ブリッジは“不倫男”テリーを未だに許さず? 自身の近くに引っ越し発覚後、自宅を売却に出す

2020.08.05 15:02 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イングランド代表DFのウェイン・ブリッジ氏は、チェルシー時代に自身の元恋人と不倫関係にあった元イングランド代表DFのジョンテリー氏を未だに許してないのかもしれない。イギリス『サン』が報じている。ブリッジ氏とテリー氏は、同じ39歳でチェルシーとイングランド代表で共闘してきた親友だった。しかし、2010年1月にブリッジ氏が当時交際し、1人の息子をもうけていたヴァネッサ・プロンセルと、既婚のテリー氏に不倫疑惑が持ち上がり、両者の関係は完全に破綻。

この騒動がキッカケでテリー氏はイングランド代表キャプテンをはく奪され、ブリッジ氏も“不倫男”との共闘を望まず、代表辞退という重い決断を下していた。

さらに、不倫問題発覚後、初の直接対決となった試合では当時マンチェスター・シティに在籍していたブリッジ氏が、試合前の握手を拒否。さらに、シティのチームメイトだった元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、得点直後にテリー氏の前に立ちはだかってブリッジ氏を指さすパフォーマンスを見せるなど、大きな話題をさらっていた。

その後、ブリッジ氏は2013年に現在の妻であるイギリス人歌手のフランキーサンド・フォードさんと結婚し、2人の息子を授かっている。

その事件から10年が経った今年に入って両氏は、再びメディアの話題に挙がることに。

『サン』が伝えるところによれば、テリー氏は今年4月にロンドン近郊のサリーに430万ポンド(約6億円)の邸宅を購入し、すでに引っ越しも済ませているという。

そして、その新居から数分の距離にはブリッジ氏と家族が住む550万ポンド(約7億6000万円)の邸宅があった。

しかし、同メディアによると、ブリッジ夫妻はテリー氏の引っ越しが原因かは不明なものの、現在その自宅を売りに出しているという。

この動きに関してある関係者は、「ウェインとジョンは明らかに最高の友人とは言えない。今は不動産市場に不確実性があるが、ウェインとフランキーは新たなスタートを求めている。そして、現在の場所から少し離れた場所に引っ越しをすることを決めた」と、説明している。

今回の引っ越しは単なる偶然の可能性が高そうだが、ブリッジはやはり“不倫男”を許していないのか…。
コメント
関連ニュース
thumb

新守護神候補のメンディがファーストインタビュー!「子供の頃からチェルシーのファンだった」

チェルシー新加入のセネガル代表GKエドゥアール・メンディが、初めての公式インタビューでその喜びを語っている。 チェルシーは24日、スタッド・レンヌからメンディを獲得したことを発表した。大型補強を敢行する今夏のチェルシーにおいて、メンディは7人目の補強に。 GKケパ・アリサバラガやGKウィルフレッド・カバジェロと守護神争いが期待される中、移籍直後に公式インタビューを受けた28歳は、チェルシー加入の喜びや、以前からクラブのファンだったことを明かした。 「とても誇り高いよ。チェルシーのようなクラブが興味を持ってくれるというのは、毎週末の仕事が認められたっていうことだからね。誰もがチェルシーが世界で最も大きなクラブの一つであることは知っているし、このチームでプレーしたいと思うものだが、実際にそうはいかない。このユニフォームを着てクラブのカラーを背負うチャンスを得たんだ。本当に名誉だよ」 「僕は小さい頃からチェルシーのサポーターだったんだ。このクラブを崇拝していたよ。12歳の時に過ごしていたクラブで、ブライトンに行く機会があった。その時見た試合で、イングランドのフットボールはアメージングだと感じたんだ。ショップに行ってチェルシーのユニフォームを探した。確か2003年だったかな。(クラウディオ・)ラニエリが監督をやっていた頃だ。その頃からこのクラブがずっと好きだったんだ」 チェルシーといえば、元コートジボワール代表のディディエ・ドログバをはじめ、多くのアフリカ出身選手が活躍したクラブ。セネガル人のメンディは、彼らと同じキャリアを歩めることを誇りに思うとしつつも、初めてのアフリカ人GKとして大きな責任を感じているようだ。 「最も才能のあるアフリカンの多くはこのチームでプレーした。ディディエ・ドログバにマイケル・エッシェン、サミュエル・エトー、ジョン・オビ・ミケルもだ。彼らを見るとあんな選手になりたいと思えてくる。GKに関しては僕が初めてだし、本当に誇りに思う。同時に大きな責任も感じているよ」 また、自身と同様に今夏にフランスからイングランドへ新天地を求めたDFチアゴ・シウバにも言及し、「彼とは2度対戦したことがある。一度はやられてしまったけど僕も勝ったことがあるから互角だね! それが今は同じユニフォームを着ているんだ。彼は上手なフランス語を使うんだけど、英語で喋ることにするよ! 彼のような選手がチームにいるなんてスーパーだね」とコメントを残した。 2020.09.25 16:25 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー、新守護神候補メンディを獲得! レンヌOBチェフ氏の推薦

チェルシーは24日、スタッド・レンヌからセネガル代表GKエドゥアール・メンディ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、移籍金は2200万ポンド(約29億5000万円)になったという。 今夏の移籍市場で7人目の新加入選手となったメンディは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「チェルシーに加入できてとても興奮しているよ。このエキサイティングなチームの一員となり、フランク・ランパードやコーチングスタッフと一緒に仕事できることは、僕にとって夢のようなことだよ。チームメイトに会えるのを楽しみにしているし、新たなスタートが待ち遠しいよ」 一方、スペイン代表GKケパ・アリサバラガと元アルゼンチン代表GKウィリー・カバジェロと正GKの座を争う新守護神候補を獲得したマリナ・グラノフスカヤ女史は、同選手の獲得にあたってレンヌのOBで、クラブのテクニカル&パフォーマンスアドバイザーを務めるペトル・チェフ氏の存在が大きかったと語っている。 「ペトル・チェフとテクニカルチームが、エドゥアールを既存のグループを補完するのに最も適したゴールキーパーだと判断したとき、私たちが連れてきたいと考えたプレーヤーはただ一人だけでした。エドゥアールはレンヌで大きな成功を収めたシーズンを終えた後にここに到着しましたが、彼はさらなる向上心を持っており、私たちも彼を歓迎しています」 ギニアビサウ出身の父親とセネガル出身の母親の下、フランスで生まれ育ったメンディは、地元のASシェルブールでキャリアをスタート。マルセイユBを経て、2016年に加入したスタッド・ランスで台頭すると、昨年夏にレンヌへステップアップ。 昨シーズンのリーグ・アンでは24試合19失点と堅守を誇ったレンヌの守備をけん引し、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に貢献していた。 2020.09.24 18:42 Thu
twitterfacebook
thumb

リュディガーがランパード体制で構想外? PSGがレンタルでの獲得に興味か

チェルシーに所属するドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(27)に対して、パリ・サンジェルマン(PSG)からの関心が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 2019-20シーズンは負傷がありながらも、公式戦20試合に出場したリュディガー。だが、今シーズンはは開幕戦のブライトン&ホーヴ・アルビオンこそベンチ入りしたものの、第2節のリバプール戦に続いて、EFLカップ3回戦のバーンズリー(2部)戦でもベンチ外となっていた。 フランク・ランパード監督の下で序列が下がっているリュディガーだが、PSGが興味を示している模様だ。 PSGでは長年DFラインを支えてきたブラジル代表DFチアゴ・シウバがフリーでチェルシーに移籍。そのチアゴ・シウバに序列で負けたリュディガーだが、PSGはCBが補強ポジションの1つに挙げられており、レンタルで獲得を目指す可能性があるとのことだ。 また、リュディガーとチェルシーの現行契約は2022年6月まで。以前は契約延長の可能性も取り沙汰されていたが、交渉は今のところ行われていないとみられている。チェルシーは来年1月に可能となるフリーでの退団を危惧しているようだ。 2020.09.24 15:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ランパード監督が新戦力を絶賛「カイとチアゴには本当に満足している」

チェルシーのフランク・ランパード監督が新戦力の活躍を賞賛している。クラブ公式サイトが伝えた。 23日に行われたEFLカップ3回戦でバーンズリー(2部)と対戦したチェルシー。今夏獲得したMFカイ・ハフェルツが移籍後初ゴールを含めたハットトリックを達成すると、FWタミー・エイブラハムとFWオリヴィエ・ジルーにもゴールが生まれ、6-0で圧勝した。 試合後、ランパード監督はハットトリックを達成するだけでなく、MFロス・バークリーのゴールを演出するなど、攻撃陣を牽引したハフェルツに賛辞を送っている。 「カイについて嬉しく思う。私が要求した全てだった。ここ2試合でも言っていたが、カイにはプレシーズンがなかった。サインしたと同時に彼はやってきたから、適応に数日かかったと思う」 「今夜は彼にとって素晴らしいエクササイズだった。他の試合で我々が要求していたオフ・ザ・ボールの動きだった。彼はその一部になる可能性がる。ロス(・バークリー)のゴールシーンも彼のタックルからだからね」 「そのあとは、タミーの後ろである程度、中央で自由にプレーしていた。タミーとのコンビネーション、試合で良くなっていったこと、自信を得ていたこと、ハットトリックを達成したこと。カイにとても満足している。初めて多くのモノを得た」 また、この試合で移籍後初出場を飾ったDFチアゴ・シウバについても言及。約60分間の出場だったが、完璧だと絶賛している。 「彼は1週間ちょっとしかトレーニングをしていないが、素晴らしかった。出場した60分間は完璧だった。彼は自分のクオリティを示してくれたね。もちろん、彼のコンディションは上がるだろうが、ロッカールームとピッチでの指示は我々に何かを与えてくれたと思う」 「彼は英語を話せないけど、その存在と周りとのコミニケーションはトレーニングと今夜の試合で示してくれていたから問題はない。だから、チアゴには本当に満足している。彼レベルの選手に期待していたけど、このクラブにいることはとても新鮮だよ」 2020.09.24 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ハフェルツの移籍後初弾含むハットトリックでチェルシーが6発圧勝!《EFLカップ》

チェルシーは23日、EFLカップ3回戦でバーンズリーをホームに迎え、6-0で圧勝した。 3日前に行われたリバプール戦を退場者を出した中、0-2と敗れたチェルシーは8選手を変更。ハフェルツ、マウント、コバチッチの3選手が引き続きスタメンとなり、チアゴ・シウバがチェルシーデビューとなった。 2部のバーンズリーに対し、チェルシーは[4-3-3]を採用。3トップに右からハドソン=オドイ、エイブラハム、マウント、トップ下にハフェルツ、チアゴ・シウバは左センターバックに入った。 開始1分、ハドソン=オドイに決定機のあったチェルシーは、14分にピンチ。しかし、ボックス手前左からのウッドロウのコントロールシュートはGKカバジェロが好守で凌いだ。 すると19分、相手のバックパスミスをカットしたエイブラハムがボックス中央からシュートを決め、チェルシーが先制した。 さらに29分、左サイド絞った位置からのマウントのパスをエイブラハムがスルー。ボックス中央で受けたハフェルツが移籍後初ゴールを決め、チェルシーがリードを広げた。 2点をリードして迎えた後半開始4分、敵陣高い位置でハフェルツが相手DFからボールを奪うと、ルーズボールを拾ったバークリーがゴールを挙げ、チェルシーは3-0とした。 さらに55分、左サイドからのマウントのクロスをエイブラハムがヒールで落とし、フリーのハフェルツが決めて4点目。 余裕の展開としたチェルシーはチアゴ・シウバをお役御免とし、ズマを投入。65分にはエイブラハムの浮き球パスに抜け出したハフェルツがGKもかわしてハットトリックを達成。 その後、ハフェルツをお役御免とし、チルウェルがチェルシーデビューを飾った中、83分にはそのチルウェルのクロスからジルーのヘディングシュートが決まり、6-0で圧勝している。 その他、プレミア勢ではエバートンやニューカッスル、フルアムにバーンリー、ブライトンらが順当に4回戦へ勝ち上がっている。 2020.09.24 05:41 Thu
twitterfacebook