ミレンコビッチにミラン行きの可能性! ヴィオラ会長と関係悪化の代理人がすでに交渉開始か

2020.07.29 16:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(22)にミラン行きの可能性が浮上しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

母国のパルチザンで台頭したミレンコビッチは2017年にフィオレンティーナへ加入。3バックと4バックのセンターバックに加え、右サイドバックもこなす汎用性が高い195cmの若手DFは、抜群の空中戦の強さと長いストライドを生かした幅広い守備範囲、一定のボールスキルと、総合力の高いプレーでイタリア国内での評価を高めている。

今シーズンのセリエAでも累積警告での出場停止による1試合の欠場を除き35試合に出場し、4ゴールを挙げている“新たなヴィディッチ”は、ヴィオラの最終ラインをけん引する絶対的な主力だ。

しかし、ミレンコビッチの代理人を務めるファリ・ラマダニ氏は、フィオレンティーナの12位という成績不振に加え、ロッコ コンミッソ会長との関係悪化を理由に、今夏のタイミングで同選手の退団を画策しているという。

そして、ラマダニ氏はステファノ・ピオリ監督の続投によって補強プランに変更が加えられると思われる、ミラン移籍に向けてすでに話し合いの場を持っているようだ。

ミレンコビッチ自身はフィレンツェでのキャリア継続に前向きな姿勢を見せているようだが、元ヴィオラ指揮官のピオリ監督は恩師でもあり、条件次第で新天地に向かう可能性は十分にある模様だ。

ただ、2022年まで契約を残すミレンコビッチに対して、コンミッソ会長は5000万ユーロ(約61億6000万円)という強気な値付けをしており、交渉は難航が予想される。

なお、ミランサイドとしてはピオリ体制で序列が下がるブラジル代表MFルーカス・パケタ(22)の譲渡を交渉に含めることも検討しているようだ。

コメント
関連ニュース
thumb

好調ミランに朗報! 守護神ドンナルンマら3選手が新型コロナ陰性

ミランが30日、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマやU-21イタリア代表DFマッテオ・ガッビア、ノルウェー代表FWイェンス・ペッター・ハウゲの新型コロナウイルス陰性結果を報告した。 ドンナルンマとハウゲは25日に実施された新型コロナウイルスの検査で3名のスタッフとともに陽性反応を確認。ガッビアも9日にミランから陽性反応が公表され、それぞれ隔離措置に入っていた。 29日に本拠地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節のスパルタ・プラハも欠場した3選手だったが、ミランによると、新たに検査を受けたところ、いずれも陰性判定が下ったという。 ガッビアは31日にメディカルスクリーニングを受けてからスポーツ活動に復帰する見込み。ドンナルンマとハウゲの両選手は地元保健当局に通知した後、トレーニング復帰の許可を得たようだ。 今季のセリエA開幕から4勝1分け無敗で首位を走り、ELでもグループステージ2連勝スタートと波に乗るミラン。次戦の11月1日に行われるセリエA第6節では18位のウディネーゼとアウェイで対戦する。 2020.10.31 11:50 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、ダロトの買い取りは不可能? ユナイテッドは将来に期待

ミランがU-21ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(21)を完全移籍で買い取ることは厳しいようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ ロマーノ氏が主張している。 ポルト下部組織出身のダロトは2018年夏にマンチェスター・ユナイテッド入り。昨シーズンはイングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカの加入や度重なる負傷の影響もあり、公式戦11試合の出場にとどまっていた。 そういった事情もあり、出場機会を求めるダロトは今夏の移籍市場締め切り間近の今月4日にミランへ1年間のレンタル移籍で加入した。 そして、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第1節のセルティック戦でデビューを飾ると、29日に行われたEL第2節のスパルタ・プラハ戦ではミランでの初ゴールを含む1得点1アシストの活躍をみせ、3-0の勝利の立役者となった。 セルティック戦では右サイドバック、スパルタ・プラハでは左サイドバックで印象的な活躍をみせ、早くもミラニスタの心を掴んだダロトだが、ミラノでの滞在は短い期間になる模様だ。 ロマーノ氏によると、ダロトの将来性を高く評価しているユナイテッドは、ミランとの交渉時に、ミランサイドが望んだ買い取りオプションを契約に盛り込むことを拒否していたという。 そのため、現時点では今シーズン終了後にユナイテッドへレンタルバックすることが既定路線となっている。 ただ、ダロトが今後もスパルタ・プラハ戦のような活躍を続け、ミランが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得できるようなことになれば、同選手の意向、ユナイテッドの要求額次第ではミラノでの長期滞在の可能性は十分にあるかもしれない。 2020.10.30 21:54 Fri
twitterfacebook
thumb

“神”イブラヒモビッチがイタリア国民にマスク着用を呼びかけ「君たちはズラタンではない」

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがマスク着用を呼びかけている。 イブラヒモビッチは9月に新型コロナウイルス(COVID-19)に感染し、公式戦4試合を欠場していたものの、17日の“ミラノ・ダービー”で復帰するといきなりの2ゴール。復帰後の4試合で4ゴール1アシストとさすがの存在感を示している。 イブラヒモビッチは29日に自身のインスタグラム(iamzlatanibrahimovic)を更新。ミランが本拠地を置くロンバルディア州とのキャンペーンの一環でマスク着用を促す映像をアップしたが、随所に“ズラタン”節が効いていた。 「ウイルスは俺に挑戦してきて、俺は勝った」 「だが、君たちはズラタンではない。頭を使い、ルールを尊重するんだ」 「常にソーシャルディスタンスをとり、マスクを着けるんだ。俺たちは勝つ」 イタリアでは新型コロナウイルス感染が再び急拡大しており、1日あたりの新規感染者数が2万人を超え、過去最多を更新している。 イブラヒモビッチの声はイタリア国民に届くだろうか。 <div id="cws_ad">◆ビルの屋上でイブラヒモビッチがマスク着用を呼びかけ</div><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CG7U41pnw_R/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CG7U41pnw_R/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CG7U41pnw_R/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Ricorda di indossare la mascherina, mantieni le distanze e proteggi chi ti sta vicino, sempre. Vinciamo noi! @regionelombardia.official</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/iamzlatanibrahimovic/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Zlatan Ibrahimović</a>(@iamzlatanibrahimovic)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2020-10-29T12:11:45+00:00">2020年10月月29日午前5時11分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2020.10.30 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

EL連勝のミラン、指揮官が語る嬉しい悩み 「先発の選考がますまず難しいものに」

ミランのステファノ・ピオリ監督が嬉しい悩みを口にした。 ミランは29日に本拠地で行われたヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節のスパルタ・プラハ戦で3-0の白星。これでグループステージ2連勝となり、首位に浮上した。 先発のターンオーバーを用いた試合もきっちりと勝ち切り、勝ち点3を上積みしたピオリ監督。試合後、イタリア『スカイ』でこう振り返っている。 「このチームはピッチ上で何をすべきことや、ゲームを読む術を知っている。(3-3のドローに終わったセリエA第5節の)ローマ戦ももっと良いパフォーマンスができたはずだが、今日はスペースを最大限に有効活用できた」 「私は認めなければならない。誰もがうまくやってくれ、先発の選考がますまず難しいものになっている。選手が団結して働く姿勢を示せば、私も起用したくなる。層は厚さは我々が望むもの。それを最大限に活用するのは正解だ」 また、今夏にブレシアから加わったイタリア代表MFサンドロ・トナーリにも言及。今季公式戦4試合目の先発出場だった20歳の若き司令塔の進歩を口にした。 「今夜のパフォーマンスで2歩前進した。プレシーズンが終わってから到着したことで、順応まで時間がかかるのは必然だった。このチームのなかで成長して、フォームを整えようとする彼の姿に満足している。彼は定位置争いを生み出すのに最適な存在だ」 今季開幕からセリエA5試合無敗を継続して首位を走るなど、好調なスタートを切ったミラン。ピオリ監督は今後の戦いに向けても気を引き締めた。 「我々はミラン。野心的でありたい。そういう姿勢が我々よりも強い相手を倒す唯一の方法になってくる。未来は予測できない。困難に必ず直面するわけだから、しっかりと地に足をつけて進み続けよう」 2020.10.30 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ダロト1G1Aのミランがスパルタ・プラハに快勝で連勝スタート!《EL》

ミランは29日、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節でスパルタ・プラハをホームに迎え、3-0で快勝した。 開幕節でセルティックに3-1と勝利したミランが、リールに1-4と完敗したスパルタ・プラハをホームに迎えた一戦。 ミランは直近のローマ戦のスタメンから5選手を変更。イブラヒモビッチやベナセル、ロマニョーリらが引き続きスタメンとなった。 [4-2-3-1]で臨んだミランは最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からカスティジェホ、ディアス、クルニッチと並べ、左サイドバックにダロトが入った。 そのミランが押し込む展開で推移すると、24分に先制する。敵陣でディアスがボールを奪った流れから、イブラヒモビッチのラストパスを受けたボックス左のディアスが冷静にDFを外して右足でゴールへ流し込んだ。 続く35分にはイブラヒモビッチがPKを獲得するも、自ら蹴ったシュートはバーに当ててしまい、追加点を奪うには至らない。 迎えた後半、イブラヒモビッチを下げてレオンを投入したミランは、49分に決定機。しかし、トナーリのスルーパスを受けたレオンはGKとの一対一を決めきれない。 それでも57分、左サイドを上がったダロトの右足アウトでの絶妙なクロスをレオンが押し込んで加点。 さらに67分、ベナセルのロングスルーパスに抜け出したボックス左のダロトが確実にシュートを決めて試合の大勢を決めた。 ダロトの移籍後初弾と1アシストの活躍でミランが快勝し、2連勝スタートとしている。 2020.10.30 04:51 Fri
twitterfacebook