柏&エゼキエウが復帰の広島が5試合ぶり勝利! 横浜FCは4連敗に《J1》

2020.08.01 20:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第8節、横浜FCvsサンフレッチェ広島が8月1日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で広島が勝利した。共にここ4戦未勝利の両チーム。14位の横浜FC(勝ち点5)は、連敗同士の対戦となった前節の浦和レッズ戦は攻勢を見せながらも悔しい失点で3連敗となった。ピッチ外ではサポーターによるガイドライン違反が騒がれる中、ホームで連敗を止められるか。

一方、10位の広島(勝ち点7)は、前節は対戦相手の名古屋グランパスで新型コロナウイルス感染が確認され、試合当日に急遽延期が決定。前回の試合から1週間以上空いた中、負傷離脱していた柏や新加入のエゼキエウがベンチ入りを果たした。

序盤は広島が立て続けにセットプレーのチャンスを得る展開に。右CKの場面ではキッカーの森島がサインプレーでファーにボールを送るが、ここはGK南に読まれていた。直後にはボックス左外でFKを獲得。森島はクロスを選択するも誰も合わせることができなかった。

攻勢を続ける広島は9分、右サイドからの横パスを川辺がダイレクトでセンタリング。ここに東が走り込んだが、上手く合わせられずGKの正面に。さらに15分には、右ウイングバックの茶島が川辺とのワンツーでボックスへ侵入。茶島のシュート、さらには東もシュートを放ったが、どちらもブロックに捕まってしまった。

18分には右CKからビッグチャンスを迎えた広島。ニアで荒木がフリックしたところを東が頭で合わせたが大きく枠を外してしまう。それでも22分、その東からのスルーパスに抜け出した森島がボックス左で佐藤との競り合いを制しゴールイン。アウェイチームが先制した。

その後、前半半ばにドウグラス・ヴィエイラが相手との接触で足を痛めたシーンでしばらく中断。無事にピッチに戻った同選手は37分、ボックス左で青山のクロスを胸トラップし冷静にゴールに流し込んだ。

2点のビハインドを受けて、横浜FCは後半から一度に3枚替えに打って出る。田代、佐藤、皆川を下げて、星キョーワン、瀬古、一美を投入し点を奪いに行く。

しかし広島は強かに、前がかりになる横浜FCに対し東がロングシュートでGKを強襲。南は完全に見送っていたが、シュートはクロスバーを叩いてゴールならず。意表を突いたプレーで相手を牽制する。

そんな中、51分に前半から痛みを抱えていたドウグラス・ヴィエイラが続行不可能に。代わりに永井が投入された。広島はさらに60分に柏が登場。第2節以来、初めてピッチに立った。

やや膠着してきた中、飲水タイムを挟んだ74分に両チームが動く。横浜FCは松浦を下げてレアンドロ・ドミンゲスを、広島は森島と茶島を下げてエゼキエウとハイネルを投入。エゼキエウは広島デビューとなった。

横浜FCはレアンドロ・ドミンゲスを中心に攻勢を強めるが、83分のシュートはわずかに右に外れてしまう。エゼキエウにもチャンスが訪れたがシュートまで持ち込めず。

結局、試合は0-2で広島が勝利。5試合ぶりの白星となった。一方の横浜FCはこれで4連敗となった。

横浜FC 0-2 サンフレッチェ広島
【広島】
森島司(前22)
ドウグラス・ヴィエイラ(前37)
コメント
関連ニュース
thumb

中村俊輔が背番号10を着用! ストライカー大量補強の横浜FCが新体制発表

横浜FCは17日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 2020シーズンは、2007年以来13年ぶりにJ1の舞台を戦った横浜FC。降格がない特別なシーズンとなったが、明治安田J1で15位と残留圏でシーズンを終えていた。 下平隆宏監督が指揮を執る3年目のシーズンは、チームとして重要な1年に。J1残留を目指す戦いに向けて多くの選手を入れ替えた。 移籍組で新たに加わったのは10名。鹿島アントラーズのFW伊藤翔、ガンバ大阪のFW渡邉千真、ヴィッセル神戸のMF小川慶治朗、ジェフユナイテッド千葉のFWクレーべ、ベガルタ仙台のFWジャーメイン良と、課題である得点力強化に向けて実力者を獲得した。 また、サガン鳥栖の元日本代表MF高橋秀人や浦和レッズのDF岩武克弥、ヴァンフォーレ甲府のDF中塩大貴、ブラウブリッツ秋田のDF韓浩康と守備陣も補強。GKには柏レイソルから猿田遥己を期限付き移籍で獲得した。 その他、2020シーズンは期限付き移籍だったGK六反勇治、MF杉本竜士、MF手塚康平を完全移籍で獲得。また、DFマギーニョは引き続き期限付き移籍で残留することとなった。 また、背番号変更も行われMF中村俊輔が「46」から「10」に変更。またDF袴田裕太郎が「26」から「3」、MF齋藤功佑が「15」から「8」、MF安永玲央が「28」から「15」に変更となった。 ◆横浜FC登録選手一覧 GK 1.大内一生←Y.S.C.C.横浜/期限付き満了 18.南雄太 21.市川暉記 28.猿田遥己←柏レイソル/期限付き 44.六反勇治←清水エスパルス/期限付き→完全 DF 2.マギーニョ←川崎フロンターレ/期限付き延長※背番号変更「3」 3.袴田裕太郎※背番号変更「26」 4.高橋秀人←サガン鳥栖/完全 5.田代真一 19.伊野波雅彦 20.カルフィンヨンアピン 22.岩武克弥←浦和レッズ/完全 23.前嶋洋太←水戸ホーリーホック/期限付き満了 24.高木友也←法政大学/新加入 26.韓浩康←ブラウブリッツ秋田/完全 27.中塩大貴←ヴァンフォーレ甲府/完全 MF 6.瀬古樹 7.松浦拓弥 8.齋藤功佑※背番号変更「15」 10.中村俊輔※背番号変更「46」 13.小川慶治朗←ヴィッセル神戸/完全 15.安永玲央※背番号変更「28」 17.武田英二郎 30.手塚康平←柏レイソル/期限付き→完全 31.杉本竜士←横浜F・マリノス/期限付き→完全 32.古宿理久 37.松尾佑介 FW 9.クレーべ←ジェフユナイテッド千葉/完全 11.三浦知良 14.ジャーメイン良←ベガルタ仙台/完全 16.伊藤翔←鹿島アントラーズ/完全 39.渡邉千真←ガンバ大阪/完全 監督 下平隆宏 2021.01.17 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FCがMFレアンドロ・ドミンゲスとの契約満了を発表「過ごした日々はとても良い思い出に」

横浜FCは16日、ブラジル人MFレアンドロ・ドミンゲス(37)との契約満了を発表した。 レアンドロ・ドミンゲスはブラジルのヴィトーリアやクルゼイロ、フルミネンセでプレー。2010年にクルゼイロから柏レイソルへと完全移籍し、Jリーグでのキャリアをスタートさせる。 J2の舞台でのJリーグ挑戦となったレアンドロ・ドミンゲスだが、圧倒的なパフォーマンスを見せ、32試合で13得点を記録。チームをJ2初優勝に導いていた。 2011年はJ1挑戦となるが、高いパフォーマンスを維持。30試合で15得点を記録すると、柏は史上初の昇格1年目でのJ1制覇に貢献。Jリーグ最優秀選手賞も受賞した。 その後もチームの中心としてプレーしたが、2014年に遡行の問題があり解雇。名古屋グランパスへと加入すると、ケガが続き2015年で退団。ブラジルへ戻り、ヴィトーリアやポルトゥゲーザでプレー。2017年6月に横浜FCへと復帰した。 3シーズン半を横浜FCで過ごしたレアンドロ・ドミンゲスは、J2通算90試合20得点を記録。2019シーズンはチームのJ1昇格に貢献するも、2020シーズンは明治安田J1で8試合の出場に終わっていた。 レアンドロ・ドミンゲスはクラブを通じてコメントしている。 「まず初めに横浜FCでプレーする機会を与えてくださったすべての方々に感謝申し上げます。僕が横浜FCに加入した頃から幸運にも物事がうまく運ばれていったと思いますし、クラブがJ2リーグを戦っていたシーズンは、常に昇格を争う形で良いシーズンを過ごすことができ、2019シーズンはJ1昇格を果たすことが出来ました」 「とても愛情深い3年半を横浜FCで過ごし、クラブへの愛情、僕を迎えてくださった方々に対する愛情が日々大きくなっていきました」 「残念ながら、2020シーズンは我々にとって苦しいことが多く、ピッチ内でも満足のいく結果は得られなかったと思います。ただ、僕が横浜FCで過ごした日々はとても良い思い出になりました。支えてくださった皆さんに感謝申し上げます。横浜FCの今後のご活躍を願っております」 2021.01.16 12:18 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FCが鹿島FW伊藤翔を完全移籍で獲得「ピッチ内外で勝利に貢献できるよう」

横浜FCは15日、鹿島アントラーズのFW伊藤翔(32)が完全移籍で加入することを発表した。 伊藤は中京大付属中京高校からフランスのグルノーブルへ加入。2010年6月に清水エスパルスへ完全移籍で加入した。 2014年には横浜F・マリノスへと完全移籍すると、2019年から鹿島でプレー。鹿島ではJ1通算40試合8得点、リーグカップ通算6試合3得点、天皇杯通算5試合3得点、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)通算9試合5得点を記録していた。 2019シーズンは明治安田J1で26試合7得点を記録したが、2020シーズンは14試合で1得点に終わっていた。 伊藤はクラブを通じてコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜FCに移籍する事になりました伊藤翔です。毎年、クラブとしてステップアップしてきた横浜FCの一員になれた事を嬉しく思うと同時に、ピッチ内外で勝利に貢献できるよう頑張りたいと思います」 ◆鹿島アントラーズ 「2年間、お世話になりました。鹿島アントラーズとは別の道を歩む事になりますが、これから先も自分自身を磨いて人生を豊かにし、自分以外の人たちの人生にも良い影響を与えられる人間になれるよう頑張ります。ありがとうございました」 2021.01.15 14:08 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台が長身FW皆川佑介を横浜FCから完全移籍で獲得

ベガルタ仙台は15日、横浜FCの元日本代表FW皆川佑介(29)が完全移籍することを発表した。 皆川は前橋育英高校から中央大学を経て、2014年にサンフレッチェ広島に入団。2018年にはロアッソ熊本への期限付き移籍を経験すると、2019年途中から横浜FCでプレーしていた。 横浜FCでは、明治安田J2を戦っていた2019シーズンに16試合に出場し1得点を記録。2020シーズンは明治安田J1で29試合に出場し3得点を記録していた。 皆川はクラブを通じてコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「このたび、ベガルタ仙台に加入することとなりました、皆川佑介です。チームの勝利に貢献し、仙台を盛り上げられるようにがんばります。熱い応援をよろしくお願いいたします」 ◆横浜FC 「この度、ベガルタ仙台に完全移籍することを決めました。2019シーズンの夏に僕を必要としてくださり、サポーターの皆様と一緒にJ1へ昇格できたことは僕にとって最高の思い出です」 「また、横浜FCには偉大な先輩方も多く、この素晴らしい環境の中でチームの一員としてプレーできて幸せでした。1年半、たくさんの応援やサポート本当にありがとうございました」 2021.01.15 10:10 Fri
twitterfacebook
thumb

YS横浜が横浜FCのDF熊川翔を期限付き移籍で獲得「必ずまたこの舞台に戻ってきます」

Y.S.C.C.横浜は13日、横浜FCのDF熊川翔(23)が期限付き移籍で加入することを発表した。なお、横浜FCとの全ての公式戦に出場できない。 熊川は柏レイソルの下部組織出身で、流通経済大学を経ていわきFCに入団。2020シーズンに横浜FCへ加入した。 横浜FCでは明治安田J1で2試合に出場していた。熊川はクラブを通じてコメントしている。 ◆Y.S.C.C.横浜 「この度、横浜FCから期限付き移籍で加入することになりました熊川翔です。Y.S.C.C.の勝利に貢献できるよう自分の持っているものすべてを出し全力で戦います」 ◆横浜FC 「この度、Y.S.C.C.横浜に期限付き移籍する事を決めました。昨シーズンはとても悔しいシーズンでしたが、たくさんの事を学べたシーズンでもありました。今シーズンは昨シーズンの学びを生かし、更に自分が成長できるよう頑張ってきます!必ずまたこの舞台に戻ってきます。1年間ありがとうございました」 2021.01.13 12:45 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly