シャルケ、ドイツ代表で活躍したヘヴェデスが32歳で現役引退…

2020.07.31 21:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元ドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデス(32)が現役引退を決断した。かつて在籍したシャルケが31日に元キャプテンの引退を伝えた。シャルケの下部組織出身のヘヴェデスは2007-08シーズンにトップチームデビュー。以降は本職のセンターバックや両サイドバック、守備的MFを主戦場に長年に渡って主力として活躍。2011年からはキャプテンを務めていた。

しかし、シャルケでの晩年は思うように出場機会を得ることができず、2017年8月にはユベントスへレンタル移籍。その翌年にはロコモティフ・モスクワへと完全移籍した。

そのロコモティフ・モスクワでは公式戦50試合に出場し4ゴールを記録し、加入初年度には国内カップ優勝も経験していたが、家族を理由に今年6月に双方合意の下で契約を解消していた。

ここまでのクラブキャリアを通じてはブンデスリーガ240試合、チャンピオンズリーグ(CL)46試合など、公式戦400試合近くに出場。シャルケ時代の2010-11シーズンにDFBポカール、ユベントス時代にはセリエAとコッパ・イタリアの国内2冠を経験していた。

さらに、2011年から2017年までプレーしたドイツ代表では通算44試合に出場し2ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップでは左サイドバックのレギュラーとして全7試合に出場し、優勝に大きく貢献していた。

なお、ヘヴェデスはドイツ『Der Spiegel』で、スパイクを脱ぐ決断に至った経緯を説明している。

「最後までフットボールが大好きだったよ。だからこそ、引退という決断は難しかった」

「ただ、コロナウイルスや無観客試合といったものが、もしかしたらフットボールを辞めさせるためのメッセージだったのかもしれない」

「お金は僕にとってそこまで重要なものではないんだ。これまで十分に稼いできたからね」
コメント
関連ニュース
thumb

シャルケとフランクフルトがセカンドGKをトレード! 共に1年間のレンタル

シャルケとフランクフルトの間でGKのトレードが行われた。 シャルケは30日、フランクフルトからデンマーク代表GKフレデリク・レノウ(28)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のACホーセンスでプロキャリアをスタートしたレノウはエスビャウへのレンタル、ブレンビーを経て2018年夏にフランクフルトへ完全移籍。当初はフィンランド代表GKルーカス・フラデツキーの後釜候補だったが、同時期に加入したドイツ代表GKケビン・トラップとのポジション争いに敗れ、セカンドGKに甘んじていた。 一方、レノウを放出したフランクフルトは同日、シャルケからU-21ドイツ代表GKマルクス・シューベルト(22)を1年間のレンタル移籍で獲得した。 昨年夏にディナモ・ドレステンから加入したシューベルトは、U-21ドイツ代表GKアレクサンデル・ニューベル(22)のバイエルン移籍が決定したことを受け、一時正GKに昇格もリーグ戦9試合の出場で18失点を喫するなど、不振のチームと共に精彩を欠き、結局セカンドGKに降格。 ニューベルがバイエルンへ旅立った今シーズンもドイツ人GKラルフ・フェールマンとのポジション争いに敗れ、2番手に甘んじていた。 2020.10.01 00:36 Thu
twitterfacebook
thumb

唾吐きカバクに5試合の出場停止処分

ドイツサッカー連盟(DFB)は9月30日、シャルケのトルコ代表DFオザン・カバクに対し5試合の出場停止処分を科したことを発表した。また、1万5000ユーロ(約185万円)の罰金も科している。 カバクは26日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦に先発。その試合の27分、競り合いの中でカバクがブレーメンのDFルドヴィグ・アウグスティンションに足をかけてしまいファウルの判定が下されると、ピッチに倒れていたアウグスティンションに対して、カバクが唾を吐きかけていたことが中継映像で確認され、大きな物議を醸していた。なお、カバクはその後、84分に2枚目の警告を受けて退場していた。 カバクは試合後、自身の公式ツイッターを通じて、「決してワザとではなく、事故だった。僕は彼を狙ってなんかいないし、テレビ映像の角度は事件を欺くようなものだった。こんな事は一度だってやったこともない」と、唾吐き疑惑に関して故意に行ったものではないと釈明していた。 開幕2連敗スタートとなっているシャルケでは先日、デイビッド・ワグナー前監督が解任されるなど、ゴタゴタが続いている。 2020.10.01 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

シャルケ新指揮官に元アウグスブルク監督のバウム氏が就任

シャルケは9月30日、マヌエル・バウム氏(41)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間となっている。 シャルケでは9月27日、昨季から続く16戦未勝利に加え、開幕戦のバイエルン戦で8失点惨敗を喫し、直近のブレーメン戦も落として2連敗スタートとなったことを受け、デイビッド・ワグナー前監督(48)を解任していた。 バウム氏は2016年12月にアウグスブルクの監督に就任すると、2016-17シーズンはブンデスリーガで13位、2017-18シーズンは12位に導き、2季連続でクラブを中位に導いていた。しかし、2018-19シーズンは低迷し、2019年4月に解任されていた。直近ではU-20ドイツ代表監督を務めていた。 2020.09.30 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ブレーメン戦で唾吐き疑惑のシャルケDFカバクがDFBの調査対象に…

ドイツサッカー連盟(DFB)は28日、先日のブレーメン戦におけるシャルケのトルコ代表DFオザン・カバクの唾吐き疑惑に関して調査に乗り出したことを発表した。 カバクは、26日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦に先発し、84分に2枚目の警告を受けて退場。チームも1-3で敗れ開幕連敗となった。 その試合の27分には競り合いの中、カバクがブレーメンのスウェーデン代表DFルドヴィグ・アウグスティンションに足をかけてしまいファウルの判定。その後、ピッチに倒れていたアウグスティンションに対して、カバクが唾を吐きかけていたことが中継映像で確認され、大きな物議を醸していた。 そして、当該行為に関してDFBの管理委員会は、「相手選手に対する、明らかなスポーツマンシップに反する行為」の疑いがあるとして正式に調査に乗り出すことを決定した。 なお、カバクは試合後、自身の公式ツイッターを通じて、「決してワザとではなく、事故だった。僕は彼を狙ってなんかいないし、テレビ映像の角度は事件を欺くようなものだった。こんな事は一度だってやったこともない」と、唾吐き疑惑に関して故意に行ったものではないと釈明していた。 ただ、管理委員会は今回の調査にあたってカバクに対して、改めて意見陳述書の提出を求めており、それが受理された後に今後の手続きを進めていくことになる。 なお、ドイツ『キッカー』が伝えるところによれば、ブンデスリーガにおける直近の唾吐き行為に対する処分では、一昨シーズンに当時シュツットガルトに所属していたアルゼンチン代表MFサンティアゴ・アスカシバルに6試合の出場停止が科されているという。同選手は当時レバークーゼンに在籍していたドイツ代表MFカイ・ハフェルツに対して唾を吐き、当人はカバクと同様に故意ではなかったと主張していた。 2020.09.29 21:06 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケDFが倒れた相手に唾吐き? 「ワザとではない」と弁明も大きな問題に発展か

シャルケのトルコ代表DFオザン・カバクがとった行動が、ドイツ国内で大きな物議を醸している。ドイツ『スカイ・スポーツ』が報じた。 カバクは、26日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦に先発し、84分に2枚の警告によって退場。チームは1-3で敗れ開幕連敗となった。 問題となっているのはその試合の27分、競り合いの中、カバクがブレーメンのDFルドヴィグ・アウグスティンションに足をかけてしまいファウル。この際にアウグスティンションがピッチに倒れていた。 ファウル自体は大きなものではなく、主審が裁いたものの、問題はその後。カバクがアウグスティンションに向けて唾を吐きつけていたことが確認されていた。 この行為がわざとだったかどうかは定かではないが、相手選手に対して唾を吐いたことは事実。大きな侮辱行為として問題視されるだけでなく、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染防止の観点からも最低の行動であると大きな非難が寄せられている。 『スカイ・スポーツ』の解説者である元ドイツ代表DFローター・マテウス氏は「私から見れば、とてもスポーツマンらしくない行動だ。彼は意図的にやったと思う。処分されることを願う」と厳しいコメント。唾吐き行為については「最悪の行為」と糾弾した。 被害者であるアウグスティンションは「フェアではない。サッカーとは何も関係がない。僕はそれに気付いていなかった」とコメント。それでも「まぁ、最終的に彼は退場し、うちは勝ったけどね」と皮肉交じりに行為を非難した。 一方、唾を吐いたカバクは自身のツイッター(@ozankabak4)で謝罪。わざとではなかったと弁明した。 「ルドヴィグ・アウグスティンションに謝罪したい。決してワザとではなく、事故だった。僕は彼を狙ってなんかいないし、テレビ映像の角度は事件を欺くようなものだった」 「こんな事は一度だってやったこともないし、スポーツマンとしてふさわしい行為ではないから、今後もしない。今回は非常に残念なことだ」 2020.09.27 20:10 Sun
twitterfacebook