神戸FW田中順也がトレーニング中に負傷、左内転筋肉離れで全治約6週間

2020.08.25 09:52 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸は25日、FW田中順也の負傷を発表した。クラブの発表によると、田中は21日(金)にいぶきの森練習場で行われたトレーニング中に負傷したとのこと。神戸市内の病院で検査を受けた結果、左内転筋肉離れと診断。全治は約6週間の見込みとのことだ。

田中は今シーズンの明治安田生命J1リーグで8試合に出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

新型コロナの影響で招集外の神戸DFフェルマーレン、ベルギー代表監督は11月に招集希望もJリーグとACLに影響か

ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督が、10月の招集メンバーについて言及。ヴィッセル神戸のDFトーマス・フェルマーレンについてもコメントした。 ベルギーサッカー協会(KBVB)は30日、10月に行われる親善試合とUEFAネーションズリーグ2020-21に向けたベルギー代表メンバーを発表した。 ベルギーは、10月8日にコートジボワール代表と親善試合を行い、11日にUEFAネーションズリーグ第3節でイングランド代表、14日に第4節のアイスランド代表戦を行う。 3連戦となる今回のメンバーには33名を招集。5名を初招集とした中、主力選手が複数名不在となっていた。 今回発表されたメンバーには、フェルマーレンの他、ドルトムントのMFトルガン・アザール、レアル・ソシエダのMFアドナン・ヤヌザイらが含まれていなかったが、マルティネス監督が招集外とした理由を説明した。 「トーマス・フェルマーレンは、衛生的なプロトコルの理由だ。アドナン・ヤヌザイはフィジカル面が100%ではなく、トルガン・アザールはケガをしている」 フェルマーレンに関しては、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響が大きく、招集したとしても日本へ帰国後2週間は隔離措置をとる必要がある。そのため、招集に踏み切れなかったようだ。 ベルギー『Voetbal Belgie』によれば、なマルティネス監督は9月、10月とフェルマーレンの招集を諦めたが、11月のインターナショナル・マッチウィークでは招集したい意向があるようだ。 11月はJリーグのほか、神戸はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)が控えている状況。現時点で日程は発表されているものの、この先また変更になる可能性がないわけではない。 一方で、ACLの外国人枠は3名+アジア枠1名となっており、現在の神戸のメンバーを考えると、フェルマーレンの他、MFアンドレス・イニエスタ、MFセルジ・サンペール、DFダンクレーが在籍。このうち1名は起用できないことになる。フェルマーレンが外れると考えればベルギー代表派遣も可能だが、神戸としては悩ましいところだろう。 2020.09.30 23:15 Wed
twitterfacebook
thumb

イニエスタがスーペルゴラッソ! 名古屋撃破の神戸が2戦連続無失点で今季初の3連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第29節のヴィッセル神戸vs名古屋グランパスが30日にノエビアスタジアム神戸で行われ、ホームの神戸が1-0で勝利した。 前節、三浦淳寛新監督の初陣となった北海道コンサドーレ札幌戦を4-0で快勝し、今季初の連勝を飾った10位の神戸。3連勝を目指す中3日での連戦では先発3人を変更。藤谷、トーマス・フェルマーレン、安井に代わって、セルジ・サンペール、ダンクレー、西と後方のメンバーを入れ替えた。 一方、4位の名古屋は直近の清水エスパルス戦を3-1の快勝。約1カ月ぶりの連勝を目指したこのアウェイゲームでは先発の入れ替えを2人に留め、成瀬、山崎に代えて金崎と今季初出場の宮原を起用した。 試合は戦前の予想通り、ホームの神戸がボールの主導権を握り、アウェイの名古屋が堅固な守備ブロックを構えて応戦する展開となる。 神戸はアンドレス・イニエスタを起点にボールを動かしながらスペース、ギャップを探していくが、なかなか相手守備の穴を見つけられず、ブロックの前でパスを回す状況が続く。それでも、13分にはイニエスタからの浮き球パスに反応したドウグラスがボックス左でダイレクトシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。 一方、名古屋は粘り強い守備で均衡を保つも、狙いとするマテウスや前田のスピードを生かした速い攻めに転じることはできず、前線の金崎らになかなか良い形でボールが入らない。 前半半ばの飲水タイムを経ても試合展開に大きな変化はなし。パスのテンポを上げつつ、崩しの局面でアイデアを出したいホームチームは、35分にボックス付近での細かい繋ぎから中央のイニエスタがシュート。さらに、味方に当たったこぼれ球を郷家がシュートするが、これは力なくGKランゲラックにキャッチされた。 互いに決定機が少ないゴールレスの前半を経て試合は後半に突入。神戸はコンディションの問題か大崎がベンチに下がり、後半から菊池が投入される。対して名古屋は後半立ち上がりの54分に前田を下げて相馬を投入した。 すると、55分には名古屋の波状攻撃からボックス右で一瞬フリーとなった阿部が左足を振り抜くが、ここはDF酒井の身体を張ったブロックに遭う。直後の56分には神戸もボックス右まで持ち上がった山口の強烈なミドルシュートで応戦する。 徐々に動きが出始めた展開の中、神戸の千両役者がスーペルゴラッソを決める。60分、左サイドから切り込んだ古橋の斜めのパスをドウグラスがワンタッチで叩くと、これを受けたイニエスタが郷家とワンツー。やや足元にボールが入ったものの、うまく歩幅を合わせて放ったペナルティアーク付近からの右足のグラウンダーのミドルシュートがゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 イニエスタのゴールで先手を奪った神戸はその後も主導権を握って優勢に試合を運んでいく。この苦境を受けて、名古屋ベンチは69分に金崎、米本に代えて山崎、ガブリエル・シャビエルを同時投入し、リスクを冒した攻撃的な布陣に変更する。 この交代で全体を押し上げる名古屋は相手陣内でのプレーが増えていく一方、神戸のカウンターに晒される場面も増えていく。だが、ドウグラスや古橋のシュートチャンスはGKランゲラックを中心に粘りの対応で凌ぐ。 その後、試合終盤にかけて名古屋の攻撃を集中した守備できっちり撥ね返し続けた神戸が、2試合連続のクリーンシートで1-0の勝利。三浦新体制での連勝を継続すると共に今季初の3連勝となった。一方、攻撃面で課題が出た名古屋はまたしても連勝を逃がし、勝ちと負けが交互に並ぶスパイラルを抜け出すことはできなかった。 ヴィッセル神戸 1-0 名古屋グランパス 【神戸】 アンドレス・イニエスタ(後15) 2020.09.30 21:07 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:神戸vs名古屋】初連勝の神戸が白星を積み上げるか、名古屋はアウェイ連敗ストップなるか

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年9月30日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(10位/26pt) vs 名古屋グランパス(4位/33pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆ホーム3連勝で上位浮上へのキッカケを掴めるか【ヴィッセル神戸】 前節は三浦淳寛新監督の初陣となったが、ホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて4-0と快勝。新体制で好スタートを切ったことは大きなプラス材料だ。 この結果、今シーズン初の連勝となり、ホーム3連戦の最後は名古屋が相手。3節前の19日に対戦したばかりの相手だが、すぐさまリベンジのチャンスが来た。 アンドレス・イニエスタが復帰したことでチームの攻撃に勢いがついている中、素晴らしい連動を見せているのがFW古橋亨梧。2試合連続2ゴールの活躍で、10得点に到達。勢いそのままに昨季超えを達成したい。 チームとしては、やり方に大きな変更はないものの、この連勝で自信は掴んだはず。自分たちが向かうべき方向を信じられれば、個々の能力が高いだけに結果もついてくるだろう。ホーム3連勝で上位浮上へのキッカケを掴みたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆前回はPK2発で逆転勝ち、アウェイ連敗ストップなるか【名古屋グランパス】 前節はホームに清水エスパルスを迎え、3-1で快勝。今季初の連敗を避けることに成功した。 3節前に対戦した神戸との試合となるが、今節はしっかりと主導権を握って試合を進めていきたいところ。前回対戦は先制を許す展開となっており、PK2つでの逆転と運も味方した。 現在はアウェイで連敗中。今節と次節の浦和レッズ戦はアウェイでの連戦となるため、早いところアウェイで勝利を挙げたい所。神戸は前回対戦とは異なり調子が上向きなだけに、警戒して臨みたい。 ポイントはバランスを取った守備だろう。勢いに乗せると手がつけられなくなる神戸攻撃陣をしっかりとシャットアウトできるか。持ち前の守備の固さをここでも見せたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:オ・ジェソク、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.09.30 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

三浦新監督初陣の神戸が4発大勝で最高の船出! 札幌は3連敗に…《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節のヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌が26日にノエビアスタジアム神戸で行われ、4-0でホームの神戸が勝利した。 前節のサガン鳥栖戦を4-3で勝利し、8試合ぶりの勝ち点3を手にした11位の神戸。注目が集まる三浦監督初陣に前節からメンバーを出場停止の西、セルジ・サンペールに代えて藤谷、安井を起用して今季初の連勝を狙った。 対する13位の札幌は、前節の柏レイソル戦で0-1の敗戦を喫して2連敗中。今節はジェイに代えて小柏を起用する。さらに、来季加入内定のGK中野を守護神に初抜擢し、連敗ストップに臨んだ。 ファーストシュートは札幌。1分に流れるコンビネーションから小柏のパスをボックス左で受けた菅が強烈なシュート。しかし、GK前川に阻まれた。これを機に札幌がリズムを掴んで攻め入る。 三浦体制でも[4-3-3]を採用した神戸は、押し込まれる展開の中で19分に先制する。アンドレス・イニエスタとのワンツーでボックス左に抜け出した酒井がマイナス方向へパス。これを古橋が冷静にGKの逆方向を突いてネットを揺らした。 劣勢からリードを奪った神戸は34分にもチャンス。古橋の突破からのクロスにドウグラスが飛び込む。シュートはGKの股下を捉えるも、中野も上手く足を閉じてゴールを割れなかった。それでも45分、イニエスタのスルーパスで古橋が抜け出し、ゴール前での切り返しがディフェンスに当たってこぼれ球に。これを郷家がゴール右隅に蹴り込み、2点差として試合を折り返した。 早い時間で得点が欲しい札幌は59分、左CKのクロスにキム・ミンテ。高い打点でのヘディングシュートは惜しくもクロスバーに弾かれた。 ダメ押し点を窺う神戸は62分にアンドレス・イニエスタの左足からカウンターを発動。無人の左サイドを古橋が独走し、GK中野との一対一を制して2試合連続2ゴールを記録した。 チャンスを活かし切れない札幌は69分に3枚替え。ドウグラス・オリヴェイラ、宮澤、白井を投入して攻撃を活性化する。 集中力を切らさない神戸は90分に途中出場の小田がJ1リーグ初ゴールを決めて勝負あり。4-0で勝利した神戸が今季初の連勝を収め、三浦体制最高の船出を切った。一方、札幌は3連敗となった。 ヴィッセル神戸 4-0 北海道コンサドーレ札幌 【神戸】 古橋亨梧(前19) 郷家友太(前45) 古橋亨梧(後17) 小田裕太郎(後45) 2020.09.26 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:神戸vs札幌】三浦新体制の初陣で今季初連勝を目指す神戸、札幌はフィニッシュワークが課題

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月26日(土) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(11位/23pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/17pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆三浦新体制の初陣を飾れるか【ヴィッセル神戸】 21日付でトルステン・フィンク監督が退任。マルコス・ビベス ヘッドコーチが暫定指揮を執った前節は、サガン鳥栖とのホームゲームとなったが4-3で打ち合いを制した。 7戦未勝利、連敗中で迎えた試合だったが9分に山口蛍のゴールで幸先良く先制。しかし、その後は点の取り合いとなった。それでも、8試合ぶりの勝利は新たなスタートを切るチームには大きな1勝だった。 24日には三浦淳寛スポーツダイレクターが新監督に就任することが発表。今節から新体制で再びスタートを切ることとなる。 どのような戦い方を見せるかは不透明だが、いきなり大きく舵を切ることはなさそうだ。選手個々のパフォーマンスも悪くないものの、やはり過密日程がネック。アンカーとして攻守を支えたセルジ・サンペールと右サイドを担った西大伍の出場停止は新指揮官にとって悩みの種。出場した選手が、しっかりとパフォーマンスを出し、今季初の連勝を目指す。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:藤谷壮、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:安井拓也、山口蛍、アンドレス・イニエスタ FW:小川慶治朗、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆再び連敗、得点力不足を解消することができるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はホームに柏レイソルを迎え、0-1で敗戦。再び連敗を喫してしまった。 9戦未勝利で迎えた第16節のサガン鳥栖戦では0-2で快勝を収めたものの、ガンバ大阪、そして柏と連敗。いずれもホームで0-1と敗れ、苦しい状況から抜け出せたとは言えない状態だ。 未勝利が続いた期間もそうだったが、やはり課題は攻撃面。得点力不足が苦しい状況を生み出していることは明白だ。チャンスの数こそあるものの、それを決め切れる力がないところが悩みのタネだろう。 過密日程、長距離移動と他クラブよりコンディション面が整いにくいこともあるだけに、精度を上げることは簡単なことではないはず。それでも良い状態に入れば勢いもつくだけに、早いところ負の連鎖から脱却したいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:進藤亮佑、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、田中駿汰、荒野拓馬、菅大輝 MF:小柏剛、駒井善成 FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2020.09.26 12:30 Sat
twitterfacebook