【J1注目プレビュー|第7節:神戸vsG大阪】4戦無敗のヴィッセルと3連勝のガンバによる関西勢対決!

2020.07.25 20:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【明治安田生命J1リーグ第7節】
2020年7月26日(日)
19:00キックオフ
ヴィッセル神戸 vs ガンバ大阪
[ノエビアスタジアム神戸]◆2試合ぶり白星で無敗街道続くか【ヴィッセル神戸】

9位ヴィッセル神戸は前節から続く関西勢対決の2連戦目に挑む。再開初戦のサンフレッチェ広島戦こそ0-3の完敗を喫したが、以後は4戦無敗を継続。セレッソ大阪との前節は主力守備者のダンクレーとトーマス・フェルマーレンを引き続き欠いての戦いだったが、飯倉大樹の再三となるファインセーブもあり、前節まで2位につけた好調な相手に無失点の守備面に手応えを感じさせるドローだった。

迎える今節は昨季1勝1分けのガンバ大阪が相手。しかし、現在のG大阪は4戦負けなしの3連勝中で上昇気流に乗って、神戸のホームに乗り込んでくる。万全を期して挑みたい一戦だが、今節は中3日で続く3連戦のラスト。絶対軸のアンドレス・イニエスタもここ2試合連続で80分以上のプレーが続いており、コンディション面が気がかりだけに、その他の主力を含めた選手起用も鍵になりそうだ。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:飯倉大樹
DF:菊池流帆、大崎玲央、渡部博文
MF:西大伍、セルジ・サンペール、酒井高徳
MF:山口蛍、アンドレス・イニエスタ
FW:ドウグラス、古橋亨梧
監督:トルステン・フィンク

◆5戦無敗の4連勝を狙う戦い【ガンバ大阪】

3位タイのG大阪は例年のスロースターターぶりから一転して、好スタートを切った。再開後初戦で実現したC大阪とのダービーこそ落としたが、以降は4戦無敗(3勝1分け)。ホーム連戦だった前節のサンフレッチェ広島戦は小野瀬康介とアデミウソンを欠くなどローテーションを施しての戦いだったが、右CKから主将の三浦弦太が先制ゴールを挙げると、この虎の子の1点を守り抜き、今季初のクリーンシートで3連勝を達成した。

その前節の戦いで開幕から失点が続いた守備面でも好材料を手にして迎える今節の相手は同じ関西クラブである神戸。タレント揃いしチームだけに、難しい戦いが予想されるが、上位追走のためにも乗り越えたい一戦となる。そのためにも復帰が待たれるアデミウソンと小野瀬に関して、宮本恒靖監督は時間が許す限り、起用を塾考する姿勢。小野瀬が難しそうなら、福田湧矢が再び右ウィングバックに入ることになりそうだ。

★予想スタメン[3-1-4-2]
GK:東口順昭
DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン
MF:矢島慎也
MF:小野瀬康介、井手口陽介、小野裕二、藤春廣輝
FW:アデミウソン、宇佐美貴史
監督:宮本恒靖
コメント
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第25節:神戸vsC大阪】5戦未勝利と5連勝、好対照な対決の軍配は

【明治安田生命J1リーグ第25節】 2020年9月16日(水) 19:00キックオフ ヴィッセル神戸(11位/20pt) vs セレッソ大阪(2位/36pt) [ノエビアスタジアム神戸] ◆6試合ぶりの勝利目指し上位に挑む【ヴィッセル神戸】 前節はホームにFC東京を迎えた一戦。先制しながらも、アダイウトン、ディエゴ・オリヴェイラのゴールで逆転を許したが、最後の最後にダンクレーが起死回生の同点ゴールを決めて引き分けに持ち込んだ。 負け試合を引き分けに持ち込み、勝ち点1を奪えたことはプラスに捉えるべきだが、チームはこれで5戦未勝利。勝ち切れていないという評価の方が正しいかもしれない。 試合の内容もアンドレス・イニエスタという軸を欠きながらも安定しており、相手を上回っている部分も多かった。イニエスタが復帰してより安定感は増したものの、簡単なミスから失点を繰り返すなど、細部までクオリティを保つ必要が勝利へのカギとなるだろう。 選手個々の能力も高く、若手も起用、選手の入れ替えを行いながら一定のクオリティを出せているが、レベルをもう一段階上に上げる必要があるだろう。強敵C大阪を相手にするだけに、よりディテールにこだわった戦い方を見せてもらいたい。 ★予想スタメン[3-4-3] GK:飯倉大樹 DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳 MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ FW:小川慶治朗、藤本憲明、古橋亨梧 監督:トルステン・フィンク ◆首位を追い続ける中で負けれらない一戦【セレッソ大阪】 前節はアウェイで横浜F・マリノスと対戦し、先制を許しながらも逆転勝利。数的有利な状況をしっかりと活かし、ストロングポイントを出して勝利を収めた。 これで5連勝としたC大阪だが、首位川崎フロンターレの背中はまだまだ遠い。直接対決までは負けられない状況であることは変わらず、今節もしっかりと勝ち点3を目指して戦っていくこととなる。 相手の神戸とは第6節で対戦しゴールレスドロー。試合巧者である両チームの対決となるだけに、拮抗した展開も予想できる。ゴールへ迫るシーンはどちらも多くなるだけに、まずは自慢の堅守をしっかりと機能させたいところだ。 攻撃面では、この先の戦いを考えると多少の入れ替えを考えたいところ。週末には調子を上げて順位も上げてきた鹿島アントラーズ戦が控えているだけに、ターンオーバーを敷く可能性もある。 何れにしても、首位の背中を追う以上は負けは許されない状況。今節も勝利し、連勝を「6」に伸ばせるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、レアンドロ・デサバト、藤田直之、清武弘嗣 FW:奥埜博亮、柿谷曜一朗 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.09.16 16:02 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第24節:横浜FMvs清水】互いに苦境で迎える“師弟対決”第2ラウンド、連敗を脱するのはどちらか

【明治安田生命J1リーグ第24節】 2020年9月16日(水) 19:30キックオフ 横浜F・マリノス(10位/21pt) vs 清水エスパルス(18位/9pt) [日産スタジアム] ◆上位3連戦で3戦連続逆転負けの屈辱を払拭するか【横浜F・マリノス】 前節はセレッソ大阪をホームに迎えた一戦。エリキのゴールで先制しながらも、清武弘嗣、高木俊幸のゴールで逆転を許し3連敗となった。J1連覇に向け、大事な上位との3連戦で3連敗と苦しい結果となり、シーズンを折り返すこととなった。 特にメンタル面が心配なのは、3試合とも早い時間帯に先制しながらの逆転負けということだろう。攻撃陣は自信を持ってプレーしているようにも見えるが、3試合とも1点止まり。攻撃的なサッカーを標榜しているだけに、その点では追加点が奪えないことが逆転負けに繋がったとも言える。 一方で守備陣も4試合連続で複数失点。打ち勝っているイメージがあるものの、今季の6勝のうち4勝は1失点以下。守備陣が安定感を取り戻すことも白星を勝ち取ることには必要となる。 中2日での連戦が続く中で、悪い流れを断ち切るのは難しいが、しっかりとストップできれば良い流れを引き寄せることもできるはずだ。前回対戦は互いに良さを出し打ち合いの末に勝利を収めた清水が相手。師弟対決の第2ラウンドとなるが、ここで勝利を収め、良い波に乗りたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:梶川裕嗣 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:仲川輝人、ジュニオール・サントス、前田大然 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆悪夢の6連敗、400勝達成に向けた8度目の挑戦【清水エスパルス】 前節はホームに鹿島アントラーズを迎えた一戦となったが、好調な鹿島を相手に前半だけで2失点。1点を返すにとどまり、6連敗となった。 さらに、試合消化は少なくないものの最下位に転落。良い時間帯がありながらも、攻守のバランスが取れない試合が多く、白星に繋がらない展開が増えている。 また、この6連敗中は全て相手に先制を許している状況なだけに、主導権を握るためにも先制点が欲しいところ。得点がない訳ではないだけに、いかに失点を防いでいくかが課題となる。 前回は打ち合いに持ち込んだものの追いつけずに敗戦。しかし、攻撃スタイルを貫くことが結果に繋がるだけに、しっかりとコントロールしながら先手を奪っていきたい。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:大久保択生 DF:宮本航汰、岡崎慎、立田悠悟、金井貢史 MF:ヘナト・アウグスト、後藤優介、竹内涼 FW:金子翔太、カルリーニョス・ジュニオ、西澤健太 監督:ピーター・クラモフスキー 2020.09.16 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:鳥栖vs札幌】ホーム3連勝目指す鳥栖、札幌は連敗ストップで10戦ぶり白星なるか

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2020年9月16日(水) 19:30キックオフ サガン鳥栖(14位/14pt) vs 北海道コンサドーレ札幌(15位/14pt) [駅前不動産スタジアム] ◆復帰後は無敗、ホームで3連勝なるか【サガン鳥栖】 前節はホームに上位の柏レイソルを迎えた一戦となったが、2-1と勝利。ホームでの連勝を飾った。 最も警戒しなければいけないFWオルンガにゴールを許し先制されたものの、しっかりと逆転勝利。上位相手にもポゼッションを高める戦いができており、活動停止による不安要素を感じさせない戦いぶりを見せている。 再開後の3試合で7ゴール、活動停止前の9試合で5ゴールしか挙げていなかったチームからは考えられない好調ぶりだ。特に、ルーキーのFW林大地が3戦連発中で攻撃陣を牽引。チーム全体として攻撃時の意思統一ができていることで、しっかりと得点を積み上げられている。 今節の相手は札幌。強力なストライカーに加え、セットプレーという武器もある。特にサイド攻撃をどう止めるのか。中2日での試合となり、19日(土)にも試合があるだけに、連戦をどう乗り越えていくのかが課題となりそうだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:守田達弥 DF:森下龍矢、原輝綺、エドゥアルド、内田裕斗 MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 ◆9戦未勝利、苦境を乗り越えられるか【北海道コンサドーレ札幌】 前節はホームに浦和レッズを迎えての一戦となったが、打ち合いの末に3-4で敗戦。3連敗となり、これで9戦未勝利となった。 浦和戦では簡単に2失点を喫してしまったが、ジェイの高さを生かしたプレーで同点に。オウンゴールで逆転したものの、終盤に浦和の圧に押され結局敗戦となった。 同点に追いついて逆転したところまではよく、試合の展開も悪くなかったが、セットプレーとオープンな展開になったことで押し込まれてしまった。この点を2日で解消することは難しいかもしれないが、メンタル面の回復が必要だ。 北海道、佐賀県、北海道と長距離移動を伴う3連戦となる札幌にとって、この悪い流れを断ち切れないとズルズルいってしまう可能性もある。得意のサイド攻撃を生かしながら、しっかりとゴールを決められるかどうか。ボールを握られる展開になる可能性が高いだけに、しっかりと守ってから攻撃につなげたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:進藤亮佑、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:白井康介、田中駿汰、荒野拓馬、菅大輝 MF:ドウグラス・オリヴェイラ、チャナティップ FW:ジェイ 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ 2020.09.16 14:36 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第16節:横浜FCvs名古屋】互いに決定力が課題、ポゼッションvsカウンターの対決は

【明治安田生命J1リーグ第16節】 2020年9月13日(日) 18:00キックオフ 横浜FC(13位/14pt) vs 名古屋グランパス(4位/27pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆フィニッシュの精度を上げ連敗ストップへ【横浜FC】 前節はアウェイでのFC東京戦となったが、先制しながらも逆転負け。これで3連敗となった。チームとして推し進めるポゼッションサッカーだが、その形は引き続き見せている。一方で、前線の選手に決め切る力が足りない印象だ。 3連勝時は3試合で8得点を記録していたが、3連敗時は2得点にとどまっている状況。セレッソ大阪、FC東京と上位との対決では、ポゼッションだけでは意味がないことが露呈。フィニッシュワークの大切さを感じたはずだ。 守備陣も、前々節のサガン鳥栖戦を含め、狙われることも多く、GKからスタートするビルドアップが狙われている状況。安定感を取り戻す必要もある。ケガ人も多く、ベストなメンバーを送り込めていない状況もある中、ここが正念場。主導権を握り続けて、4試合ぶりの勝利を掴みたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:南雄太 DF:瀬古樹、伊野波雅彦、小林友希、袴田裕太郎 MF:松浦拓弥、佐藤謙介、手塚康平、松尾佑介 FW:斉藤光毅、皆川佑介 監督:下平隆宏 ◆逆転勝ちでリスタート、連勝へ【名古屋グランパス】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えた中、先制される展開となったもののマテウス、ガブリエル・シャビエルのゴールで逆転勝ち。久々の複数得点となった。 堅守が持ち味の一方で、得点力不足は深刻な状態に陥っていただけに、複数得点で逆転勝ちできたことはチームとしてプラスになるはず。この流れを継続していきたいところだが、疲労の色も色濃くなってきた。 攻撃陣は多少の入れかを行なっているものの、最終ラインはほぼ固定。堅守に必要な集中力も連戦が続けば欠いてしまうこともある。しっかりと気を引き締めるだけでなく、多少のターンオーバーも行なっていきたいところだろう。 首位の川崎フロンターレの背中はまだまだ遠いところにあるが、上位を守るためには負けていられない状況。しっかりと連勝を収め、上位争いにくらいついて行けるかにも注目だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:成瀬竣平、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、阿部浩之、ガブリエル・シャビエル FW:金崎夢生 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2020.09.13 14:20 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第16節:鳥栖vs柏】ミスを減らして主導権を握りたい鳥栖、柏はシステム変更で3連勝目指す

【明治安田生命J1リーグ第16節】 2020年9月13日(日) 18:45キックオフ サガン鳥栖(15位/11pt) vs 柏レイソル(6位/26pt) [駅前不動産スタジアム] ◆完勝、悔しいドロー、今節はどちらに転ぶ?【サガン鳥栖】 1カ月ぶりの公式戦で快勝を収め、連戦となった前節の浦和レッズ戦では2-2のドロー。2度もリードしたことは褒められるべきことだが、2度追いつかれたことはしっかり反省すべきだろう。 チームとして体現したいサッカーは十分に見せており、浦和戦での2得点も見事なもの。一方で、ミスが生まれると簡単にやられてしまう部分も見せたため、短い期間ながら修正を行いたいところだ。 攻撃志向のポゼッションサッカーだけに、攻めに出たタイミングでのミスは避けたいところ。いかにしてミスを減らしながらも、リスクを負って前に出られるかが勝利へのカギとなる。 柏攻撃陣の破壊力はJリーグでもトップレベルであり、エースのFWオルンガを始め、MF江坂任をいかに抑えるかが重要になるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:高丘陽平 DF:森下龍矢、宮大樹、エドゥアルド、内田裕斗 MF:樋口雄太、松岡大起、原川力、小屋松知哉 FW:金森健志、趙東建 監督:金明輝 ◆3バック?4バック?目指せ3連勝【柏レイソル】 前節はガンバ大阪を相手に3-0と快勝。最終ラインのケガ人続出により採用していた3バックから4バックに戻すと、ダイヤモンドに配置した中盤が機能。完勝劇に繋がった。 オルンガの1トップからオルンガ、呉屋大翔の2トップに、江坂をトップ下に置いた布陣に変えたことで、攻撃のパターンが増加。オルンガを抑えるという大きなミッションが託される相手守備陣にとっては、厄介な状況となっている。 守備陣も3バックと4バックのどちらでも結果を残しており、相手に合わせてシステムを選ぶことも可能。この数試合で戦術として幅を広げられたことは何よりもプラスと言えるだろう。 鳥栖はフラットな[4-4-2]のシステムだが、ネルシーニョ監督はどちらのシステムを選択するのか。3連勝で上位に食らいついていきたい。 ★予想スタメン4-4-2] GK:キム・スンギュ DF:高橋峻希、鎌田次郎、古賀太陽、三丸拡 MF:三原雅俊、大谷秀和、戸嶋祥郎 MF:江坂任 FW:呉屋大翔、オルンガ 監督:ネルシーニョ 2020.09.13 13:55 Sun
twitterfacebook