ロコモティフ・モスクワがポルトガル代表FWエデルと契約延長 4選手が新契約にサイン

2020.07.31 09:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロコモティフ・モスクワが29日、ポルトガル代表FWエデル(32)との契約延長を発表した。

ユーロ2016決勝で決勝点を挙げてポルトガル代表の初優勝に貢献したエデルは母国クラブ複数クラブを渡り歩き、スウォンジーやリールを経て、2017年に買い取りオプション付きのレンタルでロコモティフ・モスクワ入り。翌シーズンに買い取りオプションが行使され、ロコモティフ・モスクワにとどまり、今季も公式戦30試合6得点を記録した。

なお、GKアントン・コチェンコフ(33)、MFマチェイ・リブス(31)、MFウラジスラフ・イグナティエフ(33)との契約更新も併せて発表されている。
コメント
関連ニュース
thumb

ロコモティフ・モスクワ、かつてチェルシーに所属した元セルビア代表DFライコビッチを獲得

ロコモティフ・モスクワは13日、ペルージャから元セルビア代表DFスロボダン・ライコビッチ(31)を完全移籍で獲得した。契約期間は2021年6月30日までとなる。 母国セルビアのOFKベオグラードでプロデビューしたライコビッチは、2007年にチェルシーへ移籍した経歴を持つ191cmのセンターバック。しかし、チェルシーでは出場機会がなく、PSVやトゥベンテ、フィテッセ、ハンブルガーSV、ダルムシュタットでのプレーを経て、2016年の夏に当時セリエAに所属していたパレルモに完全移籍。 パレルモ加入後は、ケガに悩まされながらも在籍3年間で公式戦53試合に出場し5ゴール1アシストを記録。しかし、2018-19シーズンにクラブの財務不正の発覚によりセリエC(イタリア3部)へ降格すると、2019年に双方の合意のもとで契約を解除した。 その後、半年間フリーの状態が続いたが、2020年1月にペルージャに加入。今シーズンはセリエBで12試合に出場していた。また、19歳でデビューしたセルビア代表では、これまで19試合に出場している。 2020.08.14 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ロコモティフ・モスクワがペルー代表FWファルファンの退団を発表…

ロコモティフ・モスクワは5日、ペルー代表FWジェフェルソン・ファルファン(35)が今シーズン限りで退団することを発表した。 2017年1月にフリートランスファーで加入したファルファンは、ロコモティフ・モスクワで公式戦69試合に出場し25ゴール12アシストを記録。移籍後2シーズンは主力としてプレーしていたものの、その後はケガの影響もあって出場機会が激減。 今季もシーズン前の昨年6月に行われたコパ・アメリカ2019で左ヒザを負傷すると、シーズンの大半を棒に振り公式戦3試合の出場にとどまっていた。 2020.08.06 03:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ジョアン・マリオがインテル復帰へ…ロコモティフ・モスクワが退団を発表

ロコモティフ・モスクワは23日、インテルからレンタル移籍で加入していたポルトガル代表MFジョアン・マリオ(27)が退団したことを発表した。 スポルティング・リスボンでプロデビューしたジョアン・マリオは、ポルトガル代表の一員としてユーロ制覇に貢献した2016年の夏にインテルへ加入。背番号「10」が割り当てられるなど、大きな期待を受けての加入だったが期待に応えることができず、2017-18シーズンはウェストハムにレンタル移籍。 翌シーズンからインテルに復帰したが、公式戦22試合1得点3アシストにとどまり、アントニオ・コンテ新体制を発足した今シーズンのセリエA開幕戦もベンチ外に。出場機会を求めて昨年8月にロシアへ活躍の場を移したが、今季はここまで公式戦22試合に出場し1ゴール6アシストを記録していた。 今回のレンタル契約には移籍金1800万ユーロ(約21億4000万円)の買い取りオプションが付いていたが、ロコモティフはオプションの行使を見送り、ジョアン・マリオは保有元のインテルに復帰することになった。 なお、コンテ監督の構想外にあるジョアン・マリオには、古巣スポルティングやマルセイユ、ベティスが今夏に関心を示しているという。 2020.07.24 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

内田篤人の元同僚DFヘヴェデスが家族を理由にロコモティフ・モスクワを退団

ロコモティフ・モスクワは8日、元ドイツ代表DFベネディクト・ヘヴェデス(32)の退団を発表した。双方合意による契約終了とのことだ。 ヘヴェデスは、シャルケの下部組織出身で2007年7月にトップチームとプロ契約。ディフェンスラインを支え、元日本代表DF内田篤人(現鹿島アントラーズ)ともプレーした。 2017年8月にユベントスへレンタル移籍すると、2018年7月にはロコモティフ・モスクワへと完全移籍。2年での退団となってしまった。 ロコモティフ・モスクワでは公式戦50試合に出場し4ゴールを記録していた。 ヘヴェデスはクラブを通じて今回の退団についてコメント。家族が理由であることを明かした。 「一緒に過ごした1年半ありがとうございました。ロコモティフでプレーできて、光栄でした。皆さんと僕は、たくさんの良いひと時を過ごしました」 「ユベントス、アトレティコ・マドリー、シャルケのような大きなクラブと、2年連続でチャンピオンズリーグを戦いました。僕たちはとても成功しましたが、さようならを言う時が来ました」 「僕は家族を大事にする必要があります。それは、最も重要なことです。僕を見つけてくれたクラブに感謝したいですが、僕たちは共に、双方を満足させる解決策を見つけました」 「リーグ戦を終わらせること、そして次のシーズンでの成功を祈っています。2位になり、ロコモティフがチャンピオンズリーグに参加することを願っています」 「頑張れ“ロコ”。それが僕に言えることです」 ヘヴェデスは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、ロシアからドイツへと帰国。そのままロシアへとは戻らないこととなる。 2020.06.09 09:25 Tue
twitterfacebook
thumb

ロコモティフ・モスクワ、ジョアン・マリオの買い取りOPを行使せず…

ロコモティフ・モスクワへレンタル中のポルトガル代表MFジョアン・マリオ(27)が、所属元のインテルへ戻ることが濃厚となった。ロシア『スポルト・エクスプレス』が報じている。 スポルティング・リスボンでプロデビューしたジョアン・マリオは、ポルトガル代表の一員としてユーロ制覇に貢献した2016年の夏にインテルへ加入。背番号「10」が割り当てられるなど、大きな期待を受けての加入だったが期待に応えることができず、2017-18シーズンはウェストハムにレンタル移籍。 翌シーズンからインテルに復帰したが、公式戦22試合1得点3アシストにとどまり、アントニオ・コンテ新体制を発足した今シーズンのセリエA開幕戦もベンチ外に。出場機会を求めて昨年8月にロシアへ活躍の場を移したが、今季はここまで公式戦15試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 契約には移籍金1800万ユーロ(約21億4000万円)の買い取りオプションが付いていたが、今回の報道によれば、ロコモティフはすでにインテルへ買い取りオプションを行使しないことを伝えたという。 また、イタリアの移籍市場に精通するニコロ・シラ氏によると、ジョアン・マリオには古巣スポルティングやマルセイユ、ベティスが今夏に関心を示している模様。なお、インテルとの契約は2022年までとなっている。 2020.05.28 23:30 Thu
twitterfacebook