ザルツブルクの韓国代表MFキム・ジョンミンがヴィトーリア・ギマランイスと4年契約

2020.07.28 14:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィトーリア・ギマランイスは27日、レッドブル・ザルツブルクから韓国代表MFキム・ジョンミン(21)を獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。キム・ジョンミンは、仁川ユナイテッドや光州FCのユースで育ち、2018年1月にザルツブルクのリザーブチームに相当するリーフェリングに完全移籍。今年1月からはアドミラ・ヴァッカー・メードリングへとレンタル移籍していた。

今シーズンはオーストリア・ブンデスリーガで3試合、2部では11試合に出場し2ゴール2アシストを記録していた。

また、韓国代表としても1試合に出場。2015年にはU-17韓国代表としてU-17ワールドカップで3試合プレーしベスト16入り、2019年にはU-20韓国代表としてU-20ワールドカップで6試合に出場し、準優勝に貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールのU-23ナイジェリア代表FWタイウォが遠藤渓太のウニオン・ベルリンへレンタル移籍

ウニオン・ベルリンは19日、リバプールのU-23ナイジェリア代表FWタイウォ・アウォニイー(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「14」をつける。 2015年8月に母国ナイジェリアのインペリアル・アカデミーからリバプールへと加入したタイウォ。その後はFSVフランクフルト(ドイツ)、NECナイメーヘン(オランダ)、ムスクロン(ベルギー)、ヘントへ(ベルギー)とレンタル移籍を繰り返していた。 2019-20シーズンはマインツにレンタル移籍。ブンデスリーガで12試合に出場し1ゴールを記録していた。なお、加入してからリバプールでの出場は一度もない。 タイウォはウニオン・ベルリンへのレンタル移籍について「新しいポジションとウニオン・ベルリンでのプレーを楽しみにしている」と新天地でのプレーにコメント。また「マインツは、フランクフルトに次ぐ2度目のドイツでの場所となり、昨シーズンは初めてブンデスリーガで自分を証明することができた。ウニオンでは次のステップを踏み出し、可能な限りプレーし、自分自身を成長させ、チームが続けて残留するという目標を達成できるようにサポートしたい」と語り、3度目のドイツ挑戦に意気込みを語った。 ウニオン・ベルリンは19日にブンデスリーガ開幕戦でアウグスブルクと対戦。1-3で黒星スタートとなっていた。なお、MF遠藤渓太はメンバー外だった。 2020.09.20 09:50 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、マドリーからDFレギロンを完全移籍で獲得! 背番号は「3」に決定

トッテナムは19日、レアル・マドリーからスペイン代表DFセルヒオ・レギロン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金の総額は各種インセンティブを含め3200万ポンド(約43億2000万円)程度になるという。また、イギリスとスペイン双方のメディアの情報をまとめると、マドリー側は買い戻しオプションとリセール時の移籍金の一部を受け取れる契約になっているようだ。 マドリーのカンテラ出身のレギロンは、2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のCSKAモスクワ戦でトップチームデビュー。サンティアゴ・ソラーリ体制では、ブラジル代表DFマルセロからポジションを奪うなど台頭を見せた。 だが、ジネディーヌ・ジダン監督の再任、昨夏マドリーがフランス代表DFフェルラン・メンディを獲得した影響もあり、昨シーズンはセビージャへ1年間の武者修行に出ることに。 すると、そのセビージャでは左サイドバックとウイングバックを主戦場に公式戦38試合3ゴール5アシストの活躍を披露。攻守両面で質と量を兼ね備えたプレーをみせ、ヨーロッパリーグ優勝とラ・リーガ4位フィニッシュに大きく貢献し、昨季のラ・リーガ最優秀左サイドバックの評価を得ていた。 だが、新シーズンに向けてもジダン監督の構想に入るまでには至らず、クラブがコロナ禍で資金を得るための換金対象と見なされた中、インテルやマンチェスター・ユナイテッドなど幾つかの候補が出ていたものの、同僚ウェールズ代表FWガレス・ベイルと共にノースロンドンを新天地に選んだ。 <div id="cws_ad">◆昨季ラ・リーガ最高の左SBがプレミア初参戦<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> We are delighted to announce the signing of Sergio Reguilón from Real Madrid!<a href="https://twitter.com/hashtag/HolaReguil%C3%B3n?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#HolaReguilón</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a> <a href="https://t.co/XYBxS4w4Sd">pic.twitter.com/XYBxS4w4Sd</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1307362707469934594?ref_src=twsrc%5Etfw">September 19, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.20 03:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ベイルのスパーズ移籍が正式決定! 1年のレンタル移籍で7年ぶりに復帰

トッテナムは19日、レアル・マドリーからウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定した。 2013年夏にトッテナムから8500万ポンド(約115億3000万円)といわれる移籍金でマドリーに加入したベイル。クラブ公式戦通算251試合の出場で105ゴール68アシストの成績を収め、4度のチャンピオンズリーグ制覇や2度のラ・リーガ優勝など多くのタイトル獲得に貢献した。 その一方で、高額なサラリーを受け取りながらも度重なる負傷離脱を繰り返す稼働率の悪さ、物議を醸すプロ意識を欠く行為などにより、ジネディーヌ・ジダン監督の信頼を失っていた。 クラブとの現行契約は2022年夏までとなっていたが、予てより売却候補に挙がっていた中、ベイル本人、トッテナム、マドリーの3者の利害が一致し、今夏のタイミングで7年ぶりの古巣帰還が実現した。 ベイルは今回の電撃復帰に際して、自身の公式『ツイッター』で7年前に投稿した別れの挨拶を引用すると共に、「スパーズファンのみんな、7年ぶりに戻ってきたよ! 」と、復帰の挨拶を行っている。 2007年にサウサンプトンから17歳でトッテナムに加入したベイルは、2013年までの在籍期間に公式戦203試合56ゴール58アシストを記録。スペイン『マルカ』の報道では代表ウィークにヒザを負傷し、復帰までに約1カ月を要する見込みだが、古巣でのキャリア再生が期待されるところだ。 <div id="cws_ad">◆7年ぶりの帰還!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Bale. Is. Back. <br><br>Welcome home, <a href="https://twitter.com/GarethBale11?ref_src=twsrc%5Etfw">@GarethBale11</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/BaleIsBack?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BaleIsBack</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/COYS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#COYS</a> <a href="https://t.co/iOIWC2ZwtC">pic.twitter.com/iOIWC2ZwtC</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1307363856151392257?ref_src=twsrc%5Etfw">September 19, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.20 02:30 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールがウルブスから多彩なアタッカーのジョタ獲得! 移籍金総額は60億円に

リバプールは19日、ウォルバーハンプトンからポルトガル代表FWジオゴ・ジョタ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「20」に決定。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、イギリス『BBC』によると、今回の移籍金は4100万ポンド(約55億4000万円)となり、インセンティブ次第で最大4500万ポンド(約60億8000万円)となる可能性があるという。 ただ、リバプールは今回のオペレーションの一環でU-18オランダ代表DFキー=ヤナ・フーフェル(18)をウルブスに売却しており、同選手の移籍金総額は1350万ポンド(約18億2000万円)程度となっており、実質的な移籍金の負担は3000万ポンド(約40億5000万円)ほどになるという。さらに、ジョタの契約年数は2025年までの5年となるようだ。 母国ポルトガルのパソス・フェレイラ下部組織出身のジョタは、2016年にアトレティコ・マドリーに移籍。その翌年に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)にいたウルブスに完全移籍した。 ウルブスでは公式戦131試合の出場で44ゴール19アシストを記録し、昨季は公式戦48試合の出場で16ゴール6アシストをマーク。左ウイングを主戦場にストライカーやセカンドトップでもプレー可能な右利きのアタッカーは、優れたアジリティとドリブルテクニックに加え、オフ・ザ・ボールのランニングの質も高く、チャンスメーカーとしてもフィニッシャーとしても機能する万能型だ。 リバプールへのステップアップを果たしたポルトガル代表FWは、クラブ公式サイトのインタビューで喜びを露わにしている。 「僕にとっても家族にとっても 本当にエキサイティングな瞬間だよ」 「子供の頃からここまでのすべての道のりが、リバプールのようなビッグクラブ、ワールドチャンピオンに繋がるなんて信じられないことだよ。ここでのスタートが本当に楽しみだね」 「リバプールは世界で最高のチームの一つさ。彼らはワールドチャンピオンだし、現時点では最高のチームだ。プレミアリーグを見ても、リバプールは常に国内屈指のチームの一つとして見られているし、そんなクラブからの誘いにノーとは言えないよ」 「だから、僕らは望んでこの場所に来たんだ。ベストを尽くすつもりだし、将来的にはリバプールにとって良いオプションになることを願っているよ」 多彩なアタッカーであるジョタは、日本代表FW南野拓実と共に“ビッグ3”を支える貴重な攻撃オプションになりそうだ。 2020.09.20 02:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ウルブス、若手DFフーフェル獲得! リバプール行き迫るジョタの交渉の一部

ウォルバーハンプトンは19日、リバプールからU-18オランダ代表DFキー=ヤナ・フーフェル(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「2」に決定。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 アヤックスのアカデミー出身のフーフェルは、2018年8月にリバプールU-18ヘ入団。2018-19シーズンのFAカップでは今回の移籍先となったウルブス戦で16歳354日でのトップチームデビューを飾った。昨シーズンはEFLカップのMKドンズ戦で初ゴールを挙げるなど、公式戦3試合に出場も、プレミアリーグデビューはお預けとなっていた。 なお、イギリス『The Athletic』などが伝えるところによれば、右サイドバックとセンターバックを主戦場に、スプリント能力、空中戦の強さ、安定した足元の技術を兼ね備える総合力の高い若手DFの移籍金総額は、1350万ポンド(約18億2000万円)程度になったという。 一方、リバプールはこの契約に将来的なリセール時の移籍金15パーセントを受け取れる条項を契約に盛り込んだようだ。 また、フーフェルの移籍はポルトガル代表FWジオゴ・ジョタ(23)のリバプール移籍のオペレーションに組み込まれたものだという。 2020.09.19 23:40 Sat
twitterfacebook