたラ・リーガ第3節でベティスと対戦したマドリーは3-2で辛勝。前半終盤に2失点を喫して逆転を許したが、立ち直った後半にオウンゴールとDFセルヒオ・ラモスのPK成功で逆転勝利を収めた。 ジダン監督は試合後、先制した14分以降は気の緩みから試合を難しくしてしまったと課題を述べた一方で、逆転に成功した後半のパフォーマンスは評価している。 「最終的に非常に難しい試合だった。選手は全てを出してくれた。難しいピッチで、開幕連勝を達成していた相手から得た非常に重要な3ポイントだ。我々は満足しているよ。まだまだ先は長いから改善できるし、しなければいけないこともわかっている」 「最初の15分から20分間は非常にうまく試合に入れたが、ゴール後は少し気を抜いてしまった。とても難しかったよ。攻撃的になったとき、我々はより良くなった。彼らに立て続けのゴールを許したが、後半45分間はうまくプレーできた。選手たちは最後まで信じていたから達成できた」 2020.09.27 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

王者マドリーが10人ベティスに辛勝で今季初白星! 伏兵FW2人の仕事でS・ラモスが決勝PK弾!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第3節、ベティスvsレアル・マドリーが26日にベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのマドリーが3-2で勝利した。 前節、レアル・ソシエダの堅守に手を焼き連覇を狙う新シーズンを0-0のドローでスタートした王者マドリー。初勝利を目指す今節は、ペジェグリーニ新監督の下、開幕連勝を飾った好調ベティスとのアウェイゲームに臨んだ。 ジダン監督はソシエダ戦から前線のテコ入れを図り、ヴィニシウスとロドリゴに代えてヨビッチ、バルベルデを起用。ベンゼマとヨビッチの2トップの下にウーデゴールを配する[4-3-1-2]の布陣を採用した。 試合は立ち上がりから互いに相手ゴールに迫り合うオープンな展開に。7分には左サイドのカナレスからのクロスをゴール前にタイミング良く入ってきたサナブリアがピッチに叩きつけるヘディングシュートを枠に飛ばすが、ここはGKクルトワが圧巻の反応速度で枠外に弾き出す。 すると、守護神のパラドンに応えたいマドリー攻撃陣がすぐさまゴールをこじ開ける。ボックス右のゴーラライン際で仕掛けたベンゼマがうまくボールを残してグラウンダーで折り返す。これにニアで反応したバルベルデがスライディングで合わせ、マドリーの今季初ゴールとした。 さらに、畳みかけるマドリーは直後の15分にも前線に攻め残っていたセルヒオ・ラモスが、ルーズボールに反応してゴール前ドフリーで左足のシュートを放つが、これは惜しくも枠の右に外れて絶好機を逸した。 一方、3試合目にして今季初失点を喫したものの、フェキルを起点に良い形の攻めを続けるベティスは、幾度かボックス内で決定機を創出していく。すると、昨季1勝1分けと王者相手に好相性を残すホームチームが、一気に試合を引っくり返す。 まずは35分、右CKのショートコーナーからカナレスが左足でインスウィングのクロスを入れると、これをファーに走り込んだマンディが頭で合わせる。さらに、直後の37分には左サイドのボックス付近でタメを作ったフェキルから横パスを受けたウィリアム・カルバーリョが、そのままドリブルでゴール前まで運び、強烈な左足のシュートでニア下を抜いた。 前半を1点ビハインドで終えることになったマドリーは、前半終了間際に負傷したクロースに代えてモドリッチを投入したのに続き、ハーフタイム明けにウーデゴールを下げてイスコを投入。 すると49分、相手陣内中央でボールを受けたバルベルデが右サイド深くに走り込むカルバハルに丁寧なパスを通すと、カルバハルの折り返しがベンゼマと競ったエメルソンのオウンゴールを誘う。プレーに関与したベンゼマにオフサイドの可能性があったものの、VARのレビューでゴールが認められた。 幸先良く先制したマドリーは直後にもセルヒオ・ラモスのクロスをボックス中央で収めたベンゼマに決定機も、左足の強烈なシュートはクロスバーを叩く。一気に逆転とはいかないものの、流れを掴んだアウェイチームは後半半ばに数的優位を手にする。 67分、ハーフウェイラインを越えた辺りで味方のスルーパスに抜け出したヨビッチがボックス付近まで運ぶと、DFエメルソンに後方から押し倒される。この場面ではヨビッチの抜け出し、エメルソンのファウルの位置がVARで確認された結果、最終的にエメルソンのボックス手前での決定機阻止というジャッジが下され、エメルソンにレッドカードが掲示された。 これで俄然優位に立ったマドリーは70分過ぎにヨビッチを下げてマジョラルを投入。攻勢を強めていく中、76分にはW・カルバーリョに強烈なミドルシュートを浴びるが、ここは守護神クルトワの好守で凌ぐ。 すると、82分には右サイドでオフサイドラインをかいくぐったマジョラルがDFバルトラとボックス内で交錯。この場面でバランスを崩したバルトラの腕にボールが当たると、VARのレビューでかなり厳しい判定ながらもマドリーにPKが与えられる。これをキッカーのセルヒオ・ラモスがパネンカで決め切り、勝ち越しに成功した。 その後、10人のベティスを相手にゲームコントロール優先の戦い方にシフトしたマドリーは、危なげなくリードを守り切って3-2の勝利。好調のベティス相手に苦しみながらも、退場や幸運なPKの恩恵を生かして今季初白星を手にした。 2020.09.27 06:03 Sun
twitterfacebook