柏&エゼキエウが復帰の広島が5試合ぶり勝利! 横浜FCは4連敗に《J1》

2020.08.01 20:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第8節、横浜FCvsサンフレッチェ広島が8月1日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で広島が勝利した。

共にここ4戦未勝利の両チーム。14位の横浜FC(勝ち点5)は、連敗同士の対戦となった前節の浦和レッズ戦は攻勢を見せながらも悔しい失点で3連敗となった。ピッチ外ではサポーターによるガイドライン違反が騒がれる中、ホームで連敗を止められるか。

一方、10位の広島(勝ち点7)は、前節は対戦相手の名古屋グランパスで新型コロナウイルス感染が確認され、試合当日に急遽延期が決定。前回の試合から1週間以上空いた中、負傷離脱していた柏や新加入のエゼキエウがベンチ入りを果たした。

序盤は広島が立て続けにセットプレーのチャンスを得る展開に。右CKの場面ではキッカーの森島がサインプレーでファーにボールを送るが、ここはGK南に読まれていた。直後にはボックス左外でFKを獲得。森島はクロスを選択するも誰も合わせることができなかった。

攻勢を続ける広島は9分、右サイドからの横パスを川辺がダイレクトでセンタリング。ここに東が走り込んだが、上手く合わせられずGKの正面に。さらに15分には、右ウイングバックの茶島が川辺とのワンツーでボックスへ侵入。茶島のシュート、さらには東もシュートを放ったが、どちらもブロックに捕まってしまった。

18分には右CKからビッグチャンスを迎えた広島。ニアで荒木がフリックしたところを東が頭で合わせたが大きく枠を外してしまう。それでも22分、その東からのスルーパスに抜け出した森島がボックス左で佐藤との競り合いを制しゴールイン。アウェイチームが先制した。

その後、前半半ばにドウグラス・ヴィエイラが相手との接触で足を痛めたシーンでしばらく中断。無事にピッチに戻った同選手は37分、ボックス左で青山のクロスを胸トラップし冷静にゴールに流し込んだ。

2点のビハインドを受けて、横浜FCは後半から一度に3枚替えに打って出る。田代、佐藤、皆川を下げて、星キョーワン、瀬古、一美を投入し点を奪いに行く。

しかし広島は強かに、前がかりになる横浜FCに対し東がロングシュートでGKを強襲。南は完全に見送っていたが、シュートはクロスバーを叩いてゴールならず。意表を突いたプレーで相手を牽制する。

そんな中、51分に前半から痛みを抱えていたドウグラス・ヴィエイラが続行不可能に。代わりに永井が投入された。広島はさらに60分に柏が登場。第2節以来、初めてピッチに立った。

やや膠着してきた中、飲水タイムを挟んだ74分に両チームが動く。横浜FCは松浦を下げてレアンドロ・ドミンゲスを、広島は森島と茶島を下げてエゼキエウとハイネルを投入。エゼキエウは広島デビューとなった。

横浜FCはレアンドロ・ドミンゲスを中心に攻勢を強めるが、83分のシュートはわずかに右に外れてしまう。エゼキエウにもチャンスが訪れたがシュートまで持ち込めず。

結局、試合は0-2で広島が勝利。5試合ぶりの白星となった。一方の横浜FCはこれで4連敗となった。

横浜FC 0-2 サンフレッチェ広島
【広島】
森島司(前22)
ドウグラス・ヴィエイラ(前37)
コメント
関連ニュース
thumb

柏がGS突破! 王者川崎Fは連勝同士の名古屋と決戦へ《YBCルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第2節が5日に行われた。 新型コロナウイルスの影響により、大会開催方式に大きな変更が加えられた今季のルヴァンカップ。そして、全3試合(グループBを除く)の総当たり方式に変更となったグループステージが、約半年ぶりに再開となった。 【グループA】大卒ルーキーコンビ躍動の王者・川崎Fと、快勝の名古屋が連勝!<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> 連勝を目指す前年王者の川崎フロンターレは県立カシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと対戦。クラブ史上初の7連勝でリーグ首位に立つチームは、この試合でも躍動。序盤からボールを握って優勢に試合を運ぶと、前半終了間際の43分には三笘の右足のカットインシュートがディフレクトする形でゴールネットを揺らし、先制に成功。さらに、後半立ち上がりの47分にはハーフタイム明けに投入された小林と大島のコンビで背番号10が追加点。続く55分には三笘の技ありの左クロスを旗手が冷静に流し込み、試合を決定付けた。その後、互いに積極的に交代カードを切っていく中、ホームの鹿島は途中出場の伊藤が84分、93分に連続ゴールを挙げて追いすがるも試合は3-2のスコアでタイムアップ。 また、IAIスタジアム日本平に乗り込んだ名古屋グランパスは清水エスパルスと対戦。今季初めて3バックを採用したホームチームに対して、相馬、マテウスの両翼を起点に攻勢を見せると、前半終了間際に得たFKの場面でマテウスのブレ球シュートをGKが弾いたところを丸山が押し込んで先制。さらに、54分には山崎のスルーパスに抜け出したマテウスが相手GKをあざ笑うかのような絶妙なループシュートを決めて加点。その後は持ち味の堅守でクリーンシートを目指していく中、後半アディショナルタイムにも山崎にゴールが生まれ、敵地で3-0の勝利となった。この結果、グループAは最終節を前に連敗の鹿島、清水の敗退が決定。連勝の首位川崎Fと2位の名古屋がグループ首位通過を懸けて最終節で激突する。 鹿島アントラーズ 2-3 川崎フロンターレ 清水エスパルス 0-3 名古屋グランパス 【グループB】浦和優勢から一転、C大阪が最終節引き分け以上で首位突破<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> レギュレーション変更により、J2リーグの松本山雅FCが不参加となったグループBは、松本戦を残していたベガルタ仙台と浦和レッズには自動で勝ち点3が与えられることになった。 そのため、勝てば首位突破が決まる浦和はセレッソ大阪相手に序盤から攻勢を仕掛ける。5分に木本が負傷するアクシデントに見舞われたC大阪をレオナルドを中心に敵陣に釘付けにするも、なかなかシュートシーンは作れない。ゴールレスで迎えた後半も浦和ペースで進んだが、ネットを揺らしたのは守勢のホームチームだった。82分、敵陣中央でボールを持った西川がドリブルで持ち上がり右に展開。これでボックス右に侵入した豊川が豪快にシュートを突き刺し先制に成功した。途中出場の2人の活躍で劣勢をひっくり返したC大阪は、最終節の仙台戦で引き分け以上で首位突破が決まる。 セレッソ大阪 1-0 浦和レッズ 【グループC】カズ出場の横浜FC、GS突破に望みを繋ぐ勝利! 札幌は単独首位浮上<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> 駅前不動産スタジアムではサガン鳥栖と横浜FCが対戦した。今季公式戦初出場の三浦が53歳5カ月10日の歴代最年長出場記録を更新したゲームは30分に決まらなかったものの、その三浦がダイビングヘッド。鳥栖がやや優勢のなかで、レジェンドが果敢にゴールを狙った横浜FCは集中した守りで凌ぎ続ける。すると、後半アディショナルタイム1分に左サイドの志知が上げたクロスに大外から瀬沼がダイビングヘッドで合わせて先制。1-0で勝ち切った横浜FCがグループステージ突破に望みを繋いだ。 札幌厚別公園競技場では北海道コンサドーレ札幌とサンフレッチェ広島が対戦した。白星スタートで切ったチーム同士の一戦は14分に左CKの流れから金子のゴールで札幌が先制したが、22分に広島が一瞬の隙を突いて、浅野が左足シュートでゴールネットを揺らして同点。イーブンで試合を折り返した札幌だったが、61分にドウグラス・オリヴェイラがゴール右隅に蹴り込み、再びリードに成功する。結局、このままタイムアップ。昨季ファイナリストの札幌が広島を退けて連勝を飾り、最終節を残してグループ単独首位に浮上している。 サガン鳥栖 0-1 横浜FC 北海道コンサドーレ札幌 2-1 サンフレッチェ広島 【グループD】柏が2連勝でGS突破! 昨季4強のG大阪は昌子デビュー戦ドローで敗退<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;" id="cws_ad">©︎J.LEAGUE<hr></div> J1リーグ4連勝中の柏レイソルはホームで湘南ベルマーレと対戦した。グループステージ初戦を白星スタートで切ったチーム同士のゲームはアウェイの湘南が勢いで上回る立ち上がりだったが、GK滝本の好守も光り、無失点で切り抜けた柏が徐々に巻き返す展開となると、後半早々の48分に敵陣右サイドで獲得したFKのチャンスから戸嶋がファーサイドにクロスを上げ、呉屋がヘディング。呉屋の一発で先制した柏は交代カードを切りながら攻めの姿勢を強めた湘南に攻め入られるシーンもあったが、GK滝本が要所で好セーブをみせ、1点のリードを維持する。柏は後半こそ攻めがゴールに繋がらなかったが、1-0のままタイムアップ。見事に湘南を下して2連勝を飾った柏が他会場の結果も受け、最終節を残してグループステージ首位を確定させ、プライムステージ進出を果たした。 ガンバ大阪は大分トリニータとアウェイで対戦。勝てなければ敗退となるチーム同士の一戦はG大阪が移籍後初先発の昌子も長短のパスで攻撃にもしっかり絡み、主導権を握ると、29分に佐藤の横パスをバイタルエリア中央でかっさらった井手口を起点に先制。ボックス右でフリーのパトリックが井手口からのパスに右足ダイレクトで合わせ、G大阪が幸先よく先取するが、守勢の大分が35分のカウンターからワンチャンスをモノにする。伊佐のパスをボックス右で受けた三平が中央に折り返すと、ゴール前に猛進の小塚がプッシュして、同点に。後半も大半の時間帯でG大阪ペースとなるが、再三のファインセーブで立ちふさがるGKムン・キョンゴンを崩せず、勝ち越しゴールが遠い。昨季準決勝進出のG大阪だが、引き分けで終了。大分とともにグループステージ敗退が決まった。 柏レイソル 1-0 湘南ベルマーレ 大分トリニータ 1-1 ガンバ大阪 2020.08.05 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

記録を10年以上更新! キング・カズ、53歳5カ月10日で約1年ぶり公式戦先発

5日、YBCルヴァンカップ グループステージ第2節が開催。横浜FCのFW三浦知良が今シーズン初先発を飾った。 駅前不動産スタジアムで行われるサガン鳥栖vs横浜FC。53歳のキング・カズこと三浦知良が今季初めてピッチに立つ。 [4-4-2]と予想される布陣で、カズと2トップを組むのは阪南大学から昨シーズン加入したFW草野侑己(24)。歳の差は29歳のコンビとなる。 カズの先発出場は、2019年8月14日に行われた、天皇杯3回戦の横浜F・マリノス戦以来、約1年ぶり。後半17分にFW斉藤光毅と交代していた。 また、53歳5カ月10日での出場となるカズは、歴代最年長出場記録を更新。これまでの記録は、2017年5月31日のサガン鳥栖戦で出場していたDF土屋征夫(ヴァンフォーレ甲府)の42歳10カ月であり、10年以上も記録を更新したこととなる。 2020.08.05 17:55 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FCのホームゲームでガイドライン違反、大声の応援やアルコール持ち込みが発覚

横浜FCは30日、ホームゲームでのガイドライン違反を報告した。 クラブの発表によると、7月開催のホームゲームにおいて、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づいて試合運営を実施していたものの、禁止行為としているスタジアムで大声を出す行為やアルコールの持ち込み・飲酒行為が報告されたとのことだ。 この行為は「これは、新型コロナウイルス感染のリスクを最大限に防ぎながらJリーグを再開するという内容に反しており、何よりも周りのお客様への迷惑行為となっています」とクラブは声明を発表している。 横浜FCは、今回の行為を受け「8月以降のホームゲームにおきまして、入場前の周知を強化するとともに、スタジアム内でのアルコール所持または飲酒行為があった場合は、その場でアルコール飲料を回収(返却不可)させていただきます」とのことだ。 また、「スタジアム内での警備体制及び巡回を強化するとともに、横浜FCが定める禁止事項に抵触し、警備スタッフやクラブスタッフの指示に従っていただけない場合は、直ちに退場いただくとともに、今後のホームゲームの入場を禁止させていただくこともございますので予めご了承ください」と注意喚起している。 2020.07.30 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レオナルド&エヴェルトン弾で勝利の浦和が連敗ストップ! 敗れた横浜FCは3連敗…《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節の横浜FCvs浦和レッズが26日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-0でアウェイの浦和が勝利した。 直近2試合で9失点と守備が崩壊している横浜FCは、0-4で大敗した横浜F・マリノス戦からスタメンを2名変更。袴田が3バックの一角に入り、中村俊が開幕戦以来のスタメン出場となった。 一方、開幕から4戦無敗とスタートダッシュを切った浦和だが、直近は2連敗。0-4で完敗した柏レイソル戦からスタメンを5名入れ替え、今季初スタメンとなった槙野が、開幕戦以来の出場となる鈴木とセンターバックでコンビを組んだほか、柏木、興梠、青木が先発に復帰している。 連敗中の両者による一戦はホームチームのペースで試合が進んでいく。13分、敵陣中央左サイドで斉藤光がボールを受けると、ドリブルで持ち運びボックス内に侵攻。切り返しで対峙したDFをかわして右足シュートを放つも、枠には飛ばない。 20分に相手のミスパスを拾った柏木がボックス中央手前から惜しいシュートを放った浦和は、37分にもチャンス。その柏木のパスを受けた山中がボックス中央手前からミドルシュートを放つ。しかし、GK南の好セーブに遭ってしまった。 ゴールレスで後半に突入すると、浦和が先にスコアを動かす。52分、柏木からパスを受けた敵陣中央の関根が前を向きながらスールパス。ボックス左に抜け出したレオナルドが冷静にシュートをゴール左に決め切った。 その後、61分に興梠の負傷交代というアクシデントもあり、守勢に回っていた浦和だが、76分に追加点のチャンス。自陣深くの山中がロングフィードを供給すると、スクランブル投入された杉本が抜け出してボックス左から左足シュート。しかし、これはクロスバーに嫌われた。 追加点を逃したことで拮抗した状況のまま試合終盤を迎えた浦和は後半アディショナルタイムに松浦のクロスから武田に決定機を作られたが、その直後に試合を決める。カウンターからオーバーラップした柴戸がボックス左深くで山なりのクロス。これをファーサイドでフリーのエヴェルトンがヘディングで合わせると、GK南に触られるもそのままゴールに吸い込まれた。 この直後に試合終了。敵地で勝利した浦和が連敗を「2」で止め、3試合ぶりの白星。一方、決め手を欠いた横浜FCは3連敗となっている。 横浜FC 0-2 浦和レッズ 【浦和】 レオナルド(後7) エヴェルトン(後48) 2020.07.26 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第7節:横浜FCvs浦和】主導権を握る戦いができる両者、カギは先取点

【明治安田生命J1リーグ第7節】 2020年7月26日(日) 18:00キックオフ 横浜FC vs 浦和レッズ [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆後手を踏んで大量失点の連敗、先手を奪えるか【横浜FC】 ポゼッションサッカーを標榜する横浜FCは、徐々にその精度を上げながらも、結果が伴っていない。 前節は横浜F・マリノスとの13年ぶりの横浜ダービーとなったが、結果は0-4で惨敗。前々節の川崎フロンターレ戦(1-5●)に続いて、大量失点で連敗を喫した。 どちらの試合も試合中盤までは悪い展開ではない。ポゼッションも行い、主導権を握り相手ゴールに迫る時間帯も作れている。問題は、良い流れの時にチャンスを生かせず、流れを引き渡すところにあるだろう。 昇格組ということもあり、地力の差が出ての連敗。川崎戦もラスト15分で4失点、横浜FM戦もえ2失点目を皮切りに連続失点と、主導権を渡すこととなった。粘り強く戦えていない訳ではないだけに、しっかりとチャンスを生かすことができれば、勝機も見えてくるだろう。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:南雄太 DF:星キョーワァン、田代真一、小林友希 MF:マギーニョ、佐藤謙介、松尾佑介 MF:手塚康平、瀬古樹 FW:一美和成、斉藤光毅 監督:下平隆宏 ◆伴わない結果、ゴールをいかに奪うか【浦和レッズ】 浦和は開幕4試合で無敗を継続していたが、FC東京 (2-0●)、柏レイソル(0-4●)と連敗を喫することに。特に2試合とも無得点という結果に終わったことは、チームに大きな課題を示したことになる。 柏戦では初先発のFW武藤雄樹が積極的なプレーを見せ、柏ゴールに襲い掛かるシーンが何ども見られたが、GK中村航輔の好セーブ連発で得点を奪えず。また、ミスがらみでの失点も続いてしまった。 チームとしてのバランスが崩れると失点を重ねることに繋がっている印象。同じメンバーでこの過密日程を乗り切ることは難しく、いかにバランスを保ってプレーできるかがカギとなる。 そのためにも、先手を奪うことが重要に。豊富なタレントが揃う前線でどのような組み合わせを選択するのか。大槻毅監督の采配にも注目が集まる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、鈴木大輔、岩波拓也、山中亮輔 MF:長澤和輝、青木拓矢、柴戸海、汰木康也 FW:興梠慎三、杉本健勇 監督:大槻毅 2020.07.26 14:45 Sun
twitterfacebook