マインツ、パーダーボルンからU-21ドイツ代表DFを獲得

2020.08.11 08:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
マインツは10日、パーダーボルンからU-21ドイツ代表DFルカ・キリアン(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。

ドルトムント下部組織出身のキリアンは、192㎝の長身を生かした守備が特徴で、各年代のドイツ代表にも選出されてきた将来有望なセンターバックだ。昨夏にフリーで加入したパーダーボルンでは、ケガに悩まされながらも公式戦16試合に出場していた。

マインツへの移籍が決まったキリアンは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「マインツは12年間もブンデスリーガで戦っている素晴らしいクラブだ。マインツが僕に信頼を寄せてくれたことが本当に嬉しい。早くピッチでその信頼に応えたいと思っているよ」

関連ニュース
thumb

シュツットガルト、守護神コベルの後釜にマインツからGKミュラーを獲得!

遠藤航の所属するシュツットガルトは16日、マインツからドイツ人GKフロリアン・ミュラー(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号「1」を着用する。 シュツットガルトは今夏、守護神を務めていたスイス代表GKグレゴール・コベル(23)がドルトムントに流出。そこで白羽の矢が立ったのが、U-21ドイツ代表歴もあるミュラーだった。 マインツの下部組織出身のミュラーは2017-18シーズンのトップチーム昇格以降、公式戦44試合に出場。今シーズンは正GKとしてのプレーも期待されていたが、GKロビン・ゼントナーとのポジション争いに敗れ、フライブルクへレンタル移籍。フライブルクでは守護神としてブンデスリーガ31試合に出場していた。 新たな守護神候補として迎えられたミュラーは、公式サイトで来シーズン向けての意気込みを語った。 「シュツットガルトはポテンシャルを持った若者が集まっているクラブだ。昨季は印象的なパフォーマンスを目の当たりにしている。僕はここでの仕事と新たなシーズンをとても楽しみにしている。来シーズンには少なくとも部分的に観客が戻ってくることを願っている。早く新しいチームメイトと仲良くなれる日が待ち遠しいよ」 2021.06.16 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツ、期待の若手FWブルクハルトと2024年まで契約延長

マインツは10日、U-21ドイツ代表FWジョナタン・ブルクハルト(20)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 新契約にサインしたブルクハルトは、公式サイトで喜びと来季に向けた意気込み語った。 「自分の成長のためには、マインツに残ることがベストだと思った。なぜなら、ここで終わりには程遠いし、まだまだ成長できると思っているからね。何よりも、次のシーズンではさらに一歩進んで、より多くのゴールを決めたいと思っているよ」 「再びサポーターの前でプレーし、自分に何ができるかを示せることが本当に嬉しい。マインツは僕にとってホームのようなものだ。とても居心地がいいよ。だからこそ、契約をさらに2年間延長できたことにとても満足しているよ」 2014年にダルムシュタットの下部組織からマインツの下部組織に入団したブルクハルトは、U-17チーム、U-19チームと順調に昇格を果たし、2018年の夏に17歳でトップチームに昇格。2018-19シーズンのブンデスリーガ第3節アウグスブルク戦でトップチームデビューを果たすと、今季はブンデスリーガ29試合に出場し2ゴール2アシストをマークしていた。 また、各年代のドイツ代表に選出されているブルクハルトは、先日まで行われていたU-21欧州選手権にもドイツ代表として参加。全試合に出場するなど2大会ぶり3度目の優勝に貢献していた。 2021.06.11 01:01 Fri
twitterfacebook
thumb

マインツ、守備の要ベルと2023年まで契約延長

マインツは8日、ドイツ人DFシュテファン・ベル(29)と2023年まで契約を延長したことを発表した。 マインツの下部組織出身で、2010年にトップチームデビューを飾ったセンターバックのベルは、これまでマインツで公式戦212試合に出場して11ゴール11アシストを記録。 今季は前半戦こそベンチ外が続いていたものの、ボ・スベンション監督が就任した年明けの後半戦以降、レギュラーに復帰。リーグ戦16試合に出場し、降格圏の17位に沈んでいたチームを12位まで浮上させ、守備の要として残留に貢献していた。 ロシアのFCクラスノダールから関心を持たれていたようだが、自身が育ったマインツへの忠誠を誓っている。 2021.06.08 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

PSV、今季マインツの主力DFムウェネがフリー加入

PSVは1日、マインツからオーストリア人DFフィリップ・ムウェネ(27)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 母国のオーストリア・ウィーンの下部組織出身のムウェネは、シュツットガルト、カイザースラウテルンを経て、2018年にマインツへ完全移籍で加入。 在籍3年間では度重なる負傷に悩まされた中、左右のサイドバックとサイドハーフを主戦場にここまで公式戦31試合に出場。今シーズンは左ウイングバックでリーグ戦20試合に出場し、1ゴール2アシストの数字を残していた。 慣れ親しんだドイツを離れ、オランダ屈指の名門での新たなチャレンジを選択した27歳は、「PSVはトロフィーを獲得したいと考えているビッグクラブであり、タイトルレースで最後まで戦うことができる。そして、それこそ僕が求めていた新たな挑戦なんだ」と、意気込みを語っている。 2021.06.02 23:26 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツ、フランクフルトMFコールの1年レンタル延長を発表

マインツは29日、フランクフルトのドイツ人MFドミニク・コール(27)とのレンタル期間を1年延長したことを発表した。 レバークーゼンでプロデビューを飾ったコールは、レンタル先のアウグスブルクで頭角を現し、2017年夏にレバークーゼンに復帰。そして2019年夏にフランクフルトに完全移籍し準主力としてプレーしていたが、今季前半戦はベンチを温める機会が多く、出場機会を求めて1月にマインツへレンタル移籍していた。 そのマインツではレギュラーとしてプレー。リーグ戦14試合に出場し、降格圏に沈んでいたチームを残留に導く活躍を見せていた。 2021.05.29 23:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly