琉球が待望の今季初白星! 上里の芸術FK弾にエースFW阿部の決勝弾で岡山に逆転勝利《J2》

2020.08.01 21:28 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J2リーグ第9節のファジアーノ岡山vsFC琉球が8月1日にシティライトスタジアムで行われ、アウェイの琉球が2-1で逆転勝利した。3戦未勝利の17位・岡山と、開幕から唯一未勝利の最下位・琉球による中2日開催での3連戦の最終戦。

開始直後に風間希が負傷交代するアクシデントに見舞われた琉球に対して、ホームの岡山が先手を奪う。16分、清水のスルーパスに反応した山本がゴール左で放ったシュートはGKの好守に阻まれるも、ゴール前でこぼれ球に詰めた三村が冷静に流し込んだ。その後はオープンな展開の中で互いにゴールに迫ったが、前半は1-0のまま終了する。

迎えた後半はビハインドを追うアウェイチームが立ち上がりから攻勢を仕掛けていく展開に。すると59分、ボックス手前やや左の好位置でFKを得た琉球は富所とのキッカーを決めるジャンケン対決を制した上里が、得意の左足で壁のギリギリ上を越える完璧な軌道のシュートをゴール左隅に突き刺し、同点ゴールをもたらした。

その後、互いの特長を生かした攻めでオープンな攻防を繰り広げる両者だったが、琉球が再びセットプレーの流れからゴールをこじ開ける。84分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーの上里がゴール前に入れたボールはGKにパンチングで弾き出される。しかし、ペナルティアーク付近でこぼれ球に反応した田中がブレ球のミドルシュートを枠に飛ばすと、GKポープ・ウィリアムが弾いたボールに詰めた阿部が巧みなコントロールでボールを収め、右足のシュートを冷静に流し込んだ。

そして、試合終盤にかけて気迫のこもった守備でホームチームの反撃をしのぎ切った琉球が、開幕9試合目にして待望の今季初勝利を手にした。

◆明治安田生命J2リーグ第9節
▽8/1(土)
ファジアーノ岡山 1-2 FC琉球

▽8/2(日)
《18:00》
栃木SC vs アルビレックス新潟
ヴァンフォーレ甲府 vs レノファ山口FC
松本山雅FC vs ギラヴァンツ北九州
V・ファーレン長崎 vs 東京ヴェルディ
《18:30》
京都サンガF.C. vs FC町田ゼルビア
《19:00》
水戸ホーリーホック vs ツエーゲン金沢
大宮アルディージャ vs アビスパ福岡
ジェフユナイテッド千葉 vs ザスパクサツ群馬
徳島ヴォルティス vs モンテディオ山形
愛媛FC vs ジュビロ磐田
コメント
関連ニュース
thumb

大宮がU-18のFW大澤朋也、MF柴山昌也の来季昇格内定を発表

大宮アルディージャは27日、FW大澤朋也(18)、MF柴山昌也(18)が2021シーズンからトップチームに昇格することが内定したことを発表した。 大澤はU-12から大宮に所属。U-15、U-16の日本代表歴もある右利きのストライカーだ。一方の柴山は、U-16から大宮に所属。161cmと小柄ながら、左利きの中盤のプレーヤーだ。 両選手はクラブを通じて昇格へのコメントを残している。 ◆FW大澤朋也 「小学4年生から所属してきた大宮アルディージャで、プロのサッカー選手としてスタートできることを大変うれしく思います。これまで関わってくださった方々への感謝の気持ちを忘れずに、日々謙虚な姿勢で努力していきたいと思います。ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします!」 ◆MF柴山昌也 「大宮アルディージャでのトップ昇格が決まり、プロサッカー選手のキャリアをこのクラブでスタートできることを大変うれしく思います。身体の小さい選手に夢を与え、チームの力になれるよう努力し、ファン・サポーターの方々を魅了できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!」 2020.09.27 19:10 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮が2点差ひっくり返す圧巻の逆転勝利を披露! 2位・徳島は手痛いドロー…《J2》

明治安田生命J2リーグ第22節の4試合が26日に各地で行われた。 大宮アルディージャはサンガスタジアム by KYOCERAで京都サンガF.C.と激突。12分と15分に中川に失点を許し、2点ビハインドで試合を折り返すも後半に圧巻の逆転劇を披露する。52分にイッペイ・シノヅカが頭で1点を返して反撃の狼煙を上げると、その5分後に黒川がGKとの一対一を制して同点に。76分には右CKのクロスに畑尾がディフェンスに競り勝って逆転弾をマークする。さらに、試合終了間際に自陣のセンターサークルで受けた奥抜が攻撃参加していたGKの位置を確認してロングシュートで4点目。4-2でアウェイの大宮が逆転勝利を収めた。 2位・徳島ヴォルティスは鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで20位・松本山雅FCと対戦した。61分のCKのこぼれ球に清武がゴールへ突き刺すも、74分にPKから被弾。結局、1-1で引き分けとなり、下位チームを相手に手痛いポイントロスとなった。 ◆明治安田生命J2リーグ第22節 ▽9/26(土) アルビレックス新潟 1-1 ヴァンフォーレ甲府 京都サンガF.C. 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 大宮アルディージャ</span> 徳島ヴォルティス 1-1 松本山雅FC 愛媛FC 0-0 ツエーゲン金沢 ▽9/27(日) 《14:00》 モンテディオ山形 vs ジュビロ磐田 V・ファーレン長崎 vs アビスパ福岡 《16:00》 水戸ホーリーホック vs ザスパクサツ群馬 東京ヴェルディ vs ギラヴァンツ北九州 《18:00》 栃木SC vs FC町田ゼルビア 《18:30》 FC琉球 vs ジェフユナイテッド千葉 《19:00》 レノファ山口FC vs ファジアーノ岡山 2020.09.26 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグ規制緩和のステップ/六川亨の日本サッカー見聞録

Jリーグは24日、臨時の実行委員会を開催して安全のためのガイドラインを変更し、入場者に関する規制をステップ1からステップ3まで段階的に緩和することを発表した。詳細はすでに当サイトで紹介済みだが、簡単におさらいしよう。 内閣官房は9月11日に入場者の段階的な規制緩和を発表し、19日よりクラッシックコンサートは100%、スポーツイベントは5000人以上か50%以内とした。しかしJリーグは『1席』ではなく密を避けるために1メートル以上開けることで、「(実際のスタジアムで)積算すると30%になる。これを基準にしている」ことを村井チェアマンは21日のNPB(日本野球機構)とJリーグの対策連絡会議後のブリーフィングで話していた。 これは実際に踏襲され、ステップ1として『収容数17000人以上のスタジアムは30%。17000人以下のスタジアムは50%』を9月30日まで継続する。 実際の具体例を見てみよう。9月16日のFC東京対大分戦(2-3)の試合後の公式記録の下段欄外には次のような但し書きがあった。 [備考]新型コロナウイルス感染予防対策のため、制限付き(入場者数上限「5000人以下」または収容率「50%以下」)での試合開催 それが9月19日の柏対広島戦(1-1)では次のように変わっていた。 [備考]新型コロナウイルス感染予防対策のため、制限付き(入場可能数の「50%以下」または入場可能数が「17,000人以上のスタジアムは30%以下」)での試合開催。※入場可能数や適用時期は主管クラブが決定 そして※の入場可能数の変更を裏付けるように、ステップ2では『入場者数の上限50%』への拡大が9月30日以降に可能になる。これは座席にすると1席空けての動員が可能になることを意味する。 そしてステップ3がステップ2に加えて『ビジター席の開放』だ。こちらの施行時期10月30日以降で、全クラブが実施できるよう目標日時に設定されている。 ところが会見で多くの記者が混乱した。というのもステップ2とステップ3が部分的に混同したからだ。 その理由として、スタジアムによって「50%にならないクラブもある」(藤村特命担当部長)こと。恐らく1席空けて座ったとしても1メートル以上の距離を取れないスタジアムがあるのだろう。他にも「『1メートル以上空けてもいいからビジター席にファンを入れたい』というクラブもあり、そういうクラブは30%でオーケー」(藤村特命担当部長)と、各クラブの事情により柔軟な対応を取ったからだ。 クラブによっては「雰囲気が壊れるからホームのサポーターしか入れたくない」というクラブもあったそうだ。雰囲気といっても、ほとんどは拍手なのだけれど……。そういえば、昨夜の味の素スタジアムでは、アウェーのサポーターの手拍子が禁止になっていた。 本来ならアウェーサポーターの入場そのものが禁止のはずだから、“優しい警告"といったところだろうか。 本題に戻ると、「ステップ2で、ビジターなしで上限50%か、1.5メートル(30%)でビジターを入れるか。50%とビジターは10月30日以降にできるようにしないといけない」というのが藤村特命担当部長の結論だった。 そして、こうした段階的な規制緩和を実現するためには、さらに多くのハードルが待ち構えている。これらについてはステップ2が施工される次週のコラムで紹介しよう。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.09.26 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

岡山FW清水慎太郎が全治最大4週間 山形戦で右足関節ねん挫

ファジアーノ岡山は25日、FW清水慎太郎の戦線離脱を報告した。 今季のここまで明治安田生命J2リーグ20試合2得点の清水は23日に行われた第21節のモンテディオ山形戦で負傷。右足関節ねん挫で全治2〜4週間の見込みだ。 岡山は現在、J2リーグ6勝6分け9敗の16位。27日に行われる次節、19位に位置するレノファ山口FCのホームに乗り込む。 2020.09.25 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

J2リーグ20位の松本、布啓一郎監督を解任 後任に編成部部長の柴田峡氏

松本山雅FCは25日、布啓一郎監督(59)と羽田憲司コーチ(38)の解任を発表した。 過去に市立船橋高校を率いて4度の高校選手権優勝に導いた実績を持つ布監督は2018年からザスパクサツ群馬を率いて、翌シーズンの明治安田生命J3リーグでチームの3年ぶりとなるJ2リーグ昇格に貢献。今季から松本の監督に就任した。 反町康治氏(現・日本サッカー協会技術委員長)の後任として迎えた今季だったが、ここまで4勝7分け10敗の20位。23日にホームで行われたJ2リーグ第21節のFC琉球戦で今季最多6失点の敗北を喫して、ここ4試合で白星が遠ざかっている。 シーズン折り返しのタイミングで松本の監督を辞することが決まった布監督はクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「成績を上げることができずに、サポーターをはじめ、クラブをサポートしていただいている皆様にたいへん申し訳なく思います。これからは、外から松本山雅を応援させていただきます。短い間でしたが、ありがとうございました」 また、後任監督として、編成部部長を務める柴田峡氏(54)の就任がとなり、U-18監督の西ヶ谷隆之氏(47)もコーチに昇格。本日25日のトレーニングから指揮を執り、再建を図る柴田新監督は意気込みを語った。 「今回の監督交代は、強く責任を感じています。クラブをサポートしてくれている皆様の思いに結果をお見せしないといけないのが我々のクラブです。次の試合まで大きなことを変えることはできませんが、選手たちが新たにチャレンジする気持ちやそれぞれの想いを1つにして、チームを良い方向に向かわせるように、力を合わせて頑張ってまいります。皆様の応援をよろしくお願いいたします」 松本は26日に行われる次節、2位に位置する徳島ヴォルティスのホームに乗り込む。 2020.09.25 11:54 Fri
twitterfacebook