電光石火被弾も王者リバプールが逆転勝利で2019-20シーズンを締めくくる!《プレミアリーグ》

2020.07.27 02:09 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
南野拓実が所属するリバプールは26日、プレミアリーグ第38節で武藤嘉紀が所属するニューカッスルと対戦し、3-1で勝利した。リバプールの南野は64分までプレー、ニューカッスルの武藤はベンチ入りも出場機会はなかった。前節、チェルシーとの打ち合いを制した王者リバプール(勝ち点96)は、その試合から先発メンバーを5人変更。サラー、マネ、フェルミノらに代えて南野、オリジ、チェンバレンらをスタメンで起用。南野は3トップの左で起用された。

5試合勝利のない13位ニューカッスル(勝ち点44)に対し、リバプールは開始早々に失点を喫する。1分、中盤での獲得したFKからシェルヴェイが素早くリスタート。このボールに反応したゲイルがゴール前まで抜け出した冷静にゴールネットを揺らした。

出鼻をくじかれたリバプールだったが、その後はペースを取り戻し徐々にニューカッスルゴールに近づいていく。すると29分、左サイドからカットインした南野がミドルシュートでゴールを脅かしたが、これは相手GKの好セーブに防がれた。

ポゼッションでニューカッスルを圧倒するリバプールは38分、右CKのセカンドボールをつなぐと、右サイド深くまで持ち上がったチェンバレンのクロスをファン・ダイクがヘディングで流し込み、1-1で前半を終えた。

後半に入っても主導権を握るリバプールは59分、ファン・ダイクのロングフィードをボックス左横に駆け上がったロバートソンがワンタッチで落とすと、これをバイタルエリア左で受けたオリジがカットインから右足一閃。シュートはゴール右に突き刺さった。

逆転に成功したリバプールは、64分に南野、オリジ、チェンバレンを下げてサラー、マネ、フィルミノを投入。すると66分、ロバートソンの左FKの流れたボールをボックス右のサラーが胸トラップからシュート。しかし、これは右ポストを直撃した。

その後も危なげない試合運びを見せたリバプールは89分、フィルミノが左サイドのスペースへ出したパスを拾ったマネがボックス左から切り込みシュート。内巻きのカーブがかかったシュートはゴール右に突き刺さった。

結局、試合はそのまま3-1で終了。リバプールが激動の2019-20シーズンを逆転勝利で締めくくった。
関連ニュース
thumb

「能力に疑いの余地はない」セルティックOBが古橋亨梧を絶賛「我々は今彼を必要としている」

かつてセルティックで活躍した元スコットランド代表FWフランク・マカヴェニー氏が、日本代表FW古橋亨梧を絶賛した。 マカヴェニー氏は、セルティックの他、セント・ミレンやウェストハムで活躍したストライカー。新たにチームに加わった日本人ストライカーを絶賛している。 古橋は16日にセルティック加入が発表。4年契約を結んだが、現在はチームに合流する前の隔離措置を取っている。 FC岐阜でプロキャリアをスタートさせた古橋はヴィッセル神戸へと完全移籍。今シーズンは明治安田J1で21試合に出場し15ゴールを記録し、得点ランキングで1位に位置している。 マカヴェニー氏は、イギリス『フットボール・インサイダー』でチームに加わる古橋について言及。チームに合流すれば、しっかりと力になってくれるだろうと太鼓判を押し、能力に疑いがないと主張した。 「我々が早く彼を手にできれば、それだけ良くなる」 「彼が世間で言われている半分の出来であれば、私は喜ぶ。神戸のファンは彼を愛していたようだ」 「セルティックにとっては、また1つユニフォームが売れることになる。彼は日本でとても人気がある」 「前回は中村だったが、それは最も重要なことではない」 「それもチームの助けになるが、何よりもパフォーマンスが必要だ。彼は自信に満ちた若者であり、新しい風を吹き込んでくれる可能性がある」 「我々はそれが必要であり、彼は一流のサッカー選手に見える。能力に疑いの余地はない」 「彼に会うのが待ちきれない。特に最近の結果を見ると、我々は今彼を必要としている」 セルティックはチャンピオンズリーグ(CL)の予選2回戦でデンマークのミッティランと対戦。1stレグは1-1のドローとなり、2ndレグは28日に行われる。 2021.07.27 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ所属のFW食野亮太郎、新シーズンもポルトガル1部でプレーへ

マンチェスター・シティに所属するFW食野亮太郎(23)だが、新シーズンもポルトガルでプレーを続けるようだ。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 ガンバ大阪の下部組織出身の食野は、2017年2月にトップチーム昇格。2019年8月にその才能が認められ、マンチェスター・シティへと移籍した。 移籍加入と同時にスコットランドのハート・オブ・ミドロシアン(ハーツ)へとレンタル移籍。公式戦21試合に出場し3ゴール1アシストを記録すると、2020-21シーズンはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)のリオ・アヴェへとレンタル移籍する。 リオ・アヴェでは公式戦24試合で4ゴールを記録。チームは残留争いをする中、プレーオフで敗れて降格が決定。食野はハーツに続き2年連続で降格を味わった。 東京オリンピック世代の食野は最終選考となった6月のU-24日本代表の活動に招集されるも、五輪メンバーからは落選。新シーズンの去就が注目されていた。 『O Jogo』によると、食野の獲得に動いているのは新シーズンから昇格するエストリルとのこと。すでにシティとエストリルは食野のレンタル移籍で合意しているとのこと。近日中に正式発表されるとのことだ。 2021.07.27 11:37 Tue
twitterfacebook
thumb

武藤嘉紀はギリシャに? 香川真司所属のPAOKのライバルクラブが狙う

ニューカッスルの元日本代表FW武藤嘉紀(29)に対して、ギリシャクラブが興味を示しているようだ。ギリシャ『Sportime』が報じた。 武藤の獲得を目指しているのは、アリス・テッサロニキとのこと。ギリシャ・スーパーリーグも3度優勝経験があるクラブ。過去には横浜F・マリノス、FC東京、アビスパ福岡で活躍したFW坂田大輔も所属していた。 また、元日本代表FW香川真司が所属するPAOKと同じテッサロニキを本拠地とするクラブでもある。 報道によると、すでにアリスは武藤と交渉を進めているとのことだ。 武藤はFC東京でキャリアをスタート。2015年7月にマインツへと移籍すると、そこでの活躍が認められ2018年8月にニューカッスルへと移籍。しかし、プレミアリーグでは結果を残せず、2020-21シーズンはエイバルへとレンタル移籍した。 スペインでのプレーとなったが、ラ・リーガでは26試合で1ゴール2アシストとここでも結果を残せず、チームもセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に降格。武藤はニューカッスルへと戻り、プレシーズンを過ごしている。 ニューカッスルでは元イングランド代表FWアンディ・キャロルが退団。そのため、武藤がポジションを奪う可能性も少なくなく、18日に行われたヨーク・シティとのプレシーズンマッチでも後半起用されていた。 それでもニューカッスルでは評価は高くないため、退団する可能性もあるが、果たしてどこでプレーするのだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】武藤嘉紀がコパ・デル・レイで決めたゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVaHVZdlhzVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.07.26 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンが2021-22シーズン初戦を逆転勝利で飾る!《ジュピラー・プロリーグ》

シント=トロイデンは25日、ジュピラー・プロリーグ開幕節でヘントとホームで対戦し2-1で勝利した。 シント=トロイデンのDF松原后とGKシュミット・ダニエルがフル出場。FW鈴木優磨、MF伊藤達哉、DF橋岡大樹はベンチ外となった。 試合は開始早々の2分に動く。左CKをファーサイドに走り込んだヌガドゥ=ヌガジュイが体に当て折り返すと、最後はハンチェ=オルセンが胸トラップからボレーシュートをゴールに突き刺した。 先制を許したシント=トロイデンは12分に反撃。左サイドから仕掛けた松原がDFとGKの間へ高速クロスを供給すると、ゴール前に抜け出したムボヨがこれを押し込んだ。 同点で迎えた後半、シント=トロイデンは57分に左CKからチャンス。デッセルがグラウンダーをボールを入れると走り込んだラヴァレーがダイレクトで合わせたが、このシュートは相手DFのブロックに阻まれた。 するとシント=トロイデンは、67分にヤンセンスの落としをバイタルエリア手前で受けたブルースが左足一閃。強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 結局、このゴールが決勝点となりシント=トロイデンが開幕戦を逆転勝利で飾った。 シント=トロイデン 2-1 ヘント 【シント=トロイデン】 ムボヨ(前12) ブルース(後22) 【ヘント】 ハンチェ=オルセン(前2) 2021.07.26 05:59 Mon
twitterfacebook
thumb

合流間もないFWオナイウ阿道がフランスデビュー! リーグ・ドゥ開幕戦で45分間プレー、チームはドロー

フランス2部のリーグ・ドゥが24日に開幕。日本代表FWオナイウ阿道が所属するトゥールーズはアジャクシオとの開幕戦に臨んだ。 横浜F・マリノスから20日トゥールーズへと加入したオナイウ。合流から間もない中、オナイウは開幕戦でベンチ入りを果たした。 初の海外挑戦となったオナイウ。チームは[3-5-2]のシステムでスタートする。 試合は立ち上がりからアジャクシオがアグレッシブに戦うも33分にトゥールーズがリース・ヒーリーのゴールで先制。しかし、35分にアジャクシオがカジム・ラチのゴールで同点に追いつく。 しかし38分にクレマン・ビダルが2枚目のイエローカードをもらい退場。開幕戦でいきなり退場する。 1-1の同点で迎えた後半。オナイウはハーフタイムから出場。後半の45分間をプレーした。 試合は54分にオウンゴールでトゥールーズが勝ち越しに成功。しかし、59分にラチにこの試合2点目を奪われ再び同点に。 その後は一進一退の攻防となるが、最後にはトゥールーズにも退場者が出て試合終了。2-2のドローに終わった。 トゥールーズ 2-2 アジャクシオ 【トゥールーズ】 リース・ヒーリー(33分) オウンゴール(54分) 【アジャクシオ】 カジム・ラチ(35分、59分) 2021.07.25 17:13 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly