3部降格のデポルティボがフエンラブラダの降格を要求、度重なるプロトコル違反を主張

2020.08.13 11:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セグンダB(スペイン3部)への降格が決まっていた日本代表MF柴崎岳が所属するデポルティボ・ラ・コルーニャだが、最終節の相手であったフエンラブラダの3部降格を要請したようだ。デポルティボは、7月20日のセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の最終節で残留を懸けてフエンラブラダと対戦。自力での残留はなく、他会場の結果に委ねることとなっていた。

しかし、フエンラブラダの選手に新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が確認されたため、1試合のみ延期に。試合が行われない中、対象チームが勝利したため、最終節を戦うことなく3部への降格が決定していた。

3部降格となったデポルティボだが、この状況に憤慨。1試合のみ延期にした判断や、フエンラブラダの状況に対して不満を述べ、降格を回避する動きを見せていた。

そんな中、11日にスペインサッカー連盟(RFEF)に対し書面を送付。フエンラブラダがプロトコル違反を犯しているという新たな証拠を提出。フエンラブラダとラ・リーガが、最初の報告を遅らせ、通知していなかったと主張した。

プロトコル違反が重ねて見られたと主張するデポルティボは、フエンラブラダの降格を要求していた。

なお、8日に行われた試合では、後半アディショナルタイムの劇的ゴールで、デポルティボが2-1でフエンラブラダを下していた。これにより、フエンラブラダ昇格プレーオフ進出を逃している。
コメント
関連ニュース
thumb

フランス2部で噛み付き事件発生、GKが左頬を噛まれる

リーグ・ドゥ(フランス2部)で噛み付き事件が発生したようだ。 事件が起こったのは17日に行われた、リーグ・ドゥ第7節のヴァランシエンヌvsソショーの一戦。試合は0-0のゴールレスドローに終わっていた。 しかし、両軍合わせてイエローカードが8枚、互いにファウルを22回ずつ取られる荒れた試合となっていたが、試合後には乱闘にまで発展していたようだ。 そんな中、ヴァランシエンヌの守護神でありこの試合を無失点に抑える活躍を見せたGKジェローム・プライヤーが左の頬を負傷。噛み付かれたと訴えたとのことだ。 噛み付いたのは、ソショーのMFウセイヌ・ティウネとのこと。プライヤーの左頬から出血していることが確認されていた。 この件に関しては、LFPが21日にも調査を開始するとのこと。現時点では真偽が定かではない。 一方で、ティウネは侮辱的な発言を受けて挑発されたと主張。その仕返しに噛み付いたと言っているようだ。 ソショーのオマール・ダフ監督は「選手は最初に何かが起こらなければ発狂することはない」とコメント。「試合の終盤に侮辱的なことを言われたと聞いた。しかし、もっと自分をコントロールしなければいけない」と侮辱発言が発端だとしながら、噛み付いた行為については良くないと考えているようだ。 噛み付き事件といえば、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがリバプール時代にチェルシーのDFブラニスラフ・イバノビッチに噛み付き10試合の出場停止、ウルグアイ代表として出場した2014年のブラジル・ワールドカップではイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛み付き4カ月間の活動禁止処分が科されていた。 2020.10.19 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

月給3万円でサントス復帰のロビーニョ、強姦容疑の無実を晴らすため1週間で契約停止

サントスは16日、元ブラジル代表MFロビーニョ(36)の契約に関して、一時的に停止したことを発表した。 ロビーニョは、今夏イスタンブール・バシャクシェヒルとの契約が満了。10日にキャリア4度目となる古巣サントスへの入団が発表されていた。 <div id="cws_ad">◆4度目のサントス復帰を果たした笑顔のロビーニョ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHUEdpc05CbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今年いっぱいの5カ月契約、さらに月給は1500レアル(約3万円)と破格の契約を結んだことで大きな話題となっていた。 しかし、ロビーニョはイタリアにて強姦容疑がかけられ告発されている状況。裁判がまもなく始まるとのことだ。 事件はミランでプレーしていた2013年に遡るとのこと。2017年にはすでに有罪判決が下されていた。しかし、第一審は被害にあったという女性の証言のみが採用されて有罪になっていたとのこと。そのため、今回の上訴が行われていた。 サントスは「サントスとロビーニョは相互の合意により、10月10日にサインされた契約の有効性を一時停止し、選手がイタリアで行われる裁判で自分の防衛に専念できるようにすることを決めました」と声明を発表していた。 ロビーニョ本人も「僕の目的はサントスを助けることだった。それができないことは苛立つが、現時点では個人的な問題に集中するのが最善だ」とコメント。「僕はサントスのファンと僕を好きな人たちのために、自分の無実を証明します」と、改めて無実を主張した。 2020.10.17 23:05 Sat
twitterfacebook
thumb

悪魔に魂を売った元リバプールDFが仲間を故意にケガさせた過去を告白「彼は2週間松葉杖をついていた」

リバプールのアカデミーで育った元U-17イングランド代表DFトム・ブレウィット(23)だが、ファーストチームに昇格するためにチームメイトを故意にケガさせたことを告白した。イギリス『BBC』が伝えた。 ブレウィットはリバプール生まれで、アカデミーに所属。2015年7月にはU-18からU-23に昇格していたが、2017年7月にミドルズブラへ完全移籍。その後は、フィルドやモアカムといった下部リーグのチームでプレーし、現在は無所属となっている。 ユルゲン・クロップ監督が就任した2015-16シーズン、FAカップでエセクターと対戦することになったリバプールだが、センターバックの複数選手が負傷。そこで起用されるかどうかの瀬戸際にいたブレウィットは、ダニエル・クリアリー(ダンドーク)とポジションを争うこととなった。 ブレウィットはイギリス『Football Journeys Podcast』で、ポジションを争っていたチームメイトを故意にケガさせた過去を告白した。 「何が必要であっても、僕はそれをするつもりだった」 「誰かを傷つけたり、僕が持っていた関係を台無しにすることを意味したとしても、僕はそれをするつもりだった」 「僕はリバプールでプレーすることに必死だった。それが僕のしたかった全てなんだ」 ブレウィットは、クリアリーとのポジション争いで勝つために悪魔に心を売ってしまった。しかし、クロップ監督が計画したのは当時所属していたホセ・エンリケをセンターバックで起用することであり、ただ仲間をケガさせるだけに終わってしまったのだ。 「僕が決断をしたのは、(プレーできるのが)僕か彼だと思ったからで、トレーニングで彼を追いかけていた」 「クリスマスの前とクリスマスから新年の間、僕は彼の隣でプレーし、そして僕は彼を蹴った」 「僕は彼に酷い怪我を負わせようとは思っていなかったけど、彼が(ポジション争いの)邪魔にならないぐらいのケガをさせ、そして僕がプレーしようとした」 「エクセターの試合の約1週間前、僕は7人制ラグビーで少し強めの接触をした。そして、彼は僕と組むためにやってきた」 「一瞬待ったけどそれが長すぎた。それは悪いタックルだった。僕はそれが悪いタックルだとわかっていた。それをワザとやった。もちろん、そのことは誇りになど思っていない」 「僕の頭の中で起用されるのは僕か彼であり、僕は自分を選んだ。それは今も恥じてはいない」 「そのあと少し混乱があり、彼はそのリアクションから連れ出されていった。当然ながら、彼のリアクションは強く殴られたようなものだったよ。そしてトレーニングセッションは終わった」 「彼はそこから2週間、松葉杖をついていた。彼を傷つけたくなかったので、少し厳しすぎたと思うし、ミッションは達成されなかったようなものだった。僕は彼をこの試合で邪魔にならないようにしたかっただけだった」 因果応報という言葉があるが、悪魔に魂を売ったブレウィットは、出場を目指したエセクター戦の4日前にヘディングで競り合った際、チームメイトの背中に目を強打。脳震とうを起こし、試合に絡むことはなかった。そして、ファーストチームでの出場機会はなく、リバプールを去る事となった。 2020.10.16 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

柴崎岳も所属したヘタフェがバルセロナ戦を前にクラブ名を「フェ」に変更

かつて日本代表MF柴崎岳も所属した事があるヘタフェが、前代未聞の措置を取ることを決めた。 ヘタフェは、17日にラ・リーガ第6節でバルセロナと対戦する。しかし、そのバルサ戦を前に、クラブ名を変更。「ヘタフェ」から「フェ」に変更した。 一体何が起こっているのか、意味が分からないと思うが、バルセロナ戦を終えた後は、「フェ」から「ヘタフェ」に戻すという。 なぜヘタフェがこのような措置をとる事にしたのか。それは、今の時代に必要な「Fe」に意味があるとされている。 ヘタフェは「Getafe」と綴るが、この「Geta」を削除し「Fe」にするとのこと。この「Fe」はスペイン語で「信仰」という意味があり、現在の世の中に向けたメッセージとしてクラブが届けたいと決め、1試合限定でチーム名を変更することに決定したのだ。 その理由は新型コロナウイルス(COVID-19)によって世界中で苦しむ人が多く、最愛の人々を失った人も多い中、世界に向けて「信仰心」を失ってほしくないということから、「Geta」を消して「Fe」を残すというクラブ名変更のキャンペーンを考えたようだ。 クラブのゼネラルマネージャー(GM)を務めるクレメンテ・ビジャヴェルデ氏は、今回のクラブ名変更について説明した。 「ヘタフェとは何か、そしてそれがどう感じられるかを反映した仕事だ」 「このクラブを愛する人々は、「Geta」として愛情を込めていることを知っている。しかし、とても重要な部分が残っている。それが「Fe(信仰)」だ」 「このチームとは何か、そしてヘタフェの人々が何であるかという特異性が反映されており、クラブとファンの活動に毎日感じられる信仰(Fe)が反映されている」 「ヘタフェを始め、困難な時期を迎えているすべての人々にアピールしたい。外出できます。外出しましょう」 ヘタフェのツイッターアカウントはもちろんのこと、スタジアムのスタンドに書かれた「GETAFE」の文字も「GETA」の部分が消されるなど、クラブが力を入れて取り組んでいる。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "VZHDKe12BFE";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2020.10.16 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟の助っ人2人が書類送検、酒気帯び運転のファビオは任意捜査中6試合に出場、19日に処分決定

アルビレックス新潟は15日、ブラジル人FWファビオ(23)が酒気帯び運転により道路交通法違反で任意捜査されていたと発表。同乗者であったスペイン人FWペドロ・マンジー(32)も任意捜査の対象となっていたとのことだ。 クラブの発表によると、事件は9月17日(木)の午前1時から2時の間。新潟県新潟市内にて、ファビオが酒気帯び運転の取り締まりを受けたとのこと。事故の発生や逮捕はないという。 クラブは、警察の任意捜査に全面的に協力。捜査期間中は警察の指導に従うとともに、Jリーグや関係各所への報告と情報共有を行い、両選手に対する指導監督を行ってきたとのことだ。 15日(木)に任意捜査が全て終了。19日(月)にファビオとペドロ・マンジーは書類送検されるとのことだ。クラブが公表しなかった理由は「警察の指示を仰ぎながら任意捜査が終了して、確定的な判断が出るのを待ってから行うこととしたため」とのことだ。 代表取締役社長の是永大輔氏はクラブを通じてコメント。陳謝した。 「このたびは所属選手の不祥事により、Jリーグに関わる方々、ファン、サポーターの皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。飲酒・酒気帯び運転は極めて危険な行為であると認識しており、決して許されるものではありません。社会の規範であるべきプロサッカー選手であるということ、また、再発防止という意味を込めて厳正な処分を臨時取締役会にて諮ります。今後は選手、スタッフへの教育を再徹底していく所存です」 ファビオは、酒気帯び運転発生後の明治安田生命J2リーグ第21節から第26節まで6試合に出場。ペドロ・マンジーは、試合に出場していなかった。 なお、書類送検が決まったため、事実を重く受け止め当面の間、両選手のチーム活動への参加を禁止。また、19日の臨時取締役会において両選手に対する処分を決定するようだ。 2020.10.15 23:13 Thu
twitterfacebook