セルタ、スペイン代表MFブライス・メンデスと2024年まで契約延長!

2020.07.30 23:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルタは30日、スペイン代表MFブライス・メンデス(23)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から3年更新した格好だ。

2012年にビジャレアルの下部組織からセルタの下部組織に入団した技巧派レフティーのブライス・メンデスは、2017年9月にトップチームデビュー。

昨季ラ・リーガ31試合の出場で6ゴール7アシストとブレイクし、2018年11月にスペイン代表デビューを飾っていた。しかし、今季はラ・リーガ31試合の出場でノーゴール2アシストと、残留争いに巻き込まれたチームの中で苦戦していた。
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英の争奪戦にセルタも名乗り! 最優先で獲得を目指す

レアル・マドリーの日本代表MF久保建英(19)を巡る獲得レースにセルタも参戦するようだ。 昨夏にレンタル加入したマジョルカでラ・リーガ35試合4ゴール5アシストの成績を収めた久保。現時点でマドリー復帰が規定路線だが、EU圏外枠の問題もあり、来シーズンも引き続きの武者修行が濃厚だ。 スペイン『マルカ』によれば、セルタを率いるオスカル・ガルシア監督はすでに加入を決めたMFノリートとFWアルバロ・バディージョに続いて、想像力溢れる選手の獲得を望み、久保に興味を示しているという。 ガルシア監督はバルセロナ下部組織時代に指導した久保の獲得をクラブに進言した模様。セルタは複数選手をリストアップしているというが、久保の獲得にプライオリティを置いているようだ。 ただ、オサスナやレアル・ソシエダ、ヘタフェ、ベティス、グラナダ、バジャドリー、レバンテ、ウエスカの国内クラブだけでなく、アヤックスやラツィオといった強豪クラブも関心を抱いており、マドリーに照会済み。さらに、高額な年俸やレンタル料もネックになってくるとのことだ。 2020.08.02 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

セルタ、躍進グラナダからWGバディージョを獲得

セルタは22日、グラナダのスペイン人FWアルバロ・バディージョ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの3年間となっている。 ベティスの下部組織出身であるウインガーのバディージョは、2011年8月にベティスでプロデビュー。その後、ウエスカに移籍し、2018年夏にグラナダに移籍していた。 昨季はラ・リーガ2部で40試合に出場して4ゴール11アシストを記録し、1部昇格に貢献。今季は負傷の影響で中断明け後は試合に絡めなかったものの、ラ・リーガ22試合に出場して3ゴール1アシストを記録し、チームのヨーロッパリーグ出場に貢献していた。 今季、残留圏内ぎりぎりの17位で終えていたセルタでは前日、フェイエノールトを退団していたペルー代表MFレナト・タピア(24)を獲得していた。 2020.07.23 00:00 Thu
twitterfacebook
thumb

セルタ、ペルー代表MFタピアを完全移籍で獲得

セルタは21日、フェイエノールトを退団していたペルー代表MFレナト・タピア(24)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までとなっている。 ペルー代表として50試合の出場歴を持つタピアは、これまでトゥベンテやフェイエノールト、ヴィレムIIと、オランダでキャリアを築いてきたセントラルMF兼センターバック。 2019-20シーズンはフェイエノールトでエールディビジ15試合に出場、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 2020.07.22 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

セルタ守護神ルベン・ブランコが右モモの大腿直筋断裂で4~5カ月の離脱…

セルタは10日、スペイン人GKルベン・ブランコの負傷離脱を発表した。 7日に行われたラ・リーガ第35節のアトレティコ・マドリー戦に先発出場したルベン・ブランコだが、試合終盤の81分に右モモを負傷。そのままGKイバン・ヴィジャールとの交代を余儀なくされた。 そして、クラブのメディカルスタッフによる精密検査の結果、右大腿直筋の腱の断裂が発覚。同選手は数日中に手術を受けるとのことだ。 また、クラブは離脱期間について4~5カ月と明かしており、来シーズンの開幕に間に合わないことが決定。復帰は11月以降になる見込みだ。 2010年にセルタの下部組織に入団したルベン・ブランコは、2013年にトップチームに昇格。2018-19シーズンから正守護神の座を掴むと、今シーズンもここまでラ・リーガ34試合に出場していた。 2020.07.11 06:10 Sat
twitterfacebook
thumb

モラタの電光石火弾を守り切れずアトレティコが格下相手に痛恨のドロー《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは7日、ラ・リーガ第35節でセルタとアウェイで対戦し、1-1のドローに終わった。 リーグ戦12試合無敗中の3位アトレティコ(勝ち点62)は、3日に行われたマジョルカ戦からスタメンを4人変更。今季4度目の離脱となったフェリックやカラスコ、トリッピアーらに代えてコレア、トーマス、S・アリアスらがスタメンに名を連ねた。 リーグ戦3試合勝利のない16位セルタ(勝ち点35)に対し、アトレティコは開始早々に試合を動かす。1分、右サイドを持ち上がったS・アリアスのクロスをコレアがボックス右で収めると、右アウトサイドでのトラップから素早く折り返しを供給。これをゴール前のモラタが右足で流し込んだ。 電光石火弾で先制したアトレティコだが、その後はセルタにボールを持たれる流れが続く。すると、40分にはボックス右手前に切り込んだブライス・メンデスのコントロールショットでゴールを脅かされるも、これはゴール左に外れて難を逃れた。 1点のリードで後半を迎えたアトレティコだったが、開始早々に失点を喫する。49分、ブライス・メンデスの右クロスをボックス内のフラン・ベルトランが右足で合わせると、ループ気味にふらりと浮いたボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 後半も思うようにシュートに持ち込めないアトレティコは、57分にブライス・メンデス、65分にサンティ・ミナと立て続けにゴールを脅かされたが、シュートは共にGKオブラクが好セーブ。 その後は互いに選手交代で展開の打開を図るが膠着した状態が続く。そんな中、アトレティコは後半アディショナルタイムにチャンスを迎える。92分、マヌエル・サンチェスの左クロスをニアに走り込んだシャポニッチがワンバウンドしたボールをハーフボレーで合わせたが、これは枠の左に外れた。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。格下相手に痛恨のドローで勝ち点を取りこぼしたアトレティコは、4位セビージャ(勝ち点60)との勝ち点差を引き離すことに失敗した。 2020.07.08 07:07 Wed
twitterfacebook