オルンガ4戦連発の柏が4連勝! 4戦ぶり失点の名古屋は今季初黒星…《J1》

2020.08.01 20:06 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第8節、名古屋グランパスvs柏レイソルが8月1日に豊田スタジアムで行われ、アウェイの柏が1-0で勝利した。開幕から無敗を継続する3位の名古屋だが、前節のサンフレッチェ広島戦では選手2名とスタッフ1名に新型コロナウイルスの陽性反応が出た影響により、Jリーグとの協議の結果、試合中止を決断。2節ぶりの一戦に向けては直近の大分トリニータ戦から先発2人を変更。負傷の阿部、米本に代わってジョアン・シミッチ、相馬が起用された。

一方、リーグ再開後3連敗スタートも、3戦12得点の圧倒的な攻撃力を武器に、3連勝で7位まで順位を上げてきた柏は、5-1で圧勝したベガルタ仙台戦から先発3人を変更。高橋祐、三原、神谷に代えて山下、ヒシャルジソン、瀬川が起用された。

共に4連勝を目指すリーグ最少失点の名古屋と、リーグ2位の得点力を誇る柏による“矛盾対決”。互いに様子見の入りを見せた中、8分にはシミッチからのフィードに反応した左サイドの相馬が抜け出しかかるが、ここはエリア外に飛び出したGK中村が見事な対応でピンチを未然に防ぐ。

すると、直後の10分にはボックス左へ抜け出したオルンガがライン際で冷静にDFをかわしてシュート。GKランゲラックが何とか弾き出したボールを中央の江坂がすかさず蹴り込むが、ここはDFのゴールカバーに遭い、先制点とはならず。

早くも“矛盾対決”を印象付ける攻防を見せた両者だが、その後はボールを保持した名古屋が試合をコントロールしていく展開に。柏の球際を強調した守備を前になかなか決定機まで至らないが、マテウスの直接FKや左サイドからのクロスに対していずれもフリーとなった前田、金崎の2トップが惜しい形でのヘディングシュートを放ち、ゴールを予感させる仕掛けを幾度か見せた。

ゴールレスで折り返した試合は後半もホームチームが主導権を握る。前田の強烈なシュートでいきなりゴールを脅かすと、55分には中盤でのボール奪取からカウンターに転じ、右サイド深くに侵攻した相馬からボックス内の金崎に丁寧なマイナスパスが通る。だが、金崎のシュートは惜しくも右サイドネットを叩いた。

一方、後半に入ってなかなかフィニッシュの形を作れない柏は瀬川を下げて戸嶋を投入するなど、戦い方に変化を加えていく。すると、飲水タイム明けのワンチャンスを生かして名古屋の堅守を破る。

71分、ハーフウェイライン付近でセカンドボールを拾って相手陣内中央右でフリーの江坂にボールが繋がると、江坂は素早い反転から絶妙な斜めのフィードをゴール前に供給。これに完璧なタイミングで抜け出したオルンガが飛び出したGKランゲラックの手前で、長い足を生かした足裏のワンタッチシュートで、流し込んだ。

最も警戒していた相手のエースを止められず、4戦ぶりの失点を喫した名古屋は、直後にマテウスと相馬の両翼を下げて18歳FW石田と、長期離脱明けの青木を同時にピッチへ送り出す。さらに、プレースキックの局面で存在感を放つ今季初出場の太田をピッチへ送り出した。

試合終盤にかけては金崎と山崎の2トップをシンプルに使った名古屋が攻勢を仕掛ける展開が続いたものの、完全に逃げ切り態勢に入った柏の粘りの守備を前になかなか決定機まで至らない。

そして、このままうまく時計を進めた柏が4試合連続となるエースFWオルンガのゴールを最後まで守り切り、堅守を誇る相手のお株を奪うウノゼロの勝利で4連勝を達成した。一方、攻撃面で決め手を欠いた名古屋は今季初黒星となった。

名古屋グランパス 0-1 柏レイソル
【柏】
オルンガ(後26)
コメント
関連ニュース
thumb

電撃デビューから4日…アル・ドゥハイルが正式に元柏FWオルンガの加入を発表、3年契約を締結

カタールのアル・ドゥハイルは16日、ケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)の加入を発表した。 オルンガは12日、カタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。柏からの移籍が発表されず、アル・ドゥハイルも加入を発表していない中、オルンガはいきなり試合のスターティングメンバーに名を連ねるという驚きの事態となり、残念な別れの形となっていた。 加入の発表がないままデビュー戦を戦ったオルンガだが、アル・ドゥハイルはようやく加入を発表。契約期間は3年間とのことだ。 オルンガは2018年8月にスペインのジローナから柏に加入。1年めは明治安田J1で10試合に出場し3得点を記録。しかし、チームはJ2に降格していた。 2年目となった2019シーズンは明治安田J2で大暴れ。30試合に出場し27得点を記録し、チームのJ2優勝に大きく貢献していた。 そして迎えた2020シーズンは、明治安田J1で32試合に出場し28得点を記録。柏の選手として初の得点王に輝くとともに、アフリカ出身選手として初めてJリーグの最優秀選手賞を受賞していた。 なお、アル・ドゥハイルはカタール・スターズリーグを戦っている他、2月に行われるクラブ・ワールドカップにも開催国王者として出場が決定。「オルンガも重要なメンバーになるだろう」とクラブも発表している。 2021.01.17 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

スタメン発表で移籍が発覚したJリーグMVPのFWオルンガが改めて感謝のメッセージ

カタールのアル・ドゥハイルへ電撃移籍をしていた元柏レイソルのケニア代表FWオルンガが、改めて感謝の気持ちを述べた。 オルンガは12日、カタールのアル・ドゥハイルへと完全移籍。柏からの移籍が発表されず、アル・ドゥハイルも加入を発表していない中、オルンガはいきなり試合のスターティングメンバーに名を連ねるという驚きの事態となり、残念な別れの形となっていた。 そのオルンガは、自身のツイッター(@OgadaOlunga)を更新。柏へ改めて感謝の気持ちを述べている。 「柏レイソルファミリーのみなさん、2年半の応援に心から感謝しています」 「経営陣、チーム、サポーターのみなさんに心から感謝します。僕に示してくれた信頼と、サッカーのピッチで、みなさんを代表して戦う機会を与えてくれたことに感謝します」 「柏での日々を楽しみました。今後もよろしくお願いします」 オルンガは2018年8月にスペインのジローナから柏に加入。1年めは明治安田J1で10試合に出場し3得点を記録。しかし、チームはJ2に降格していた。 2年目となった2019シーズンは明治安田J2で大暴れ。30試合に出場し27得点を記録し、チームのJ2優勝に大きく貢献していた。 そして迎えた2020シーズンは、明治安田J1で32試合に出場し28得点を記録。柏の選手として初の得点王に輝くとともに、アフリカ出身選手として初めてJリーグの最優秀選手賞を受賞していた。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Thank you for everything <a href="https://twitter.com/REYSOL_Official?ref_src=twsrc%5Etfw">@REYSOL_Official</a> <a href="https://twitter.com/J_League_En?ref_src=twsrc%5Etfw">@J_League_En</a> <a href="https://t.co/jD8BmnMcj0">pic.twitter.com/jD8BmnMcj0</a></p>&mdash; MICHAEL OLUNGA (@OgadaOlunga) <a href="https://twitter.com/OgadaOlunga/status/1350121540508114946?ref_src=twsrc%5Etfw">January 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.16 11:42 Sat
twitterfacebook
thumb

柏が選手背番号を公開! 椎橋慧也は「26」、復帰の上島拓巳は「44」を背負う

柏レイソルは15日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 明治安田生命J1リーグ昇格から2年目の今季、7位に終わった前年からのさらなる上位進出を目指す柏。今オフに海外挑戦を果たした日本代表GK中村航輔だけでなく、得点王&MVPに輝いたFWオルンガまでも失ったが、レンタルバック組や昇格組を含めて8選手を獲得した。 ベガルタ仙台から加入したボール奪取が光るMF椎橋慧也は「26」となり、大宮アルディージャから入団したドリブル突破が魅力のMFイッペイ・シノヅカは「31」に。J1昇格のアビスパ福岡で守備陣の軸を担い、満を持しての復帰となるDF上島拓巳は「44」の着用する。 そのほか、同日に加入が決定した2人の外国籍選手はドッジが「22」、アンジェロッティが「29」に決定した。 ◆選手背番号一覧 GK 16.滝本晴彦 17.キム・スンギュ 21.佐々木雅士←柏レイソルU-18/昇格 46.松本健太←大宮アルディージャ/復帰 DF 3.高橋祐治 4.古賀太陽 6.高橋峻希 13.北爪健吾 15.染谷悠太 20.三丸拡 24.川口尚紀 25.大南拓磨 38.大嶽拓馬←柏レイソルU-18/昇格 44.上島拓巳←アビスパ福岡/復帰 50.山下達也 MF 7.大谷秀和 8.ヒシャルジソン 10.江坂任 11.マテウス・サヴィオ※背番号変更 22.ドッジ←フルミネンセ(ブラジル)/完全 26.椎橋慧也←ベガルタ仙台/完全 27.三原雅俊 28.戸嶋祥郎 29.アンジェロッティ←レッドブル・ブラガンチーノ(ブラジル)/完全 31.イッペイ・シノヅカ←大宮アルディージャ/完全 33.仲間隼斗 36.山田雄士 37.鵜木郁哉 FW 9.クリスティアーノ 18.瀬川祐輔 19.呉屋大翔 35.細谷真大 39.神谷優太 監督ネルシーニョ 2021.01.15 19:10 Fri
twitterfacebook
thumb

柏がブラジル人2名を補強! MFドッジ、MFアンジェロッティの完全移籍加入で合意、来日可能後に契約

柏レイソルは15日、フルミネンセからMFドッジ(24/写真)、レッドブル・ブラガンチーノからMFアンジェロッティ(22)が完全移籍で加入することで合意したと発表した。 なお、両選手は日本政府による新型コロナウイルス(COVID-19)に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日しメディカルチェックを経て、正式契約を結ぶとのことだ。 ドッジは、ブラジルのクリシューマでキャリアをスタート。2018年4月にフルミネンセへ期限付き移籍すると、2019年1月に完全移籍で加入。公式戦55試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 主戦場はボランチで、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは19試合に出場し1ゴール1アシストを記録していた。 アンジェロッティはレッドブル・ブラジルの下部組織出身で、レッドブル・ザルツブルクのリザーブチームに当たるオーストリアのリーフェリングへのレンタル移籍も経験していた。今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエBでは1試合に出場していた。 2021.01.15 13:17 Fri
twitterfacebook
thumb

柏がFW山崎亮平、FW村田和哉との契約満了を発表、DFユン・ソギョンは江原FCへ完全移籍

柏レイソルは15日、FW山崎亮平(31)、FW村田和哉(32)との契約満了を発表した。また、Kリーグ1の釜山アイパークへ期限付き移籍していたDFユン・ソギョン(30)が江原FCへ完全移籍することも発表している。 山崎はジュビロ磐田やアルビレックス新潟でプレーした後、2018年に柏に加入した。柏では3シーズンプレーし、J1通算18試合、J2通算2試合、リーグカップ通算5試合1得点、天皇杯通算2試合に出場していた。 ケガなどに悩まされた山崎は、2020シーズンの明治安田J1で1試合の出場に終わっていた。 村田はセレッソ大阪や清水エスパルスでプレーし、2019年に柏に加入。シーズン途中にアビスパ福岡へ期限付き移籍すると、2020シーズンはレノファ山口FCへ期限付き移籍していた。 柏では半年のプレーとなり、明治安田J2で1試合、リーグカップで2試合の出場に終わっていた。 ユン・ソギョンは、2017年にデンマークのブレンビーから加入、2018年6月からFCソウル、2019年3月から江原FC、2020年は釜山アイパークへ期限付き移籍していた。 柏では、2017年、2018年とプレーし、J1通算17試合、天皇杯で2試合に出場していた。 山崎と村田はクラブを通じてコメントしている。 ◆FW山崎亮平 「3年間ありがとうございました。けがもあり、降格もあり、チームに貢献できず悔しい思いでいっぱいですが、来季のレイソルはもっともっと強いチームになると思うので、コロナで大変な状況ですが応援よろしくお願いします。こんな自分を3年間応援してもらってありがとうございました」 ◆FW村田和哉 「このたび、契約満了に伴い柏レイソルを退団することになりました。レイソルの一員になれたことが自分の誇りですし、サッカー人生の1ページを開いてくれたクラブでした。スタジアム、クラブハウス、練習場、アカデミーなど様々な施設が一つに集約されている環境に感動したことは今でも忘れられません」 「期限付き移籍の中でも変わらず応援してくださったサポーターの皆様に本当に感謝しています。ありがとうございました。チームを離れますがこれからも柏レイソルを応援しています。これから始まる村田和哉の夢への挑戦を応援していただけたら嬉しいです。人生最幸!!」 2021.01.15 11:18 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly