【J1注目プレビュー|第8節:浦和vs清水】連勝へのカギは先制点、主導権を握るのは

2020.08.01 13:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第8節】
2020年8月1日(土)
19:00キックオフ
浦和レッズ vs 清水エスパルス
[埼玉スタジアム2002]◆カギを握るのは先制点【浦和レッズ】

良いサッカーを見せながらもゴールが奪えずに連敗していた浦和だったが、前節は横浜FCを相手に0-2で勝利を収めた。

無敗からの連敗、そして連敗脱出となったキッカケは、やはり先制点と言えるだろう。

これまでの試合、入りが悪かったことはほとんどなかったが、最終的な結果を分けたのはゴールを先に奪えるかどうか。顕著だったのは前々節の柏レイソル戦。立ち上がりに得たチャンスを決めきれないと、そのままズルズル行き、最終的には4失点で敗れた。

先制されるまでと、先制されてからの戦い方はやはり変わり、ピッチ内でも焦りが見えるプレーからミスも増える。いかに先手を奪って主導権を握るか。連勝に必要なものは、先制点だ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔
MF:柏木陽介、エヴェルトン、柴戸海、関根貴大
FW:杉本健勇、レオナルド
監督:大槻毅

◆活路を見出したセットプレーは今節も火を噴く?【清水エスパルス】

開幕から5連敗。良いところなく負け続けたが、前節は大分トリニータを相手に4-2で勝利。今シーズンの初勝利を挙げた。

その4ゴール全てがセットプレーから生まれたものであり、新たな活路を見出したと言っても良いだろう。少なからず、大きな警戒心を他クラブに植え付けることはできた。

もともと高い技術を持つ選手が多い清水だが、チームとして生かしきれていない場面が多く、ちぐはぐさも見えた中で1つの答えを見つけた。流れを無視できるセットプレーは、今節も注目だ。

気になるのは、終盤に連続失点したこと。今シーズンは試合終盤での失点が多く、4点のリードがあったとは言え、終盤での連続失点は問題だ。浦和もミスは見逃さないため、集中し切って90分間を乗り切れるかが課題だろう。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:梅田透吾
DF:エウシーニョ、ヴァウド、立田悠悟、ファン・ソッコ
MF:ヘナト・アウグスト、中村慶太、竹内涼
FW:金子翔太、カルリーニョス・ジュニオ、西澤健太
監督:ピーター・クラモフスキー
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:柏vs横浜FM】上位窺う同勝ち点の“シックスポインター”、ミラーゲームの行方は

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月27日(日) 19:00キックオフ 柏レイソル(6位/30pt) vs 横浜F・マリノス(7位/30pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆後半戦白星スタート、勢いをつけられるか【柏レイソル】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦し、0-1で勝利。3試合ぶりの白星を記録した。後半戦の初戦を白星でスタートできたことは上位を窺う柏にとっては良いスタート。しっかりと勝ち点を積み上げていきたい。 相手を恐怖に陥れていたオルンガを中心とした爆発的な攻撃力はここ数試合は鳴りを潜めているが、ケガ人続出によるシステムの変更などを考えれば致し方ない部分もある。それでも、この先に勝ち点を積み上げるためには、連勝を飾りたいところだ。 今節の相手は勝ち点30で並ぶ横浜FMが相手。8月に対戦した時とは互いにシステムも変更され、4バックから3バックとなっており、同じ相手と考えるわけにはいかない。しかし、基本的なスタンスは変更なし。ポゼッションをいかにさせずにショートカウンターで仕留められるかに注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:古賀太陽、山下達也、大南拓磨 MF:高橋峻希、三原雅俊、大谷秀和、三丸拡 MF:呉屋大翔、江坂任 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆息を吹き返した王者、このまま勢いに乗り切るか【横浜F・マリノス】 前節はホームにベガルタ仙台を迎え、3-1で快勝。後半戦を3連勝でスタートさせることに聖臆した。しかし、この3試合は下位で苦しむ相手との3連戦。3ゴールで3連勝は明るい材料だが、手放しで喜ぶこともできない。 前半戦のラスト3試合は上位3チームに対して全て逆転負けで3連敗。この3連勝をしっかりとモノにしたければ、今節の柏との一戦が非常に重要になってくるだろう。 この3連勝を呼び込んだのは[3-4-2-1]へのシステム変更と、攻撃を司るブラジル人トリオの活躍が大きい。加入後にインパクトを残したジュニオール・サントスを始め、2試合連続ゴール中のマルコス・ジュニオール、4試合連続ゴール中のエリキと強力な攻撃陣が調子を上げている。 今節はジュニオール・サントスが契約上の理由で出場できないものの、仲川輝人が復帰予定。前田大然やオナイウ阿道、エジガル・ジュニオと枚数は揃っているだけに、抑えるのは簡単ではない。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、伊藤槙人 MF:小池龍太、喜田拓也、扇原貴宏、ティーラトン MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:オナイウ阿道 監督:アンジェ・ポステコグルー ※ジュニオール・サントスは契約上の理由で出場不可 2020.09.27 14:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:鳥栖vsFC東京】連敗中の鳥栖と連勝中のFC東京、ポゼッションとカウンターのガチンコ勝負

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月27日(日) 16:00キックオフ サガン鳥栖(15位/14pt) vs FC東京(3位/38pt) [駅前不動産スタジアム] ◆ビルドアップの精度を上げて連敗ストップへ【サガン鳥栖】 前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦。互いに勝てていない中の一戦は打ち合いとなり、最終的に4-3で敗戦となった。 攻撃面を見れば神戸を相手に渡り合い、3ゴールを奪えたことはプラスに捉えていいはずだ。一方で、守備陣は4失点。前々節の横浜F・マリノス戦も3失点、その前の北海道コンサドーレ札幌戦も2失点と、複数失点が続いている。 さらに、相手の上手さもありながら、どこか守備陣の対応が淡白。ポゼッションを高め、後方からもビルドアップする一方で、リスクヘッジが不足している印象も拭えない。ストロングポイントをしっかりと結果に繋げるためにも、過密日程で失われがちな集中力を保てるかが重要だ。 FC東京の守備強度とトランジションの速さ、そして前線のスピードと迫力は、鳥栖にとっては大きなピンチを招く可能性が高い。精度を落とさず、いかに集中して戦えるかが勝利への道となる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、原輝綺、宮大樹、内田裕斗 MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 ◆大きな連勝、首位の背中を追うために負けられない一戦【FC東京】 前節はホームにセレッソ大阪を迎えた上位対決でしっかりと結果を残し、2-0で勝利。順位こそ変わらないものの、勝ち点差を詰めることに成功した。ここから首位の川崎フロンターレを追いかけるためには、3連勝を飾りたいところだ。 最大の武器であるカウンターは切れ味が徐々に増している印象。鳥栖のポゼッションサッカーをしっかりと防ぐことで、そのカウンターが大きな刃となって鳥栖を攻め立てる武器となる。 今節は守備の要であるDF森重真人が出場停止。ここ2試合クリーンシートを達成しているが、その中で森重不在がどう結果に出るのか、FC東京としては今のチーム力が試される試合でもある。少しの綻びを突いてくる勢いは鳥栖にもあるだけに、守備陣の奮闘も注目だ。 大型連戦真っ只中で、簡単な試合などどこにもないが、前半戦では敗れている相手だけに、上位を目指すには負けられない相手。古巣対戦が予想される田川亨介、ジョアン・オマリのプレーにも注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:林彰洋 DF:中村帆高、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、安部柊斗 MF:田川亨介、レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラ FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 2020.09.27 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:鹿島vs大分】8連勝目指すも攻守の要が不在の鹿島、大分はコンディションを整えて挑む

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月27日(日) 17:00キックオフ 鹿島アントラーズ(5位/33pt) vs 大分トリニータ(12位/21pt) [県立カシマサッカースタジアム] ◆8連勝とともに求められる試合内容【鹿島アントラーズ】 前節はホームに湘南ベルマーレを迎えて1-0と辛勝。後半アディショナルタイムにややラッキーな形でファン・アラーノのゴールが決まり、なんとか7連勝を達成した。 6連勝中と調子が上向いた状態で最下位の湘南ベルマーレを迎えた試合だったが、連戦による疲労の影響、そしてMF三竿健斗の出場停止、さらにMF土居聖真をケガで欠いたことや起点となっていたDF永戸勝也を休ませたことなどが組み合わさりチームのバランスが取れず。トランジションの鋭さや球際の強さ、1つ1つのプレー精度などが低下。その結果、湘南のアグレッシブに来るスタイルを受けてしまい、苦しい戦いとなった。 それでも、しっかりと守備面ではゼロに抑えられたことはプラス材料。何度も失点かと思われるシーンを作られたが、今のチーム状態の良さが最終的な勝利を呼び込むこととなった。 今節は三竿が復帰する一方で、土居は欠場の可能性。さらに、この7連勝を支えたDF犬飼智也が出場停止となり、チームとしての真価が問われる一戦となるだろう。 低調な試合運びを見せてしまえば、対戦相手の大分トリニータのペースに巻き込まれてしまう可能性は大きい。しっかりとチームとして機能するかが、8連勝へのカギとなるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:沖悠哉 DF:小泉慶、関川郁万、町田浩樹、永戸勝也 MF:荒木遼太郎、三竿健斗、永木亮太、和泉竜司 FW:ファン・アラーノ、エヴェラウド 監督:アントニオ・カルロス・ザーゴ 出場停止:犬飼智也 ◆整わない戦力、自分たちのサッカーを出せるコンディションは【大分トリニータ】 3連勝と勢いに乗りかけていた大分だったが、前節はホームにサンフレッチェ広島を迎えて0-2で敗戦。さらに、ケガ人も再び生まれてしまい、チームとしての勢いが削がれる形となった。 ここまでは苦しい状況が続いているが、やはりチームとしての層の薄さがポイント。昨年まで積み上げたサッカーから、さらに一段上がったものを目指しているだけに、過密日程ではチームに浸透させられないという懸念点が出ている状況だ。 今節は状態の良い鹿島が相手。自分たちのペースに引き込むことができれば勝機はあるが、ピッチに立つ選手がどこまで力を発揮できるか。やりくりするという難しい中で、底上げが図れているかが重要なポイントとなりそうだ。 中3日で移動を伴う一戦。選手のコンディション面もどこまで整っているか。大幅なターンオーバーも行う可能性がある。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ムン・キョンゴン DF:岩田智輝、鈴木義宜、三竿雄斗 MF:松本怜、羽田健人、島川俊郎、香川勇気 FW:田中達也、野村直輝 FW:知念慶 監督:片野坂知宏 2020.09.27 11:52 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:広島vsG大阪】状態上向く両者の上位進出をかけた一戦

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月27日(日) 18:00キックオフ サンフレッチェ広島(10位/25pt) vs ガンバ大阪(9位/29pt) [エディオンスタジアム広島] ◆今節も期待される攻守かみ合い【サンフレッチェ広島】 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:林卓人 DF:野上結貴、荒木隼人、佐々木翔 MF:ハイネル、青山敏弘、川辺駿、柏好文 MF:浅野雄也、森島司 FW:ドウグラス・ヴィエイラ 監督:城福浩 敵地に行われた前節の大分トリニータ戦は2-0の白星。3試合ぶりの勝利を手にした。ホームでの前回対戦で1-2の敗北を喫した相手だったが、ドウグラス・ヴィエイラや森島司がゴールという形でしっかりと結果を残すと、守っては4試合ぶりのクリーンシート。内容でも攻守に実りあるものになったに違いない。 ここ最近5試合は3勝1分け1敗。その間の失点数こそ5失点の川崎フロンターレ戦が響いて、7失点を記録しているが、それを除けばわずか2失点であり、ここにきて、やや乱れた攻守の歯車がかみ合いつつある。また、ドウグラス・ヴィエイラは直近5試合で4ゴールを挙げ、復調の原動力に。ムードは決して悪くない。 しかし、今節は順位表で接近するガンバ大阪が相手。ホームでの今カードはここ2試合連続で無失点勝利と好相性を誇るが、今季の前回対戦は0-1の敗戦を喫した相手となる。フォアチェックがハマらないようだと、攻撃の形を持つG大阪ペースの展開が予想されるだけに、守りの部分でまず後手を踏まないよう心がけたい。 ◆攻め勝った成功体験を持ち込めるか【ガンバ大阪】 対するG大阪は先のホームで行われた名古屋グランパス戦を2-1で勝利。今季2度目の連勝を飾った。前半に先制を許す嫌な流れだったが、後半に大卒ルーキーの山本悠樹が直接FKから同点を挙げると、ベンチワークも冴え渡り、先発落ちの宇佐美貴史が逆転弾。久々に攻め勝った感の強い会心の逆転劇で上位を叩いた。 9月に入ってからは下位に沈む湘南ベルマーレに敗れたりもしたが、最近5試合で3勝2敗と白星先行。DFリーダーの三浦弦太や矢島慎也、小野裕二といった主力に負傷離脱者が相次ぎ、戦力ダウンを強いられてもいるが、厚みのある選手層と4バックへの回帰で目下2連勝中と、失速した夏場の最悪な時期から脱した感はある。 しかし、前節もひとつのミスからCKのチャンスを許した場面が失点に繋がっており、今節も引き続き修正ポイントに。また、今季は試合ごとに違った顔をみせる傾向があり、前節に手ごたえを手にした直後のゲームとだけあって、その継続性にも意識を持っていきたいところだ。上位再進出を目指して、連勝街道を続けられるか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、昌子源、キム・ヨングォン、藤春廣輝 MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、倉田秋 FW:パトリック、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 2020.09.27 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:神戸vs札幌】三浦新体制の初陣で今季初連勝を目指す神戸、札幌はフィニッシュワークが課題

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月26日(土) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(11位/23pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(13位/17pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆三浦新体制の初陣を飾れるか【ヴィッセル神戸】 21日付でトルステン・フィンク監督が退任。マルコス・ビベス ヘッドコーチが暫定指揮を執った前節は、サガン鳥栖とのホームゲームとなったが4-3で打ち合いを制した。 7戦未勝利、連敗中で迎えた試合だったが9分に山口蛍のゴールで幸先良く先制。しかし、その後は点の取り合いとなった。それでも、8試合ぶりの勝利は新たなスタートを切るチームには大きな1勝だった。 24日には三浦淳寛スポーツダイレクターが新監督に就任することが発表。今節から新体制で再びスタートを切ることとなる。 どのような戦い方を見せるかは不透明だが、いきなり大きく舵を切ることはなさそうだ。選手個々のパフォーマンスも悪くないものの、やはり過密日程がネック。アンカーとして攻守を支えたセルジ・サンペールと右サイドを担った西大伍の出場停止は新指揮官にとって悩みの種。出場した選手が、しっかりとパフォーマンスを出し、今季初の連勝を目指す。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:藤谷壮、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:安井拓也、山口蛍、アンドレス・イニエスタ FW:小川慶治朗、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆再び連敗、得点力不足を解消することができるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はホームに柏レイソルを迎え、0-1で敗戦。再び連敗を喫してしまった。 9戦未勝利で迎えた第16節のサガン鳥栖戦では0-2で快勝を収めたものの、ガンバ大阪、そして柏と連敗。いずれもホームで0-1と敗れ、苦しい状況から抜け出せたとは言えない状態だ。 未勝利が続いた期間もそうだったが、やはり課題は攻撃面。得点力不足が苦しい状況を生み出していることは明白だ。チャンスの数こそあるものの、それを決め切れる力がないところが悩みのタネだろう。 過密日程、長距離移動と他クラブよりコンディション面が整いにくいこともあるだけに、精度を上げることは簡単なことではないはず。それでも良い状態に入れば勢いもつくだけに、早いところ負の連鎖から脱却したいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:進藤亮佑、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、田中駿汰、荒野拓馬、菅大輝 MF:小柏剛、駒井善成 FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2020.09.26 12:30 Sat
twitterfacebook