岩手がC大阪U-23に逆転勝利で350日ぶりのホーム白星! 秋田は8連勝!《J3》

2020.08.02 21:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J3リーグ第8節の9試合が2日に行われた。北上総合運動公園北上陸上競技場では、いわてグルージャ盛岡とセレッソ大阪U-23が対戦。先にスコアを動かしたのはC大阪U-23。フィールド中央からのロングフィードをボックス内で澤上が胸で落とすと、これに反応した田平が左足でゴール左隅へ蹴り込んだ。

しかし、岩手もすぐさま反撃。34分、橋本がディフェンスの背後へボールを配給すると、飛び出した岸田がシュートを放つ。GKアン・ジュンスに阻まれるも、こぼれ球を橋本が冷静に流し込んで同点とした。さらに、40分には左サイドのクロスに対するクリアボールを小谷がダイレクトシュートで豪快にネットを揺らし、逆転に成功して試合を折り返す。

押し込まれる場面もあった岩手だが、66分に追加点。ロングボールから右サイドの深い位置に侵攻した宮市のマイナス方向のクロスを、モレラトがボックス右からニアサイドを打ち抜いた。その後は固い守備でこの2点差を守り切った岩手が、3-1で350日ぶりのホーム白星を勝ち取った。また、3バックへ舵を切って以降、これで3連勝としている。

7連勝で首位を走るブラウブリッツ秋田はニッパツ三ツ沢球技場でY.S.C.C.横浜と対戦した。81分に林のPK失敗があったが、54分の江口の直接FK弾を死守し、1-0で勝利。開幕からの連勝を「8」に伸ばし、独走態勢に弾みをつけた。

えがお健康スタジアムではロアッソ熊本と福島ユナイテッドFCが激突。試合終盤まで得点が生まれない中、熊本の大木監督が送り出した交代選手が仕事をする。70分に浅川、80分に伊東が指揮官の期待に応えて得点を挙げ、熊本が2-0で勝利した。

前節の単独2位を懸けた直接対決で熊本と1-1の引き分けで痛み分けとなったガイナーレ鳥取は、Axisバードスタジアムでカターレ富山と対戦した。試合終盤まで0-0で進むも86分に坂井のゴールで先制すると、安藤が終了間際に左足一閃で2点目をマークし、2-0で勝利。熊本に得失点差を離されることなく同率で今節を終えた。

▽8/2(日)
いわてグルージャ盛岡 3-1 セレッソ大阪U-23
FC今治 1-1 ヴァンラーレ八戸
Y.S.C.C.横浜 0-1 ブラウブリッツ秋田
SC相模原 2-1 鹿児島ユナイテッドFC
藤枝MYFC 3-1 FC岐阜
AC長野パルセイロ 1-0 ガンバ大阪U-23
カマタマーレ讃岐 0-1 アスルクラロ沼津
ロアッソ熊本 2-0 福島ユナイテッドFC
ガイナーレ鳥取 2-0 カターレ富山
コメント
関連ニュース
thumb

沼津がMF佐藤尚輝の入籍を報告「より一層の責任と自覚を持って精進」

アスルクラロ沼津は21日、MF佐藤尚輝(24)が一般女性と入籍したことを報告した。 クラブの発表によると、佐藤は1月10日に入籍したとのことだ。佐藤はクラブを通じて喜びのコメントを残している。 「アスルクラロ沼津を支えてくださるすべての皆様、いつもご声援、ご支援ありがとうございます。私事ではありますが、先日入籍いたしました」 「これからも毎日を大切にし、一社会人、そしてプロ選手として、より一層の責任と自覚を持って精進していきます。コロナ禍で大変な時期ではありますが、変わらぬご支援とご声援をよろしくお願いいたします」 湘南ベルマーレ下部組織出身の佐藤は産業能率大学を経て2019年に沼津へ入団。昨季は明治安田J3で31試合に出場して2得点をマークした。 2021.01.21 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

熊本FW浅川隼人が学生時代からの交際相手と入籍「2チームも共に渡り歩いた最高のパートナー」

ロアッソ熊本は21日、FW浅川隼人(25)が一般の方と入籍したことを報告した。 クラブの発表によると、浅川は21日に入籍したとのこと。浅川はクラブを通じて喜びのコメントを残している。 「浅川隼人のファン、いつも応援し支えてくださっている皆様。本日1月21日にかねてからお付き合いしていた方と入籍しました。大学の頃から1番近くで支えてくれ、2チームも共に渡り歩いた最高のパートナーに出会い家族になれたこと嬉しく思います」 「今後はより一層責任感を持って、熊本の為に日本サッカーの為に尽力し、夢を追っていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いいたします」 浅川は、2018年に桐蔭横浜大学からY.S.C.C.横浜へ加入してプロキャリアをスタートさせると、2020年は熊本に加入。明治安田J3で28試合に出場して11得点を挙げた。 2021.01.21 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪がU-23チームでプレーしたFWウェリング・ピアスの契約満了を発表「次のステージで頑張ります!」

セレッソ大阪は21日、オーストラリア人FWウェリング・ピアス(22)の契約満了を発表した。 アビスパ福岡スクール出身で、日本人の母親とオーストラリア人の父親を持つウェリング・ピアスは、2016年に母国・オーストラリアのメルボルン・ビクトリーでファーストチームへ昇格。その後、2018年5月のトライアルを経て、同年7月にC大阪へ入団した。 明治安田J3を主戦場に2018年は10試合で2得点、2019年は10試合1得点を記録。昨季は明治安田J3でキャリアハイの18試合に出場したが、ノーゴールに終わった。 C大阪を去るウェリング・ピアスはクラブの公式サイトで以下のように別れのコメントを残している。 「クラブに在籍した2年半、全チームメイト、スタッフ、コーチそしてファン、サポーターのみなさん、ありがとうございました。次のステージで頑張ります!」 2021.01.21 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿児島MF五領淳樹が追突事故… 双方ともにケガなし

鹿児島ユナイテッドFCは20日、MF五領淳樹が追突事故を起こしたことを報告した。 クラブによると五領は19日の15時30分頃、運転する乗用車が信号待ちで一旦停止後、発進した際に前方の軽自動車に追突。その軽自動車はさらに前方の普通自動車に追突し、玉突き事故を起こしていた。 事故発生後は速やかに警察へ届け出を行い対応。双方ともにケガはなかったとのことだ。 五領はクラブ公式サイトを通じて以下のように謝罪のコメントを残している。 「このたびは、私の不注意により事故を起こしてしまい、運転されていた方には心よりお詫び申し上げます。また、鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての方にご心配、ご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ございませんでした。今後運転する際は、より細心の注意を払ってまいります」 2015年にロアッソ熊本から加入した五領。昨季は明治安田生命J3リーグ14試合に出場して1得点を挙げた。 2021.01.20 21:44 Wed
twitterfacebook
thumb

福島が神戸下部組織出身のびわこ成蹊スポーツ大学DF堂鼻起暉の加入内定を発表

福島ユナイテッドFCは19日、びわこ成蹊スポーツ大学のDF堂鼻起暉(22)が2021シーズンより加入することが内定したと発表した。 堂鼻は大阪府出身で、ヴィッセル神戸の下部組織出身。U-18から、びわこ成蹊スポーツ大学へと進学していた。 福島でプロキャリアをスタートすることとなった堂鼻はクラブを通じてコメントしている。 「この度福島ユナイテッドFCに加入することになりました堂鼻起暉です。サッカーを始めた時から目標としていたプロサッカー選手になることができて嬉しく思います。これまで支えてもらった家族や友人、指導者の方々に感謝の気持ちを忘れず、福島ユナイテッドFCの勝利のために全力でプレーしたいです」 「また、震災から10年という中で、サッカーで福島を盛り上げ、福島の皆さんに元気と夢を与えられるような選手になるよう頑張ります。皆さん、応援をどうぞよろしくお願いいたします」 2021.01.19 15:18 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly