今季のセリエAMVPディバラが2017年に沈めたコントロールFK【ビューティフル・フリーキック】

2020.08.06 11:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが決めたフリーキックだ。

◆今季のセリエAMVPディバラが2017年に沈めたコントロールFK

2015年にパレルモから加入し、公式戦通算227試合95ゴール38アシストを誇るディバラ。今季のセリエAでも33試合に出場して11得点7アシストを記録し、チームの9連覇に大きく貢献。2019-20シーズンのセリエA最優秀選手賞に輝いている。

多くのゴールを生み出してきたディバラだが、2017年10月25日に行われたセリエA第10節のSPAL戦では、見事なFKを決めている。

ユベントスが1点リードして迎えた22分、ゴール右約25mの位置でFKを獲得すると、キッカーを担ったのはディバラ。集中力を高め、短めの助走から左足を振り抜くと、絶妙にコントロールされたシュートが、カーブを描いてゴール右へと吸い込まれるように入っていった。

その後は、両チーム得点を重ね、4-1でユベントスが勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

モナコ時代のハメス・ロドリゲス 相手全員を騙すアイデアFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、エバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがモナコ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ハメス・ロドリゲスが見せた相手全員を騙すアイデアFK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQUDM4RnJ5RyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今夏加入したエバートンでレアル・マドリー時代に鬱憤を晴らすかのように活躍を見せているハメス。その左足の能力に疑いの余地はなく、これまでに幾度もスーパーゴールを決めてきた。2013年11月30日に行われたリーグ・アン第15節のスタッド・レンヌ戦では、得意の左足で見事な直接FKを決めている。 0-0で迎えた20分、モナコはペナルティーアーク右外の位置でFKを獲得。すると、キッカーのハメスは壁を越えるシュートではなく、壁の外側を通すシュートを選択する。完全に相手DFとGKの逆を突いたシュートは、そのままゴール左へと突き刺さり、見事な先制点となった。 アイデアの時点で相手に勝利していたハメス。それを完璧に遂行する左足の技術にも感服だ。 2020.09.27 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“ピントゥリッキオ” デル・ピエロ氏が決めた弾丸FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆デル・ピエロ氏が決めた弾丸FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1dzV2NkdtayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ユベントスで栄光の背番号「10」を長年着用し、その美しくも繊細で芸術的なプレーからイタリアの画家である“ピントゥリッキオ”の異名を取ったデル・ピエロ氏。2008年2月16日に行われたセリエA第23節のローマ戦では、見事な直接FKも決めている。 スコアレスで迎えた前半終了間際の45分、ユベントスはゴールほぼ正面の好位置でFKを獲得する。キッカーのデル・ピエロは、MFパベル・ネドベドとFWヴィンチェンツォ・ヤクインタが空けたコースに向けて右足を一閃。豪快な弾丸シュートが相手GKドニの手をかすめてゴール右へと突き刺さった。 当時33歳ながらシーズンを通して好調を維持したデル・ピエロはリーグ戦で21ゴールを記録。自身初のセリエA得点王に輝いている。 2020.09.27 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

そのモーションから美しい!ベッカムの精度抜群FK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏がレアル・マドリー時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆そのモーションから美しい!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3VDVIc2pYeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年にマンチェスター・ユナイテッドからマドリー入りしたベッカム氏は、在籍4年で公式戦159試合に出場し20ゴール51アシストを記録。チーム事情から当初は中央でのプレーが主だったが、その右足はチームにとって大きな武器であった。 2003年12月18日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のレガネス戦では、その並外れたキックから見事な直接FKを決めている。 0-0で迎えた14分、マドリーはバイタルエリア左でFKを獲得する。ベッカムが美しいフォームから右足を振り抜くと。ボールは壁を越えながらゴール左下へ。相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 試合はレガネスの粘りに遭いながらも延長戦の末、マドリーが4-3で勝利。ベッカムは公式戦で初めてレガネスから得点を決めたマドリーの選手となった。 2020.09.26 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“黄金の隼”の芸術的FK プレミアリーグでも通用したその実力【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元ドイツ代表FWのユルゲン・クリンスマン氏がトッテナム時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆“黄金の隼” ユルゲン・クリンスマンの芸術的FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyYlBMNVpvbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1978年にキャリアをスタートさせたクリンスマン氏はシュツットガルトでブレイク。その後、インテルやモナコで活躍した後、1994年にトッテナムに加入し、プレミアリーグに上陸。1年半の在籍で、公式戦58試合31ゴールという数字を残している。 スピードがあり、金髪をなびかせる姿から“黄金の隼”と呼ばれたクリンスマン氏だが、1995年4月14日に行われたプレミアリーグ第37節のクリスタル・パレス戦では、見事な直接FKも決めている。 1点ビハインドで迎えた87分、トッテナムはゴール正面でFKのチャンスを獲得する。是が非でも同点に追いつきたい場面でキッカーは務めたのはエースのクリンスマンだった。 味方がボールの前に立ち、GKの視界をさえぎると、クリンスマンが助走を開始。同時に味方がコースを空けると、クリンスマンが丁寧に右足を振り抜いた。シュートは壁を越え、美しい弧を描きながらゴール右上隅へと吸い込まれていった。 プレミアでも実力を示したクリンスマン氏だったが、シーズン終了後に母国バイエルンへと移籍。トッテナムには1997-98シーズン途中に再加入している。 2020.09.26 09:00 Sat
twitterfacebook
thumb

その軌道はもはやカットボール!シティ時代のテベスが見せたスペシャルなFK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ボカ・ジュニアーズの元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスがマンチェスター・シティ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆その軌道はもはやカットボール!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkQk94enJQYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドでの活躍の後、2009年に同じ市内のライバルであるシティへ移籍したテベス。シティでもゴールを量産したテベスだが、2011年5月17日に行われたプレミアリーグ第37節のストーク・シティ戦では圧巻の直接FKも決めている。 2-0とシティがリードして迎えた65分、ゴールほぼ正面の位置でFKのチャンスを獲得する。ゴールまではやや距離があったものの、テベスが思い切りよく右足を振り抜くと、壁の外を抜いたシュートは、凄まじいスピードのまま左にスライドし、ゴール右上の隅に突き刺さった。 全く垂れないスピードと、鋭く左に変化する軌道はまるで野球のカットボールのようだった。 2020.09.25 18:00 Fri
twitterfacebook