オルンガ4戦連発の柏が4連勝! 4戦ぶり失点の名古屋は今季初黒星…《J1》

2020.08.01 20:06 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第8節、名古屋グランパスvs柏レイソルが8月1日に豊田スタジアムで行われ、アウェイの柏が1-0で勝利した。

開幕から無敗を継続する3位の名古屋だが、前節のサンフレッチェ広島戦では選手2名とスタッフ1名に新型コロナウイルスの陽性反応が出た影響により、Jリーグとの協議の結果、試合中止を決断。2節ぶりの一戦に向けては直近の大分トリニータ戦から先発2人を変更。負傷の阿部、米本に代わってジョアン・シミッチ、相馬が起用された。

一方、リーグ再開後3連敗スタートも、3戦12得点の圧倒的な攻撃力を武器に、3連勝で7位まで順位を上げてきた柏は、5-1で圧勝したベガルタ仙台戦から先発3人を変更。高橋祐、三原、神谷に代えて山下、ヒシャルジソン、瀬川が起用された。

共に4連勝を目指すリーグ最少失点の名古屋と、リーグ2位の得点力を誇る柏による“矛盾対決”。互いに様子見の入りを見せた中、8分にはシミッチからのフィードに反応した左サイドの相馬が抜け出しかかるが、ここはエリア外に飛び出したGK中村が見事な対応でピンチを未然に防ぐ。

すると、直後の10分にはボックス左へ抜け出したオルンガがライン際で冷静にDFをかわしてシュート。GKランゲラックが何とか弾き出したボールを中央の江坂がすかさず蹴り込むが、ここはDFのゴールカバーに遭い、先制点とはならず。

早くも“矛盾対決”を印象付ける攻防を見せた両者だが、その後はボールを保持した名古屋が試合をコントロールしていく展開に。柏の球際を強調した守備を前になかなか決定機まで至らないが、マテウスの直接FKや左サイドからのクロスに対していずれもフリーとなった前田、金崎の2トップが惜しい形でのヘディングシュートを放ち、ゴールを予感させる仕掛けを幾度か見せた。

ゴールレスで折り返した試合は後半もホームチームが主導権を握る。前田の強烈なシュートでいきなりゴールを脅かすと、55分には中盤でのボール奪取からカウンターに転じ、右サイド深くに侵攻した相馬からボックス内の金崎に丁寧なマイナスパスが通る。だが、金崎のシュートは惜しくも右サイドネットを叩いた。

一方、後半に入ってなかなかフィニッシュの形を作れない柏は瀬川を下げて戸嶋を投入するなど、戦い方に変化を加えていく。すると、飲水タイム明けのワンチャンスを生かして名古屋の堅守を破る。

71分、ハーフウェイライン付近でセカンドボールを拾って相手陣内中央右でフリーの江坂にボールが繋がると、江坂は素早い反転から絶妙な斜めのフィードをゴール前に供給。これに完璧なタイミングで抜け出したオルンガが飛び出したGKランゲラックの手前で、長い足を生かした足裏のワンタッチシュートで、流し込んだ。

最も警戒していた相手のエースを止められず、4戦ぶりの失点を喫した名古屋は、直後にマテウスと相馬の両翼を下げて18歳FW石田と、長期離脱明けの青木を同時にピッチへ送り出す。さらに、プレースキックの局面で存在感を放つ今季初出場の太田をピッチへ送り出した。

試合終盤にかけては金崎と山崎の2トップをシンプルに使った名古屋が攻勢を仕掛ける展開が続いたものの、完全に逃げ切り態勢に入った柏の粘りの守備を前になかなか決定機まで至らない。

そして、このままうまく時計を進めた柏が4試合連続となるエースFWオルンガのゴールを最後まで守り切り、堅守を誇る相手のお株を奪うウノゼロの勝利で4連勝を達成した。一方、攻撃面で決め手を欠いた名古屋は今季初黒星となった。

名古屋グランパス 0-1 柏レイソル
【柏】
オルンガ(後26)
コメント
関連ニュース
thumb

柏がGS突破! 王者川崎Fは連勝同士の名古屋と決戦へ《YBCルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節が5日に行われた。 新型コロナウイルスの影響により、大会開催方式に大きな変更が加えられた今季のルヴァンカップ。そして、全3試合(グループBを除く)の総当たり方式に変更となったグループステージが、約半年ぶりに再開となった。 【グループA】大卒ルーキーコンビ躍動の王者・川崎Fと、快勝の名古屋が連勝!<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> 連勝を目指す前年王者の川崎フロンターレは県立カシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと対戦。クラブ史上初の7連勝でリーグ首位に立つチームは、この試合でも躍動。序盤からボールを握って優勢に試合を運ぶと、前半終了間際の43分には三笘の右足のカットインシュートがディフレクトする形でゴールネットを揺らし、先制に成功。さらに、後半立ち上がりの47分にはハーフタイム明けに投入された小林と大島のコンビで背番号10が追加点。続く55分には三笘の技ありの左クロスを旗手が冷静に流し込み、試合を決定付けた。その後、互いに積極的に交代カードを切っていく中、ホームの鹿島は途中出場の伊藤が84分、93分に連続ゴールを挙げて追いすがるも試合は3-2のスコアでタイムアップ。 また、IAIスタジアム日本平に乗り込んだ名古屋グランパスは清水エスパルスと対戦。今季初めて3バックを採用したホームチームに対して、相馬、マテウスの両翼を起点に攻勢を見せると、前半終了間際に得たFKの場面でマテウスのブレ球シュートをGKが弾いたところを丸山が押し込んで先制。さらに、54分には山崎のスルーパスに抜け出したマテウスが相手GKをあざ笑うかのような絶妙なループシュートを決めて加点。その後は持ち味の堅守でクリーンシートを目指していく中、後半アディショナルタイムにも山崎にゴールが生まれ、敵地で3-0の勝利となった。この結果、グループAは最終節を前に連敗の鹿島、清水の敗退が決定。連勝の首位川崎Fと2位の名古屋がグループ首位通過を懸けて最終節で激突する。 鹿島アントラーズ 2-3 川崎フロンターレ 清水エスパルス 0-3 名古屋グランパス 【グループB】浦和優勢から一転、C大阪が最終節引き分け以上で首位突破<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> レギュレーション変更により、J2リーグの松本山雅FCが不参加となったグループBは、松本戦を残していたベガルタ仙台と浦和レッズには自動で勝ち点3が与えられることになった。 そのため、勝てば首位突破が決まる浦和はセレッソ大阪相手に序盤から攻勢を仕掛ける。5分に木本が負傷するアクシデントに見舞われたC大阪をレオナルドを中心に敵陣に釘付けにするも、なかなかシュートシーンは作れない。ゴールレスで迎えた後半も浦和ペースで進んだが、ネットを揺らしたのは守勢のホームチームだった。82分、敵陣中央でボールを持った西川がドリブルで持ち上がり右に展開。これでボックス右に侵入した豊川が豪快にシュートを突き刺し先制に成功した。途中出場の2人の活躍で劣勢をひっくり返したC大阪は、最終節の仙台戦で引き分け以上で首位突破が決まる。 セレッソ大阪 1-0 浦和レッズ 【グループC】カズ出場の横浜FC、GS突破に望みを繋ぐ勝利! 札幌は単独首位浮上<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> 駅前不動産スタジアムではサガン鳥栖と横浜FCが対戦した。今季公式戦初出場の三浦が53歳5カ月10日の歴代最年長出場記録を更新したゲームは30分に決まらなかったものの、その三浦がダイビングヘッド。鳥栖がやや優勢のなかで、レジェンドが果敢にゴールを狙った横浜FCは集中した守りで凌ぎ続ける。すると、後半アディショナルタイム1分に左サイドの志知が上げたクロスに大外から瀬沼がダイビングヘッドで合わせて先制。1-0で勝ち切った横浜FCがグループステージ突破に望みを繋いだ。 札幌厚別公園競技場では北海道コンサドーレ札幌とサンフレッチェ広島が対戦した。白星スタートで切ったチーム同士の一戦は14分に左CKの流れから金子のゴールで札幌が先制したが、22分に広島が一瞬の隙を突いて、浅野が左足シュートでゴールネットを揺らして同点。イーブンで試合を折り返した札幌だったが、61分にドウグラス・オリヴェイラがゴール右隅に蹴り込み、再びリードに成功する。結局、このままタイムアップ。昨季ファイナリストの札幌が広島を退けて連勝を飾り、最終節を残してグループ単独首位に浮上している。 サガン鳥栖 0-1 横浜FC 北海道コンサドーレ札幌 2-1 サンフレッチェ広島 【グループD】柏が2連勝でGS突破! 昨季4強のG大阪は昌子デビュー戦ドローで敗退<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> J1リーグ4連勝中の柏レイソルはホームで湘南ベルマーレと対戦した。グループステージ初戦を白星スタートで切ったチーム同士のゲームはアウェイの湘南が勢いで上回る立ち上がりだったが、GK滝本の好守も光り、無失点で切り抜けた柏が徐々に巻き返す展開となると、後半早々の48分に敵陣右サイドで獲得したFKのチャンスから戸嶋がファーサイドにクロスを上げ、呉屋がヘディング。呉屋の一発で先制した柏は交代カードを切りながら攻めの姿勢を強めた湘南に攻め入られるシーンもあったが、GK滝本が要所で好セーブをみせ、1点のリードを維持する。柏は後半こそ攻めがゴールに繋がらなかったが、1-0のままタイムアップ。見事に湘南を下して2連勝を飾った柏が他会場の結果も受け、最終節を残してグループステージ首位を確定させ、プライムステージ進出を果たした。 ガンバ大阪は大分トリニータとアウェイで対戦。勝てなければ敗退となるチーム同士の一戦はG大阪が移籍後初先発の昌子も長短のパスで攻撃にもしっかり絡み、主導権を握ると、29分に佐藤の横パスをバイタルエリア中央でかっさらった井手口を起点に先制。ボックス右でフリーのパトリックが井手口からのパスに右足ダイレクトで合わせ、G大阪が幸先よく先取するが、守勢の大分が35分のカウンターからワンチャンスをモノにする。伊佐のパスをボックス右で受けた三平が中央に折り返すと、ゴール前に猛進の小塚がプッシュして、同点に。後半も大半の時間帯でG大阪ペースとなるが、再三のファインセーブで立ちふさがるGKムン・キョンゴンを崩せず、勝ち越しゴールが遠い。昨季準決勝進出のG大阪だが、引き分けで終了。大分とともにグループステージ敗退が決まった。 柏レイソル 1-0 湘南ベルマーレ 大分トリニータ 1-1 ガンバ大阪 2020.08.05 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

柏の規格外FWオルンガがベシクタシュのターゲットに?

今季の柏レイソルでも得点源として多大な貢献度を誇るケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)だが、トルコの名門からの熱視線がある模様だ。 2018年8月に柏入りし、昨季の明治安田生命J2リーグで27得点を挙げ、チームのJ1復帰に貢献したオルンガ。そのJ2リーグ最終節の京都サンガF.C.戦で1試合におけるJリーグ歴代最多得点の8ゴールを挙げた決定力は日本最高峰のリーグに舞台を移した今季も健在で、J1リーグ開幕から8試合消化の現時点で9得点を記録して、得点ランキングトップを走っている。 昇格組ながらJ1リーグ順位表でも上位につける柏の大きな原動力として抜群の存在感を誇るオルンガだが、トルコ『A Spor』がによると、トルコの強豪ベジクタシュが今夏の獲得候補として、目を光らせているという。そのベシクタシュはトルコ代表FWブラク・ユルマズにリール移籍の可能性が取り沙汰され、ストライカーを今夏の補強ポイントに挙げているようだ。 ベシクタシュのセルゲイ・ヤルチン監督は新たな得点源となり得る選手の獲得を求め、移籍金90万ユーロ(約1億1000万円)で獲得が見込めるオルンガのポジティブなレポートに目を通しているとも。柏加入後通算52試合に出場して42得点12アシストを挙げ、もはや不可欠な存在のオルンガだが、今夏にJリーグでのキャリアに区切りを受け、欧州に向かうのだろうか。 2020.08.05 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第8節:名古屋vs柏】堅守の名古屋か、破壊力抜群の柏か

【明治安田生命J1リーグ第8節】 2020年8月1日(土) 18:00キックオフ 名古屋グランパス vs 柏レイソル [豊田スタジアム] ◆イレギュラーな日々を過ごし、無敗継続なるか【名古屋グランパス】 首位・川崎フロンターレとともにシーズン無敗で3位につける名古屋。今節はその川崎Fと2位のガンバ大阪が直接対決となるだけに、この一戦での勝利は大きな価値をもたらすことになる。 前節はサンフレッチェ広島とのアウェイゲームだったが、選手に新型コロナウイルスの感染者が出たこと、そして濃厚接触者の特定が間に合わなかったことで当日の中止という異例の事態となった。 試合は前々節の大分トリニータ戦以来10日ぶりとなるが、この間トレーニングが制限されるなど、難しい時間を過ごした。準備が万全とは言えないだろう。 それでも、攻守にわたって安定感を見せるチーム、特に古巣対決となるDF中谷進之介を中心となる守備面がこの試合のカギだ。破壊力抜群の相手攻撃陣を封じることができれば、4連勝も現実味を帯びてくる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆3連敗後の3連勝、重要な一戦に【柏レイソル】 リーグ再開後3連敗を喫し、一気に先行きが不安になった柏だが、その後は3連勝と調子を上げてきた。 中断期間中は新型コロナウイルスの感染防止のために対外試合を行わず、試合勘、試合体力が削がれていたことが、中断明けの3連敗に影響したとも言える。 また、仲間隼斗、神谷優太と新戦力の2人を先発させてから攻撃陣が活性化。エースであるFWオルンガも得点感覚を取り戻し、3連勝中で6ゴールと爆発。簡単には止められなさそうだ。 前節から1週間空いたことで、選手の回復も測れたはず。前節負傷交代した神谷の状態は気になるが、勢いそのままに、堅守の名古屋をどう攻略するか。自慢の攻撃陣の力を見せて欲しいところだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:中村航輔 DF:古賀太陽、高橋祐治、大南拓磨、三丸拡 MF:三原雅俊、大谷秀和 MF:神谷優太、江坂任、仲間隼斗 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.08.01 11:20 Sat
twitterfacebook
thumb

仲間3戦連発&オルンガ爆発のハット!柏が大量5ゴールで3連勝、仙台は5戦未勝利《J1》

26日、明治安田生命J1リーグ第7節の柏レイソルvsベガルタ仙台が三協フロンテア柏スタジアムで行われ、5-1で柏が圧勝した。 前節は浦和レッズ相手に大量4ゴールを奪った柏。そこからヒシャルジソンのみを外し、三原雅俊を起用する。 対する仙台は前節2点リードから川崎フロンターレに3点を奪われ逆転負け。その仙台は6名を変更し、ヤクブ・スウォビィク、平岡康裕、石原崇兆、関口訓充、長沢駿、西村拓真が外れ、小畑裕馬、蜂須賀孝治、金正也、中原彰吾、赤崎秀平、アレクサンドレ・ゲデスを起用した。 試合は13分、仙台がチャンス。右サイドからの道渕のクロスをGK中村が弾くと、こぼれ球をジャーメイン良がシュート。これもGK中村がセーブ。波状攻撃の最後は道渕が詰めるが、GK中村が全てセーブする。 柏は20分、オルンガが楔となると落としを受けた江坂がドリブルで進行。相手を引きつけて浮き球のパスを出すと、最後は走り込んだ仲間が滑り込みながらゴール左へと決め、柏が先制。仲間は3試合連続ゴールとなった。 柏は23分、相手のバックパスを狙っていた仲間がカット。最後は江坂がシュートを放ったが、DF吉野がブロックに入る。 攻勢を強める柏だったが35分にアクシデント。神谷が足首を痛め、瀬川と交代することとなる。 柏は40分、代わって入った瀬川が見せる。大谷のダイレクトパスに走り込むと、ラインぎりぎりで瀬川がクロス。これをボックス中央でオルンガがヘディングで叩き込み、柏がリードを広げる。 2点ビハインドの仙台はジャーメイン良に代えて西村、蜂須賀に代えて石原を投入する。 すると48分、左サイドへのパスに反応した赤崎がクロス。これを大南がクリアしに行くも、クリアできず。こぼれ球を西村が押し込み、仙台が1点を返す。 58分に柏はカウンター。江坂のスルーパスに反応したオルンガがドリブルを仕掛けてボックス内に侵入。切り返しで吉野を振り切ると、そのままゴールへ流し込み、再びリードを2点とする。 さらに柏は60分、スルーパスに反応したオルンガがボックス内に走り込むと、GK小畑が倒してしまいPKに。オルンガがキッカーを務めるも、シュートをGK小畑が完全に読み切ってセーブし、得点を許さない。 ロングボールに反応した瀬川が裏に抜け出すもシュート打てず。しかし、そこから繋ぐと、仲間、三原とつなぎ、三原の縦パスをオルンガがボックス内で決めて、ハットトリックを達成する。 その後も柏が攻勢をかけると、86分には自陣でのボール奪取から三原が縦パス。途中出場の戸嶋が競り合うと、これぼれ球を拾った瀬川がボックス手前中央からコントロールショット。これが右隅に決まり、柏が5点目を奪う。 その後も仙台の反撃を許さなかった柏は5-1で勝利し3連勝を達成。仙台は連敗となり5戦未勝利となった。 柏レイソル 5-1 ベガルタ仙台 【柏】 仲間隼斗(前20) オルンガ(前40) オルンガ(後13) オルンガ(後28) 瀬川祐輔(後41) 【仙台】 西村拓真(後3) 2020.07.26 21:03 Sun
twitterfacebook
thumb

柏が4発の花火で浦和を一蹴! ネルシーニョ監督の古希を盛大に祝う《J1》

22日、明治安田生命J1リーグ第6節の浦和レッズvs柏レイソルが埼玉スタジアム2002で行われ、0-4で柏が快勝を収めた。 前節はFC東京とアウェイで対戦し、2-0で敗れた浦和。スタメン5人を変更し、長澤和輝、青木拓矢、汰木康也、興梠慎三、杉本健勇に代わり、関根貴大、エヴェルトン、ファブリシオ、武藤雄樹、レオナルドを起用した。 対する柏は、前節湘南ベルマーレ相手に3-2と打ち合いを制し、再開後初勝利。その湘南戦からスタメンの変更はなく、同じ11人で連勝を目指す。 <div id="cws_ad">◆GK中村航輔がビッグセーブ!<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13qckia50ad061hvwvo9ph0hvh" async></script></div> 序盤から主導権を握ったのはホームの浦和。立ち上がり3分に決定機。パスカットからカウンターを仕掛けると、武藤のパスを受けたレオナルドがヒールで落とすと、上手く抜け出た武藤がボックス内でシュート。しかし、GK中村がセーブする。 浦和は、今季初先発となった武藤が前線から激しい守備を見せ、チームにリズムを生み出す。対する柏はオルンガをターゲットに、ロングボールを集めるが収まらず。なかなか攻撃の糸口を見つけ出せない。 それでも18分、ボックス手前でこぼれ球を拾ったオルンガが左足でミドルシュート。鋭いシュートだったが、ゴール右に外れる。 22分に浦和はビッグチャンス。スローインから武藤、レオナルドとつなぎ、上がってきたファブリシオへ。フリーのファブリシオがボックス内でシュートを放つが、GK中村がセーブする。 浦和のペースで進んでいた中、1つのミスから柏が先制する。32分、GKから西川と岩波がショートパスをつなぐと、西川の縦パスをヒシャルジソンが狙ってボール奪取。そのままボックス内に持ち込み、自ら決めて柏が先制する。 浦和は35分にビッグチャンス。橋岡が右サイドを突破すると、クロスをファブリシオが合わせにくもシュートは打てず。GK中村が掻き出すと、関根が奪い、最後はレオナルドがシュートも、大南がブロックに入って失点を逃れる。 浦和は44分にも決定機。レオナルドのスルーパスを受けた山中が中央へ折り返すと、フリーの関根がダイレクトシュート。しかし、GK中村が体を投げ出すビッグセーブで防ぐ。 柏のリードで折り返した後半。浦和はメンバー変更なし、柏は先制点のヒシャルジソンに代えて三原を起用する。 様子を見る展開で始まった後半だったが52分、江坂が右サイドへと展開すると古賀がボックス手前からクロス。これをボックス中央でオルンガがヘッドで合わせると、GK西川の頭上を越えるループシュートとなり、リードを広げる。 勢いに乗る柏は56分、関根からボールを奪うと、左サイドを仕掛けた三丸のクロスをボックス内で神谷がヘッド。この折り返しを最後は仲間がバウンドしたボールをヘディングで合わせ、柏がリードを3点とする。 3点ビハインドとなった浦和は一気に攻撃陣を入れ替え。武藤、レオナルド、関根を下げて、杉本、興梠、伊藤を入れて流れを変えに行く。 前節2トップを組んだ興梠と杉本は良いコンビネーションで前線を活性化。杉本が積極的にシュートを放つが、GK中村が立ちはだかる。 終盤にかけては浦和が両サイドを効果的に使って柏ゴールを脅かすも、ゴールを奪えず。すると89分には柏がカウンター。三原が長澤からボールを奪うと、こぼれ球を拾った神谷がドリブルで持ち上がり、ボックス手前で右足一閃。ディフレクトするも強烈なシュートがネットを揺らした。 浦和は終盤攻め込んだものの、息の根を止められ終了。4ゴールで快勝した柏がネルシーニョ監督の70歳の誕生日を盛大に祝い連勝。浦和は連敗となった。 浦和レッズ 0-4 柏レイソル 【柏】 ヒシャルジソン(前32) オルンガ(後7) 仲間隼斗(後11) 神谷優太(後44) 2020.07.22 21:29 Wed
twitterfacebook