ヴァーディが初のプレミア得点王に! デ・ブライネはリーグ記録の20アシスト到達!

2020.07.27 02:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2019-20シーズンのプレミアリーグの全日程が26日に終了した。得点王には23得点を挙げたレスター・シティの元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが輝いた。昨年2月に就任したブレンダン・ロジャーズ監督の下、開幕から好調を続けた今季のレスター。序盤戦はマンチェスター・ユナイテッドやリバプールに敗れることはあったものの、中堅以下の相手には確実に勝利を重ね、第9節からは8連勝を収めた。

その中でアウェイで9-0という歴史的大勝利を挙げた第10節のサウサンプトン戦で、ヴァーディは今季唯一のハットトリックを達成。また、この8連勝中に8試合連続ゴールを決めており、計11得点を記録した。

ヴァーディはレスターがプレミアリーグを制覇した2014-15シーズンにも24得点を挙げていたが、そのシーズンは25得点を記録したトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインの後塵を拝していた。

なお、2位は共に22得点のアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンと、サウサンプトンのイングランド人FWダニー・イングスとなった。

Getty Images
また、アシスト王はマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネに。

開幕から4試合連続アシストを記録するなど、今季もその実力を遺憾なく発揮したデ・ブライネ。最終節のワトフォード戦でも1アシストを記録し、02-03シーズンにアーセナルの元フランス代表FWティエリ・アンリが作ったリーグ記録の20アシストに到達。

また、ゴール数も13得点と、共に自己最多記録を更新する見事な成績となった。

関連ニュース
thumb

35歳GKシュマイケルが規律違反の常習犯に? ニース加入時はウェイトオーバーも

デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルが、今夏加入のニースでチームの輪を乱しかねない行動をとっているようだ。 昨季までレスター・シティに11年間在籍し、通算479試合でゴールマウスを守ったシュマイケル。2015-16シーズンの奇跡のプレミアリーグ優勝や、2020-21シーズンのFAカップ優勝に貢献するなど、クラブ史に名を残すプレーヤーとなった。 今夏に惜しまれつつもレスターを退団し、35歳にして自身初となるフランスの地に降り立った。だが、ニースは現在リーグ・アンで13位に低迷しており、ここ数日はルシアン・ファブレ監督の解任も噂されている。 そんななか、フランス『RMC Sport』によると、シュマイケルは正GKに定着していたものの、ファブレ監督との間に溝ができ、第8節のアンジェ戦で起用されず。さらに、ミーティングに遅刻するなどの規律違反もあるという。 ニース加入時点ですでにウェイトオーバー気味であり、体脂肪率が「非常に高い」数値を示していたとされるシュマイケル。レスターでは誰もが認める偉大なキャプテンだったが、現在はフラストレーションを溜め込んでしまっているのかもしれない。 2022.09.22 20:17 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルOBマーソン氏、マグワイアに謝罪したエピソードを披露「言い過ぎた」

アーセナルOBのポール・マーソン氏が、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアに謝罪したというエピソードを明かした。イギリス『サン』が伝えている。 マグワイアは2019年夏に8000万ポンド(約138億円)もの移籍金でレスター・シティからユナイテッドへ加入。だが、昨季以降は不安定なパフォーマンスが度々議論の的となり、今季はベンチに座る機会が増えつつある状況だ。 一方のマーソン氏は2019年当時、マグワイアの巨額の移籍金を痛烈に批判し、「良いディフェンダー」とは認めつつも「この上なく馬鹿げた移籍金」などと主張。しかし、公人ゆえに言葉のチョイスには気をつけているようで、イギリス『テレグラフ』に、マグワイアに謝罪したと告白している。 「まず、イングランド代表にはカタール・ワールドカップ(W杯)で優勝してもらいたいし、マグワイアにもチームを勝利に導くゴールを決めてもらいたい。メディアを通した彼への発言は、たかだか私個人の主観に過ぎないのだよ」 「すぐにレスターのブレンダン・ロジャース監督に電話し、『ハリーの番号を教えてくれないか?』と頼んだ。どうも気が済まなくてね。ハリーに『あんなことを言うべきではなかった。申し訳ない』と謝ったよ。明らかに言い過ぎだった」 マグワイアは現在、クラブで出場機会に恵まれないながらもUEFAネーションズリーグ(UNL)を戦う代表チームに参戦中。期待の裏返しでもある批判に応え、周囲を納得させる活躍を見せることができるだろうか。 2022.09.22 15:41 Thu
twitterfacebook
thumb

大不振レスターは最下位低迷も…ティーレマンスは残留に後悔なし「家族はレスターでとても幸せ」

ビッグクラブへの移籍が噂されたレスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスだが、今夏の残留に後悔はないようだ。 レスターとの契約が残り1年となり、今夏の移籍市場ではアーセナルやマンチェスター・ユナイテッドなど多くのビッグクラブから関心を寄せられたティーレマンス。しかし、具体的な交渉に発展するクラブはなく、ひとまず残留が決定した。 頼れる司令塔が残留したレスターだが、プレミアリーグ開幕節でドローとなった後は6連敗で最下位に低迷。先週末に行われた第7節のトッテナム戦でも6失点の大敗を喫しており、浮上のきっかけを掴めずにいる。 ブレンダン・ロジャーズ監督の解任も囁かれるなど、クラブを取り巻く空気は悪化する一方だが、それでもティーレマンスは残留を後悔していないようだ。イギリス『ミラー』の取材で、家族がレスターで幸せであることを強調しながらも、現在のクラブの雰囲気は悪く、インターナショナルマッチウィークが救いになったことも認めている。 「今のところ、自分の契約状況について多くを語るつもりはないよ。家族はレスターでとても幸せで、それはとても重要だ。移籍については加入するクラブのプロジェクトが正しいものでなければならないといつも言っていたから、今夏は残留を決めた」 「レスターの状況が悪くなったからと言って、残留を後悔する必要はない。これが契約最終年であろうがなかろうがね。もちろん、僕がクラブと契約延長の話をしているかとも関係がない。それは僕の代理人の仕事だしね」 「最終的な去就については僕が決めるよ。多くのクラブから話はあったけど、今それについて触れはしない。今のレスターは厳しい状況だから、代表で新鮮な空気を吸えるのは嬉しいね。クラブがうまくいっていないのは明らかさ。チームとして、できることはやっているんだけどね」 「レスターでは連敗がグループに影響を及ぼしている。だから、この中断を利用してバッテリーを充電しなければならない。僕も連敗の事実が頭の中をグルグル回っていて、なかなか頭から離れないんだ。そんなときは子供たちの存在だけが、それを忘れさせてくれる」 2022.09.20 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

6連敗、未勝利の最下位レスター…監督交代ならプレミアクラブから引き抜きか?

監督解任の可能性が報じられているレスター・シティだが、後任はプレミアリーグクラブから引き抜きたいと考えているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えた。 ブレンダン・ロジャーズ監督が率いるレスター。プレミアリーグ開幕戦こそ引き分けたが、そこから4連敗で最下位に沈んでいる。 17日に行われた第8節のトッテナム戦では開始早々にPKから先制し、ひっくり返されても前半のうちに追いつく熱戦を演じたが、後半に4発を浴びて力尽きてしまった。 試合後、「サポーターのフラストレーションは完全に理解している。それは私の責任だし、隠しようもない」とロジャーズ監督は語り、「ここレスターでどうなろうと、続投となっても、常に彼らを尊重する」と、解任となっても受け入れる覚悟はあるようだ。 そのレスターだが、後任として候補に上がっているのはブレントフォードのトーマス・フランク監督(48)とのことだ。 しかし、今シーズンのブレントフォードは現在9位に位置。最下位のレスターのオファーを受けるかどうかは非常に難しそうだ。 また、昨シーズン途中にバーンリーの指揮官を解任されたショーン・ダイチ監督(51)も候補に上がっているという。 まだシーズンが始まったばかりということもあり、ロジャーズ監督の下で立て直すことも考えられるが、すでに監督交代を図り舵を切っているチームもある。果たしてレスターの首脳陣がどう決断を下すだろうか。 2022.09.18 21:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ソニーの復活ハットなどでレスターに快勝のスパーズ、コンテ監督「毎試合何かを示さなければ…」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がレスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは17日、プレミアリーグ第8節でレスターと対戦。開始6分に相手にPKを与えると、一度はフランス代表GKウーゴ・ロリスがセーブしたが、足がラインに残っていなかったとして蹴り直しになり、2度目のキックを決められて先制を許した。出鼻を挫かれる展開となったが、その2分後にイングランド代表FWハリー・ケインのゴールで同点に追いつき、21分にはイングランド代表MFエリック・ダイアーが勝ち越し点を奪取。41分に同点とされたが、試合を折り返して47分にウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールのゴールで再び勝ち越した。59分には今季ここまでノーゴールの韓国代表FWソン・フンミンが投入され、そこからは独壇場。63分、84分、86分と立て続けにゴールを決め、ハットトリックを達成した。 試合はそのままタイムアップを迎え、6-2で快勝したトッテナム。コンテ監督は試合後、前半のパフォーマンスに疑問を語りつつも、後半にはうまく改善されたと振り返った。 「勝ち点3を獲得できたことは、我々にとって非常に重要なことだった。スタートはよかったが、10分後にPKを与えてしまった。その後、ウーゴがPKをセーブしたのは良かったが、再び悪い状況になってしまったのは自信につながらないだろう」 「その後はボールを持ってプレーする自信を少し失っており、選手たちが少し怖がっているように見えた。なぜかはわからないが、その点を改善しなければならない」 「後半は自信を持って、エネルギーに満ちたプレーをすることができた。前半の20分、25分あたりは、あまりエネルギーがなかったからだ。後半には多くのエネルギーがあった。チームのメンタリティを向上させ、それをうまくコントロールする必要があるということだろう」 また、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD第2節のスポルティングCP戦についても言及。0-2の敗戦から素早い立ち直りを見せたかったと話した。 「良い試合ができたので満足しているし、選手たちにとっても重要なことだった。CLで負けた後だったからなおさらだ。正直なところ、CLでの敗戦には失望している。負けるに値する試合をしたときには、まずそれを認識するが、正直あの試合はそうではなかった。だからこそ、とても残念だった」 「敗戦後にもう一段上のレベルに到達したいと考えるチームは、良い反応を素早く示さなければならないと、選手たちに言った」 「昨シーズンよりも良い結果を出すために、毎試合何かを示さなければならない。競争は非常に激しく、難しい。ベストを尽くして戦わなければならないし、重要なものを得るために戦うという野心を心の中で持たなければならない」 2022.09.18 19:22 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly