相模原FW三島康平に第一子が誕生「妻と赤ちゃんに心から感謝」

2020.08.28 21:19 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
SC相模原は28日、FW三島康平に第一子が誕生したことを発表した。

クラブの発表によると、三島の長男は24日に誕生したとのこと。3,472gとのことだ。

三島はクラブを通じてコメントしている。

「この度、第一子の男の子が産まれました。命がけで出産してくれた妻と無事に産まれてきてくれた赤ちゃんに心から感謝しています」

「父親として家族を支えられるように、より一層責任感をもって頑張っていきたいと思います」

三島はヴィッセル神戸や水戸ホーリーホック、松本山雅FC、ロアッソ熊本でプレーし、今シーズンんから相模原へ加入。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグで11試合に出場し1得点を記録していた。

関連ニュース
thumb

八戸が接戦を制して4試合ぶりの白星! 相模原は加藤のスーパーゴールも及ばず【明治安田J3第8節】

明治安田生命J3リーグ第8節延期分のヴァンラーレ八戸vsSC相模原が15日に行われ、ホームの八戸が2-1で勝利した。 プライフーズスタジアムで行われた一戦。八戸は前節からスタメンを8人変更、一方の相模原は3試合連続で同じ11人が並ぶ布陣でスタートした。 試合は序盤からペースを掴んだ八戸が早々に先制点を挙げる。7分、敵陣右サイドでFKのチャンスを得ると、キッカーの宮尾が蹴り入れたボールがボックス内でこぼれる。混戦の外でルーズボールに反応した近石がシュートを放つと、板倉が右足で反応。一度はGKに阻まれたが、左足で自ら押し込んでネットを揺らした。 その八戸は25分、選手数人が連動したプレスで相手のビルドアップを妨害し、バイタルエリア左で丹羽がボールをインターセプト。ボックス左深くからのクロスに中央で待ち構えた島田が頭で合わせると、ポストを叩くが、跳ね返りを左足で豪快に蹴り込み、相模原を突き放した。 だが、相模原も反撃。69分、途中出場でピッチに入って間もないセンターバックの蓑田が自陣から相手のボックス内に目がけて左足でロングフィードに転じると、GKとDFの間の絶妙な位置に落ちてくるボールを加藤が右足ダイレクト。強烈なボレーが突き刺さり、1点を返す。 加藤のスーパーゴールでさらに勢いづきたい相模原だったが、八戸も最後まで1点のリードを守り抜き、タイムアップ。次節から志垣良新監督の下でリスタートを切る八戸が4試合の白星を手にしている。 ヴァンラーレ八戸 2-1 SC相模原 【八戸】 板倉洸(前7) 島田拓海(前25) 【相模原】 加藤拓巳(後24) ◆第8節 ▽6/15 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ヴァンラーレ八戸 2</span>-1 SC相模原 ▽5/5 Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 テゲバジャーロ宮崎</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">鹿児島ユナイテッドFC 4</span>-1 カターレ富山 ▽5/4 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 1</span>-0 AC長野パルセイロFC <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 4</span>-3 FC岐阜 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC今治</span> 松本山雅FC 0-0 ギラヴァンツ北九州 福島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 いわきFC</span> ▽5/25 ガイナーレ鳥取 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 愛媛FC</span> 2022.06.15 21:32 Wed
twitterfacebook
thumb

いわきが3連勝で首位返り咲き! 鹿児島は5試合ぶり敗戦で後退【明治安田J3第12節】

明治安田生命J3リーグ第12節の7試合が12日に各地で行われた。 前節のY.S.C.C.横浜戦で6-0と快勝し、直近5試合で4勝1分けと参入初年度ながら飛ぶ鳥を落とす勢いの3位いわきFCは4戦勝ちなしで13位につけるカマタマーレ讃岐とのアウェイゲームに臨んだ。序盤からペースを掴めずトランジションゲームとなると、33分に左サイドに出たロングボールに反応した後藤が落とし、受けた臼井のクロスに川﨑がヘディングで合わせて、讃岐が先制。ビハインドで後半を迎えたいわきだが、47分にバイタルエリア右でFKのチャンスを獲得すると、キッカーの日高が左足でゴール右下に突き刺してJリーグ初得点を決め、同点に追いつく。 さらに、後半アディショナルタイム4分に左CKのチャンスを獲得すると、キッカーの嵯峨が近場に来た味方とのワンツーからクロスを上げると、ニアの有馬がヘディングでコースを変え、これがネットを揺らして逆転。逆転負けの讃岐が3連敗となった一方、いわきは3連勝で首位に再浮上した。 目下4連勝と勢いに乗る首位の鹿児島ユナイテッドFCは3連敗のあとから4戦負けなしと立て直しを図る10位のFC岐阜とアウェイで対戦。立ち上がりから岐阜に主導権を奪われると、カウンターから攻め込まれる場面が多く、前半終了間際には米澤が決定機を迎えるが、ネットを揺らず、試合を折り返す。後半になり、徐々に鹿児島が盛り返し始めたが、岐阜は61分にボックス手前の柏木がゴール前に山なりのボールを送ると、石津が肩で落とし、後ろで狙っていた庄司が左足ダイレクトで振り抜き、貴重な先制点を奪った。 ビハインドの鹿児島は直後の66分にロングボールから星がゴール前で決定機を迎えると、続く70分に左サイドの薩川がドリブルで仕掛け、ロメロ・フランクが相手を背負いながらボックス左角でキープ。ボールを米澤が前に出し、走り込んだ薩川がゴール左上に突き刺して同点に追いつく。振り出しに戻した鹿児島だが、83分に長い距離を走り込んでクロスに合わせた宇賀神のゴールで逆転を許すと、反撃及ばず2-1でタイムアップ。鹿児島が5試合ぶりの敗戦で首位陥落となったなか、岐阜が5試合負けなしとした。 星川監督体制の初陣を勝利で飾るも前節のいわきFC戦で0-6の大敗を喫して最下位に沈むY.S.C.C.横浜はここ3試合勝ちなしの12位アスルクラロ沼津とアウェイで対戦。前半終了間際の42分に沼津がボックス右で受けた佐藤のミドルシュートで先制すると、直後の44分にもボックス右手前から濱がグラウンダーのミドルシュートを放ち、2点をリードして試合を折り返す。後半は拮抗するなか、81分に林のゴールでYS横浜が1点差に。さらに、89分に先制ゴールの佐藤が一発退場を強いられた沼津だが、逃げ切って4試合ぶりの勝利を手にした。 1年でのJ2復帰を目指すも14位に沈むSC相模原は8位のFC今治とアウェイで対戦。8分に千葉のゴールで先制した今治だが、相模原が17分、36分と加藤の連続ゴールで逆転に成功する。その後、相模原は67分に佐相のゴールで突き放し、3-1で勝利。今治が今季2度目の連勝を逃したなか、相模原が今季初の連勝で順位をひとつ押し上げた。 ◆第12節 ▽6/12(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 2</span>-1 Y.S.C.C.横浜 ヴァンラーレ八戸 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ガイナーレ鳥取</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-1 鹿児島ユナイテッドFC カマタマーレ讃岐 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 いわきFC</span> ギラヴァンツ北九州 1-1 福島ユナイテッドFC テゲバジャーロ宮崎 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 カターレ富山</span> AC長野パルセイロ 1-1 愛媛FC FC今治 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 SC相模原</span> ▽6/11(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-0 藤枝MYFC 2022.06.12 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南の大卒1年目DF蓑田広大が相模原に武者修行 「この決断が正解になるように精一杯頑張ってきます」

SC相模原は7日、湘南ベルマーレからDF蓑田広大(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。期間は2023年1月31日まで。背番号「33」をつける。 蓑田は青森山田高校、法政大学を経て、湘南に今季入団。ここまで公式戦3試合で出番を手にしていたが、さらなる出場機会を求めの移籍を決断した。 相模原を通じて「SC相模原と共に上を目指して頑張りたいと思います。必ずこのクラブに結果で恩返し出来る様に日々精進していきます。応援よろしくお願いします」とコメントした。 一方で、湘南を通じては「自分にとってこの決断が正解になるように精一杯頑張ってきます。引き続き応援よろしくお願いします」と武者修行先での成長を誓っている。 2022.06.07 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

「たくさんの意見があるのも重々承知です」清水の大卒ルーキーFW加藤拓己がSC相模原へ育成型期限付き移籍

SC相模原は31日、清水エスパルスのFW加藤拓己(22)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 なお、育成型期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなる。背番号は「32」となり、清水との公式戦には出場できない。 加藤は鹿島アントラーズのジュニア、ジュニアユースで育ち、その後山梨学院高校、早稲田大学へと進学した。 加藤は2021年に特別指定選手として登録されると、今シーズンから正式に加入。ここまで出場機会は一度もなかった。 加藤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「SC相模原に関わる全ての皆様、はじめまして。清水エスパルスから加入しました。加藤拓己です。今の私を必要としてくれた相模原に結果で恩返しをすること、クラブビジョンの「地域に愛され、必要とされるクラブ」になる為に、そして皆様にとってSC相模原が誇り高きクラブであり続ける為に私の全てをかけて戦いたいと思います。よろしくお願いいたします」 ◆清水エスパルス 「清水エスパルスファミリーの皆様へ。このたび、SC相模原に期限付き移籍をする運びとなりました。まず、この場を借りて皆様に謝りたいです。このような形でのご挨拶となってしまったこと、沢山の方々が寄せてくれる期待に応えることが出来なかったこと本当に申し訳なく思っています」 「この決断をするまでに長い時間悩み、多くの先輩方や同期に相談をしました。エスパルスでプレーすること・エスパルスの為に戦うことは私にとって大きな使命であり、何よりも大切で幸せなことだと思っています。しかし、いま、チームの中で自分に与えられた仕事に満足がいかない日々の中、この違和感を抱えた状態でプレーすることはチームにとっても私自身にもプラスにはならないと感じました」 「今の私を必要としてくれるクラブに籍を置き、全力で闘うことが出来ること。私に大きな仕事を求めてくれるクラブでプレーすることが出来ること。プレーヤーとしてそれに増す喜びはありません」 「今回の決断に際してたくさんの意見があるのも重々承知です。しかし、この決断をした心中はいかなる時も「清水エスパルスの未来のため」であることに変わりはありません」 「私がこれから歩む道の先は必ず皆さんと同じだと心から信じています。シーズン途中でチームを離脱すること、自分の意思を尊重してくれたクラブフロントスタッフ・監督をはじめとするコーチングスタッフ・そして素晴らしいチームメイトたち、ここでは伝え切れないほど多くの貴重な経験をさせてもらえたこと、多くの大切な仲間に出会えたこと、多くのサポーターの皆さんから頂いた全ての愛に心から感謝しています」 「今よりもっと逞しくなって皆さんに笑顔を届けられるストライカーになって帰ってきます。ありがとうございました。いってきます!」 2022.05.31 16:10 Tue
twitterfacebook
thumb

監督交代の相模原が栃木DF面矢行斗を育成型期限付き移籍で獲得「J2昇格という喜びを爆発させたい」

SC相模原は25日、栃木SCのDF面矢行斗(23)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日まで。栃木との公式戦には出場できない。なお、背番号は「3」を付ける。 面矢は京都サンガF.C.の下部組織から東海大仰星高校に進学。その後、東海大学を経て、2021年に栃木へ入団した。 プロ1年目から明治安田生命J2リーグで21試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場していたが、今シーズンはここまでリーグ戦わずか3試合の出場に終わっていた。 面矢は両クラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「初めまして。栃木SCから育成型期限付き移籍で加入することになりました、面矢行斗(おもやゆくと)です」 「SC相模原ファン・サポーター、チームメイト、スタッフ関係者の皆様と共にピッチの上でJ2昇格という喜びを爆発させたいです。SC相模原のために全力を尽くします。宜しくお願いいたします」 ◆栃木SC 「日頃より栃木SCの応援、誠にありがとうございます。この度、育成型期限付き移籍にてSC相模原でプレーすることになりました。シーズン途中であり、チームは良い状況とは言えない時期にチームの力になることができず申し訳ありません」 「フットボール、心身共に成長した姿を必ず見せられるよう全力で頑張って来ます。今後とも、栃木SCファン・サポーターの皆様の熱い応援を宜しくお願いいたします」 相模原は成績不振から高木琢也監督を解任。薩川了洋監督が就任していた。 2022.05.25 09:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly