久保建英が仏有名誌で夢や目標を語る! 「フットボールは僕の情熱」

2020.07.31 10:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF久保建英がバロンドールを主催するフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』のインタビューに応じた。

久保は昨夏の移籍市場でFC東京からレアル・マドリーに移籍。プレシーズンをレアル・マドリーで過ごした後、トップレベルでの安定した出場機会を求めてマジョルカにレンタル移籍した。

◆バルサ下部組織時代の久保建英の超絶プレー!

チームは降格してしまったが、久保個人は徐々に信頼を勝ち取り、レギュラーに定着。公式戦36試合に出場して4得点4アシストの数字を収め、ラ・リーガ挑戦初年度の幕を下ろした。

わずか1シーズンだけだったが、マジョルカでのキャリアは久保自身にとって、印象深いものになったようだ。

「クラブのおかげで、選手としてだけでなく、人としても成長できました。良いときも悪いときも共有した友人がいて、あの島の人たちからの愛情を常に感じてもいました。色々な意味で忘れがたいシーズンでした」

来季の去就を巡り、レアル・マドリーからのさらなる武者修行が予想されるなか、夢に「ベストプレーヤーの1人になる」ことを掲げ、目標として「レアル・マドリーでのプレー」を明かした。

「僕の夢は常にベストプレーヤーの1人になること。そうなるための努力を惜しみません。目標はレアル・マドリーでプレーすること。何が起こるかわからなくても、そのためにベストを尽くして頑張ります。それと、世界最高のリーグでプレーできているのが本当に嬉しいです」

また、自身のプレーにおける武器にも言及。「ライン間や密集地帯でボールを受けて、一対一に持ち込み、決定機を作る作業が好きです」と語ると、こう続けている。

「ドリブルスキルはこれまでフットボールをしてきて、学んだことの全てです。でも、まだまだ改善の余地があります。幼い頃は朝8時から日が沈むまでフットボールに没頭していました」

「疲れ知らずでした。フットボールは僕の情熱で、子供の頃から人生の大部分を占めています。自分を向上させる唯一の目的として、プレーします。好きだからです」
コメント
関連ニュース
thumb

レアル・マドリーに不可欠な存在!カゼミロがミサイルシュートでベルナベウを沸かせる 【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆カゼミロがミサイルシュートでベルナベウを沸かせる<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3NWxTdDE1UyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> チームのバランサーとして中盤の底で不動の地位を確立するカゼミロ。今シーズンはここまで公式戦34試合5ゴール3アシストをマークしており、ジネディーヌ・ジダン監督からの信頼も厚い。 また大事な場面で見事なゴールを決めることも多く、2019年1月19日に行われたラ・リーガ第20節のセビージャ戦ではストライカー顔負けのスーパーゴールを決めている。 両チームともにゴールが奪えない中時間が過ぎ、スコアレスドロー決着も見えてきた78分、カゼミロが均衡を破る。 DFセルヒオ・レギロンからのパスを敵陣中央で受けたカゼミロは、雨が降るピッチの中、右足を振り抜き抑えの利いた素晴らしいミドルシュートを放つ。 見事な軌道を描いたシュートはゴール右上へと一直線。相手GKトマシュ・バシリクも触るのが精一杯のボールはゴールネットを揺らし、ゴール裏のサポーターを一気に歓喜の渦へと巻きこんだ。 その後、マドリーは試合終了間際に追加点を奪い、2-0で難敵セビージャを下している。 2020.08.13 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブを渡り歩くモラタがレアル・マドリー時代に決めたハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタがレアル・マドリー時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆モラタがレアル・マドリー時代に決めたハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIeFVGNU5xQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリー下部組織出身のモラタは、2014年に7月にユベントスへ移籍すると、得点力が開花して2シーズン連続2桁ゴールを記録。2016年6月にマドリーに復帰すると、シーズン20ゴールの活躍を見せた。 2017年4月5日に行われたラ・リーガ第30節のレガネス戦では見事ハットトリックも達成している。 この試合で、マドリーは残留圏内ぎりぎりの17位に位置していたレガネスに対し、主力を温存する。 それでも15分に先制すると、さらに18分、右CKからDFナチョがヘディングで合わせてファーに流れると、ゴールエリア左のモラタがふわりと浮かせたヘディングシュートでうまくゴールへ流し込み、追加点を奪った。 勢いの止まらないマドリーは続く23分にはMFマテオ・コバチッチのスルーパスをボックス中央で受けたモラタがダイレクトでシュートを流し込み、一気に3-0とした。 その後2点を返されたマドリーだが、迎えた後半開始3分に左サイドのMFハメス・ロドリゲスのFKにモラタが頭で合わせたシュートがDFに当たってゴールに吸い込まれ、試合を決定付けた。 結果を残したモラタだったが、2017年からはチェルシーへ移籍しプレミアリーグ初挑戦。2019年1月からはアトレティコ・マドリーでプレーし、 スペイン、イタリア、イングランドのビッグクラブを渡り歩いている。 2020.08.13 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ソシエダがウーデゴールのレアル・マドリー復帰を発表!

レアル・ソシエダは12日、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)が所属元であるレアル・マドリーに復帰することを発表した。 今シーズンからソシエダに2年間のレンタルで加入したウーデゴールは、攻撃の中心選手として公式戦36試合に出場して7ゴール9アシストを記録するなど、センセーショナルな活躍を披露。ソシエダを2シーズンぶりのヨーロッパリーグ出場に導いていた。 マドリーへの復帰が決まったウーデゴールに対して、ソシエダは公式サイトで以下のような感謝の声明を発表した。 「短い間だったが、マルティン・ウーデゴールはチームに貢献してくれた。彼はレアル・マドリーに復帰するために私たちのもとを去ることになったが、彼が楽しませてくれたシーズンのすべてを忘れることはないだろう。彼のゴール、サッカー、性格、努力、そして謙虚さによって、マルティンはクラブのファミリーにとって決して忘れられない存在になった。我々は彼の今後の活躍を願っている」 2020.08.13 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

セバージョスはマドリー復帰? 最終的判断はジダン監督次第

2019-20シーズンはアーセナルでプレーしたスペイン代表MFダニ・セバージョス(24)に関して、レアル・マドリー復帰の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 昨夏、出場機会を求めてアーセナルに活躍の場を移したセバージョス。負傷による離脱もあったが、公式戦37試合で2ゴール2アシストの成績を収め、クラブのFAカップ制覇に貢献。しかし、買取オプションが付随していないこともあり、マドリー復帰が既定路線となっている。 しかし、ジネディーヌ・ジダン監督が戦力に含めていないことから3500万ユーロ(約43億7000万円)前後の値札を貼ったとも報じられ、自身が望むアーセナルへの完全移籍や、古巣のレアル・ベティス、バレンシア移籍の可能性が取り沙汰されている。 そうしたなか、マドリーはチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でマンチェスター・シティの前に敗退。この敗戦を受けて状況が変わったマドリーは、中盤の強化を検討しており、コロナ禍の影響による財政難で、保有権を持つセバージョスの呼び戻しを考えているとのことだ。 最終的な判断はジダン監督次第だというが、クラブはプレシーズンのパフォーマンスで判断を下してほしいと考えている模様。なお、レアル・ソシエダにレンタル移籍中のノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)も復帰する可能性があるようだ。 2020.08.12 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、PSGからレンタル加入のアレオラ退団を発表! 新天地はプレミア?

レアル・マドリーは11日、パリ・サンジェルマン(PSG)から加入していたフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(27)がレンタル移籍期間終了に伴い、退団することを発表した。 昨夏、マドリーからPSGに完全移籍したコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(33)と入れ替わる形で、エルブランコへ1年間のレンタル移籍で加入したアレオラ。 加入当初はベルギー代表GKティボー・クルトワ(28)とのポジション争いが期待されたものの、今シーズンのラ・リーガでサモラ賞を獲得するなど、圧巻のパフォーマンスを見せたライバルを前に思うように出場機会を得られず。今シーズンの公式戦出場は9試合に留まっていた。 そして、マドリーが今シーズンの全日程をすべて消化したことを受け、このタイミングでの退団発表となった。 なお、アレオラは2023年までPSGとの契約を残しているが、前述のナバスの存在もあり、今夏にクラブを去る可能性が高いと見られている。 先日には妻のマリオンさんが、すでに購入済みのロンドンの新居に引っ越したことをSNSで明かしており、新天地にはチェルシーなどプレミアリーグのクラブが有力視されている。 2020.08.11 21:54 Tue
twitterfacebook