ナポリ、オシムヘン獲得へ! 移籍金額は総額100億円超か

2020.07.25 13:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリがリールに所属するナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)の獲得に成功したようだ。今シーズンの公式戦38試合に出場して18得点6アシストの数字を残したオシムヘン。その活躍により、多くのビッグクラブからの関心が集まるなか、先日に多くのメディアからオシムヘンとナポリの個人合意が報じられていた。

イギリス『ガーディアン』によると、クラブ間の交渉も23日にまとまり、移籍金6000万ユーロ(約74億2000万円)で合意。ボーナスを含めると、8100万ユーロ(約100億2000万円)に上るという。

この取引額は今夏の最高額。また、昨夏にリールからアーセナルに加入したコートジボワール代表FWニコラ・ペペの額を上回り、アフリカ出身選手における史上最高の移籍金額になる模様だ。

なお、ナポリとの契約年数は1年間の延長オプションが付帯した5年。近日中にナポリ加入決定の知らせが届きそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

太もも負傷で戦列を離れていた主将インシーニェが復帰

ナポリは19日、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェがトレーニングに復帰したことを発表した。 インシーニェは9月27日に行われたセリエA第2節のジェノア戦(6-0で勝利)に先発出場するも、左足太もも裏を痛めて20分に交代していた。グレードⅠの損傷が報告された中、代表ウィーク明けのアタランタ戦(4-1で勝利)を欠場していた。 ナポリは22日にヨーロッパリーグ開幕節でAZと対戦するが、この試合に間に合う可能性があるとのことだ。 インシーニェを欠いた中、直近のアタランタ戦でも攻撃力が爆発していたナポリだが、主将の復帰によってさらに攻撃力が増すことになりそうだ。 2020.10.19 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ時代の元スイス代表ジャマイリがコーナーからダイレクトで決めた豪快ロングシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は中国スーパーリーグの深圳市足球倶楽部に所属する元スイス代表MFブレリム・ジェマイリがナポリで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ジャマイリがコーナーを直接叩き込む!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGZnlnZFdSQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スイスのチューリッヒでプロデビューを果たしたジェマイリは、複数のイタリアクラブを渡り歩き活躍した。 2011年からの3シーズンをナポリで過ごしたジェマイリだが、2013年3月30日に行われたセリエA第30節のトリノ戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた10分、ナポリが左からのコーナーキックを獲得する。キッカーのFWロレンツォ・インシーニェがグラウンダーのボールをボックスの外側へ出すと、これに後方からフリーで走りこんだジャマイリがダイレクトシュート。 ボックス外から放たれた右足のシュートはものすごいスピードで飛んでいくと、ゴール左上に突き刺さり、先制ゴールとなった。 気持ちの良いロングシュートを叩き込んだジェマイリは勢いに乗り、この試合でハットトリックの活躍。ナポリがトリノとの打ち合いを5-3で制している。 2020.10.19 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ロサーノ2発にオシムヘン移籍後初弾のナポリがアタランタを4発粉砕!《セリエA》

セリエA第4節、ナポリvsアタランタが17日に行われ、4-1でナポリが圧勝した。 前節ユベントス戦ではチーム内にコロナ陽性者が出たことでトリノへの遠征ができず、ドタキャンとなってしまったナポリ。まずい対応で不戦敗扱いとなった上に勝ち点1剥奪となった中、新戦力のバカヨコを先発で起用。[4-2-3-1]で臨み、最前線にオシムヘン、2列目に右からポリターノ、メルテンス、ロサーノを据えた。 対するアタランタは前節、カリアリ相手に5発圧勝とし、開幕3連勝スタート。こちらも新戦力のデパオリが右サイドでデビューを飾り、前線は2トップにD・サパタと、鬱病を患っていたと報じられていたイリチッチが復帰し、トップ下にアレハンドロ・ゴメスが入った。 マンツーマン気味にハイプレスをかけてくるアタランタに対し、ナポリが良い入りを見せると、4分にロサーノが決定的なシュートを放てば、11分にはオシムヘンが枠内シュートを浴びせていく。 そして23分に押し切った。ポリターノのスルーパスでボックス右深くまで侵入したディ・ロレンツォのクロスをファーサイドのロサーノが押し込んだ。 さらに27分、ナポリが追加点を奪いきる。メルテンスのパスを受けたロサーノがボックス手前左からゴール右へコントロールシュートを流し込んだ。 止まらないナポリは30分、右サイドからカットインしたポリターノがゴール右にミドルシュートを叩き込み、一気に3-0とした。 そして43分にはGKオスピナのフィードを受けたオシムヘンがボックス手前中央から右足を振り抜き、ゴール左を射抜いて移籍後初ゴールを記録。 4点を追うまさかの展開となったアタランタは後半からD・サパタに代えてモヒカを左サイドに投入し、前がかる姿勢を見せる。しかしシュートには持ち込めず、敗勢のアタランタは55分にアレハンドロ・ゴメスを下げ、ラマースを投入した。 来週のミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグを見据えた選手交代を敢行する中、アタランタは69分にラマースが移籍後初ゴールで一矢報いるも、反撃はここまで。 ナポリがアタランタに圧勝してアタランタの開幕からの連勝を3で止めている。 2020.10.17 23:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ドタキャンのナポリが勝ち点1剥奪、ユーベは3-0の勝利扱いに

セリエA懲戒委員会は17日、10月4日に行われる予定だったセリエA第3節ユベントスvsナポリが試合開催前に突如中止となった件に関し、ナポリに対して勝ち点1を剥奪することを発表した。そしてユベントスは既報通り、3-0の勝利扱いとなることが決定した。 MFピオトル・ジエリンスキとMFエリフ・エルマスが新型コロナウイルスの陽性反応を受けていたナポリは、地元の保険当局によってトリノへの遠征が許可されず、試合会場に向かうことができなかった。 ナポリ側は不可抗力による試合中止と主張していたが、セリエA懲戒委員会はこの主張を退けた形だ。 セリエAが規定するプロトコルでは、仮にチーム内にコロナ陽性者が居る場合でも、GK1人と、フィールドプレーヤー12人がプレー可能であれば試合は開催すると定められている。 2020.10.15 01:30 Thu
twitterfacebook
thumb

飼い殺し状態となったナポリFWミリクが今夏の出来事を告白、本人は「次の移籍期間を待っている」

移籍問題のもつれから、クラブ内で干されているナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)が、この夏の出来事を告白した。 2020-21シーズン限りでナポリと契約が満了を迎えるミリク。2016年8月にアヤックスからナポリに加入してからはチームを支えるストライカーとして活躍。4シーズンで公式戦122試合に出場し48ゴール5アシストを記録していた。 そんなミリクには、今夏の移籍市場でローマやフィオレンティーナへの移籍が迫っているとされたが、いずれも破談に終わりナポリへの残留が決定していた。 しかし、ナポリは移籍を目論んだミリクを戦力外扱いとし、セリエAとヨーロッパリーグの登録メンバーから排除。プレーする機会を与えないことを決定した。 そのミリクは、ポーランド『Sportowe Fakty』のインタビューに応え、この夏に起こった出来事を告白。チームからの契約延長を断り移籍を求めたが、破談に終わったと明かした。 「ナポリは僕との契約をさらに5年間延長したいと考えていた。クラブは、僕に選択肢をくれた。契約にサインするか、チームを去るかだ。他の場所で何か新しいことを試したいと思った」 「2つの選択肢があったけど、契約延長を拒否したため、状況が明らかになった。代理人のダヴィド・パンタクは、僕のためにクラブを探していた」 「特定のチームから関心があり、話し合いがあった。多くのサッカー選手がそうであるように、コロナウイルスのパンデミックはあらゆることを複雑にした。そして、私も助けられなかった。すでに夏に他のオファーを受けていたんだ」 前述の通りローマやフィオレンティーナへの移籍が近づいていたとされるミリク。クラブ名こそ明かさなかったが、クラブ間の合意に至らなかったことが移籍失敗だと明かした。 「詳細なチーム名は言いたくない。別の方法で説明しよう。移籍を行うには、選手と両方のクラブの間で合意する必要がある。僕のサイドは青信号だった。クラブはうまくいかなかった。そして僕はナポリに残る事となった」 一部では、金銭面の問題でナポリから移籍しようとしていたとされたミリクだが、そんなことはないと否定した。 「もし、僕の将来がお金の問題によって決まるのであれば、僕はナポリとの契約を延長したよ。とても良い条件でオファーを受けたんだ」 一方で、移籍したい理由については、成長を求めてのこととし、ナポリを裏切りたいわけではなかったと弁明した。 「アスリートの人生は美しいけど短い。僕は26歳だ。成長して、より良いサッカー選手になりたい」 「今が新たな挑戦をするのにふさわしい時期だと思った。僕は自分の気持ちに従う人間だ」 「自分に対して何かをすることは僕には意味がない。ここ数カ月、多くのことが誤解され、誇張されてきた」 「僕にはナポリに対する敵意などなかった。全てをプロとして解決したかった。僕はクラブをとてもリスペクトしている。ナポリで素晴らしい4年間を過ごした」 「ナポリのファンもリスペクトしている。僕はパフォーマンスが悪くなっても、彼らは支えてくれた。でも、僕は決めたんだ。正しいか間違っているかは、僕の決断た」 「イタリアのジャーナリストは、単純な事象に対して、ちょっとしたドラマを付け加えることが好きだ。テレビ、新聞、ポータルサービス、ブログ。誰でも好きなことパレホ言うことができるけど、全ての情報が正しいわけではない」 そのミリクは1月の移籍市場が開くまでは何もできない状況。メンバーにも入っていないため、トレーニングにも参加できない可能性が高い。ミリクは冬の移籍期間で改めてチームを離れることを考えるようだ。 「次の移籍期間を待っている。その時、クラブが合意に達することを願っているよ」 「体調もいいし、個人としてもたくさん練習している。代表チームの試合もある。3カ月では、僕のフォームはそんなに崩れない」 2020.10.13 21:40 Tue
twitterfacebook