人気博す久保建英、移籍先最有力はビジャレアルか 今週中に決定予定とも

2020.08.04 10:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
来季もレアル・マドリーからの武者修行が決定的な日本代表MF久保建英(19)に対して、ビジャレアル行きを有力とする憶測が浮上した。昨夏の移籍市場でマジョルカにレンタル移籍を果たして、公式戦36試合に出場して4得点5アシストの数字を収めた久保。日を追うごとに様々な移籍先が挙がる人気ぶりを博しているが、スペイン『アス』によれば、その候補はビジャレアル、セルタ、グラナダ、オサスナに絞られ、今週中にも決まる見通しだという。

◆バルサ下部組織時代の久保建英の超絶プレー!

そのなかでも、ビジャレアル行きが最有力に挙がっているという。その久保は4つの移籍先候補に関して、どれも惹かれているものの、ビジャレアルに最も興味を抱いている様子。最低でも年間40試合の出場を条件に掲げており、移籍先候補のチームを率いる各監督の自身を求める熱量も決め手の1つにしている模様だ。

また、久保の保有権を持つレアル・マドリー側は貸し出し先として、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権を有するビジャレアルとグラナダのいずれかを所望。そのなかで、バイエルンからもオファーを受けた久保自身だが、スペインでのプレー続行意思を示しているため、レアル・マドリーもそれを尊重する姿勢とのことだ。

なお、レアル・マドリーの要求額はレンタル料と給与をあわせて、500万ユーロ(約6億2000万円)。バイエルンから高額な金額提示を受けたため、その契約金額への引き上げを検討しているという。
コメント
関連ニュース
thumb

「アイツを相手にするな」、ベンゼマが同僚ヴィニシウスを見切る

レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマは、同僚であるブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールに対して見切りを付けたようだ。 マドリーは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節でボルシアMGと対戦し、2-2のドローに終わった。 ベンゼマとブラジル代表MFカゼミロの試合終了間際の連続ゴールによって2点差を追いつく劇的な展開となったが、シャフタールとの初戦に続く勝ち点逸によってグループ最下位に沈んでいる。 そういった苦境の中、チーム内においても軋轢が生まれているようだ。フランス『テレフット』は、ボルシアMG戦のハーフタイムのトンネル内におけるベンゼマとフランス代表DFフェルラン・メンディのやり取りに注目。 両選手はフランス語でやり取りをしていた際、ベンゼマは近くにいたヴィニシウスを見ながらメンディに対して、「アイツ(ヴィニシウス)は自分のやりたいようにやっている」、「アイツを相手にするな、兄弟。アイツはまるで俺たちに対して戦っているようなもんだ」と発言。ヴィニシウスにパスを出せないように要求していた。 ヴィニシウスに関しては決定力の問題に加え、判断の拙さから自己完結型のプレーが多く、周囲とのリンクアップで輝きを放つベンゼマにとって、ボルシアMG戦を含めここ最近の同選手のプレーに憤りを感じていたようだ。 なお、後半開始前にヴィニシウスとコミュニケーションを取っていたベンゼマだが、スペイン『OptaJose』によると、ボルシアMG戦の後半にはブラジル代表FWに対して1本のパスも出さなかったという。(前半は3本) <div id="cws_ad">◆「アイツを相手にするな、兄弟」<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Benzema : &quot;Il fait n&#39;importe quoi. Joue pas avec lui, il joue contre nous&quot; <a href="https://t.co/xrNQ10PNuK">https://t.co/xrNQ10PNuK</a> <a href="https://t.co/wLF132tV1f">pic.twitter.com/wLF132tV1f</a></p>&mdash; RMC Sport (@RMCsport) <a href="https://twitter.com/RMCsport/status/1321374928164315138?ref_src=twsrc%5Etfw">October 28, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.28 22:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG戦で1G1Aのカゼミロ「最後まで戦い抜いた結果」

レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、1ゴール1アシストを記録したボルシアMG戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 27日に敵地で行われたCLグループステージ第2節でボルシアMGと対戦したマドリー。2点ビハインドの87分にカゼミロのアシストからFWカリム・ベンゼマがゴールを記録すると、試合終了間際にDFセルヒオ・ラモスの折り返しから今度は自らゴールを決めて、2-2の引き分けに持ち込んだ。 土壇場の劇的ゴールでチームに勝ち点「1」をもたらしたカゼミロ。試合後のインタビューで、ボルシアMGが難しい相手だったと認めている。 「僕たちは試合をうまくコントロールしていた。彼らは2回のチャンスで2点を決めたが、僕らもよくやったとと思うよ。最後まで諦めずに戦い、それが結果につながったね。対戦相手にもクオリティがあったけどこれはチャンピオンズリーグ。全試合が非常に難しいことは理解しているさ」 「僕はいつもチームを観察している。フットボールについて話す時は皆が一緒でなければならない。それは絶対だと思う。僕たちは再び仕事に戻り、最後まで戦う。今回の僕たちは驚異的なことを成し遂げた。最後まで戦い抜いた結果だよ」 2020.10.28 15:59 Wed
twitterfacebook
thumb

久々復帰のアザールが、チームの劇的ドローを喜ぶ「勝ち点3のような味わいがある」

レアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ボルシアMG戦での劇的ドローを喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 CLグループステージ第1節でシャフタール相手に2-3で敗れ、まさかの黒星スタートとなったマドリー。24日のラ・リーガ第7節で、バルセロナとのエル・クラシコに勝利した勢いをボルシアMG戦に持ち込みたいところだったが、この日も大苦戦することに。 前半に先制点を許したマドリーは、後半にも追加点を奪われる厳しい展開になる。そのまま試合時間は残り5分を切り、敗戦は確実かと思われたが、そこからFWカリム・ベンゼマとMFカゼミロが立て続けにゴールを奪い、辛くもドローという結果に終わった。 この試合で70分から途中出場したアザールは、8月に行われた昨季のCLラウンド16・2ndレグのマンチェスター・シティ戦以来となる、およそ2カ月半ぶりの復帰に。試合では躍動感のあるパフォーマンスを見せ、劇的なドローに貢献している。 マドリーはこれでCL2試合未勝利となってしまったが、試合後のインタビューに答えたアザールは、この結果をポジティブに受け止めていると話した。また、久々の復帰についても喜びを露わにしている。 「(ドローとなったものの)勝ち点3のような味わいがあるね。僕たちは素晴らしいキャラクターをプレーで示せたし、さらにもう1点を取ることもできたと思う。結局ドローにはなってしまったけど、勝利のような味がするよ」 「2~3カ月間ピッチから離れてしまったけど、今はとても満足している。僕が望むのは、サッカーを続けたいってことだけなんだ」 CL連敗こそ免れたものの、決勝トーナメント進出に向け厳しいスタートとなってしまったマドリー。ここからチームが向上していくため、アザールの本領発揮は欠かせない要素になるはずだ。 2020.10.28 14:21 Wed
twitterfacebook
thumb

苦戦続くレアル、ジダン監督はGS突破に強がる「突破できると確信している」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がチャンピオンズリーグ(CL)のボルシアMG戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 27日に敵地で行われたCLグループステージ第2節でボルシアMGと対戦したマドリーだが、33分と58分にFWマルクス・テュラムにゴールを許して2点ビハインドに。しかし、87分にFWカリム・ベンゼマが1点を返すと、試合終了間際にMFカゼミロが同点ゴールを決めて、2-2の引き分けに持ち込んだ。 CLグループステージで連敗こそ回避したものの、1分1敗と未勝利が続くマドリー。試合を振り返ったジダン監督は、序盤から決定機を外し続けたことに肩を落とした 「我々は規律を整えて、試合をタイに戻すためにプレーしなければいけなかった。チームのキャラクターを示してこのようにプレーをすることが重要で、達成できたと思う。それは確かだ」 「我々はゴールを奪えなかった。1失点目はマークに付ききれずに失点をした。我々がボールを失い、相手が得意としているカウンターから先制点を許してしまった」 「これがフットボール。それが起こってしまう。私が関心を持っているのはリアクションだ。チャンピオンズリーグで2-0の展開になると、試合を引き戻すのはとても大変だが、我々はやれた。チームがこうしたプレーをしているのを見ると、私も落ち着ける」 2試合終わって、グループステージで最下位に沈んでいる状況だが、ジダン監督はグループステージ突破に自信を見せている。 「我々はいつものようにグループステージを突破するためにあらゆることをするつもりだ。我々が望んでいるのは常に試合に勝利することだ。私のチームは全力を尽くしてくれたとわかっているから私は満足だ」 「今、簡単な試合はない。我々はこういったことを継続しなければいけない。こういったプレーをするのはとても良いことだ。もちろん、グループステージを突破できると確信している」 2020.10.28 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ベンゼマ&カゼミロの土壇場弾で劇的ドロー! 苦戦マドリーは2戦未勝利…《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB第2節、ボルシアMGvsレアル・マドリーが27日に行われ、2-2のドローに終わった。 ボルシアMGは久々の参戦となったCLの初戦でインテルと敵地で2-2のドローと上々のスタートを切った。直近のリーグ戦でもマインツを破り、目下公式戦5試合無敗を継続。マインツ戦では3バックを採用した中、この試合では[4-2-3-1]の布陣で臨んだ。 一方、3シーズンぶりの覇権奪還を狙うマドリーだが、ホームにシャフタールを迎えた初戦では2-3のスコアで敗れ、まさかの黒星発進に。それでも、直近のラ・リーガでは宿敵バルセロナとのエル・クラシコを3-1で制し、見事にバウンスバックを果たした。今大会初白星を目指す敵地での一戦ではそのクラシコから先発1人を変更。負傷のナチョに代わってルーカス・バスケスを起用した。 ボールを保持するマドリーに対して、鋭いロングカウンターを狙うボルシアMG。試合は立ち上がりから拮抗した展開が続くが、アウェイのマドリーがよりゴールの匂いを感じさせる攻めを見せる。 29分にはクロースの強烈なミドルシュート、直後のセットプレーではクロースのお膳立てからベンゼマがヘディングシュートもGKゾンマーの牙城を破ることはできない。 すると、33分にはボルシアMGが先制点を奪いきる。相手陣内中央右でボールを持ったプレアがシュティンドルとのパス交換で相手センターバック2枚を外してグラウンダーのクロスを供給。これをボックス中央に走り込んできたテュラムが冷静に流し込んだ。 シャフタール戦に続き先制を許す厳しい試合展開を強いられたマドリーは後半に入って攻勢に転じていくが、ヴィニシウスが立ち上がりの好機をモノにできない。すると、58分にはライナーの右クロスをボックス中央のプレアにダイレクトで打たれる。これはGKクルトワが好守で凌ぐも、こぼれ球を再びテュラムにタップインされた。 フランス代表の盟友リリアン・テュラムの実子に2点を奪われて劣勢のジダン監督は、70分にヴィニシウス、クロースを下げて今季初出場のアザールをモドリッチと共に同時投入。74分にはベンゼマの丁寧な折り返しから、早速アザールに見せ場が訪れるが、ここは相手GKの寄せにプレッシャーを感じてか、シュートを枠の左に外してしまう。 グループステージ突破を目指す上で連敗は許されないマドリーは試合終盤にかけてリスクを冒して猛攻に打って出ると、最後の最後に劇的な展開が待っていた。 まずは87分、右サイド深くでルーカス・バスケスが入れたクロスは精度を欠いてゴールラインを割るかに思われたが、これをカゼミロがゴールラインぎりぎりで頭で折り返すと、ゴール前のベンゼマがアクロバティックなボレーで合わせてゴールネットを揺らす。 さらに、試合終了間際の93分にはボックス手前のモドリッチが入れたクロスをファーのセルヒオ・ラモスが頭で落とすと、これをカゼミロがワンタッチで流し込み、力業で試合を振り出しに戻した。 しかし、3点目を奪う時間は残されておらず、試合はこのままタイムアップ。試合終了間際の連続ゴールで勝ち点1を拾ったマドリーだが、2戦未勝利と思わぬ苦戦を強いられている。 ボルシアMG 2-2 レアル・マドリー 【ボルシアMG】 テュラム(前33) テュラム(後13) 【レアル・マドリー】 ベンゼマ(後42) カゼミロ(後48) 2020.10.28 07:27 Wed
twitterfacebook