EL王者セビージャ、レギロンの後釜にスポルティングのアクーニャ獲得へ!

2020.08.29 15:37 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャが、スポルティング・リスボンのアルゼンチン代表MFマルコス・アクーニャ(28)の獲得に近づいているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えている。

フレン・ロペテギ監督が就任した昨季のセビージャは、ラ・リーガ4位、ヨーロッパリーグ(EL)優勝という華々しい成績を収めた。その躍進の立役者の一人であるスペイン代表DFセルヒオ・レギロンはレアル・マドリーからのローン選手で、クラブが完全移籍を目指すも退団が濃厚となっている。

そこで後釜として注目しているのがアクーニャだ。アルゼンチン代表で27キャップを数える同選手は、2017年夏に母国のラシン・クラブからスポルティングに加入。元々サイドハーフやウイングを得意とする選手だったが、スポルティングでは左サイドバックを主戦場に出場数を重ねている。昨季はプリメイラ・リーガで24試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。

『レコルド』によれば、セビージャがスポルティングが要求する1500万ユーロ(約18億8100万円)に迫る金額を用意している模様。なお、一方でローマやラツィオも獲得に関心を示していると言われている。


関連ニュース
thumb

セビージャがDFニャニョンを解雇か…素行不良に体重超過とプロ意識を問題視

セビージャがフランス人DFジョリス・ニャニョン(24)を解雇したようだ。スペイン『ESPN』が報じている。 2015-16にスタッド・レンヌでトップチームデビューを飾ったニャニョンは、2018年夏に1350万ユーロ(約17億3000万円)の移籍金でセビージャへ加入。当初は高い身体能力と守備センスを兼ね備えたセンターバックとして大きな期待を集めたものの、加入初年度は公式戦16試合の出場に留まった。 その後、2019年夏に古巣レンヌへの1年間のレンタルを経て昨夏に復帰。だが、フレン・ロペテギ監督の信頼を得ることができず、昨シーズンはコパ・デル・レイ1試合の出場に留まり、今シーズンはラ・リーガとチャンピオンズリーグの登録メンバーからも外れていた。 セビージャとの現行契約は2023年6月までとなっていたが、クラブはプロフェッショナリズムの欠如を理由に、この度解雇を言い渡したようだ。 『ESPN』が得た関係者筋からの情報によると、182cmのニャニョンは適性体重を大きく上回る100kg超えでトレーニングに参加することがしばしばあり、ピッチ外での派手なライフスタイルや素行問題を巡ってロペテギ監督を含むクラブ首脳と幾度となく衝突を繰り返していたようだ。 2021.09.22 22:44 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:浦和vsC大阪】3カ月ぶりの埼スタ期間、充実の浦和が失意のC大阪を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2021年9月18日(土) 19:00キックオフ 浦和レッズ(6位/48pt) vs セレッソ大阪(12位/36pt) [埼玉スタジアム2002] ◆勢いに乗る浦和、3位へ負けられない戦い【浦和レッズ】 前節はアウェイで横浜FCと対戦し0-2で勝利。リーグ戦は5戦無敗とし、3位争いの中でも好位置につけている。 中断期間中に多くの選手を獲得してきた浦和にとっては、選手たちがチームに馴染むまでの時間も必要だったが、酒井宏樹や江坂任、アレクサンダー・ショルツらはしっかりフィット。また平野佑一もボランチのポジションで気の利いたプレーを見せている。 徐々にメンバーと戦い方が固まりつつある浦和。結果も出ており、メンタル面も充実していると言って良いだろう。 その浦和は約3カ月ぶりに埼玉スタジアム2002に戻ることとなる。終盤戦には上位陣との直接対決も5試合残っており、そこまではしっかりと勝利を収めていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:西川周作 DF:酒井宏樹、岩波拓也、アレクサンダー・ショルツ、明本考浩 MF:平野佑一、伊藤敦樹 MF:関根貴大、小泉佳穂、汰木康也 FW:江坂任 監督:リカルド・ロドリゲス ◆悔やまれるACL敗退【セレッソ大阪】 対するC大阪は前節はホームで北海道コンサドーレ札幌に0-2で惨敗。アウェイゲームでの勝利を生かすことなく敗れた。 そして迎えた15日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16の浦項スティーラーズ戦では、相手の圧に押された前半は全く何もできず。後半もプレスがハマらず、終盤に押し込むも時すでに遅し。0-1で敗れて敗退となった。 国際試合という点では経験のなさも浮き彫りとなった一戦だが、その敗戦をしっかりと生かせるかどうかが非常に重要になる。 相手の浦和は国際経験のある選手も多く、強度は高い。主導権を握られると苦しい戦いとなるが、しっかりとACLの反省を活かせるか。短い時間だが、選手たちの変化に注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、小池裕太 MF:坂元達裕、喜田陽、藤田直之、乾貴士 FW:山田寛人、加藤陸次樹 監督:小菊昭雄 2021.09.18 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

クンデがセビージャの病院に300万円を寄付! 入院中の子供を世話する家族の宿泊施設の建設費用に

セビージャのフランス代表DFジュール・クンデが、セビージャの地元病院に2万4000ユーロ(約310万円)を寄付した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 今夏の移籍市場でチェルシー行きを熱望するも、クラブ間の交渉が破談に終わり、最終的に残留が決定したクンデ。それでも、セビージャの街への愛着は強く、地元を支援するために寄付を行っていた。 『ムンド・デポルティボ』によると、クンデは地元のビルゲン・デル・ロシオ大学病院で治療を受けている子供を世話する家族が滞在するための宿泊施設を建設する「LaCasaAzul」というプロジェクトに賛同。 そして、昨シーズンのラ・リーガでチームが1勝を挙げるごとに、1000ユーロ(約13万円)を寄付することを約束。セビージャは昨シーズンに24勝を挙げていたため、最終的に2万4000ユーロを寄付することになった。 クンデが今シーズンも同じ活動を行っているかは不明だが、今回のプロジェクトに携わる関係者は同選手の残留と共に、セビージャの昨季以上の躍進を期待しているはずだ。 2021.09.17 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

4本のPKにエン=ネシリ退場…セビージャvsザルツブルクは白熱ドロー!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第1節、セビージャvsレッドブル・ザルツブルクが14日にサンチェス・ピスフアンで行われ、1-1のドローに終わった。 フランス王者リール、昨季ブンデスリーガ4位のヴォルフスブルクと同居も、グループ本命のセビージャは、プレーオフを制したオーストリア王者のザルツブルクとの初戦に臨んだ。 ラ・リーガでは開幕から2勝1分けの無敗スタートを飾ったロペテギ率いるチームは、カタールW杯南米予選の影響で先週末のバルセロナ戦が延期となったことで、万全のコンディション。ラメラやデラネイ、ラファ・ミルと新戦力はベンチスタートとなり、昨季の主力が揃ってスタメン入り。3トップは右からスソ、エン=ネシリ、パプ・ゴメスが並んだ。 立ち上がりから相手のプレスをうまくいなしていくセビージャ。開始6分には右サイド深くでヘスス・ナバスが上げたクロスをゴール前のエン=ネシリが頭で合わすが、これはわずかに枠の右に外れる。 一方、時間の経過と共に相手のボール回しに対応し始めたザルツブルクは、奪ったボールをアデイェミとシェシュコの2トップのランニングに合せてシンプルに背後のスペースへ送り届ける形で相手を引っくり返していく。 すると、12分にはペナルティアーク付近で仕掛けたアデイェミがDFジエゴ・カルロスのファウルを誘う。微妙な位置ではあったものの、VARのレビューの結果、エリア内でのハンドと判断されてPKが与えられる。だが、自らキッカーを務めたアデイェミの右下を狙ったシュートはGKブヌにコースを読まれた影響もあり、枠の右に外れた。 相手のPK失敗に救われたものの、以降もバタつくセビージャは20分に自陣ボックス内でヘスス・ナバスが不用意にアデイェミを手を使って押し倒してしまい、この試合2つ目のPK献上。これをスチッチに左隅へ決められてしまう。 さらに、ラフプレーが目立って自らリズムを崩すホームチームは、36分に再びロングボールで背後を取られてボックス右へ抜け出したアデイェミをGKブヌが遅れて倒してしまい、CL史上初となる1試合で3つ目のPK献上。だが、スチッチが右隅を狙って蹴ったシュートをGKブヌが読み切ると、この動きが気になったかスチッチのシュートは右ポストを叩いた。 ザルツブルクの2つのPK失敗に救われたセビージャは、今度はPKでスコアをタイに戻す。40分、ボックス内で足元に斜めのパスを受けたエン=ネシリが古巣対戦のDFウーバーのアフターチャージを受ける。一度プレーは流されたが、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられた。これをキッカーのラキティッチが冷静に左下隅へ突き刺した。 その後、ザルツブルクはアデイェミ、セビージャはエン=ネシリとハーフタイム直前に決定機を作り合うも、前半45分だけでCL史上最多4つのPKが与えられた乱戦は1-1のイーブンでの折り返しとなった。 迎えた後半、セビージャはジョルダンとスソを下げてデラネイとオカンポスを同時投入。布陣を[3-4-2-1]の形に変更した。だが、キックオフ直後にはアデイェミにサイドを突破されてボックス左から際どいクロスを入れられ、これをシェシュコに右足でニア下に蹴り込まれる。だが、このピンチはGKブヌのビッグセーブで凌いだ。 守護神のビッグセーブで流れを引き寄せたいところだったが、この直後の50分には前半に1枚カードをもらっていたエン=ネシリが相手ボックス内でのシミュレーションによって2枚目のカードをもらい、痛恨の退場となった。 数的不利を背負ったことで、押し込まれる時間が長くなったホームチームは、並びを[4-4-1]の形に変更し、58分にパプ・ゴメスを下げてラメラ、66分にはラキティッチを下げてラファ・ミルを投入。守りを固めつつキープ力の高いラメラ、前線で身体を張れるラファ・ミルの特長を生かし、あわよくばカウンターからゴールを狙う姿勢も見せる。 74分にはそのラメラが粘って得た相手陣内右サイドでのFKから、キッカーのラメラが入れたクロスを中央で競り勝ったラファ・ミルがドンピシャのヘディングシュートを放つが、これはGKケーンの正面を突いた。 一方、切り札のアダムを投入するなど、数的優位を生かして勝ち点3を持ち帰ることを目指すザルツブルクだが、引いたセビージャの堅守を前に攻めあぐねる状況が続く。 その後もセビージャが数的不利を感じさせない気迫のこもった戦いぶりで互角以上の戦いを見せた白熱の一戦は、1-1のまま6分が加えられたアディショナルタイムに突入。よりリスクを冒したザルツブルクは、アーロンソンのミドルシュート、ショートカウンターからアダムのシュートと際どいシュートを放ったが、ここはGKブヌの連続セーブに阻まれた。 そして、CL史上最多4本のPKにカード10枚以上が乱れ飛んだ乱戦は、1-1のドローに終わった 2021.09.15 03:44 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループG展望】セビージャ有利も本命不在…ヴォルフスブルクとリールが久々の出場

2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月14日に開幕する。グループGは、ラ・リーガ4強時代を開かんとするセビージャを筆頭に、各リーグ王者であるリールとザルツブルク、そして今季好調のヴォルフスブルクと曲者が揃う。本命予想はセビージャだが、どのチームが突破してもおかしくはない。 ◆編集部予想 ◎本命:セビージャ ○対抗:ザルツブルク △連下:ヴォルフスブルク ☆大穴:リール ◆充実の補強は実るのか…グループ本命も油断できず~セビージャ~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 絶対的本命不在のグループGにおいて、セビージャが頭一つ抜けた存在か。昨季のラ・リーガでクラブ史上最多の勝ち点を積み上げ、クラブ史上最速でのCL出場権獲得に成功したチームは、モンチSDとロペテギ監督の下で近年着実に力をつけている。 今夏もモンチSDはその辣腕を遺憾なく発揮。フリーで獲得したドミトロビッチを皮切りに、ブライアン・ヒルとのトレードという形でラメラを、両サイドバックにはモンティエルとアウグスティンソンを補強し競争力を高めた。そして移籍市場終盤にはデラネイと、東京五輪で印象的だったラファ・ミルを獲得し、各ポジションに実力者を賄う充実の夏に。ラメラはすでにラ・リーガ開幕2試合で3ゴールと結果を出しており、チームとしても2勝1分けの好スタートを切っている。 ただ、最後まで移籍を望みながらも、移籍最終日にチェルシー行きが破談となったクンデのメンタル面は気がかりなところ。代わりにリーグ戦に出場しているレキクはここまで及第点のパフォーマンスを見せているが、仮にクンデが調子を落としてしまった場合、レキクとジエゴ・カルロスの2人でセンターバックを遣り繰りするのは、いささか骨の折れる仕事だ。 また攻撃面においても、セビージャは決して得点力のあるチームではないため、力のある他3チームに守勢を取られたとき、それを崩すのは至難の業となる。 ◆戦力ダウンは否めずも、未完の大器らの勢いでGS突破へ~ザルツブルク~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 国内8連覇中のオーストリアの絶対王者は3大会連続の出場となる。プレーオフでブレンビーを2戦合計4-2で下して本戦出場権を勝ち取った。そんな今季も国内リーグでは開幕7試合で全勝しており、内容も19得点4失点と圧倒的。この勢いを持ち込めるかが、グループ突破の鍵になりそうだ。 だが、昨季のリーグ戦で28試合27ゴールをあげたパトソン・ダカや、公式戦45試合に出場したエノック・エムウェプがともにプレミアリーグへ旅立った影響は計り知れない。2人の穴埋めとなる大きな補強はできず、前述のセビージャや後述のヴォルフスブルクに反して戦力ダウンは否めないものとなっている。 しかし、そこは育成クラブの腕の見せ所。ハーランドやサディオ・マネ、そして今夏にバイエルンへステップアップしたウパメカノなど、ビッグクラブに大きく羽ばたいた先人たちに続く超新星の誕生に期待だ。 ◆指揮官交代も戦力は底上げ~ヴォルフスブルク~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季のブンデスリーガで4位に入り、7シーズンぶりのCLとなるヴォルフスブルク。だが、立役者のグラスナー監督がフランクフルトに旅立ち、代わってオランダ代表のレジェンドであるファン・ボメル監督が就任。古巣PSVでは振るわなかった同氏だが、指揮官として初挑戦となるドイツでは開幕4連勝の好スタートを切った。ただ、国内カップ戦では上限を超えた交代を行ってしまい、失格となる一幕も。 それでも、戦力としてはインテルからの関心が伝えられたヴェグホルストをチームにとどめ、昨季25ゴールを挙げた得点源を死守。また、移籍市場ではベンフィカからドイツ代表のワルドシュミットを獲得し、ヴェグホルストのバックアッパーを確保した。加えて守備面にはケルンからベルギー代表のボルナウを補強し、昨季からの全体的な上積みに成功している。 ◆ブレインと主力退団の影響は大きく~リール~<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210912_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループGで最も久々の参戦となるリールは9年ぶりの舞台に。昨季はフランスのPSG王朝を打ち砕き、10年ぶりにリール時代を興した。しかし、その扇動者となったガルティエ監督が“マンネリ化”を嫌い、在任5シーズン目を待たずして勇退を決断。後任には、かつてギャンガンを就任3年で3部から1部に導いたグーヴェネック氏が就任した。 ただ、チームは指揮官だけでなく、守護神メニャンや攻守を支えたブバカリ・スマレを失い、明らかに戦力ダウン。そんな中、王者として臨んだ今季のリーグ・アンでは第5節終了時点で1勝2分け2敗と足踏みしており、影響を如実に受けている。 どのチームにもほぼ平等に勝ち上がるチャンスのある大本命不在のグループとなったが、その中でもリールの下馬評は劣勢か。 2021.09.14 17:02 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly