ザルツブルクの韓国代表MFキム・ジョンミンがヴィトーリア・ギマランイスと4年契約

2020.07.28 14:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィトーリア・ギマランイスは27日、レッドブル・ザルツブルクから韓国代表MFキム・ジョンミン(21)を獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。キム・ジョンミンは、仁川ユナイテッドや光州FCのユースで育ち、2018年1月にザルツブルクのリザーブチームに相当するリーフェリングに完全移籍。今年1月からはアドミラ・ヴァッカー・メードリングへとレンタル移籍していた。

今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで3試合、2部では11試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

また、韓国代表としても1試合に出場。2015年にはU-17韓国代表としてU-17ワールドカップで3試合プレーしベスト16入り、2019年にはU-20韓国代表としてU-20ワールドカップで6試合に出場し、準優勝に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

マインツがフランクフルトMFコールをレンタル移籍で獲得

マインツは18日、フランクフルトから元U-21ドイツ代表MFドミニク・コール(26)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 コールはセントラルミッドフィルダーとしてプレー。レバークーゼンの下部組織で育つと、アウグスブルクへの移籍を経験。2017年7月にレバークーゼンへ復帰すると、2019年7月にフランクフルトへと完全移籍で加入していた。 フランクフルトでは、公式戦49試合に出場。2019-20シーズンはブンデスリーガで26試合に出場し3アシスト、DFBポカールで5試合に出場し2アシスト、ヨーロッパリーグでも4試合に出場していた。 今シーズンはブンデスリーガで7試合、DFBポカールで2試合に出場している。 マインツはここまで勝ち点わずか「7」で降格圏の17位に位置。ブンデスリーガで178試合にに出場し4ゴール11アシストを記録しているコールの補強は助けになるだろうか。 2021.01.19 10:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「日本代表が野望」DFファン・ウェルメスケルケン際がズヴォレと2年の契約延長、両SBで全試合出場

エールディビジのズヴォレは18日、元U-23日本代表DFファン・ウェルメスケルケン際(26)との契約延長を発表した。 今シーズン限りで契約期間が満了する予定だったファン・ウェルメスケルケン際だったが、2年間延長し2023年夏までの契約を結んだ。 ヴァンフォーレ甲府の下部組織出身のファン・ウェルメスケルケン際は、2013年7月にドルトレヒトの下部組織に加入。2015年7月に昇格すると、2017年8月にはカンブールへ完全移籍。ズヴォレには、2019年7月に加入していた。 オランダの下部リーグでのプレーを続けてきたファン・ウェルメスケルケン際にとって、日本代表DF中山雄太も所属するズヴォレへの移籍は大きな転機に。ドルトレヒト時代にエールディビジで1試合に出場したことがあるファン・ウェルメスケルケン際は、2019-20シーズンは左右のサイドバックとして18試合に出場し2アシストを記録していた。 加入2年目の今シーズンも右サイドバックを中心にここまで全17試合に出場し2アシストを記録していた。 「僕はここまでの18カ月でうまく成長することができ、その結果スターティングイレブンの常連となりました。右サイドバックではうまくコントロールでき、毎試合チームとサポーターのために全てを尽くすようにしています」 「僕はこの正しい場所にいるため、契約を延長することは僕にとっては論理的なステップです。また、日本代表の候補になるために、全てを出し切りたいというのが僕の個人的な野望です」 「ズヴォレでの未来を楽しみにしています。シーズン後半にフォーカスを当て、もっと自分を見せていきたいと思います」 2021.01.19 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

エイバル、元シティMFアレイクス・ガルシアを獲得

エイバルは18日、ディナモ・ブカレストのスペイン人MFアレイクス・ガルシア(23)の獲得を発表した。契約期間は今季終了までとなっているが、2年更新のオプションが付いているとのことだ。 ビジャレアルの下部組織で育ったセントラルMFのA・ガルシアは、2015年夏にマンチェスター・シティに引き抜かれた経歴を持つ。ただ、シティでは芽が出ず、ジローナやベルギーのムスクロンにレンタルに出されていた。 レンタル先のジローナでは2018-19シーズンに主力として活躍し、昨季所属したムスクロンではベルギーリーグで23試合に出場して5ゴール3アシストを記録。しかし、シティと契約満了となった今季はディナモ・ブカレストでルーマニアリーグ7試合の出場に終わっていた。 2021.01.19 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

18位に沈むトリノ、ジャンパオロ監督を解任

トリノは18日、マルコ・ジャンパオロ監督(53)の解任を発表した。 今季、2022年6月までの2年契約でトリノの指揮官に就任したジャンパオロ監督だったが、18試合を終えたセリエAで2勝7分け9敗と低迷。降格圏の18位に位置していた。直近のスペツィア戦では前半8分に相手に退場者が出たものの、ゴールレスドローに終わっていた。 ジャンパオロ監督は、これまでカリアリやシエナ、カターニャ、ブレシア、サンプドリアなどを指揮。昨季はミランの監督に抜擢されたが、7試合で解任されていた。 なお、後任は現役時代にトリノでプレーし、指揮官としてクロトーネやジェノアを残留に導く手腕を発揮した経歴を持つダビデ・ニコラ氏(47)が濃厚とのことだ。 2021.01.19 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーが古巣ボーンマスと今季終了までの短期契約を締結

チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスは18日、元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(29)と今季終了までの短期契約を結んだことを発表した。 ウィルシャーはボーンマスと短期契約に至ったことについて「戻ってきたのは最高の気分だし、プレーするのが待ち遠しい。3週間前にトレーニングに参加した時から自然に馴染むことができた。ボーンマスには選手やスタッフに多くの知人がいる。彼らがトレーニングへの参加を許可してくれたことに感謝している。クラブがプレミアリーグ復帰を目指すという野心に満ち溢れており、そこに感銘を受けた」とコメント。 昨年10月にウェストハムとの契約を解消して以降、フリーの状態が続いていたウィルシャー。コンディション維持のため、古巣ボーンマスのトレーニングに参加していたが、ジェイソン・ティンダル監督の目に留まり、短期契約に至った。 ウィルシャーは2016-17シーズンにレンタルで1年間ボーンマスに所属しており、4年半ぶりの古巣復帰となった。 1年でのプレミアリーグ復帰を目指すボーンマスは現在、24試合を消化したチャンピオンシップで3位に付けている。 2021.01.19 01:30 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly