足首負傷のムバッペ、最低3週間の離脱が確定…CLアタランタ戦は欠場へ

2020.07.28 00:58 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は27日、フランス代表FWキリアン・ムバッペの怪我の診断結果を報告した。

ムバッペは24日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝のサンテチェンヌ戦で負傷。DFロイク・ペランの悪質なタックルを後方から右足首に受け、優勝セレモニーは松葉杖をついての参加だった。

当初は大怪我も心配されたが、最新の診断で外じん帯の損傷を伴う捻挫ですんだとのこと。PSGは3週間程度の離脱と見込んでいる。

最悪の事態は免れたものの、来月13日予定のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のアタランタ戦は欠場がほぼ確定となった。
コメント
関連ニュース
thumb

注目のカバーニの新天地はベンフィカが濃厚に!

ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)がベンフィカと合意したようだ。 今夏にパリ・サンジェルマン(PSG)との契約を終え、フリーとなっているカバーニ。2013年にナポリから移籍し、在籍7年間で公式戦301試合に出場。通算200ゴールはクラブ歴代トップの数字だ。 CL出場も拒否し、7月1日からフリーの身となっている同選手にはアトレティコ・マドリーやローマ、さらにはアメリカやブラジルなど世界中から関心が届いていたが、どうやら注目の新天地はポルトガルになるようだ。ブラジル『グローボ』や『BeIN』によると、ベンフィカが年俸900万ユーロ(約11億2400万円)の3年契約を締結。近く公式発表がなされる見込みだ。 ベンフィカのジョルジェ・ジェズス監督は以前、「もしカバーニを獲得できたら、ベンフィカだけでなくポルトガルサッカーの発展につながる」と話していた。 2020.08.09 14:19 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタ守護神ゴッリーニ、PSG戦欠場へ

アタランタのイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニが12日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のパリ・サンジェルマン戦を欠場するようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ゴッリーニは1日に行われたセリエA最終節のインテル戦で先発するも、キックオフ直後に着地に失敗してヒザの後十字靭帯を裂傷し、5分に交代を強いられていた。 ゴッリーニは今季の公式戦41試合に出場し、アタランタのセリエA3位、CLベスト8入りに大きく貢献していた。 なお、代役は今季の公式戦7試合に出場していたGKマルコ・スポルティエッロが務めることが見込まれている。 2020.08.08 23:30 Sat
twitterfacebook
thumb

負傷者続出のPSG、指揮官トゥヘルもケガ…練習中にねん挫&骨折

パリ・サンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督が重要な戦いを前にケガをしてしまった模様だ。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う中断前にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でドルトムントを退けてベスト8に勝ち上がり、集中開催となるリスボン行きを決めているPSG。その準々決勝の相手はアタランタとなり、12日に戦う。 しかし、練習にも熱が入るなか、トゥヘル監督が負傷者リスト入り。クラブは7日、公式ツイッター(@PSG_inside)でドイツ人指揮官の左足首ねん挫および第5中足骨骨折を報告。7日のトレーニング中に負傷してしまったようだ。 現在のPSGはFWキリアン・ムバッペやDFティロ・ケーラー、DFレイヴァン・クルザワが離脱しており、先日にMFマルコ・ヴェッラッティもふくらはぎを負傷。故障者が相次いでおり、トゥヘル監督もその流れに乗ってしまった格好だ。 なお、これを追って報じたドイツ『ビルト』によると、トゥヘル監督はアタランタ戦でも指揮を執る見通しとのことだ。 2020.08.08 11:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ディ・マリアの芸術的FK!相手GKに飛ぶことすら許さない完璧な一撃【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆ディ・マリアの芸術的FK!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJKWHFnN3hwUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0==" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> マンチェスター・ユナイテッドで不遇の時期を過ごした後、2015年にPSGに加入したディ・マリアはここまで公式戦218試合で80ゴールを記録、チャンスメーカーとして抜群の存在感を誇り、プレースキックでもその左足の正確さを見せつけている。 中でも2019年の3月17日に行われたリーグ・アン第29節のマルセイユ戦では見事なFKを決めている。 前半アディショナルタイムにディ・マリアのアシストからFWキリアン・ムバッペがゴールを決め、先制に成功したPSGだったが、後半開始直後に同点に追いつかれる。 それでも、後半10分にディ・マリアが勝ち越しとなるゴールを奪うと、さらに後半21分にゴール正面約27メートルの位置で得たFKのキッカーを担当する。 左足から放たれた一撃は、マルセイユの壁4人の上を越えると、ゴール右側に向かって大きな弧を描きながら落下。右ポストを直撃してそのままネットを揺らした。 絶好調ぶりをアピールする一撃を決めたディ・マリアの2ゴール1アシストという全3ゴールに絡む活躍で、 2020.08.08 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG退団でフリーのカバーニ、ブラジルから接触もオファーに開き

パリ・サンジェルマン(PSG)を退団し、新天地を探しているウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(33)だが、行き先はブラジルになるかもしれない。ブラジル『グローボ』が報じた。 カバーニは、母国のダヌビオFCから2007年1月にパレルモへ移籍。その後、ナポリ、パリ・サンジェルマンとヨーロッパでプレーを続けた。 <div id="cws_ad">◆カバーニ、PSGでの200ゴール!<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkeDczSHR4biIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> セリエAでは213試合で112ゴール16アシスト、リーグ・アンでは200試合で138ゴール30アシストを記録。チャンピオンズリーグでも62試合で35ゴール6アシストを記録し、屈指の点取り屋として活躍した。 2020年6月でPSGとの契約が満了を迎えることもあり、今年1月にはアトレティコ・マドリー移籍に近づいたものの、最終的には実現せず。PSGとの契約も満了し、無所属となっている。 新天地を探すカバーニに対し、南米のブラジルからオファー。6月にアトレチコ・ミネイロが接触し、条件面について問い合わせをしたものの、最近になってまた連絡を受けたようだ。 アトレチコ・ミネイロは、ブラジル時の億万長者であるルーベンス・メニン氏がバックについており、資金も充実。ブラジルで最高峰のトレーニングセンターも備えている。また、かつてチリ代表やアルゼンチン代表も指揮したホルヘ・サンパオリ監督がチームを率いており、ブラジル・セリエA優勝を目指している。 カバーニにとっても、13年前に離れた母国に近くなり、家族もプレーを見ることが可能になる。 しかし、今回のコンタクトにより交渉が進んでいるということはなく、カバーニは世界中からのオファーを待っている状況。ベンフィカも獲得に大きな興味を示しているとされている。 アトレチコ・ミネイロが提示した条件については、カバーニの希望と大きな開きがあることが分かり、獲得にはまだまだ道のりが長いとみられている。 新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で財政的に打撃を受けるクラブが多い中、交渉で優位に立てるのはどのクラブなのか。まだ、新たな所属先決定には時間がかかりそうだ。 2020.08.07 13:20 Fri
twitterfacebook