【J1注目プレビュー|第7節:横浜FCvs浦和】主導権を握る戦いができる両者、カギは先取点

2020.07.26 14:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第7節】
2020年7月26日(日)
18:00キックオフ
横浜FC vs 浦和レッズ
[ニッパツ三ツ沢球技場]◆後手を踏んで大量失点の連敗、先手を奪えるか【横浜FC】

ポゼッションサッカーを標榜する横浜FCは、徐々にその精度を上げながらも、結果が伴っていない。

前節は横浜F・マリノスとの13年ぶりの横浜ダービーとなったが、結果は0-4で惨敗。前々節の川崎フロンターレ戦(1-5●)に続いて、大量失点で連敗を喫した。

どちらの試合も試合中盤までは悪い展開ではない。ポゼッションも行い、主導権を握り相手ゴールに迫る時間帯も作れている。問題は、良い流れの時にチャンスを生かせず、流れを引き渡すところにあるだろう。

昇格組ということもあり、地力の差が出ての連敗。川崎戦もラスト15分で4失点、横浜FM戦もえ2失点目を皮切りに連続失点と、主導権を渡すこととなった。粘り強く戦えていない訳ではないだけに、しっかりとチャンスを生かすことができれば、勝機も見えてくるだろう。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:南雄太
DF:星キョーワァン、田代真一、小林友希
MF:マギーニョ、佐藤謙介、松尾佑介
MF:手塚康平、瀬古樹
FW:一美和成、斉藤光毅
監督:下平隆宏

◆伴わない結果、ゴールをいかに奪うか【浦和レッズ】

浦和は開幕4試合で無敗を継続していたが、FC東京 (2-0●)、柏レイソル(0-4●)と連敗を喫することに。特に2試合とも無得点という結果に終わったことは、チームに大きな課題を示したことになる。

柏戦では初先発のFW武藤雄樹が積極的なプレーを見せ、柏ゴールに襲い掛かるシーンが何ども見られたが、GK中村航輔の好セーブ連発で得点を奪えず。また、ミスがらみでの失点も続いてしまった。

チームとしてのバランスが崩れると失点を重ねることに繋がっている印象。同じメンバーでこの過密日程を乗り切ることは難しく、いかにバランスを保ってプレーできるかがカギとなる。

そのためにも、先手を奪うことが重要に。豊富なタレントが揃う前線でどのような組み合わせを選択するのか。大槻毅監督の采配にも注目が集まる。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:西川周作
DF:橋岡大樹、鈴木大輔、岩波拓也、山中亮輔
MF:長澤和輝、青木拓矢、柴戸海、汰木康也
FW:興梠慎三、杉本健勇
監督:大槻毅
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:神戸vs名古屋】初連勝の神戸が白星を積み上げるか、名古屋はアウェイ連敗ストップなるか

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年9月30日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(10位/26pt) vs 名古屋グランパス(4位/33pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆ホーム3連勝で上位浮上へのキッカケを掴めるか【ヴィッセル神戸】 前節は三浦淳寛新監督の初陣となったが、ホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて4-0と快勝。新体制で好スタートを切ったことは大きなプラス材料だ。 この結果、今シーズン初の連勝となり、ホーム3連戦の最後は名古屋が相手。3節前の19日に対戦したばかりの相手だが、すぐさまリベンジのチャンスが来た。 アンドレス・イニエスタが復帰したことでチームの攻撃に勢いがついている中、素晴らしい連動を見せているのがFW古橋亨梧。2試合連続2ゴールの活躍で、10得点に到達。勢いそのままに昨季超えを達成したい。 チームとしては、やり方に大きな変更はないものの、この連勝で自信は掴んだはず。自分たちが向かうべき方向を信じられれば、個々の能力が高いだけに結果もついてくるだろう。ホーム3連勝で上位浮上へのキッカケを掴みたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:前川黛也 DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧 監督:三浦淳寛 ◆前回はPK2発で逆転勝ち、アウェイ連敗ストップなるか【名古屋グランパス】 前節はホームに清水エスパルスを迎え、3-1で快勝。今季初の連敗を避けることに成功した。 3節前に対戦した神戸との試合となるが、今節はしっかりと主導権を握って試合を進めていきたいところ。前回対戦は先制を許す展開となっており、PK2つでの逆転と運も味方した。 現在はアウェイで連敗中。今節と次節の浦和レッズ戦はアウェイでの連戦となるため、早いところアウェイで勝利を挙げたい所。神戸は前回対戦とは異なり調子が上向きなだけに、警戒して臨みたい。 ポイントはバランスを取った守備だろう。勢いに乗せると手がつけられなくなる神戸攻撃陣をしっかりとシャットアウトできるか。持ち前の守備の固さをここでも見せたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:オ・ジェソク、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.09.30 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第29節:浦和vsFC東京】前節は互いに完敗、浦和は2003年以来負けなしの埼スタで東京を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第29節】 2020年9月30日(水) 19:30キックオフ 浦和レッズ(9位/30pt) vs FC東京(3位/38pt) [埼玉スタジアム2002] <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=9tge3zchlo2h16vin3d98muyo" async></script></div> ◆相性の良さを結果に繋げられるか【浦和レッズ】 前節はホームに横浜FCを迎えたものの、0-2で完敗。結果も内容も横浜FCに上回られた。 ポゼッションサッカーを展開する横浜FCだったが、浦和が逆にボールを持たされる展開に。今シーズン続く攻めあぐねる悪癖が出てしまいゴールを奪えないでいると、そのまま失点し敗れてしまった。 今シーズンは攻撃面が不安定で、チャンスを作っていてもゴールを決め切れない試合が多い。試合を通して何もできないということはないが、局面での勝負強さを欠いている印象だ。 さらに、今節は累積警告でMF関根貴大が不在。再度アタッカーを変えて臨むこととなるが、上位相手にどこまで粘り強く戦えるか見ものだ。 なお、FC東京相手には2003年以来、埼玉スタジアム2002では負けなし。相性の良さを結果に繋げられるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:西川周作 DF:橋岡大樹、トーマス・デン、槙野智章、山中亮輔 MF:長澤和輝、柴戸海、エヴェルトン、汰木康也 FW:興梠慎三、レオナルド 監督:大槻毅 出場停止:関根貴大 ◆攻撃の一角を欠く中でどう足掻くか【FC東京】 前節はアウェイでサガン鳥栖と対戦し、3-0で完敗。上位を争うセレッソ大阪に快勝して連勝を伸ばしたかった中での痛い敗戦となった。 DF森重真人が出場停止だったこともあり、最終ラインのメンバー変更も左右したが、特に攻撃陣の精度の低さが目立ち、効率よく得点を奪った鳥栖にペースを握られてしまった。 今節はここまでチーム最多タイの8得点を記録しているFWディエゴ・オリヴェイラが出場停止。攻撃の核を欠くことになるが、前節の敗戦を払拭できるかが見ものだ。 浦和相手には2003年以来埼玉スタジアム2002では勝利していない。苦しい状況で相性の悪い浦和だが、ここで勝つことで一気に盛り上がっていきたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:林彰洋 DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、品田愛斗、安部柊斗 FW:田川亨介、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 出場停止:ディエゴ・オリヴェイラ 2020.09.30 14:42 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:横浜FMvs鳥栖】前節は互いにストロングポイントを出して勝利、勢いに乗るのは

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2020年9月30日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(5位/33pt) vs サガン鳥栖(14位/17pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=9tge3zchlo2h16vin3d98muyo" async></script></div> ◆復調の波にこのまま乗り続けられるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイで柏レイソルと対戦。前半から劣勢が続いたものの、77分にエリキのゴールで追いつくとそこから猛攻。最終的には1-3で見事な逆転勝利を収めた。 この試合では戸嶋祥郎が腓骨骨折の重傷を負うなど後味の悪いものとなってしまったが、逆転までの流れで横浜FMが見せた戦い方は見事だった。 特に途中出場で流れを変えた仲川輝人が圧巻の活躍。サイドを起点に柏ディフェンスを翻弄すると、オウンゴールを含めて3得点に絡む活躍を見せた。 昨季MVPの仲川はケガの影響もあり、ここまで15試合の出場にとどまり、わずか2得点と鳴りを潜めている。それでも徐々にチャンスメイクという点でチームに貢献。チームの浮上とともに調子を上げ、結果を残してもらいたいものだ。 今節からはホーム3連戦。このまま連勝を伸ばし、しっかりと上位争いに残っていきたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:チアゴ・マルチンス、喜田拓也、伊藤槙人 MF:水沼宏太、渡辺皓太、扇原貴宏、高野遼 MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:ジュニオール・サントス 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆前節は完勝、自信を胸に王者に挑む【サガン鳥栖】 前節はホームに上位のFC東京を迎えた一戦で、3-0と完勝を収めた。 3連敗中と結果が出ていなかった鳥栖が上位のFC東京相手にこれまでの試合をするとは予想できなかったが、しっかりとチーム戦術をピッチ上で体現したことが勝因と言えるだろう。 特に攻守の切り替え、そして精度の高さが目立ったと言える。先制点となった石井快征のシュートは圧巻。GK林彰洋もセーブ不能なコースに正確なシュートを決めた。 鳥栖のパフォーマンスに圧倒されてか、FC東京のミスを誘発。相手が精度を欠いたことでより当sの精度の高いプレーが際立った。 数少ないチャンスをものにして3得点を奪ったことは、チームに大きな自信を植え付けたはず。ポゼッションサッカーも形になっており、後方からのビルドアップにも自信が持てるだろう。似たようなスタイルの横浜FM相手にどのようなサッカーを見せるだろうか。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、高橋秀人、パク・ジョンス、大畑歩夢 MF:本田風智、松岡大起、原川力、安庸佑 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 2020.09.30 13:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:柏vs横浜FM】上位窺う同勝ち点の“シックスポインター”、ミラーゲームの行方は

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月27日(日) 19:00キックオフ 柏レイソル(6位/30pt) vs 横浜F・マリノス(7位/30pt) [三協フロンテア柏スタジアム] ◆後半戦白星スタート、勢いをつけられるか【柏レイソル】 前節はアウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦し、0-1で勝利。3試合ぶりの白星を記録した。後半戦の初戦を白星でスタートできたことは上位を窺う柏にとっては良いスタート。しっかりと勝ち点を積み上げていきたい。 相手を恐怖に陥れていたオルンガを中心とした爆発的な攻撃力はここ数試合は鳴りを潜めているが、ケガ人続出によるシステムの変更などを考えれば致し方ない部分もある。それでも、この先に勝ち点を積み上げるためには、連勝を飾りたいところだ。 今節の相手は勝ち点30で並ぶ横浜FMが相手。8月に対戦した時とは互いにシステムも変更され、4バックから3バックとなっており、同じ相手と考えるわけにはいかない。しかし、基本的なスタンスは変更なし。ポゼッションをいかにさせずにショートカウンターで仕留められるかに注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:キム・スンギュ DF:古賀太陽、山下達也、大南拓磨 MF:高橋峻希、三原雅俊、大谷秀和、三丸拡 MF:呉屋大翔、江坂任 FW:オルンガ 監督:ネルシーニョ ◆息を吹き返した王者、このまま勢いに乗り切るか【横浜F・マリノス】 前節はホームにベガルタ仙台を迎え、3-1で快勝。後半戦を3連勝でスタートさせることに聖臆した。しかし、この3試合は下位で苦しむ相手との3連戦。3ゴールで3連勝は明るい材料だが、手放しで喜ぶこともできない。 前半戦のラスト3試合は上位3チームに対して全て逆転負けで3連敗。この3連勝をしっかりとモノにしたければ、今節の柏との一戦が非常に重要になってくるだろう。 この3連勝を呼び込んだのは[3-4-2-1]へのシステム変更と、攻撃を司るブラジル人トリオの活躍が大きい。加入後にインパクトを残したジュニオール・サントスを始め、2試合連続ゴール中のマルコス・ジュニオール、4試合連続ゴール中のエリキと強力な攻撃陣が調子を上げている。 今節はジュニオール・サントスが契約上の理由で出場できないものの、仲川輝人が復帰予定。前田大然やオナイウ阿道、エジガル・ジュニオと枚数は揃っているだけに、抑えるのは簡単ではない。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:梶川裕嗣 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、伊藤槙人 MF:小池龍太、喜田拓也、扇原貴宏、ティーラトン MF:エリキ、マルコス・ジュニオール FW:オナイウ阿道 監督:アンジェ・ポステコグルー ※ジュニオール・サントスは契約上の理由で出場不可 2020.09.27 14:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第19節:鳥栖vsFC東京】連敗中の鳥栖と連勝中のFC東京、ポゼッションとカウンターのガチンコ勝負

【明治安田生命J1リーグ第19節】 2020年9月27日(日) 16:00キックオフ サガン鳥栖(15位/14pt) vs FC東京(3位/38pt) [駅前不動産スタジアム] ◆ビルドアップの精度を上げて連敗ストップへ【サガン鳥栖】 前節はアウェイでヴィッセル神戸と対戦。互いに勝てていない中の一戦は打ち合いとなり、最終的に4-3で敗戦となった。 攻撃面を見れば神戸を相手に渡り合い、3ゴールを奪えたことはプラスに捉えていいはずだ。一方で、守備陣は4失点。前々節の横浜F・マリノス戦も3失点、その前の北海道コンサドーレ札幌戦も2失点と、複数失点が続いている。 さらに、相手の上手さもありながら、どこか守備陣の対応が淡白。ポゼッションを高め、後方からもビルドアップする一方で、リスクヘッジが不足している印象も拭えない。ストロングポイントをしっかりと結果に繋げるためにも、過密日程で失われがちな集中力を保てるかが重要だ。 FC東京の守備強度とトランジションの速さ、そして前線のスピードと迫力は、鳥栖にとっては大きなピンチを招く可能性が高い。精度を落とさず、いかに集中して戦えるかが勝利への道となる。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、原輝綺、宮大樹、内田裕斗 MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 ◆大きな連勝、首位の背中を追うために負けられない一戦【FC東京】 前節はホームにセレッソ大阪を迎えた上位対決でしっかりと結果を残し、2-0で勝利。順位こそ変わらないものの、勝ち点差を詰めることに成功した。ここから首位の川崎フロンターレを追いかけるためには、3連勝を飾りたいところだ。 最大の武器であるカウンターは切れ味が徐々に増している印象。鳥栖のポゼッションサッカーをしっかりと防ぐことで、そのカウンターが大きな刃となって鳥栖を攻め立てる武器となる。 今節は守備の要であるDF森重真人が出場停止。ここ2試合クリーンシートを達成しているが、その中で森重不在がどう結果に出るのか、FC東京としては今のチーム力が試される試合でもある。少しの綻びを突いてくる勢いは鳥栖にもあるだけに、守備陣の奮闘も注目だ。 大型連戦真っ只中で、簡単な試合などどこにもないが、前半戦では敗れている相手だけに、上位を目指すには負けられない相手。古巣対戦が予想される田川亨介、ジョアン・オマリのプレーにも注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:林彰洋 DF:中村帆高、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也 MF:アルトゥール・シルバ、安部柊斗 MF:田川亨介、レアンドロ、ディエゴ・オリヴェイラ FW:永井謙佑 監督:長谷川健太 2020.09.27 12:20 Sun
twitterfacebook