クラブ50周年、PSGの新ユニフォームは70年代のユニフォームに思いをはせる!

2020.07.28 13:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
ナイキは27日、パリ・サンジェルマンの2020-21シーズンのユニフォームを発表した。

ホームとアウェイの新ユニフォームは、人気のエシュテル・ストライプをあしらい、クラブ50周年を祝福している。

クラブの会長を務めたこともあるダニエル・エシュテルが描いた幅広い一本の赤のストライプは、PSGの中心的なアイデンティティで、これまでの50年間で多くのクラシックジャージにも採用されている。

ブラジル代表DFマルキーニョスは「エシュテル・ストライプはPSGにとって特別なシンボルです。この大事な記念の年にクラシックなストライプを身につけることは、とてもタイミングが良いと思います」とコメント。「有名なユニフォームや、それらを身につけた偉大なプレイヤーたちを考えると、大変感慨深いです。今度は私たちがチームでこの美しいデザインのユニフォームを着て歴史を残していく番です」とコメントしている。

ストライプが初めて登場したのは、クラブ創立から3年後の1973年。2020-21ホームユニフォームは、その歴史に残る初期のデザインから着想を得て、紺地に、白のアウトラインの入った縦に太い赤のストライプを描いている。さらに70年代のユニフォームに思いをはせるべく、首は前で重なるようなVネックで、袖口にはリブのトリムを使っている。

“Paris Saint-Germain 50 Ans(パリ・サンジェルマン50周年)”のフレーズが、身頃両脇の青テープに記され、ジャージーの裾の小さなトリコロールのディテールはエレガントさを高めており、紺のショーツとソックスが全身をまとめあげている。


また、アウェイユニフォームにも、大胆にエシュテル・ストライプが採用。これは“PSG”が初めてヨーロッパの大会を制した1995-96シーズンのユニフォームを参考にしている。中心の赤のストライプはロイヤルブルーで縁取り、白地の上に配置することでパリの象徴的な色を構成している。

クラシックなブルーのポロシャツのような襟には2つのボタンがつき、その下にはクラブのクレストと、特製のスウッシュのデザインが配されている。

2020-21シーズンのPSGホームとアウェイユニフォームは、7月28日より順次NIKE.COM及び一部の専門店で発売予定となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

負傷者続出のPSG、指揮官トゥヘルもケガ…練習中にねん挫&骨折

パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督が重要な戦いを前にケガをしてしまった模様だ。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断前にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でドルトムントを退けてベスト8に勝ち上がり、集中開催となるリスボン行きを決めているPSG。その準々決勝の相手はアタランタとなり、12日に戦う。 しかし、練習にも熱が入るなか、トゥヘル監督が負傷者リスト入り。クラブは7日、公式ツイッター(@PSG_inside)でドイツ人指揮官の左足首ねん挫および第5中足骨骨折を報告。7日のトレーニング中に負傷してしまったようだ。 現在のPSGはFWキリアン・ムバッペやDFティロ・ケーラー、DFレイヴァン・クルザワが離脱しており、先日にMFマルコ・ヴェッラッティもふくらはぎを負傷。故障者が相次いでおり、トゥヘル監督もその流れに乗ってしまった格好だ。 なお、これを追って報じたドイツ『ビルト』によると、トゥヘル監督はアタランタ戦でも指揮を執る見通しとのことだ。 2020.08.08 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ディ・マリアの芸術的FK!相手GKに飛ぶことすら許さない完璧な一撃【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ディ・マリアの芸術的FK!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKWHFnN3hwUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドで不遇の時期を過ごした後、2015年にPSGに加入したディ・マリアはここまで公式戦218試合で80ゴールを記録、チャンスメーカーとして抜群の存在感を誇り、プレースキックでもその左足の正確さを見せつけている。 中でも2019年の3月17日に行われたリーグ・アン第29節のマルセイユ戦では見事なFKを決めている。 前半アディショナルタイムにディ・マリアのアシストからFWキリアン・ムバッペがゴールを決め、先制に成功したPSGだったが、後半開始直後に同点に追いつかれる。 それでも、後半10分にディ・マリアが勝ち越しとなるゴールを奪うと、さらに後半21分にゴール正面約27メートルの位置で得たFKのキッカーを担当する。 左足から放たれた一撃は、マルセイユの壁4人の上を越えると、ゴール右側に向かって大きな弧を描きながら落下。右ポストを直撃してそのままネットを揺らした。 絶好調ぶりをアピールする一撃を決めたディ・マリアの2ゴール1アシストという全3ゴールに絡む活躍で、 2020.08.08 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG退団でフリーのカバーニ、ブラジルから接触もオファーに開き

パリ・サンジェルマン(PSG)を退団し、新天地を探しているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)だが、行き先はブラジルになるかもしれない。ブラジル『グローボ』が報じた。 カバーニは、母国のダヌビオFCから2007年1月にパレルモへ移籍。その後、ナポリ、パリ・サンジェルマンとヨーロッパでプレーを続けた。 <div id="cws_ad">◆カバーニ、PSGでの200ゴール!<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkeDczSHR4biIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> セリエAでは213試合で112ゴール16アシスト、リーグ・アンでは200試合で138ゴール30アシストを記録。チャンピオンズリーグでも62試合で35ゴール6アシストを記録し、屈指の点取り屋として活躍した。 2020年6月でPSGとの契約が満了を迎えることもあり、今年1月にはアトレティコ・マドリー移籍に近づいたものの、最終的には実現せず。PSGとの契約も満了し、無所属となっている。 新天地を探すカバーニに対し、南米のブラジルからオファー。6月にアトレチコ・ミネイロが接触し、条件面について問い合わせをしたものの、最近になってまた連絡を受けたようだ。 アトレチコ・ミネイロは、ブラジル時の億万長者であるルーベンス・メニン氏がバックについており、資金も充実。ブラジルで最高峰のトレーニングセンターも備えている。また、かつてチリ代表やアルゼンチン代表も指揮したホルヘ・サンパオリ監督がチームを率いており、ブラジル・セリエA優勝を目指している。 カバーニにとっても、13年前に離れた母国に近くなり、家族もプレーを見ることが可能になる。 しかし、今回のコンタクトにより交渉が進んでいるということはなく、カバーニは世界中からのオファーを待っている状況。ベンフィカも獲得に大きな興味を示しているとされている。 アトレチコ・ミネイロが提示した条件については、カバーニの希望と大きな開きがあることが分かり、獲得にはまだまだ道のりが長いとみられている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で財政的に打撃を受けるクラブが多い中、交渉で優位に立てるのはどのクラブなのか。まだ、新たな所属先決定には時間がかかりそうだ。 2020.08.07 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチが得意の弾丸FKを叩き込む【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆イブラヒモビッチが得意の弾丸FKを叩き込む<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJLa1lXZWlCTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2012年夏にミランからPSGへ移籍したイブラヒモビッチは、在籍4年間で公式戦122試合に出場して113ゴールをマーク。リーグ・アン4連覇に貢献し、得点王にも3度輝いた。 その強烈なキックを武器にPSGではFKのキッカーも務めていたイブラヒモビッチは、2014年12月6日に行われたリーグ・アン第17節のナント戦でもパワフルなFKを決めている。 アウェイのナントに先制される展開となったものの、34分にイブラヒモビッチのゴールで追いついたPSGは、後半開始早々の48分にFKのチャンスを獲得する。 ゴール正面右の位置でボールをセットしたイブラヒモビッチは、集中力を高めた後、ゆったりとした助走から右足を一閃。相手の壁の横を抜けた強烈なシュートは、真っすぐな軌道で左のサイドネットへと突き刺さった。 試合はそのまま2-1でタイムアップ。イブラヒモビッチの2ゴールでPSGが勝利を収めている。 2020.08.07 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“稲妻”こと名手ラベッシが見せた、PSG初ゴールとなる極上チップ【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は、元アルゼンチン代表FWのエセキエル・ラベッシ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めた初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆名手ラベッシが見せた華麗なPSG初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmN0ZDVG9ZTSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2007年から所属したナポリで活躍し、キレのあるドリブルとパンチのあるシュートから“稲妻”の愛称でファンから愛されたラベッシ。惜しまれながらも2012年にPSGへ移籍すると、公式戦161試合に出場し、35ゴールを記録するなど、2016年に河北華夏に移籍するまで、同クラブの主力として活躍。この間にリーグ・アン3連覇など、多くのタイトル獲得に貢献した。 そんなラベッシの記念すべきPSG初ゴールとなったのは、2012年11月21日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ、ディナモ・キエフ戦で決めたゴールだった。 ディナモ・キエフのホームにPSGが乗り込んだこの一戦、0-0で迎えた45分にPSGに決定機が訪れる。速攻を展開するPSGのFWズラタン・イブラヒモビッチが右サイドでボールを持つと、2列目から裏へ動き出したラベッシへスルーパス。 これをボックス内で受けたラベッシは、ワンタッチでボックス深部まで侵入すると、相手DFとコースを消しに来たGKに挟まれる。シュートコースはないように見えたが、ゴール前でも落ち着きを見せるラベッシは華麗なチップシュートを放つ。DFとGKの間を見事に越えたボールはゴールネットに吸い込まれた。 アウェイで貴重な先制点を決めたPSGは、後半にも再びラベッシのゴールで追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.08.06 17:00 Thu
twitterfacebook