シティのゴールマシーン、アグエロがプレミアデビュー戦でいきなり2ゴール1アシストの大暴れ!【ファースト・ゴールズ】

2020.08.01 17:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

今回はアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがマンチェスター・シティで決めた最初のゴールだ。

◆アグエロがプレミアリーグデビュー戦で2ゴール1アシストの大暴れ!


2003年にアルゼンチンの名門インデペンディエンテでプロデビューを果たしたアグエロは、若くしてそのストライカーとしての才能を開花させ、2006年にはアトレティコ・マドリーへ加入し、ヨーロッパデビュー。エースストライカーとして活躍すると、2010年にマンチェスター・シティの目玉補強の一人として加入した。

加入初年度からシーズン20ゴール以上を記録する大活躍を見せると、以来躍進を続けるシティの得点源として、公式戦370試合で254ゴールをあげている。

そんなアグエロのシティ初ゴールとなったのは、プレミアデビュー戦となった2011年8月15日のプレミアリーグ開幕節、スウォンジー戦で決めたゴールだった。

1-0とリードして迎えた59分、途中出場でアグエロがピッチに立つと、ここからアグエロショーが始まる。

交代の9分後の68分、相手ボックス内でDFマイカー・リチャーズのパスを流し込み、いきなり初ゴールを決めてみせると、71分にはMFダビド・シルバへのアシストを記録した。そして終了間際の90分には、ボックス手前でボールを受けると、強烈なミドルシュートを叩き込んだ。

途中交代で2ゴール1アシストと、鮮烈なプレミアリーグデビューを飾ったアグエロの活躍もあり、試合は4-0とシティが大勝している。
コメント
関連ニュース
thumb

“アルゼンチンのカカ”ことハビエル・パストーレが決めたセンスあふれるPSG初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はローマの元アルゼンチン代表MFのハビエル・パストーレがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆パストーレが決めた相手の意表を突くループシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIMTN6WWdhWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2009年に加入したパレルモでブレイクし、一躍欧州トップクラブの若手選手となったパストーレ。そのエレガントなプレースタイルから、“アルゼンチンのカカ”とも呼ばれたパストーレは、次なる活躍の場として2011年にPSGに移籍した。 2018年の1月にローマに移籍するまで、公式戦269試合45ゴールを記録したパストーレだが、その記念すべき初ゴールは、2011年9月11日に行われた、リーグ・アン第5節のスタッド・ブレスト戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた68分、左サイドをFWジェレミー・メネズが突破して相手のボックス内に侵入する。ここで相手3人を引きつけたところでボックスのパストーレに横パス。これを受けたパストーレはファーストタッチでボールを中央へスライドさせ、シュート体勢に入る。しかし、相手DFとGKがファーサイドへのシュートを意識して右へ動いた絶妙のタイミングでパストーレは、ゴール左へループシュート。完全にタイミングを外されたGKは一歩も動けず、エレガントな初ゴールが決まった。 クラブ初ゴールを決めたパストーレの得点で先制したPSG。これが決勝点となり1-0で勝利している。 2020.08.13 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

生粋のストライカーは健在!エトーがサンプドリアで見せたクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元カメルーン代表FWサミュエル・エトー氏がサンプドリアで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サンプドリアのエトーが放ったクラブ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIdkNlTHB1MiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2000年に加入したマジョルカで頭角を現し、その後バルセロナやインテルのエースとしてゴールを量産した、生粋のストライカーであるエトー氏。その後、ロシアのアンジ・マハチカラやチェルシー、エバートンなどでプレーした後、2015年冬にサンプドリアに加入している。 2015年の夏にトルコのアンタルヤスポルに移籍するまでの半年間で、18試合に出場し、2ゴールを決めているエトーだが、その記念すべき初ゴールは、2015年3月7日に行われた、セリエA第26節、カリアリ戦で決めたゴールだった。 1-0とホームのサンプドリアがリードして迎えた72分、エトーが魅せる。相手ボックス右でボールを持ったMFマティアス・シルベストレからのボールを受け取ったエトー。ゴールに背中を向けた状態でパスを受けたエトーだったが、胸トラップでボールを収めると、振り返りながら強烈な右足を振りぬく。 厳しい角度から放たれた強烈なシュートは、GKのニアポストを抜き、見事なゴールになり、サンプドリアでの初ゴールとなった。 これでリードを2点に広げたサンプドリアは、そのまま2-0で勝利している。 2020.08.13 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“小さなマジシャン”コウチーニョがバイエルンで決めた初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがバイエルンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コウチーニョが親善試合で決めたクラブ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVT2RZZHd1TiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年1月に加入したリバプールで大ブレイクし、2018年1月にバルセロナへの夢の移籍を掴んだコウチーニョ。しかし、バルセロナでは思うような活躍が見せられず、2019年夏にバイエルンへレンタルで加入した。 バイエルンでは今シーズン公式戦34試合で9ゴールを記録したコウチーニョだが、その記念すべき初ゴールは、2019年8月25日に行われた、プレシーズンマッチ、フィルスホーフェン戦で決めたゴールだった。 アマチュアクラブとの親善試合となったこの試合では、序盤からバイエルンが圧倒的な力の差を見せつける。3-0とリードして迎えた35分、左サイドを突破し、相手ボックス内まで侵入したDFアルフォンソ・デイビスが、FWイバン・ペリシッチへパス。ペリシッチがこれをワンタッチでコウチーニョに落とすと、ゴール正面から狙いすましたシュートをゴール左へ決めてみせた。 これで4点目を奪ったバイエルン。後半さらに力の差は顕著になり、13-1という記録的大勝を収めている。 2020.08.13 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

呪縛からの解放…!フェルナンド・トーレスがチェルシーデビューから903分後にようやく決めたクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレス氏がチェルシーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆呪縛からの解放…トーレスのチェルシー初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSdmZxSGdkbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2001年にアトレティコ・マドリーでデビューしたトーレスは、若きエースとしてブレイクすると、2007年にリバプールへ移籍。加入初シーズンから得点を量産し、一気にリバプールサポーターの心を掴み、爆発的な人気を誇った。 しかし、2011年1月、ライバルクラブのチェルシーへ移籍すると、2012年のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験するなど、多くのタイトルを獲得した。そんなトーレスは2015年にミランに移籍するまで、公式戦172試合で45ゴールをマークした。 その記念すべき初ゴールは、2011年4月23日に行われた、プレミアリーグ第34節のウェストハム戦で決めたゴールだった。 チェルシー加入後、中々得点を決められず、苦しんだトーレスだったが、1-0とリードして迎えた84分、ついに呪縛が解ける。 カウンターで中央を突破したFWニコラス・アネルカのパスをボックス内で受けたトーレスは、雨を含んだ芝により急に失速したボールに対応し、鋭いターンで相手DFを振りきる。そのままゴール前で反転しながらシュートを放ち、GKの届かないサイドネットに決めてみせた。 ようやくチェルシー初ゴールを決めたトーレス。移籍後初ゴールまで実に903分を要したものの、ようやく呪縛から解放されている。 2020.08.12 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

余りの喜びぶりに監督から喝!?若き日のアルテタがPSGで決めた鮮やかなクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

余りの喜びぶりに監督から喝!?若き日のアルテタがPSGで決めた鮮やかなクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】 どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はアーセナル指揮官の元スペイン代表MFミケル・アルテタ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆喜びすぎて怒られる!?アルテタのPSG初ゴール!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIajRTdktSSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの下部組織で育ったアルテタ氏は、トップチームへの昇格は叶わぬまま、2002年にレンジャーズへ移籍。その後、レアル・ソシエダ、エバートンでのプレーを経てアーセナルでプレーし、2016年に同クラブで現役を引退。今シーズンからはアーセナルの監督に就任している。 そんなアルテタ氏だが、バルセロナB時代にはPSGへレンタル移籍を経験しており、1年半の在籍で公式戦53試合5ゴールという数字を残している。その記念すべき初ゴールは、2001年5月12日に行われた、リーグ・アン第33節のリール戦で見せたゴールだった。 0-1とリードを許して迎えた56分、サイドを崩したPSGは、右サイドから中央へクロスを上げる。味方が頭で合わせるも、これは相手DFにクリアされるが、ボックス正面手前でこぼれ球を拾ったアルテタは、豪快なダイレクトミドルシュートを放つ。強烈なシュートは、ボックス内でブロックに入った相手DFに当たり急激に方向を変えると、GKが飛んだ方向とは逆に飛んでいき、見事ゴールイン。ディフレクションがあったのもの、これがアルテタのPSG初ゴールとなった。 これで同点に追いついたPSG。得点を決めたアルテタは大喜びでベンチへ走っていき、選手たちと喜びを分かち合ったが、まだ同点であるためか、当時のルイス・フェルナンデス監督は、背中を掴み、ピッチに戻るよう喝を入れていた。なお、試合は2-2の引き分けに終わっている。 2020.08.12 20:00 Wed
twitterfacebook