レギロン争奪戦、ナポリ参戦で激化

2020.08.10 13:52 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリが、セビージャでプレーするスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。今季はレアル・マドリーからセビージャにレンタルしているレギロンは、手薄だった左サイドバックとして期待を超える活躍を披露。ラ・リーガでは31試合に出場し2ゴール4アシストをマーク。来季のチャンピオンズリーグ出場圏内の4位フィニッシュに貢献した。

この活躍から、買い取りを考慮するセビージャをはじめ、パリ・サンジェルマンやアーセナル、チェルシーにエバートンといったクラブが興味。さらには保有元であるマドリーも評価を改めつつある中、ナポリもこの争奪戦に参戦する模様だ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、レギロンはジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の左サイドバックの理想像に一致しているとのこと。

一方で、レギロン獲得を狙うナポリの課題は、同じ左サイドバックを担うアルジェリア代表DFファウジ・グラムの売却。同選手は年俸350万ユーロ(約4億3600万円)を稼いでおり、ナポリの中では高給取りに位置する。グラムは以前から放出候補に挙げられており、本人も退団の意思を示しているようで、こちらのオペレーションはさほど難しいものにはならないと予想されている。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ会長が新型コロナ感染から復活 2度の検査でいずれも陰性

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が新型コロナウイルス感染から復活した。 9日にレガ・セリエAの会合に出席したデ・ラウレンティス会長は翌10日、新型コロナウイルスの検査結果として陽性反応の検出を公表。チームは19日に今季のセリエA開幕を迎えたが、10日から自宅隔離に入り、静養に努めている状況だった。 それから2週間以上が経ち、ナポリは29日、病状が注目される71歳の会長に関する最新情報を公表。デ・ラウレンティス会長は先週に受けた2度の検査でいずれも陰性反応が示されたため、このたび本格的な仕事復帰を果たしたという。 なお、ジェンナーロ・ガットゥーゾ体制2年目のナポリはセリエA開幕から2連勝スタートを切り、首位。10月4日に行われる次節、開幕から1勝1分け無敗の4位につける絶対王者ユベントスのホームに乗り込む。 2020.09.30 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリに痛手…ユベントスとの大一番を前にインシーニェが戦線離脱

ナポリは29日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが負傷したことを発表した。 インシーニェは27日にセリエA第2節のジェノア戦(6-0で勝利)に先発出場するも、20分に左モモ裏を押さえてピッチに倒れると、メディカルスタッフの治療を受けたがそのままエルマスとの交代を余儀なくされた。 クラブの発表によれば、精密検査を受けたインシーニェは左ハムストリングにグレードⅠの損傷が見られたことが判明。現時点でクラブは離脱期間を明かしていないものの、フランス『レキップ』は最低でも20~30日の離脱になると報じている。 なお、ナポリはインターナショナルブレーク前に王者ユベントス(10月4日)との大一番を控えており、絶対的主力の一人であるインシーニェの離脱は大きな痛手となる。 2020.09.30 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリのセルビア代表DFマクシモビッチにプレミア2クラブが興味

ナポリのセルビア代表DFニコラ・マクシモビッチ(28)に、プレミアリーグの2クラブが興味を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 マクシモビッチに興味を示しているのは、ウェストハムとフルアムとのこと。残り契約が1年を切ったマクシモビッチは、市場にも出ており獲得は可能な状況だ。 ウェストハムはナポリに対してオファーを出したとのこと。一方のナポリは、1500〜2000万ユーロ(約18億5000万〜24億6500万円)を要求している状況だ。フルアムも状況を注視しているとされている。 ナポリは今夏の移籍市場でセンターバックを放出する予定だったが、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリも未だ売却できていない。マンチェスター・シティはベンフィカのポルトガル代表DFルベン・ジアス(23)の獲得が決定的となっており、残る行き先はマンチェスター・ユナイテッドか。何れにしても、先にマクシモビッチがチームを離れることになりそうだ。 マクシモビッチは、ツルヴェナ・ズヴェズダやトリノ、スパルタク・モスクワでプレー。2019-20シーズンは公式戦28試合に出場し1ゴール1アシスト。今シーズンは開幕戦はベンチだったが、第2節のジェノア戦は45分間プレーした。 2020.09.29 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ監督、ジェノア戦6発大勝も厳しい意見「内容を反映した結果ではない」

27日に行われたセリエA第2節ジェノア戦で6-0の大勝を収めたナポリ。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がイタリア『スカイ』のインタビューで試合を振り返った。 開幕節のパルマ戦で敵地で0-2の勝利を挙げたナポリは、本拠地サン・パオロでジェノアを迎え撃った。開始直後から主導権を握ったナポリは10分にFWイルビング・ロサーノのゴールで先制すると、そのまま1点リードで迎えた後半にゴールラッシュの幕を上げた。 折り返しのホイッスルから30秒足らず、MFピオトル・ジエリンスキの持ち上がりから起点を作ったナポリは、左から繋いで最後はそのジエリンスキがフィニッシュ。電光石火のゴールでリードを広げると、57分には前線のショートカウンターからFWドリエス・メルテンスが追加点を挙げる。 65分には再び相手のミスパスを奪い、ロサーノが自身2点目を記録。そこから立て続けにMFエリフ・エルマス、FWマッテオ・ポリターノのゴールが生まれ、大量6得点で圧勝劇を締めくくった。 だが、会心の勝利にもかかわらずガットゥーゾ監督は厳しい意見を持っているようだ。 「この結果は非常に手厳しいものとなった。内容を反映していない」 「もしジエリンスキが後半の30秒でゴールを決めていなければ、全く違った試合になっていただろう。我々はさらなる成長と正しいバランスを見つけることに集中しなければならない。この種のフットボールをするためにはバランスが不可欠だ」 一方で、2ゴールを挙げたロサーノを賞賛。加入1年目の昨季はセリエAで26試合4ゴールと期待外れの成績に終わっていたが、指揮官は「生まれ変わった」と、昨季とは別の選手であることを強調した。 「私はロサーノを容赦したことはない。彼は別の選手に生まれ変わった。ここに来た当初は精神的にも肉体的にも100%ではなかった。子供のようにボールを蹴っては転んでいたよ。だが今は脚力をつけた。彼は良い状態にある」 2020.09.28 14:17 Mon
twitterfacebook
thumb

ロサーノ2発などジェノアに6発のナポリが圧勝で開幕2連勝!《セリエA》

ナポリは27日、セリエA第2節でジェノアをホームに迎え、6-0で圧勝した。 パルマとの開幕戦を2-0で勝利したナポリは、オシムヘンが移籍後初スタメンを飾り、2列目に右からロサーノ、メルテンス、インシーニェと並べた。 昇格組のクロトーネに4-1と快勝したジェノアに対し、ナポリが圧力をかける入りとなると、10分に先制する。ボックス左からのメルテンスのクロスをファーサイドのロサーノがボレーで合わせた。 その後も12分にオシムヘンのミドルシュートでゴールに迫ったナポリは、19分にはオシムヘンのお膳立てからロサーノが決定的なシュートを浴びせた。 しかし23分、ナポリは左足太ももを痛めたインシーニェがプレー続行不可能となり、エルマスを投入した。 それでも28分、右サイドからのFKにオシムヘンが決定的なヘディングシュートを浴びせたナポリが、ハーフタイムにかけても主導権を渡さず1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半、開始27秒にナポリが追加点を挙げる。オシムヘンのヒールパスを受けたジエリンスキがボックス中央からゴールに蹴り込んだ。 さらに57分、敵陣でボールを奪ったジエリンスキがラストパスを送ると、メルテンスがペナルティアーク中央からシュートを蹴り込んで3点目。 続く65分には相手の横パスをカットしたメルテンスのパスを、ロサーノが決めてドッピエッタ。4-0としたナポリは69分にエルマス、72分にはポリターノもゴールを挙げ、終わってみれば6-0で圧勝し、開幕2連勝としている。 2020.09.28 03:09 Mon
twitterfacebook