チームから離れている中島翔哉の問題にポルトSDが言及「納得させるため40分間を費やした」

2020.07.30 17:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるルイス・ゴンサウベス氏が、日本代表FW中島翔哉について語った。

中島は今シーズンからポルトに加入。プリメイラ・リーガで16試合に出場し1アシストを記録していた。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグが中断してからは、チームに合流しないことが度々報道。再開後はメンバーに入ることなく、シーズンが終わっていた。

◆ポルトがクラブ史上29度目のリーグ優勝!



一部報道ではクラブとの報酬の問題が取り沙汰されていたものの、家族の問題であることが明るみに出ていた。

ポルトは中断明けのシーズンを終えてリーグ優勝を達成。しかし、中島の姿は優勝セレモニーにもなく、メダルも受け取っていないことが大きく報道されていた。

そんな中、ゴンサウベス氏が中島の問題についてコメント。解決のために話し合ったものの、事態が解決しなかったとポルトガル『zerozero.pt』が伝えた。

「中島の問題に関しては、説明するのが難しい。それは、彼がCOVID-19にどのように反応したかに関係している。ただ、それは文化的な問題というよりも、より身近な問題だ」

「例えば、ポルティモネンセの日本人選手はトレーニングに戻っている」

「彼の家族の状況とももっと関係がある。彼には喘息の妻がいる」

「戻って来ることに問題がないことを彼に納得させるため、我々は約40分間を費やした。しかし、それは難しかった。多分、それは言語の問題でもあったと思う」

「中島はポルトの選手であり、トレーニング中なので現時点では問題ない。しかし、問題は依然存在し、我々はそれを解決したいと思う。彼も保証してくれた」
コメント
関連ニュース
thumb

【欧州4大リーグ日本人選手総括&評価】冨安と久保が最高評価! ブンデス勢が及第点

欧州4大リーグの2019-20シーズンが8月2日のセリエAをもって無事終了しました。そこで本稿では4大リーグに所属する日本人9選手のパフォーマンスを5段階で独自に評価してみました。総括とともにご覧ください。 ※<span style="color:#ff3300">★★★★★</span>が最高、☆が最低 ★冨安健洋[ボローニャ] <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セリエA出場試合数::29(先発:29)ゴール数:1 コッパ・イタリア出場試合数::1(先発:1)ゴール数:0 評価:<span style="color:#ff3300">★★★★</span>☆ ◆セリエA初挑戦で評価急上昇 ベルギーのシント=トロイデンで1年半プレーし、4大リーグの一角であるセリエAへとステップアップした冨安。中堅クラブのボローニャに約10億円で完全移籍した中、本職ではない右サイドバックで十分な存在感を示した。持ち前の守備力は当然ながら水準以上の足下の技術の高さを武器に、開幕から先発の座を勝ち取り、何の問題もなく右サイドバックを務め上げた。2度ほど負傷により戦列を離れたが、レギュラーの座を奪われることなくシーズンを戦い抜き、評価は急上昇。更なるステップアップも近いか。 ★吉田麻也[サウサンプトン/サンプドリア] <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_8_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> プレミアリーグ出場試合数::8(先発:6)ゴール数:0 FAカップ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 EFLカップ出場試合数:2(先発:1)ゴール数:0 セリエA出場試合数:14(先発:13)ゴール数:0 評価:<span style="color:#ff3300">★★</span>☆☆☆ ◆セインツ離れ、サンプの残留に貢献 8シーズンを過ごしたサウサンプトンでは例年のようにベンチを温める状況に陥った吉田だったが、守備の国イタリアに活躍の場を求めたことが正解だった。1月に英語の通じるラニエリ監督率いるサンプドリアに加入した吉田は、リーグ再開後に完全にスタメンに定着。4バックのセンターバックの一角としてチームに安定感をもたらし、残留争いに巻き込まれていたチームを一気に浮上させる役割を担った。 ★久保建英[マジョルカ] <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_8_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ラ・リーガ出場試合数:35(先発:23)ゴール数:4 コパ・デル・レイ出場試合数:1(先発:1)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★★★</span>☆ ◆マジョルカ降格も示した存在感 ラ・リーガ初挑戦のシーズンとしては上々の出来だったと言えるだろう。チームは1年で2部落ちとなったが、久保個人としてはトップリーグで十分に通用することを証明するシーズンとなった。シーズンが進むにつれチーム内での信頼を上げていった久保は、4ゴール5アシストを記録。アタッキングサードでアクセントを付ける役割を十分に果たし、マジョルカの大半のゴールシーンに絡んで見せた。 ★乾貴士[エイバル] <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_8_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ラ・リーガ出場試合数:29(先発:23)ゴール数:2 コパ・デル・レイ出場試合数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★</span>☆☆☆ ◆チーム戦術に埋没 勝手知るエイバルでの復帰シーズンとなった乾だったが、チームの不調に引きずられるように凡庸なパフォーマンスが続いた。気心知れたメンディリバル監督の下でのプレーだったが、指揮官の求める守備のタスクに気を取られ過ぎ、持ち味の攻撃面でインパクトをなかなか残せず苦戦した。結局、シーズンをフル稼働しながらも2ゴール4アシストと得点に関与することが少なく、チームも残留争いを制すのがやっとの状態だった。 ★鎌田大地[フランクフルト] <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_8_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:22)ゴール数:2 ヨーロッパリーグ出場試合数:10(先発:8)ゴール数:6 DFBポカール出場試合数:4(先発:3)ゴール数:2 評価: <span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆待望のブンデス初ゴール含む公式戦2桁ゴールをマーク シント=トロイデンでゴールへの意識を高めた鎌田は大きく成長してドイツの地に戻ってきた。2年前には何も残せなかったフランクフルトで開幕からヒュッター監督の信頼を勝ち取り、主力としてプレー。そして積み重ねたゴール数は10。ブンデスリーガ初ゴールこそ5月と時間を要したが、ヨーロッパリーグのアーセナル戦で決めた2ゴールは鮮烈な印象を残した。ブンデスリーガでのゴール数が更に増えれば、評価はより高まるはずだ。 ★長谷部誠[フランクフルト] <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_8_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブンデスリーガ出場試合数:23(先発:21)ゴール数:0 ヨーロッパリーグ出場試合数:8(先発:7)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:3(先発:3)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆アジア人ブンデス最多出場記録更新 フランクフルトでの6シーズン目となった長谷部。今季も本職の中盤ではなくリベロでのプレーがメインとなったが、シーズン中盤はヒュッター監督がチームの不調を受けて4バックを採用したこともあり、長谷部の出番が減っていた。それでも、シーズンが再開した終盤は3バックに戻し、その中で長谷部もスタメンとしてプレーし続け、余裕をもったチームの残留に貢献した。6月にはブンデスリーガ通算309試合出場を果たし、アジア人における最多出場記録を更新。1月に36歳を迎えた長谷部だが、来季もフランクフルトとの契約を更新し、偉大な記録をさらに伸ばすことになりそうだ。 ★大迫勇也[ブレーメン] <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_8_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ブンデスリーガ出場試合数:28(先発:22)ゴール数:8 ブンデスリーガ残留プレーオフ試合数:2(先発:2)ゴール数:0 DFBポカール出場試合数:4(先発:2)ゴール数:1 評価: <span style="color:#ff3300">★★★</span>☆☆ ◆シーズン終盤に覚醒で残留に導く ブレーメンでの2シーズン目を迎えた大迫。昨季12ゴール14アシストをマークしたFWクルーゼがクラブを離れた中、エースとしての働きが期待されたが、その重責を担いきることはできなかった。第12節から第30節まで実に18試合もゴールから見放される時期があり、その間チームも非常に苦しんだ。それでも残り4試合で4ゴールを挙げ、何とか残留プレーオフにチームを導いた。とりわけ、最終節の古巣ケルン戦では鬼気迫るプレーで2ゴールを挙げ、自身2度目の降格を回避することに成功している。 ★南野拓実[リバプール] <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_8_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> プレミアリーグ出場試合数:10(先発:2)ゴール数: 0 FAカップ出場試合数:3(先発:3)ゴール数:0 評価: <span style="color:#ff3300">★</span>☆☆☆☆ ◆ザルツブルクから欧州王者へのステップアップも… ザルツブルクではチャンピオンズリーグで十分な存在感を示した南野だったが、その活躍を受けて移籍した昨季の欧州王者であるリバプールでは結果を残せなかったため、この低評価に。1月に大きなステップアップを果たした南野は少ないながらも出場機会を得たが、一番欲しかったゴールという結果は手にできず。チームに馴染むであろう来季以降の活躍に期待したい。 ★武藤嘉紀[ニューカッスル] <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_8_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> プレミアリーグ出場試合数: 8(先発2)ゴール数:0 FAカップ出場試合数: 1(先発:1)ゴール数: 0 EFLカップ出場試合数: 1(先発:1)ゴール数: 1 評価:☆☆☆☆☆ ◆プレミアの高い壁 昨季に続き、プレミアリーグの高い壁に武藤はもがき苦しんだ。ブルース新監督が就任した中、シーズン序盤は途中出場ながらプレーする機会が与えられたが、第8節以降はベンチにすら入れない状態が続いた。結局、今季はプレミアリーグでゴールを挙げることはできず、リーグカップでの1ゴールに留まってしまった。 2020.08.09 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

森岡の開幕弾でシャルルロワが王者クラブ・ブルージュを撃破!《ジュピラー・プロ・リーグ》

森岡亮太の所属するシャルルロワは8日、ジュピラー・プロ・リーグ第1節でクラブ・ブルージュと対戦し、1-0で勝利した。森岡はフル出場、78分に今季初ゴールをマーク。 昨シーズン王者のクラブ・ブルージュのホームに乗り込んだシャルルロワは、森岡をトップ下で起用した[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。劣勢の展開が続いていたシャルルロワだったが、78分に相手陣内でパスをカットした森岡がショートカウンターへ移行。ボックス内までドリブルで運ぶと、左足でゴール右隅にシュートを突き刺した。 先制したシャルルロワは、83分に左クロスからゴール右に走り込んだ42がボレーシュート。さらに85分には、右クロスの流れたボールをボックス左の90が胸トラップから左足を振り抜いたが、シュートは共に枠を外した。 結局、試合は森岡の今季初ゴールを守り切ったシャルルロワが1-0で勝利。昨年王者を下して白星スタートを飾った。 クラブ・ブルージュ 0-1 シャルルロワ 【シャルルロワ】 森岡亮太(後33) 2020.08.09 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司のバックヒールがシーズンベストゴールに! 年間MVPに続きファンの信頼は絶大

ウエスカのFW岡崎慎司のゴールが、ファンによるシーズンベストゴールに選出された。 岡崎は今シーズンからウエスカに加入。ゼグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で37試合に出場し12ゴールを記録すると、チームの2部優勝&ラ・リーガ昇格に大きく貢献していた。 7月にはクラブが実施したSNSでの2019-20シーズンのMVP投票で2200票以上の中、28.9%を獲得した岡崎がシーズンMVPに選ばれ、ファンにも認められる存在となっていた。 今回はシーズンベストゴールの投票が行われ、520票を獲得した岡崎のゴールが選出。ヌマンシア戦で決めたゴールが選ばれた。 第41節のヌマンシア戦は、ウエスカの1部昇格が決定した試合。2-0で迎えた78分、右サイドからのグラウンダークロスを右足ヒールでうまく流し込んでいた。 岡崎のシーズンラストゴールにして、勝利を決定づける技ありのバックヒールが見事に選出された。 岡崎はウエスカと1年間の契約延長を果たしており、来シーズンは悲願のラ・リーガ初挑戦となる。 <div id="cws_ad">◆ファン選出のシーズンベストゴール!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> ¡Lo habéis elegido vosotros! <br><br>Con 5⃣2⃣0⃣ votos, el mejor gol de la temporada es el taconazo de Okazaki que supuso el tercer tanto en el <a href="https://twitter.com/hashtag/HuescaNumancia?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HuescaNumancia</a>.<br><br>La guinda a una gran noche que certificó nuestra vuelta a Primera División <br><br>¡Para darle al ️ y disfrutar en bucle! <a href="https://t.co/mjyw1HseUc">pic.twitter.com/mjyw1HseUc</a></p>&mdash; SD Huesca (¡CAMPEONES!) (@SDHuesca) <a href="https://twitter.com/SDHuesca/status/1291785934187503619?ref_src=twsrc%5Etfw">August 7, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.08 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

日本人5人参戦のブンデスリーガ、新シーズン開幕は9月18日に決定! 2部も同時開幕

ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は7日、2020-21シーズンのブンデスリーガ、ブンデスリーガ2に関して、9月18日(金)に開幕することを発表した。 ブンデスリーガは6月27日に2019-20シーズンのレギュラーシーズンが終了。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断期間があった中、無事にシーズンを終えていた。 バイエルンが8連覇を達成したブンデスリーガだが、通常では前シーズンのチャンピオンが開幕ゲームを戦うことに。2020-21シーズンはバイエルンvsシャルケの一戦からスタートするが、チャンピオンズリーグ(CL)の日程次第で変更になるようだ。 2019-20シーズンのCLは23日に決勝が開催。仮にバイエルンが決勝進出した場合は、バイエルンvsシャルケは9月21日(月)に日程変更されるとのこと。その場合は、ドルトムントvsボルシアMGの試合で開幕することとなる。 また、ブンデスリーガ2は9月18日にハンブルガーSVvsデュッセルドルフ、ヤーン・レーゲンスブルクvsニュルンベルクの2試合が行われる。 なお、バイエルンがブンデスリーガとDFBポカールを制したため、ドイツ・スーパーカップはバイエルンとリーグ2位のドルトムントで実施。9月30日にアリアンツ・アレーナで行われる。 また、日本時選手は現時点でMF長谷部誠、MF鎌田大地(フランクフルト)、FW大迫勇也(ブレーメン)、MF遠藤渓太(ウニオン・ベルリン)、MF遠藤航(シュツットガルト)の5名がブンデスリーガで、MF原口元気(ハノーファー)、FW宮市亮(ザンクト・パウリ)、MFアペルカンプ真大(デュッセルドルフ)がブンデスリーガ2でプレーする。 最初の日本人対決は、10月30日〜11月2日に予定されている第6節のフランクフルトvsブレーメンとなる。 ◆ブンデスリーガ開幕カード ▽2020年9月18日(金) バイエルン vs シャルケ ドルトムント vs ボルシアMG RBライプツィヒ vs マインツ ヴォルフスブルク vs レバークーゼン フランクフルト vs ビーレフェルト ウニオン・ベルリン vs アウグスブルク ケルン vs ホッフェンハイム ブレーメン vs ヘルタ・ベルリン シュツットガルト vs フライブルク ◆ブンデスリーガ2開幕カード ▽2020年9月18日(金) ハンブルガーSV vs デュッセルドルフ ヤーン・レーゲンスブルク vs ニュルンベルク ▽2020年9月19日(土) ハイデンハイム vs ブランシュヴァイク ハノーファー vs カールスルーエ ボーフム vs ザンクト・パウリ グロイター・フュルト vs オスナブリュック サンドハウゼン vs ダルムシュタット ホルシュタイン・キール vs パーダーボルン ヴュルツブルガー・キッカーズ vs エルツゲビルゲ・アウエ 2020.08.07 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

鎌田フル出場、長谷部後半から出場のフランクフルト、バーゼルの前に敗退《EL》

フランクフルトは6日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の2ndレグでバーゼルとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。この結果、2戦合計スコア4-0でバーゼルが準々決勝に進出している。 フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、MF長谷部誠は後半から出場している。 3月12日にホームで行われた1stレグを0-3と完敗していたフランクフルトは、鎌田がスタメンとなって長谷部はベンチスタートとなった。 少なくとも3点が必要なフランクフルトは、鎌田が[4-3-1-2]のトップ下に入った。そのフランクフルトが立ち上がりからハイプレスをかける展開となると、19分にFKから決定機。しかし、ヒンテレッガーのヘディングシュートはわずかに枠の左上に外れた。 その後も押し込む展開としたものの、バーゼルの守備を脅かす攻撃は見せられず前半をゴールレスで終えた。 後半から長谷部とパシエンシアを投入したフランクフルトは、開始4分にピンチ。しかし、ヴィドマーのシュートをGKトラップが好守で凌いだ。 助かったフランクフルトだったが、後半もなかなかチャンスを生み出せないまま時間が経過していく。 そして終盤の88分、F・フライにゴールを許して終戦。バーゼルがシャフタールとの準々決勝に進出している。 2020.08.07 05:51 Fri
twitterfacebook