ドイツ代表DFギンターに複数クラブが関心か

2020.07.29 15:07 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGのドイツ代表DFマティアス・ギンター(26)に複数のクラブが関心を示しているようだ。

2017年夏にドルトムントから加入したギンター。190㎝の長身を生かした守備が特徴で、若くしてドイツ代表にも選出された屈指のセンターバックだ。今季はブンデスリーガ31試合に出場し、クラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献した。

そんなギンターに注目しているクラブは多く、ドイツ『スカイ』によればインテルが年俸1000万ユーロ(約12億3200万円)のオファーを用意していると言われており、一方でアーセナルやチェルシー、さらにはアトレティコ・マドリーも関心を寄せているようだ。

ボルシアMGのスポーツ・ディレクターを務めるマックス・エベール氏は「我々のようなクラブは常に不道徳な移籍金に屈してしまう可能性があることを念頭に置いておかなければならない」と、ドイツ『ビルト』の取材でコメント。中堅クラブが主力選手を慰留することは困難であることを語った。

ギンターとボルシアMGの契約は2021年までだが、1年の延長オプションが付随しているとのこと。市場価値は2800万ユーロ(約34億5000万円)と決して安くはないが、果たして今夏のステップアップはあるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ビッグクラブ関心のギンター、ボルシアMG残留を宣言

ドイツ代表DFマティアス・ギンター(26)がボルシアMG残留を強調した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 20歳の時に若くしてドイツ代表に選出され、2017年夏に加入したボルシアMGでも不動の地位を築いているギンター。今季もブンデスリーガ31試合に出場し、来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献した190㎝のセンターバックには多くのビッグクラブが関心を示しており、インテルは4000万ユーロ(約49億7500万円)の移籍金と800万ユーロ(約9億9400万円)の年俸を用意しているとも伝えられている。 だがギンターは『キッカー』のインタビューで「間違いなくボルシアMGに残るよ」と、移籍の可能性を否定。クラブが秘める可能性に期待しているようだ。 「もちろんいろんなクラブが関心を持ってくれることには感謝しているよ。でもボルシアMGで幸せなことも何度も言ってきたよね」 「今のチームは凄いポテンシャルを秘めてるんだ。監督も僕たちにとって大きな存在だ」 「クラブは素晴らしいファンとこの環境で何かを成し遂げようとしている最中だ。その中で僕も大きな目標を持っているし、契約も残ってるからね」 2020.08.03 18:03 Mon
twitterfacebook
thumb

これぞサポーターの鑑! 愛するクラブのためにクイズ番組でとった行動が話題

ある1人の男性がとった行動は、まさにサポーターの鑑といえる存在と言って良いだろう。 その行動を見せたのは、ボルシアMGのサポーターである、クラウス・ブリュメルさん。ドイツ『ビルト』によると、とあるクイズ番組での行動が話題となっているようだ。 ブリュメルさんは、ドイツの国営放送ARDのクイズ番組『Gefragt-Gejagt』に出演。この番組は4人1組で出演し、様々なラウンドを対戦。クイックレートラウンドでは、60秒間に出来るだけ多くの質問に答える必要があり、正解するごとに500ユーロ(約6万円)が貰えるものとなっている。つまり、答えるだけ賞金が上がるというものだ。 そんな中、ブリュメルさんが挑戦。2問目で一見簡単な問題が出されたが、答えられなかったのだ。 問題は、「2018-19シーズンのブンデスリーガ2部で優勝したチームは?」というもの。1年前の王者を答えるだけであり、自国のサッカーを観ているファンであれば、難しい問題ではない。 しかし、ブリュメルさんは少し考え、「いいや。それは言えません」と答えたのだ。 答えはケルンなのだが、ケルンはボルシアMGにとって最大のライバル。両者の対戦は“ラインダービー”としても知られ、初代ブンデスリーガ王者のケルンと、バイエルンとの2強時代を築いたボルシアMGは、今なお強いライバル関係にある。 この行動には、ボルシアMGからも賞賛が送られ、「この模範的な行動は報われるべきである。親愛なるサポーター、我々に連絡してください。メインスポンサーのFlatexと我々で、あなたに何かを用意します」とツイートされている。 いくらクイズ番組の賞金が懸かっているとはいえ、ライバルの名前を出すことを拒否したブリュメルさん。サポーターの鑑と言ってもいいだろう。 <div id="cws_ad">◆一瞬考えた答えは…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Manchmal gibt es eben wichtigere Dinge als Geld. <a href="https://t.co/pMq9UP2bR0">pic.twitter.com/pMq9UP2bR0</a></p>&mdash; Sportschau (@sportschau) <a href="https://twitter.com/sportschau/status/1286612944890007553?ref_src=twsrc%5Etfw">July 24, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.29 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、ライプツィヒのU-21オーストリア代表MFヴォルフをレンタルで獲得

ボルシアMGは21日、ライプツィヒのU-21オーストリア代表MFハネス・ヴォルフ(21)をレンタルで獲得したことを発表した。ドイツ『キッカー』によれば期間は1年間とのことだ。 昨年夏にザルツブルクからライプツィヒに1200万ユーロの移籍金で完全移籍したヴォルフだったが、開幕前に行われたU-21欧州選手権での足首の骨折により、ブンデスリーガ5試合の出場に留まっていた。 攻撃的なポジションを複数こなせるヴォルフは、ボルシアMGを率いるマルコ・ローズ監督にはザルツブルク時代に指導を受けている。 2020.07.22 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、ライプツィヒからローゼ監督の愛弟子ヴォルフ獲得へ!

ボルシアMGがRBライプツィヒに所属するオーストリア代表MFハンネス・ヴォルフ(21)の獲得に迫っているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 2014年にレッドブル・ザルツブルクのユースチームに加入したヴォルフは2016-17シーズンにトップチームデビュー。卓越したテクニックと戦術眼を武器にボールのオン・オフに限らず決定機を演出する攻撃的なMFは、オーストリア代表の今後を担う逸材として大きな期待を集めていた。 しかし、昨夏に加入した兄弟クラブのライプツィヒでは、U-21欧州選手権で負った骨折の重傷によってシーズン前半戦をほぼ棒に振る不運もあり、一転して厳しい日々を過ごすことに。 昨年12月にようやく新天地デビューを飾ったものの、コンディションの問題やユリアン・ナーゲルスマン監督の求める戦術に適応し切れず、加入1年目はブンデスリーガでわずか5試合の途中出場にとどまった。 そういった事情もあり、今後もライプツィヒでの去就が不透明なヴォルフに対して、オファーを掲示したのが、ザルツブルク時代の恩師であるマルコ・ローゼ監督が率いる今シーズンのブンデスリーガ4位のボルシアMGだ。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)参戦に向けて前線の新たな攻撃オプションを求めるローゼ監督は、自身の戦術を深く理解する教え子に白羽の矢を立てたようだ。 なお、今夏の補強資金が必要なライプツィヒは完全移籍での売却を望んでいるものの、財政面で余裕のボルシアMGが掲示した買い取りオプション付きのレンタル移籍という条件に応じる構えだという。 2020.07.09 21:41 Thu
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、今季限りで契約満了を迎えた3選手をフリーで獲得!

アウグスブルクは29日、ボルシアMGからドイツ人MFトビアス・ストロブル(30)、シャルケからドイツ人MFダニエル・カリジウリ(32)、ウニオン・ベルリンからポーランド代表GKラファエウ・ギキェヴィチ(32)の3選手をフリートランスファーで獲得を発表した。 アウグスブルクによれば、ストロブルとカリジウリの契約期間が2023年6月30日まで、ギキェヴィチの契約期間が2022年6月30日までとなる。 2012年夏にホッフェンハイムのトップチームデビューを飾ったストロブルは、守備的MFとセンターバックをこなす守備のスペシャリスト。2016年の夏に加入したボルシアMGでは在籍3シーズンで公式戦83試合に出場。今シーズンはケガでの離脱もあり公式戦12試合の出場にとどまっていた。 2017年1月にヴォルフスブルクから加入したカリジウリは、ここまで公式戦122試合に出場するなど右サイドのスペシャリストとして主力に定着。今シーズンは2月初旬に内側側副じん帯損傷で離脱を強いられたが、公式戦30試合に出場し4ゴール5アシストを記録している。 2018年の夏にフライブルクから当時ブンデス2部に所属していたウニオン・ベルリンに加入したギキェヴィチは、すぐに守護神に定着。昨シーズンはブンデス2部で34試合に出場し、クラブ史上初の1部昇格に貢献すると、今シーズンもブンデスリーガ33試合に出場し昇格1年目のクラブの躍進を支えていた。 2020.06.30 08:00 Tue
twitterfacebook