柏&エゼキエウが復帰の広島が5試合ぶり勝利! 横浜FCは4連敗に《J1》

2020.08.01 20:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J1リーグ第8節、横浜FCvsサンフレッチェ広島が8月1日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で広島が勝利した。共にここ4戦未勝利の両チーム。14位の横浜FC(勝ち点5)は、連敗同士の対戦となった前節の浦和レッズ戦は攻勢を見せながらも悔しい失点で3連敗となった。ピッチ外ではサポーターによるガイドライン違反が騒がれる中、ホームで連敗を止められるか。

一方、10位の広島(勝ち点7)は、前節は対戦相手の名古屋グランパスで新型コロナウイルス感染が確認され、試合当日に急遽延期が決定。前回の試合から1週間以上空いた中、負傷離脱していた柏や新加入のエゼキエウがベンチ入りを果たした。

序盤は広島が立て続けにセットプレーのチャンスを得る展開に。右CKの場面ではキッカーの森島がサインプレーでファーにボールを送るが、ここはGK南に読まれていた。直後にはボックス左外でFKを獲得。森島はクロスを選択するも誰も合わせることができなかった。

攻勢を続ける広島は9分、右サイドからの横パスを川辺がダイレクトでセンタリング。ここに東が走り込んだが、上手く合わせられずGKの正面に。さらに15分には、右ウイングバックの茶島が川辺とのワンツーでボックスへ侵入。茶島のシュート、さらには東もシュートを放ったが、どちらもブロックに捕まってしまった。

18分には右CKからビッグチャンスを迎えた広島。ニアで荒木がフリックしたところを東が頭で合わせたが大きく枠を外してしまう。それでも22分、その東からのスルーパスに抜け出した森島がボックス左で佐藤との競り合いを制しゴールイン。アウェイチームが先制した。

その後、前半半ばにドウグラス・ヴィエイラが相手との接触で足を痛めたシーンでしばらく中断。無事にピッチに戻った同選手は37分、ボックス左で青山のクロスを胸トラップし冷静にゴールに流し込んだ。

2点のビハインドを受けて、横浜FCは後半から一度に3枚替えに打って出る。田代、佐藤、皆川を下げて、星キョーワン、瀬古、一美を投入し点を奪いに行く。

しかし広島は強かに、前がかりになる横浜FCに対し東がロングシュートでGKを強襲。南は完全に見送っていたが、シュートはクロスバーを叩いてゴールならず。意表を突いたプレーで相手を牽制する。

そんな中、51分に前半から痛みを抱えていたドウグラス・ヴィエイラが続行不可能に。代わりに永井が投入された。広島はさらに60分に柏が登場。第2節以来、初めてピッチに立った。

やや膠着してきた中、飲水タイムを挟んだ74分に両チームが動く。横浜FCは松浦を下げてレアンドロ・ドミンゲスを、広島は森島と茶島を下げてエゼキエウとハイネルを投入。エゼキエウは広島デビューとなった。

横浜FCはレアンドロ・ドミンゲスを中心に攻勢を強めるが、83分のシュートはわずかに右に外れてしまう。エゼキエウにもチャンスが訪れたがシュートまで持ち込めず。

結局、試合は0-2で広島が勝利。5試合ぶりの白星となった。一方の横浜FCはこれで4連敗となった。

横浜FC 0-2 サンフレッチェ広島
【広島】
森島司(前22)
ドウグラス・ヴィエイラ(前37)
コメント
関連ニュース
thumb

「日本でプレーしたい」20歳のブラジル人“カズ”、横浜FC“キング・カズ”との意外な関係

ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで“カズ”がプレーしているのはご存知だろうか。ただただ、登録名が“カズ”というわけではない。 本名はクリスティアン・ケンジ・ワガツマ・フェレイラ。“カズ”の登録名でコリチーバに所属する20歳のディフェンダーだ。背番号「88」を背負い、左サイドバックを主戦場としている。 コリチーバの下部組織で育った“カズ”は、今年1月にファーストチームへ昇格。U-17ブラジル代表も経験したことがある選手だが、その名を日本で知る人はいないだろう。 <div id="cws_ad">◆“キング・カズ”にルーツを持つ20歳の“カズ”が関係を語る<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBRHlJTlBlQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そもそも、なぜ“カズ”という登録名になったのか。『Dugout』が独占インタビューを行い、2013年にコリチーバの入団テストを受けた際、監督が日本人であると知り、呼び始めたのがキッカケだという。 「それは2013年のことでした。監督が、僕が日本人であるのを見たとき、僕はまだここでテストを受けていました。彼はカズ(三浦知良)を覚えていて、そう呼び始めたんです」 “カズ”が2013年のいつテストを受けたかは定かではないが、2013年9月から12月まではかつて大分トリニータやジュビロ磐田で指揮を執ったペリクレス・シャムスカ氏が監督を務めており、思い出したのかもしれない。 また、本家本元の“キング・カズ”こと、三浦知良(横浜FC)は、1989年にコリチーバに所属。パラナ州選手権優勝に貢献しており、現地ファンとしては忘れられない存在となっている。そのため、“カズ”というニックネームには親しみもあるだろう。 親子ほどの歳の離れた2人の“カズ”だが、実は名前が同じだけではない。実際にコンタクトを取ったことがあるという。 「僕が彼と唯一連絡を取ったのは、僕の誕生日でした。彼が僕にメッセージをくれたんです」 「彼のストーリーに関する映像をいくつか観ました。彼がコリチーバでプレーし、ここで美しいストーリーを描いたことを知っています。彼についてよく知っています」 「バースデーメッセージが送られてくるなんて、期待もしていませんでした。父には日本に住んでいるカズを知る友達がいるんです」 「誕生日に、父がWhatsAppでビデオを送ってくれました。信じられなかったです。彼は、誕生日おめでとうと言ってくれました」 なんと、直接キング・カズからバースデーメッセージを受け取ったことがあるという“カズ”。それは2017年、17歳の誕生日だった。キング・カズはポルトガル語で、以下のビデオメッセージを送っていた。 <div id="cws_ad">◆“キング・カズ”が自身にルーツを持つ“カズ”へバースデーメッセージ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRZ3BxRnQ0YSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 「誕生日おめでとう。ケンジ。元気ですか」 「まだ会った事はないけど、今度コリチーバを訪ねた時は、会えることを楽しみにしています。僕はあなたに会いたいです」 「コリチーバでのキャリアの成功と、多くのタイトル獲得を願っています。グッドラック」 自身のニックネームのルーツであり、コリチーバでプレーした大先輩からのバースデーメッセージ。この奇跡の出来事は、当時の“カズ”にとっても大きなこと。その“カズ”のルーツは、実は日本にあったのだ。 「僕の祖父母は日本人で、日本で生まれました。母はブラジルで生まれましたが、日本人です。そして、父はブラジル人です。母の家族は日本にルーツがあります」 日本人とブラジル人のハーフである“カズ”だが、実は日本に来たこともあるとのこと。そして、日本でサッカーをするという夢もあるようだ。 「僕は日本に行ったことがあります。東京で1週間を過ごしました。素晴らしい国だと思いました」 「僕は日本に行き、そこでサッカーをしたいと思っています」 その“カズ”だが、実は日本語は話せないとのこと。両親は話せるものの、全然ダメだという。 「僕の両親は日本に5年間住んでいたので、日本語が話せます。とても流暢というわけではないですが、話せます。僕は何も学んでいないです(笑)」 53歳ながら現役を続けている“キング・カズ”と、弱冠20歳の“カズ”が同じピッチに立つ可能性はゼロではないかもしれない。 2020.09.18 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCのMF武田英二郎が右ヒザ内側半月板損傷で1カ月以上の離脱

横浜FCは15日、MF武田英二郎の負傷状況を報告した。 武田は8月27日のトレーニングで負傷。9日に内視鏡視下検査を行なった結果、右ヒザ内側半月板損傷と診断され、全治1カ月から2カ月の見込みとなっている。 武田は今シーズン、明治安田生命J1リーグ5試合に途中出場していた。 2020.09.15 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

熾烈なシーソーゲームを制した横浜FC、名古屋を下して連敗脱出! 三浦知良はベンチ入りも出場せず《J1》

明治安田生命J1リーグ第16節、横浜FCvs名古屋グランパスが13日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、3-2で横浜FCが勝利した。 3連敗中の横浜FC(勝ち点14)と、直近5試合で3勝1分け1敗の名古屋(勝ち点27)が激突。8月にはクラブ史上初のJ1リーグ3連勝を収めた横浜FCだが、一転してまたしても苦しい状況に置かれている。前節はFC東京相手に先制するも、似たような2失点で逆転負けを喫した。対する名古屋は、前節は横浜F・マリノスに開始直後に先制される展開となったものの、逆転勝利を収めて公式戦4試合ぶり白星をあげた。 三浦知良が今季初めてベンチ入りした横浜FCが立ち上がりはペースを握ったが、虎視淡々と攻撃のチャンスを窺う名古屋は12分、相馬が左サイドから上げたクロスが跳ね返されたところを、右サイドバックの吉田がボックス手前から右足一閃。強烈な勢いを持ったボールがゴール右上隅に突き刺さるスーパーゴールで、アウェイチームが先制した。 出る杭を打たれる形となった横浜FCだが、大先輩が見ている手前、情けない姿は見せられない。すると19分、田代がボックス右へ縦に送ったパスが相手のクリアミスを誘うと、齋藤功がボックス中央から蹴り込んで同点に。齋藤功はこれがJ1初ゴールとなった。 さらにその3分後には、手塚のアウトスイングの左CKからゴール前で混戦になったところを、田代がこぼれ球をねじ込んで瞬く間に逆転に成功した。 俄然勢いが増してきた横浜FMは、33分に瀬古がミドルシュートでGKランゲラックを強襲。その直後には斉藤光のドリブルによるチャンスメイクから、松浦が絶好機を迎えるも、ゴール手前から放ったシュートは味方に当たってしまった。 1点ビハインドで後半を迎えた名古屋は立ち上がりから攻勢を強めて横浜FCを押し込んでいく。52分には金崎のポストプレーから稲垣がシュートを狙うも、惜しくも枠の右に外れてしまう。 旗色が悪くなってきた横浜FCは59分に齋藤功を下げて松尾を投入。するとその直後、後半初めてボックス内でボールを持ったホームチームは手塚がボックス中央からシュートを放ったが、再び味方に当たってしまう。さらにそのこぼれ球を拾った手塚からパスを受けた松尾がネットを揺らすもオフサイドの判定に。 攻撃の圧力を上げたい名古屋は63分に3枚替えを決行。ジョアン・シミッチ、マテウス、山崎を投入すると73分、GKからパスを繋ぐ横浜FCにプレッシャーをかけた山崎がGK南からボールを奪うと、金崎、シミッチと繋ぎ、最後はマテウスがゴールを陥れて試合を振り出しに戻した。 シーソーゲームの様相を呈してきた一戦。このまま名古屋の勢いが勝るかに思われたが、78分に横浜FCが勝ち越しに成功する。右サイドから入れたクロスが相手に当たって跳ね上がると、上手く収めた松浦がボックス手前からゴール前にパスを供給。オフサイドギリギリで飛び出した途中出場の瀬沼がこれを押し込んで、再び横浜FCがリードを得た。 その後はオープンな試合展開となったが、リードを守り切った横浜FCが壮絶な撃ち合いを制し、連敗を「3」でストップ。名古屋は2試合ぶりの黒星となった。 2020.09.13 19:58 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第16節:横浜FCvs名古屋】互いに決定力が課題、ポゼッションvsカウンターの対決は

【明治安田生命J1リーグ第16節】 2020年9月13日(日) 18:00キックオフ 横浜FC(13位/14pt) vs 名古屋グランパス(4位/27pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆フィニッシュの精度を上げ連敗ストップへ【横浜FC】 前節はアウェイでのFC東京戦となったが、先制しながらも逆転負け。これで3連敗となった。チームとして推し進めるポゼッションサッカーだが、その形は引き続き見せている。一方で、前線の選手に決め切る力が足りない印象だ。 3連勝時は3試合で8得点を記録していたが、3連敗時は2得点にとどまっている状況。セレッソ大阪、FC東京と上位との対決では、ポゼッションだけでは意味がないことが露呈。フィニッシュワークの大切さを感じたはずだ。 守備陣も、前々節のサガン鳥栖戦を含め、狙われることも多く、GKからスタートするビルドアップが狙われている状況。安定感を取り戻す必要もある。ケガ人も多く、ベストなメンバーを送り込めていない状況もある中、ここが正念場。主導権を握り続けて、4試合ぶりの勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:南雄太 DF:瀬古樹、伊野波雅彦、小林友希、袴田裕太郎 MF:松浦拓弥、佐藤謙介、手塚康平、松尾佑介 FW:斉藤光毅、皆川佑介 監督:下平隆宏 ◆逆転勝ちでリスタート、連勝へ【名古屋グランパス】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えた中、先制される展開となったもののマテウス、ガブリエル・シャビエルのゴールで逆転勝ち。久々の複数得点となった。 堅守が持ち味の一方で、得点力不足は深刻な状態に陥っていただけに、複数得点で逆転勝ちできたことはチームとしてプラスになるはず。この流れを継続していきたいところだが、疲労の色も色濃くなってきた。 攻撃陣は多少の入れかを行なっているものの、最終ラインはほぼ固定。堅守に必要な集中力も連戦が続けば欠いてしまうこともある。しっかりと気を引き締めるだけでなく、多少のターンオーバーも行なっていきたいところだろう。 首位の川崎フロンターレの背中はまだまだ遠いところにあるが、上位を守るためには負けていられない状況。しっかりと連勝を収め、上位争いにくらいついて行けるかにも注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、阿部浩之、ガブリエル・シャビエル FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.09.13 14:20 Sun
twitterfacebook
thumb

伏兵・原のゴールでFC東京が逆転勝利! 横浜FCは3連敗に…《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節のFC東京vs横浜FCが9日に味の素スタジアムで行われ、2-1でホームのFC東京が勝利した。 前節の大分トリニータ戦に1-0で勝利した3位・FC東京は、中3日のこの試合に向けてメンバーを4名変更。森重、中村拓海、品田、安部に代えて木村、中村帆高、アルトゥール・シルバ、髙萩を起用してリーグ3連勝を目指した。 対する13位・横浜FCは8月にクラブ史上初のJ1リーグ3連勝を記録したが、多くの負傷者も相まって停滞気味に。敗れた前節のサガン鳥栖戦から星・キョーワァン、松浦、佐藤、一美、斉藤光毅に代えて伊野波、齋藤功佑、安永、瀬沼、皆川を加え、連敗からの抜け出しに向けて敵地へ乗り込んだ。 立ち上がりは両チームともに様子を窺いスローペースで時間が経過したが、17分に横浜FCがワンチャンスをモノに。ボックス手前から出した皆川の浮き玉のパスは相手に跳ね返されてしまうものの、そのこぼれ球を自らシュート。これがDFに当たってコースが変わりゴールに吸い込まれた。 先制点を許したFC東京だが30分に反撃。敵陣中央から高萩が鋭いスルーパスを送ると、受けた田川が体勢を崩しながらも右足でゴールに流し込み、試合を振り出しに戻した。 追い付かれた横浜FCは39分、ボックス手前中央でFKを獲得する。手塚が左足で直接狙うと壁に当たってこぼれ球に。これを松尾が強烈なシュートでゴールを脅かすもGK林に阻まれ、同点で試合を折り返す。 後半立ち上がりに齋藤功佑のシュートでゴールに迫った横浜FCに対し、後半から[4-4-2]に切り替えたFC東京も相手に襲い掛かる。62分にFKのクロスのこぼれ球を渡辺がシュート。63分にはレアンドロが個人技での打開からシュートを狙ったが、どちらも枠を捉えられない。決定機を生かせないFC東京は71分に3枚替え。中村拓海、内田、原を投入し、活性化を図る。 押し込まれる時間が続く横浜FCは84分、途中出場のレアンドロ・ドミンゲスが右サイドからクロス。瀬沼にピンポイントで合うも、GK林のビッグセーブに阻まれた。 最大のピンチを脱したFC東京は、ここまで再三の決定期を外してきたが85分についに逆転に成功する。小川が左サイドから上げたクロスボールをアダイウトンが逸らすと、途中出場の原が振り向きざまのシュートでゴール。このリードを守り抜いたFC東京が2-1で勝利し3連勝を達成した。一方、横浜FCは3連敗となった。 FC東京 2-1 横浜FC 【FC東京】 田川亨介(前30) 原大智(後40) 【横浜FC】 皆川佑介(前17) 2020.09.09 21:45 Wed
twitterfacebook