ザルツブルクの韓国代表MFキム・ジョンミンがヴィトーリア・ギマランイスと4年契約

2020.07.28 14:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィトーリア・ギマランイスは27日、レッドブル・ザルツブルクから韓国代表MFキム・ジョンミン(21)を獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。キム・ジョンミンは、仁川ユナイテッドや光州FCのユースで育ち、2018年1月にザルツブルクのリザーブチームに相当するリーフェリングに完全移籍。今年1月からはアドミラ・ヴァッカー・メードリングへとレンタル移籍していた。

今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで3試合、2部では11試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

また、韓国代表としても1試合に出場。2015年にはU-17韓国代表としてU-17ワールドカップで3試合プレーしベスト16入り、2019年にはU-20韓国代表としてU-20ワールドカップで6試合に出場し、準優勝に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ビラギがフィオレンティーナと2024年まで契約延長

フィオレンティーナは27日、イタリア代表DFクリスティアーノ・ビラギ(28)と2024年6月まで契約を延長したことを発表した。 左サイドバック兼左サイドハーフのビラギは、2017年夏にペスカーラからレンタルでフィオレンティーナに加入。翌年に完全移籍へと切り替わり、昨季はレンタルでインテルに移籍し、公式戦37試合に出場して3ゴール7アシストと準主力として活躍した。フィオレンティーナに復帰した今季は開幕からセリエA全5試合に先発し、1ゴール3アシストと活躍している。 フィオレンティーナと契約延長したビラギは「昨季が終わる前にフィオレンティーナから連絡があり、彼らの熱意を受けてフィレンツェに戻りたいと思った。今後4年間、クラブと共にうまくやっていきたいと思っている」とコメントしている。 2020.10.28 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、若手CBポッシュと新契約締結!

ホッフェンハイムは27日、オーストリア代表DFシュテファン・ポッシュ(23)と2024年6月30日まで延長したことを発表した。 2015年にホッフェンハイムのユースに加入したポッシュは、主戦場のセンターバックのほかに右サイドバックも務めるポリバレントなプレーヤー。2017年の夏にトップチームに昇格すると、ここまで公式戦69試合に出場している。今シーズンも開幕から最終ラインの主力を担っている。 また、ホッフェンハイムでの活躍を経て、2019年6月にデビューを果たしたオーストリア代表でもここまで8キャップを刻むなど、主力としての歩みを進めている。 2020.10.27 23:40 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナム下部組織出身の元U-17日本代表MFサイ・ゴダードがインドのムンバイ・シティへレンタル

インド・スーパーリーグのムンバイ・シティは27日、ベネヴェントから元U-17日本代表MFサイ・ゴダード(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 イギリス人の父親と日本人の母親を持つサイ・ゴダードは、2013年にトッテナムのアカデミーに入団し、U-18チームで背番号10を背負うなど将来を嘱望されていた。しかし、トップチームへの昇格は叶わず、2018年夏にベネヴェントへ完全移籍していた。 2018-19シーズンはセリエBでわずか2試合の出場に終わり、シーズンを通して18分間の出場にとどまっていた。2019-20シーズンはキプロスのパフォスへとレンタル移籍。そしてムンバイ・シティへと移籍することとなった。 U-16、U-17と日本代表に招集されていたサイ・ゴダード。東京五輪世代であり、かつてはアジアの有望な若手トップ10にも選ばれていた逸材。インドへの移籍についてコメントしている。 「インドだけでなく、インド・スーパーリーグについてもたくさんの素晴らしい話を聞いた。ムンバイ・シティに来る機会が来た時、僕はインドにきて、自分の才能を披露し、試合で披露したいと思っていた」 「僕はセルヒオ・ロベラ監督とここでの哲学を知っています。そして、それは僕が好きなサッカーのスタイルとあっています」 「ファンがいない中、この独特のコンディションでプレーしなければいけないのは残念ですが、クラブを助け、サポーターに良い思い出を作るために必要なことを全て出します」 2020.10.27 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

元オランダ代表GKフォルムが現役引退…スパーズやスワンズ、ユトレヒトで活躍

元オランダ代表GKミシェル・フォルム(37)が26日、自身の公式『インスタグラム』を通じて現役引退を発表した。 昨シーズン限りでトッテナムとの契約が終了し、フリーの状況が続いていたフォルムだが、26日に現役から退くことを公表した。 「僕はプロフェッショナルフットボールから引退することを決めた」 「ニーウェガインで生まれ育った子供の頃はこれまでのことをイメージすることはできなかったよ」 「ユトレヒトとプロ契約を結び、デン・ボスでプロデビューし、ユトレヒトではプレーオフを勝ち抜きヨーロッパフットボールも経験できた」 「そして、スウォンジーではプレミアリーグでプレーするチャンスを得た。スワンズでは最高のプレーヤーたちと対峙することで自分自身を成長させる機会を得ることができ、スパーズと契約することもできたよ」 「スパーズでは彼らの歴史の一部になることができた。とりわけ、チャンピオンズリーグ決勝進出という信じられないほど素晴らしい道のりを共に歩むことができた。これまでプレーしてきたすべてのクラブに感謝を伝えたい」 「同様に自分の国を代表して国際的なトーナメントに参加できたことを心から誇りに思っているよ。U-21代表ではU-21欧州選手権を制し、2010年のワールドカップでは銀メダル、2014年のワールドカップでは銅メダルを獲得できた。個人的にもプレーすることができたしね」 「これまでの旅の中では本当に世界で最高のプレーヤー、監督たちとプレーやトレーニングを共にすることができた。そういった素晴らしい人たちの、パーソナルな面を知ることができるという特権も味わえたんだ」 「だから、これまで出会ってきた一人ひとりに感謝を伝えたい。プレーする喜び、人生における教訓、サポート、信頼、そして一緒に多くの目標を達成できたことを心から感謝しているよ」 「ファンのみんなへ:本当にありがとう。(コロナ禍で)クラブを応援することが難しくなり、距離を置いて応援しなければならない時代になったとしても、どうか応援し続けてください」 「プレーヤーの一人として、たとえどんなに距離が離れていても、ファンのみんなが不可能を可能にする、エネルギーを与えてくれることを信じているんだ」 「最後に家族(両親と兄弟)に感謝を伝えたい。この旅の中でのみんなからのサポートがなければ、この旅は実現できなかったはずさ。そして、(妻の)デイジーと子供たちは良いときも悪いときも一緒に居てくれたね。心から愛しているよ」 母国のユトレヒトでプロキャリアをスタートしたフォルムは、デン・ボスへの武者修行を経て復帰した2006-07シーズンからトップチームの守護神に定着。その後、2011年に加入したスウォンジー・シティでプレミアリーグデビューを飾ると、3シーズンに渡って正GKとして活躍した。 同クラブでの活躍が評価され、2014年に加入したトッテナムでは守護神を務めるフランス代表GKウーゴ・ロリスのバックアッパーとして公式戦48試合に出場。2018-19シーズン終了後に一度クラブを離れたが、ロリスの負傷離脱に伴い、2019年10月に再契約。今年3月に行われたFAカップのノリッジ・シティ戦でキャリア最後の出場を果たしたが、PK戦の末に敗れていた。 また、2008年11月のスウェーデン代表戦でデビューを飾ったオランダ代表では通算15キャップを刻み、2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)、ユーロ2012、2014年のブラジルW杯の3大会に参加。ブラジルW杯ではブラジル代表との3位決定戦において、試合終了間際に投入されてW杯のピッチにも立っていた。 183cmとGKとしては小柄ながら卓越した反射神経を生かしたシュートセーブ、果敢な飛び出し、PK戦の強さを武器に長らく一線で活躍してきた名GKの一人だった。 2020.10.27 01:53 Tue
twitterfacebook
thumb

元アトレティコのFWビエットが昨季ACL王者アル・ヒラルに完全移籍!

サウジアラビアのアル・ヒラルは25日、スポルティング・リスボンからアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 母国のラシン・クラブでプロキャリアをスタートし、2014年に加入したビジャレアルでリーグ戦12ゴールを挙げてブレイクしたストライカーのビエット。その翌年に2000万ユーロでアトレティコ・マドリーへステップアップを果たしたが、思うような活躍を見せられず。 以降、セビージャ、バレンシア、フルアムへレンタル移籍を繰り返し、昨年夏にスポルティングに完全移籍していた。そのスポルティングでは昨シーズンの公式戦35試合で8ゴール5アシストの数字を残していた。 ビエットの新天地となるアル・ヒラルは昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝チームで、元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコ、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス、ペルー代表FWアンドレ・カリージョ、元韓国代表DFチャン・ヒョンスが在籍している。 なお、連覇が期待された今季のACLでは新型コロナウイルスの影響により、UAEのアル・アハリ戦で大会規則に定められた選手数を揃えることができず、グループステージ敗退の処分を科されていた。 2020.10.26 23:05 Mon
twitterfacebook