最たる愚行!ルカクの従兄弟、セルティックDFボリンゴリ=ムボンボが海外渡航を隠しリーグ戦出場

2020.08.13 16:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックがDFボリ・ボリンゴリ=ムボンボの愚行を謝罪した。クラブ公式サイトが伝えた。クラブの発表によると、ボリンゴリ=ムボンボはスペインに旅行をしていたとのこと。しかし、これがクラブの許可を得なかった上、検疫の制限を守っておらず、さらに公式戦に出場したことで大きな問題となった。

スコティッシュ・プレミアシップは一足先に2020-21シーズンが開幕。ボリンゴリ=ムボンボは、9日に行われた第2節のキルマーノック戦の終盤に途中出場していた。

しかし、スペイン旅行に出掛けて戻ってきたことをクラブに伝えず、さらに国外への渡航が伴ったにも関わらず、隔離期間を設けずに試合に出場していたから問題だ。

セルティックは、ボリンゴリ=ムボンボについて「無責任な行動を想像するのは難しく、説明しきれません。クラブは懲戒手続きを通じて、直ちに行動を起こします」と声明を発表。ボリンゴリ=ムボンボの行動を無条件に非難した。

また、今回の一件を受けてスコティッシュ・プレミアシップの全てのクラブと関連当局に連絡を取り、大きな混乱をもたらせてしまったことを謝罪したという。

イギリス『BBC』によれば、スコットランド警察はボリンゴリ=ムボンボに対し、検疫規制違反により罰則が与えられるとのことだ。

なお、セルティックはこの事実を受け、全ての選手とスタッフに対し新型コロナウイルスの検査を2度実施。ボリンゴリ=ムボンボを含めて、全員陰性となったとしている。

セルティックはボリンゴリ=ムボンボを糾弾し「1人の個人お行動がその評判を危うくし、サッカーへの信用を一般的に損なったことは、我々にとって最も深い後悔の問題です」としている。

ボリンゴリ=ムボンボはクラブ・ブルージュの下部組織出身で、シント=トロイデンやラピド・ウィーンを経て、2019年7月にセルティックへ加入。2019-20シーズンはスコティッシュ・プレミアシップで14試合に出場し2アシストを記録。ヨーロッパリーグでも4試合に出場し1アシストを記録していた。

また、インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクの従兄弟としても知られている。
コメント
関連ニュース
thumb

還暦を迎えたマラドーナ、欲しいものリストは?「パンデミックの撲滅、そして…」

アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が、10月30日に60歳の誕生日を迎えた。 現役時代、神業とも言える左足のテクニック、創造力溢れるプレー、誰にも止める事の出来ない突破力で観客を魅了したマラドーナ氏。引退後も何かと話題を提供してきたマラドーナ氏だが、還暦を迎えることとなった。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJreTVDM3hJVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ボディーガードが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染し、濃厚接触者となったことから隔離措置をとっているマラドーナ氏。残念なバースデーとなってしまったが、この難しい状況で迎えた誕生日に欲しいものを『コリエレ・デッロ・スポルト』に語った。 「何もない。この殺人的なパンデミックをなくしてほしい」 「全ての人を平和にしてほしい。特に国、国民、そして子供たちが自分自身を守ることさえできないほど貧しい国からはなくなってもらいたい」 「アルゼンチンでは、世界の他の多くの地域と同様に、飢餓と仕事を失わせ、人々の尊厳を貪り食うウイルスを打ち負かすことができると願っている」 世界中で蔓延しているコロナウイルスの撲滅を誕生日プレゼントに欲しいと語ったマラドーナ氏。そのほかにも欲しいものがあるようで、自身が指揮を執るヒムナシア・ラ・プラタの優勝に加え、古巣であるナポリのスクデッド獲得を望んだ。 「私は今は本当にサッカーについて話すことができない。ヒムナシアが次にピッチに戻るときは、90年以上の時を経てタイトルを獲得できるだろう」 「そして、2度あることは3度あるというのが本当であれば、ナポリのスクデットがもう1度欲しい。私は彼らを追っているし、好きだ」 そのマラドーナ氏は、ナポリで指揮を執るジェンナーロ・ガットゥーゾ監督へもメッセージ。ナポリを誇りに思ってもらいたいと語った。 「親愛なるガットゥーゾ。あなたの根性とその手腕で仕事を続けてもらいたい」 「私は応援している。何かを伝えたい。バルセロナ、レアル・マドリー、ユベントスでプレーしたことを自慢する人がいる。ただ、私はナポリの一員であることを誇りに思う。いつか、あなたもそう言えることを願っている」 2020.10.30 21:32 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGのいい大人たちがプールで携帯投げに興じる? ヴェッラッティもタジタジ…

パリ・サンジェルマン(PSG)のいい大人たちは無邪気な子供の心を失っていないようだ。 PSGは28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループH第2節でイスタンブール・バシャクシェヒルを2-0のスコアで下し、待望の今季CL初勝利を手にした。 その後、パリに戻ってきた選手たちは試合翌日にリカバリーセッションに参加し、トレーニング後にはトレーニング施設内のプールでリラックスしていた。 その際、フランス代表DFレイヴァン・クルザワは、チームメイトの和気あいあいとした様子を自身の公式『インスタグラム』に投稿した。 この短い動画ではプール内にいるフランス代表FWキリアン・ムバッペ、アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス、ブラジル代表DFマルキーニョスの3選手らが笑い交じりの大声をあげながら、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティの携帯電話を投げ合うという、いかにも子供じみたイタズラをする様子が映されていた。 もちろん、携帯電話には防水加工が備わっているものの、プールの底に水没した場合、故障の不安も拭えなかったため、初めは「まったくいい大人がぁ~」というような表情を浮かべていたヴェッラッティだが、途中からは「マジで、いいかげん返せよ」とやや焦った様子で仲間に呼びかけるも、携帯電話は一向に持ち主に返却されることはなかった。 その後、ようやく返してもらったヴェッラッティは、ずぶぬれになった自身の携帯電話の画像を自身の『インスタグラム』で公開した。 いい大人とは思えない、あまりに子供じみたやり取りだったが、今季CL初勝利を手にした昨季ファイナリストのチーム内の雰囲気は良好だ。 <div id="cws_ad">◆ヴェッラッティもタジタジ…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Humour de millionnaires <a href="https://t.co/HE0YuQxxNd">pic.twitter.com/HE0YuQxxNd</a></p>&mdash; Butters (@FCButters) <a href="https://twitter.com/FCButters/status/1321792840184352771?ref_src=twsrc%5Etfw">October 29, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.30 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

癖が強い! ミッティラン交代選手のユニの着方が話題に

27日にリバプールと対戦したミッティランの交代選手のユニフォームの着方が話題を集めている。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 ミッティランはチャンピオンズリーグ(CL)のグループD第2節でプレミアリーグ王者のリバプールと対戦し、0-2で敗戦した。 一部主力を温存したホームチームに対して、攻守にハードワークを見せて前半をゴールレスで終える奮闘を見せたミッティラン。そのチーム全体のパフォーマンスにも注目が集まったが、同時に話題を集めたのはアイスランド代表MFミカエル・アンデルソン(22)だった。 0-1のビハインドの66分にオーストラリア代表MFアワー・メイビルとの交代でピッチに立ったアンデルソンだが、注目を集めたのはピッチ上でのプレーではなく、交代を準備していた段階の不思議な行動だった。 コーチングスタッフから投入を告げられたアンデルソンは、頭からユニフォームを被ると、先に腕を通すことなくユニフォームを下に引っ張りながらクネクネした動きで頭を出すと、その後両腕を服の中に入れて再びクネクネした動きで外に出して着替えを完了させた。 この癖の強いユニフォーム着用に関して、リバプールファンを中心とするイングランドのフットボールファンは、「まるでT-REX(ティラノサウルス)」、「子供みたい」など、驚きの反応を見せていた。 <div id="cws_ad">◆癖が強い…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Mikael Anderson of Midtjylland has the strangest technique for putting a football shirt on... <a href="https://t.co/oc4OBV7dfr">pic.twitter.com/oc4OBV7dfr</a></p>&mdash; Football on BT Sport (@btsportfootball) <a href="https://twitter.com/btsportfootball/status/1321220361615192067?ref_src=twsrc%5Etfw">October 27, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.28 23:36 Wed
twitterfacebook
thumb

還暦目前のマラドーナが隔離措置…新型コロナ感染のボディーガードと濃厚接触

アルゼンチンのレジェンドであるヒムナシア・ラ・プラタのディエゴ・マラドーナ監督が、自己隔離措置をとっているようだ。アルゼンチン『テラム』が報じた。 報道によると、マラドーナ氏は新型コロナウイルス(COVID-19)に感染はしていないものの、ボディーガードの1人が感染し症状を発症したとのこと。そのため、濃厚接触者として隔離措置を取ることになったようだ。 『テラム』によると、マラドーナ氏は週末当該のボディーガードと接触。27日から自己隔離を始めたようだ。 またマラドーナの状態については、「現在マラドーナは症状を示していない。彼の状態はしっかりと監視されており、木曜日にPCR検査を行う」とされている。 今週金曜日の10月30日に60歳の誕生日を迎えるマラドーナ氏。今回は隔離した状態で誕生日を迎えることになりそうだ。 なお、マラドーナ氏は10月3日にサン・ロレンソとの試合でのちに新型コロナウイルスに感染していた選手とハグしており、すでに隔離措置をとっていた。 2020.10.28 20:40 Wed
twitterfacebook
thumb

酒気帯び運転発覚で新潟と契約解除のFWファビオは略式起訴、FWペドロ・マンジーは起訴猶予処分

アルビレックス新潟は28日、19日に契約解除となったFWファビオ(23/写真)、FWペドロ・マンジー(32)への刑事処分を発表した。 事件は9月17日(木)の午前1時から2時の間。新潟県新潟市内にて、ファビオが酒気帯び運転の取り締まりを受けたとのこと。その後任意捜査が行われ、15日に捜査が終了。19日にファビオ、ペドロ・マンジーともに書類送検され、契約解除となった。 また、ファビオに関しては、酒気帯び運転発生後の明治安田生命J2リーグ第21節から第26節まで6試合に出場しており、問題となっていた。 ファビオは、新潟区検察庁の取り調べを経て、道路交通法違反(酒気帯び運転)の罪で略式起訴。罰金刑を科され、罰金は即日納付したとのこと。 ペドロ・マンジーは、道路交通法違反(酒気帯び運転の幇助)の疑いで新潟区検察庁の取り調べを受けたものの、起訴猶予処分に。罰金等の刑罰は科されなかったとのことだ。 2020.10.28 18:40 Wed
twitterfacebook