先発10人変更の神戸が9年ぶりに埼スタ白星!浦和は決定機逸が響く《J1》

2020.08.23 21:03 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
23日、明治安田生命J1リーグ第12節の浦和レッズvsヴィッセル神戸が埼玉スタジアム2002で行われ、1-2で神戸が勝利を収めた。前節はアウェイでガンバ大阪と対戦し、1-3で勝利。前節からは2名を変更し、宇賀神友弥、エヴェルトンに代えて、山中亮輔、柴戸海が起用された。

対する神戸は前節はホームで柏レイソルと対戦し、終了間際のゴールで2-3と敗戦。この試合でアンドレス・イニエスタやトーマス・フェルマーレンが負傷交代すると、浦和戦ではGK飯倉大樹を含むスタメン10名を変更。セルジ・サンペールのみが続けての先発起用となった。

浦和は左サイドに大きく展開。ボックス左から初瀬がクロス。ニアで藤本が潰れると、ファーサイドに飛び込んだ小川が押し込み神戸が先制する。

西川のフィードから関根に渡ると、関根がドリブルを仕掛け、最後はそのままシュート。

槙野の縦パスを武藤がヒールで流しレオナルドへ。そのレオナルドが持ち込みそのままシュート。しかし、GK前川が右足でセーブする。

浦和は33分、ボックス右でFKを得た浦和はゴール前にクロス。これをDFがクリアすると、こぼれ球をトーマス・デンがバウンドに合わせてシュート。ミートした強烈なシュートが右ポストを叩いてネットを揺らし、浦和が同点に追いつく。

神戸は51分にビッグチャンス。初瀬のパスを受けた古橋がボックス手前からシュート。これがDFに当たってコースが変わると、シュートはゴールへ。GK西川が全く反応できない中、シュートは右ポストに嫌われた。

さらに53分には藤本の前線のパスに古橋がフリーで反応。これにボックスを飛び出したGK西川が反応するが、クリアできず古橋と衝突。西川にイエローカードが提示される。

これで得たFKから初瀬が直接ゴールを狙うが、左ポストギリギリのシュートをGK西川セーブし、得点を許さない。

停滞した展開となる中、両チームは57分にそれぞれ3枚替えを敢行。浦和は武藤、青木、長澤に代えて興梠、エヴェルトン、汰木を起用、神戸は藤本、セルジ・サンペール、佐々木に代えて、ドウグラス、大﨑、山口を起用した。

すると63分に浦和がビッグチャンス。バックパスを受けたGK前川のパスをボックス内でレオナルドがカット。無人のゴールを前にしたものの、途中投入の大﨑が素早く対応しシュートを打たせず。最後はマイナスのボールをエヴェルトンがシュートするが、枠を外れる。

67分にはレオナルドのパスを走り込んだ興梠がボックス内で滑り込みながらシュート。しかし、これは枠の右に外れる。

飲水タイムを挟んだ直後に浦和がビッグチャンス。GK西川からのフィードが抜けると、興梠が独走。GKと一対一となるが前川がセーブ。こぼれ球を汰木が無人のゴールへシュートも、戻った菊池がクリアする。

すると82分、神戸は左CKのチャンス。安井がクロスを入れると、相手のクリアボールをボックス手前で山口がダイレクトミドル。これがブロックに入ったトーマス・デンに当たってコースが変わり、神戸が勝ち越しに成功する。

85分にも神戸が決定機。左サイドを崩すと、マイナスのボールを小田がボックス内からコースを狙ってシュート。しかし、これはクロスバーに嫌われる。

追いつきたい浦和は90分、中央をパスをつないで崩すと、最後はエヴェルトンがボックス手前からシュート。巻いたボールがゴールに飛ぶが、わずかに右に外れる。

その後も浦和が攻め立てる展開が続くが、神戸が身体を張って死守。そのまま試合が終了し、神戸が4試合ぶり、そして9年ぶりに埼玉スタジアムで勝利。5試合連続ゴール中の浦和FWレオナルドも無得点に終わった。

浦和レッズ 1-2 ヴィッセル神戸
【浦和】
トーマス・デン(前33)
【神戸】
小川慶治朗(前15)
山口蛍(後37)
コメント
関連ニュース
thumb

上位争いの名古屋が8連勝中のホームで足踏み 大分に攻め手を欠き0-0ドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節の1試合が28日にパロマ瑞穂スタジアムで催され、名古屋グランパスvs大分トリニータは0-0のドローに終わった。 前節から中6日の名古屋は今節を含めて残り4試合の現時点で2位ガンバ大阪を3ポイントで追う3位。翌日に今節のG大阪にプレッシャーをかけるためにも勝利が求められる大分戦に向け、故障者続出の最前線に阿部とガブリエル・シャビエルを起用するなど、3試合連続で同じメンバーをぶつけた。一方、中2日の大分は11位。2試合ぶりの勝利を目指して前節の先発から5選手を入れ替え、高山、星、高澤、田中、伊佐を送り出した。 試合は2位争いの真っ只中にいる名古屋が8連勝中のホーム戦ということもあり、より高い順位でのフィニッシュを目指す大分を相手にボールの主導権を掴み、攻め手を見いだしにかかる。ただ、自陣にブロックを固める大分も最後のところで突破を許さず、そこからカウンターに出て反攻。名古屋が押し気味に進める試合だが、そのわりにシュートで終わる攻撃が少なく、大分の守りが際立つ展開が続く。 前半の半ば以降も大分のメリハリが効いた戦いに手を焼き、攻め切れぬまま試合を折り返した名古屋はその後半も立ち上がりから押し込む形を作り出すと、50分に自陣高めの位置でボールを奪ってカウンター。ガブリエル・シャビエルからパスを受け。左サイドを縦に突破したマテウスがボックス左から左足クロスでゴール前に猛進した阿部に合わせにかかるが、相手DFにカットされ、フィニッシュに至らない。 すると、守りの時間が続く大分も60分にカウンターからビッグチャンス。敵陣右サイドのスペースでフィードに追いついた田中が素早いルックアップから右足でゴール前にクロスを送ると、ファーサイドの高澤が頭で折り返す。これに反応した星が3人目の動き出しでヘディングシュートに持ち込むが、惜しくもゴール左外。ここまでを通じて最もゴールの可能性を感じた場面だったが、こう着状態を破れない。 肝を冷やした名古屋は64分に最初の交代枠でガブリエル・シャビエルを下げて相馬を投入して攻撃の活性化を図ろうとするが、同じタイミングで星と伊佐を下げて野村と知念をピッチを送り出した大分が盛り返す展開に。73分に2枚目のカードで阿部と成瀬の交代に動いた名古屋だが、大分は知念や高澤が立て続けにフィニッシュに持ち込んでいき、終盤に差し掛かるなかで攻撃のペースを掴み始める。 その大分が85分に古巣戦の小林と松本を送り込み、テコ入れを図ったなか、最終盤に再び攻めの回数を増やした名古屋だが、頼みの綱のマテウスに良い形でボールが入らない。すると、後半アディショナルタイム3分にバイタルエリア右の岩田が上げた右クロスから三竿が決定的なヘディングシュートを放つが、ランゲラックがファインセーブ。攻勢ムードの大分攻撃陣に名古屋守護神が立ちはだかる。 結局、その後の名古屋のジョアン・シミッチを投入しての攻撃もゴールに繋がらず、ゴールレスドローで終了。クラブ記録となる14回目の無失点を達成した名古屋だが、勝てば得失点差の関係でG大阪を抜いて暫定2位に浮上できるチャンスを逃した。 名古屋グランパス 0-0 大分トリニータ 2020.11.28 16:05 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌に2点差追いついた広島、8試合負けなしもまたも逆転できず《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節、サンフレッチェ広島vs北海道コンサドーレ札幌がエディオンスタジアム広島で行われ、2-2の引き分けに終わった。 7試合無敗で徐々に順位を上げてきた広島。前節はスタメンを全員入れ替えて湘南ベルマーレ戦に臨んだ中、1-1のドローに終わり、またもや連勝を収めることができなかった。中2日の今節は予想通り11人総入れ替えで、主力組がスタメンに名を連ねた。 一方の札幌は、前節は清水エスパルスに5-1の大勝を収めたものの、荒野が左腓骨骨折および左足首靱帯損傷で手術を受ける事態に。また、今季は度重なるケガに見舞われたチャナティップがタイに帰国するなど、トピックの多い1週間に。前節からのスタメン変更は2人。負傷の荒野とJ1リーグ戦通算2万3000ゴール目を記録したジェイに代わり、アンデルソン・ロペスとドウグラス・オリヴェイラが起用された。 静かな立ち上がりとなった中、アウェイの札幌はチームファーストシュートでゴールに迫る。8分、ボックス手前でボールを持ったA・ロペスが左に展開。ボックスへ侵入したルーカス・フェルナンデスが迷わず右足を振り抜いたが、シュートは右に外れた。 その後も札幌は15分にD・オリヴェイラ、20分にはA・ロペスがシュートを放つが、いずれも枠を捉えることができず。広島も23分に浅野が得たFKを森島が直接狙ったが、壁に当たって枠の外に。だが、その森島は33分、札幌守備陣の隙を突いてミドルシュート。枠を捉えていたが、GK菅野に横っ飛びで弾かれた。 試合が動いたのは42分。札幌が相手を押し込む中で、高嶺がボックス手前で倒されてFKを獲得。ゴール正面という絶好の位置で、前節もFKを決めた福森が程よく力の抜けたシュートを放つと、クロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。 2試合連続で先制を許した広島は、前半アディショナルタイムのCKの流れで、左サイドから浅野が上げたクロスに野上が飛び込むも、ヘディングシュートはサイドネットを叩き同点ならず。 先制した試合では6割の勝利を誇る今季の札幌。そんな後半立ち上がりの53分、A・ロペスのシュートで左CKを獲得すると、福森の高精度のクロスを宮澤が頭で合わせて追加点。前節の勢いそのままに複数得点を挙げる。 しかし広島はその直後、東のスルーパスでボックス左に抜け出した浅野がゴール前に折り返すと、走り込んだL・ペレイラがダイレクトで流し込んですぐに1点差に戻す。これでL・ペレイラはこれで今季15点目。また、先発出場した試合では6試合連続ゴールとなった。 ここで柏を下げてD・ヴィエイラを投入した広島は58分、敵陣右サイドでボールを奪って川辺が前進。中央からボックス左へスルーパスを送ると、左から斜めに入ったD・ヴィエイラがダイレクトで蹴り込んで同点に追いついた。 その後も広島にチャンスを作られるなど旗色が悪くなってきた札幌は、66分に深井と菅、76分に前節清水戦で初出場したウーゴ・ヴィエイラを投入。83分に、同じく途中出場の白井のクロスをウーゴ・ヴィエイラが合わせるシーンがあったが、ここはGK林に対処されシュートで終われず。 85分に広島はカウンターから浅野にビッグチャンスが訪れるも、今季はなかなか逆転勝利ができないジンクスからか3点目が遠い。 5分あった後半アディショナルタイムには、最後のプレーで札幌にFKのチャンスが訪れるが、福森のシュートは上に外れて試合終了。2-2の引き分けに終わった。 広島 2-2 札幌 【広島】 レアンドロ・ペレイラ(後9) ドウグラス・ヴィエイラ(後13) 【札幌】 福森晃斗(前42) 宮澤裕樹(後8) 2020.11.28 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南FWタリクがケガの治療で帰国…加入初年度の今季20試合出場で1ゴール

湘南ベルマーレは28日、元ノルウェー代表FWタリクの帰国を報告した。理由はケガの治療。29日に母国ノルウェーに帰国するという。 代表通算60キャップを誇るタリクはスウェーデンのAIKソルナから今季加入。明治安田生命J1リーグ20試合の出場で1得点だった。 ひと足先にシーズンを終えたタリクはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「まずはじめに、本当にたくさんの応援をありがとうございました。今シーズンは自分にとって非常に難しいシーズンになりました。しかしとても勉強になり、また自分にとって非常にいい経験になりました」 「今シーズン得たたくさんのことを来年に活かしたいと思っています。もっともっと強くなって戻ってきたいと思っています。まだシーズンは続きますが、引き続きチームへの応援をよろしくお願いします」 「僕たちの大きな目標に向かってみんなで手と手をとりあってprogressionしていきましょう。もう一度言わせてください。本当に今シーズンはありがとうございました。また会いましょう」 湘南は今季5試合を残す現段階で6勝6分け17敗の16位。29日に行われる次節、勝ち点1差の17位に位置する清水エスパルスのホームに乗り込む。 2020.11.28 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎優勝しちゃったけど実はその下の争いが激烈で面白くない?! の巻/倉井史也のJリーグ

何はともあれ、川崎が優勝して一段落した今年のJ1リーグなんですけど、こっから先は優勝よりも熾烈な上位争いがあるわけですよ。2位までに入れば天皇杯に出られるし、3今出だったら来年のACL出られるし(汗)。 ということで、今回は過去、2位と3位のチームがどれだけ勝点を稼いでいたかを検証しちゃいます。いつものとおりJ1リーグが18チーム、1シーズン制だったときのお話し。ただ、今年って川崎がぶっちぎっててみんなから勝点奪ってるけど結構上下の格差があるから、1位以外はちょっと高めなんだけどね〜〜。 ・2005年 2位浦和(勝点59)/3位鹿島(勝点59) ・2006年 2位川崎(勝点67)/3位G大阪(勝点66) ・2007年 2位浦和(勝点70)/3位G大阪(勝点67) ・2008年 2位川崎(勝点60)/3位名古屋(勝点59) ・2009年 2位川崎(勝点64)/3位G大阪(勝点60) ・2010年 2位G大阪(勝点62)/3位C大阪(勝点61) ・2011年 2位名古屋(勝点71)/3位G大阪(勝点70) ・2012年 2位仙台(勝点57)/3位浦和(勝点55) ・2013年 2位横浜FM(勝点62)/3位川崎(勝点60) ・2014年 2位浦和(勝点62)/3位鹿島(勝点60) ・2017年 2位鹿島(勝点72)/3位C大阪(勝点63) ・2018年 2位広島(勝点57)/3位鹿島(勝点56) ・2019年 2位FC東京(勝点64)/3位鹿島(勝点63) で、現状は、 2位がG大阪で勝点58残りが4試合、3位は名古屋で勝点55残りが4試合、4位はC大阪で勝点52残り5試合、5位鹿島勝点52残り3試合、6位FC東京勝点51残り2試合。 それにしても過去、勝点70奪っても3位だったときがあったりして、こうやって振り返ると毎年激戦繰り広げてますね……。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.11.28 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

川崎F時代の2014年以来のACLに臨む横浜FM・實藤友紀「自分たちのサッカーに集中」

27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の上海上港(中国)戦を前に、横浜F・マリノスのDF實藤友紀が記者会見に出席した。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響によって今年3月以降、長期にわたって中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 Jリーグ王者として大会に参加している横浜FMは、25日に再開初戦で上海上港と対戦。ゴールレスのまま終わるかと思われた90分に天野純が決勝ゴールを決め、0-1で勝利し再開初戦を白星で飾った。 上海上港戦に向けて25日の試合では出番がなかった實藤は「2日前に対戦して、お互いに手の内を知っているチーム同士です」と戦い方を互いに理解しているとコメント。それでも「自分たちのサッカーをやることによって、必ず結果はついてくると思います。とにかく自分たちのサッカーに集中してやりたいと思います」と語り、まずは自分たちにフォーカスすると語った。 今シーズン開幕後にアビスパ福岡から加入した實藤だが、川崎フロンターレに所属していた2014年にはACLを経験。1試合に出場していた。 今大会は自身2度目のACLとなるが「僕自身2回目のACLですけど、海外でこういう大会に参加して試合に出られるのは幸せです」とコメント。「マリノスというチームで必ずチャンピオンになりたいと思っているので、そういう部分でも1試合1試合戦っていくことが楽しみです」と語り、チームの勝利のために尽くすと語った。 25日の試合では無失点で終えた横浜FMだが、明日の試合に向けては「全員でしっかりとコミュニケーションをとって、試合に挑むことが大事」とコメント。大事なことは「この大会もそうですが、チーム全員でしっかりと準備して戦うこと」とし、「相手の攻撃能力はすごく高いですが、そこで負けないようにするためには自分たちで声を掛け合って、1人だけじゃなく、サポートしたり、色々なコミュニケーションをとってやっていきたいと思います」とチーム全体でしっかりと守備を構築したいと語った。 2020.11.27 22:05 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly