新型コロナの影響で急遽中止の広島vs名古屋の代替開催日が決定!

2020.08.04 17:32 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは4日、新型コロナウイルスの影響により、急遽中止となった明治安田生命J1リーグ第7節のサンフレッチェ広島vs名古屋グランパスの代替日程を発表した。同試合は当初、7月26日(日)にエディオンスタジアム広島(18時キックオフ)で開催予定だったが、新型コロナウイルスの検査で名古屋のチーム内で3名の陽性反応者が確認されたことを受け、感染防止の観点から試合当日に開催中止が発表されていた。

なお、今回発表された代替日程に関しては、日付が11月11日(水)に決定しているものの、試合会場およびキックオフ時間は未定だ。

そのため、試合開催に向けた詳細はその他の試合日程と同様に、10月初旬の発表を予定しているという。
コメント
関連ニュース
thumb

川崎Fが小林のゴールで湘南を下して7連勝を達成! 湘南は善戦も3連敗…《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節の湘南ベルマーレvs川崎フロンターレが27日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、1-0でアウェイの川崎Fが勝利した。 前節の鹿島アントラーズ戦は善戦したものの、終了間際に被弾して勝ち点を落した最下位・湘南。中3日の今節は坂、大野に代えて田中聡、古林を起用して首位撃破に挑む。 一方、6連勝中と絶好調の川崎Fは3-2で勝利した前節の横浜FC戦からスタメンを5名変更。山村、登里、中村、齋藤、レアンドロ・ダミアンに代えて谷口、車屋、脇坂、家長、小林を起用して7連勝を目指す。 立ち上がり押し込まれた川崎Fだが、5分にチャンス。敵陣左サイド深くでパスを受けた旗手がボックス内へパスを送ると、これを脇坂が強烈なシュートに繋げるがGK谷の正面に。そこから徐々に支配率を上げると、18分に華麗なコンビネーションから先制点をマークする。山根、家長、田中碧がダイレクトでパスを回し、裏をとった家長のクロスを小林が頭で叩き込んだ。 川崎Fのプレッシャーをなかなか掻い潜れない湘南だったが44分に形を作る。田中聡のロングフィードからカウンターを発動。松田が敵陣右サイドで受けてクロスを入れると、ゴール前で齊藤が合わせる。フリーで放ったヘディングシュートであったが、枠を捉えられず1点ビハインドのまま試合を折り返した。 早い時間帯に追い付きたい湘南は56分に川崎Fゴールへ迫る。右サイド深くからの岡本のクロスに茨田が合わせる。GKチョン・ソンリョンに弾かれたボールがルーズになると、石原直樹が追い打ち。しかし、ディフェンダーのブロックに遭いゴールならず。 追加点を狙う川崎Fは79分、途中出場の選手がチャンスを演出する。三笘が左サイドからカットインして中央へパス。これを宮代が思い切りよく狙うもディフェンスに防がれる。さらに、85分に右サイドに抜け出した齋藤学のクロスにレアンドロ・ダミアン。これはGK谷の好守に阻まれた。 湘南は後半アディショナルに得たCKにGK谷も敵陣ゴール前に上がって同点を目指すも、実らずホイッスル。結局、1-0でアウェイの川崎Fが勝利し、7連勝を達成した。一方、湘南は前節に続き善戦したものの3連敗となっている。 湘南ベルマーレ 0-1 川崎フロンターレ 【川崎F】 小林悠(前18) 2020.09.27 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

エリキが5試合連続得点の横浜FMが柏に逆転勝利! 4連勝は全て3得点!《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節、柏レイソルvs横浜F・マリノスが27日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-3で横浜FMが勝利した。 暫定6位の柏(勝ち点30)と7位の横浜FM(勝ち点30)による上位対決。ここ2試合勝利から遠ざかっていた柏は、前節の北海道コンサドーレ札幌戦で大谷が今季初ゴールを決めて0-1で勝利。だが、ケガ人続出でオルンガを中心とした爆発的な攻撃力はここ数試合は鳴りを潜めてしまっている。 一方の横浜FMは目下3連勝と好調。柏とは対照的にいずれも3ゴールを挙げており、前節のベガルタ仙台戦は4試合連続ゴールのエリキの2得点などで見事な逆転勝利を収めた。今節も[3-4-2-1]の布陣で挑む。 試合は開始2分に好調横浜FMが右サイドの突破からエリキのシュートシーンを演出。対する柏もオルンガのポストプレーから江坂が枠内シュートを放つなど、互いにストロングポイントを生かした攻撃を組み立てていく。 そんな中22分に、見事なパス交換からボックス右に侵入した小池の折り返しをマルコス・ジュニオールが押し込んで横浜FMが先制、かと思われたが、マルコス・ジュニオールのオフサイドをとられ、ゴールは認められなかった。 直後にもエリキのシュートが枠を捉えた横浜FMが攻勢を強めていく。しかし給水タイムを挟んだあたりから徐々に柏も盛り返すと迎えた40分、負傷した戸嶋に代わって入った三丸の左CKをオルンガが頭で合わせてゴール。3試合ぶり17得点目でホームチームが先制した。 横浜FMは後半から松原とオナイウ阿道を下げて扇原と仲川を投入。仲川は何度かドリブル突破を試みるがなかなか上手くいかない。柏は59分のCKの場面でニアで大谷が逸らしたところを仲間が押し込むがオフサイドの判定。 73分に横浜FMは渡辺のスルーパスからエリキに決定機。ボックス右にドリブルで侵入し右足を振り抜くが、シュートは左に外れた。だが77分、粘り強いドリブルでボックスへ侵入した仲川のラストパスを受けたエリキが豪快決めて同点に。 エリキの5試合連続ゴールで振り出しに戻した横浜FMはその5分後、自陣のFKを素早くリスタートすると、小池の足の長いスルーパスでエリキがボックス右に侵入。ゴール前に折り返すと、スライディングでブロックに入った大南のオウンゴールを誘い、逆転に成功した。 これで流れを完全に掴んだアウェイチームは、味方のパスでボックス左に入った仲川のクロスを途中出場の前田が押し込んで3点目。結局、逆転の横浜FMが1-3で勝利し、4連勝を収めた。 柏レイソル 1-3 横浜F・マリノス 【柏】 オルンガ(前40) 【横浜FM】 エリキ(後32) OG(後37) 前田大然(後47) 2020.09.27 20:59 Sun
twitterfacebook
thumb

2位熊本が首位の背中遠のく1敗 G大阪U-23に屈する《J3》

明治安田生命J3リーグ第18節の8試合が27日に行われた。 2位ロアッソ熊本は15位ガンバ大阪U-23とのアウェイゲームに挑んだ。 入りからシュートの形を効率よく作り出した熊本だが、G大阪U-23の守備網攻略に苦慮。枠を叩く不運もあったが、相手のゴールマウスをこじ開けられないまま後半に入る。 すると、55分からピッチインの山口がバイタルエリア左に差しかかろうとしたところで左足を鋭く振り抜くと、ゴール右に突き刺さり、守勢だったG大阪U-23が先制する。 前節終了時点で2ポイント差の首位ブラウブリッツ秋田を追うべく負けられない熊本だが、85分にカウンターから白井がゴールを決めたG大阪U-23が追加点を手にした。 辛抱強く凌ぎ、2ゴールのG大阪U-23が4連敗の悪い流れをストップ。3連勝が止まり、4試合ぶりの黒星を喫した熊本は首位秋田との勝ち点差が「5」に広がっている。 ◆明治安田生命J3リーグ第18節 ▽9/27(日) Y.S.C.C.横浜 1<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">-6 セレッソ大阪U-23</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">SC相模原 3</span>-2 カターレ富山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 4</span>-2 ヴァンラーレ八戸 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC岐阜 3</span>-1 アスルクラロ沼津 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪U-23 2</span>-0 ロアッソ熊本 藤枝MYFC 0-0 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC今治 2</span>-1 ガイナーレ鳥取 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 AC長野パルセイロ</span> ▽9/26(土) 福島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ブラウブリッツ秋田</span> 2020.09.27 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

倉田ゴラッソのG大阪が広島の猛攻を凌いで3連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節、サンフレッチェ広島vsガンバ大阪が27日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-2でG大阪が勝利した。 ここまで共に17試合を消化し、暫定11位に位置する広島(勝ち点25)と9位のG大阪(勝ち点29)による一戦。 前節の広島は3連勝中の大分トリニータに敵地で0-2で勝利。10試合ぶりに得点を挙げた森島や直近5試合で4得点のドウグラス・ヴィエイラの活躍で、3試合ぶりの白星を得た。今節はそこから先発を5名変更。上述の2人がスタメンに名を連ねた他、今季加入の櫛引が初めてベンチ入りした。 一方のG大阪は、前節は大卒ルーキーの山本や今季初のベンチスタートとなった宇佐美のゴールなどで名古屋グランパスを下し、逆転で2連勝を収めた。そんな前節からのスタメン変更は1人。古巣対決となるパトリックは2試合連続で先発出場となった。 序盤は広島が押し気味に進めていたが16分、G大阪も攻勢を強めた中で、センタリングの跳ね返りを拾った倉田がボックス手前左から右足一閃。強烈なドライブシュートがゴールに突き刺さり、アウェイチームが先制に成功した。 さらにその4分後、ゴラッソを決めた倉田から広島の最終ラインの裏へ浮き玉のスルーパスが入ると、これに反応したパトリックが一気にボックス左へ。GK林と一対一となったところを右足アウトサイドステップでニアを打ち抜き、瞬く間にリードを2点に広げた。 早くも難しい展開に追い込まれてしまった広島は両サイドを使って攻撃を試みる。セットプレーから青山のボレーシュートが飛び出すが、右ポストに嫌われる。35分には味方のスルーパスから浅野がゴール前に抜け出すが、この試合でJ1通算300試合出場のGK東口が好セーブを見せた。 なおも攻撃が続く広島は、ストロングポイントの左サイドからチャンスメイク。柏のインスイングのクロスから森島とドウグラス・ヴィエイラが立て続けにヘディングシュートを放っていくが、どちらも枠を捉えることはできなかった。 44分には浅野がボックス左でパスを呼び込みシュートへ。だがここも東口に止められ、直後のCKでは荒木が頭で合わせるも、左で一本で弾き出された。 後半もペースを握る広島は、川辺がミドルシュートでGK東口を強襲。55分には青山のこの日2度目のミドルシュートが飛び出すが、こちらは惜しくも枠を捉えることが出来なかった。 そんな広島は60分に一度に3枚替えを行い活性化を図る。対するG大阪も2試合連続でベンチスタートとなった宇佐美を投入すると、直後にチャンス到来。ボックス左に侵入した宇佐美はシュートに持ち込むが、ここはGK林に防がれた。 この交代でさらに勢いが増した広島は70分、左サイドの柏が右足でクロスを送ると、レアンドロ・ペレイラが頭で合わせてゴール。前半から続けていたサイドアタックと交代策が功を奏した形となった。 しかし、その後は守りを固めるG大阪にことごとく跳ね返され、90分のドウグラス・ヴィエイラのシュートもGK東口がしっかりキャッチ。結局、リードを守り切ったG大阪が敵地で1-2で勝利。3連勝を収めている。 サンフレッチェ広島 1-2 ガンバ大阪 【広島】 レアンドロ・ペレイラ(後25) 【G大阪】 倉田秋(前16) パトリック(前20) 2020.09.27 19:57 Sun
twitterfacebook
thumb

大分が7連勝中の鹿島を止める! 敵地カシマで2試合ぶりの勝ち点3《J1》

明治安田生命J1リーグの鹿島アントラーズvs大分トリニータが27日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、アウェイの大分が2-0で勝利した。 7連勝で4位まで順位を上げる絶好調の鹿島は1-0で辛勝した湘南ベルマーレ戦からスタメンを6名変更し、出場停止の犬飼に代わって町田をチョイス。一方、連勝が「3」でストップした12位・大分は0-2の完敗を喫したサンフレッチェ広島戦からスタメンを6名入れ替え、最前線に渡が入り、2シャドーに小塚と田中を配置している。 好調の鹿島が序盤から主導権を握り、バイタルエリアでテンポよくボールを回して大分ゴールに迫っていく。16分にはセカンドボールを回収した関川がボックス中央手前からミドルシュートで襲いかかったが、GKムン・キョンゴンにセーブされた。 19分にはファン・アラーノからのスルーパスに反応したエヴェラウドがボックス左からフィニッシュまで持ち込むも、鈴木の身体を投げ出したブロックに遭う。ボールを保持する鹿島は続く35分、敵陣右サイドの深くで得たFKから町田がヘディングシュートを放つも、GKムン・キョンゴンに処理されてしまう。 前半の終盤にかけて大半の時間を大分陣内でプレーする鹿島。前半アディショナルタイムにはボックス中央手前でエヴェラウドが倒されてFKを獲得したが、ファン・アラーノが放ったシュート壁に当たり、ゴールレスのまま前半を終えた。 ハーフタイム明けに上田と荒木を投入した鹿島が後半もイニシアチブを握るなか、大分は57分に決定機。敵陣右サイド深くでボールを受けた田中が中に持ち運び、ボックス手前中央からシュートを放つ。このこぼれ球に反応した小塚が右足ダイレクトで振り抜くと、永戸に当たってディフレクトしたボールがGK沖の逆を突く形となり、大分が先制に成功する。 その後、遠藤や染野、松村など攻撃的カードを切り、前がかりになる鹿島の背後を突いた大分が80分に追加点。三竿からの縦パスを引き出した野村がハーフウェイライン右付近から前線へスルーパスを送る。抜け出した高澤がGK沖の動き見て、ボックス中央手前から左足インサイドのシュートを丁寧に流し込んだ。 カウンター攻撃から広大なスペースを利用する大分は追加点から3分後の83分、高澤のパスに反応した田中がボックス右に抜け出してGK沖と一対一の局面に。しかし、放ったシュートは右足一本でセーブされてしまい、試合を決定づけることはできない。 それでも、後半アディショナルタイムにかけても鹿島の猛攻をシャットアウトした大分が2-0で逃げ切り。2試合ぶりの勝利を手にした。一方、鹿島は連勝が7でストップ。9試合ぶりの黒星となっている。 鹿島アントラーズ 0-2 大分トリニータ 【大分】 小塚和季(後12) 高澤優也(後35) 2020.09.27 19:10 Sun
twitterfacebook